関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

タグ:花火 ( 7 ) タグの人気記事

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

教祖祭PL花火芸術2015  一度は見ておきたい関西最大級(?)の花火大会

当初はPL花火大会を金剛山山頂で見ようという話だったんですが、色々考えてやっぱり
間近で見た方が良いということで思い切って近くまで行くことにしました。
最寄の富田林駅は毎年身動きが取れないくらい大変なことになるらしいので
ここはちょっと時間がかかってでも確実な方法をと南海の大阪狭山市駅からのアクセスを試みました。
ちなみに1時間くらいかかります。
当初この提案を山仲間であるマユミンさんにしてみましたところ、まさか来られるとのこと。
当初の予定とはまったく趣旨が変わってきたもののそれは実行になった。
マユミンさんとしても結果的にこっちの方が良かったということで聞いておりまして
むしろこっちの花火を見ることによって山頂での花火が物足りなくなるということでした(^^;。
山に登って花火を見るということが山登りとしての醍醐味かな~と思いつつ
間近な花火を楽しむ我々でした。

最初は打ちあがる場所が今一つわからなかったので上がったときにややずれた位置だった。
急遽場所移動しての観覧であったが結果的には見やすかったと思う。
場所も可能な限りは近づこうとは思っていたのですが、なんとかうまく人混みをぬけて
光丘カントリーの近くの敷地まで行くことが出来ました。
これも大阪狭山市駅から来たからかもしれません。

帰りも裏道から帰りました。
意外と山と高原地図の金剛山が役に立ちましたね。
富田林周辺の地図も範囲として入っているのでGPSとして利用することが出来ます。

c0066176_6173764.jpg

c0066176_6184585.jpg

c0066176_9155642.jpg

c0066176_95576.jpg

c0066176_98927.jpg

c0066176_6212189.jpg
c0066176_62154100.jpg

c0066176_9113674.jpg
c0066176_6222747.jpg
c0066176_6225581.jpg





最後はカオスなので動画で撮るのが一番かなと思いました。
途中で人魂のように花火がうごめき、最後は無数の花火がさく裂することでフィナーレを迎えます。
この大会(?)の趣旨が夏祭りというより宗教儀式という目的なので、やはりプログラム内容が
そういう印象を受けたなと思いました。最後は8000発を一気に使っているという噂です。
8000というと普通の花火大会の総数にあたるのでこれはすごい数だなあと思います。
これ程長い時間、連射が持続するというのは例を見ないかもしれません。
普段の花火大会とはまた違った印象を受けました。
PLは関西での有数の花火大会で一度は見に行った方が良いかな~と思います。
私も毎年花火ハントしているとはいえPLは初めてでした。
必ず1日に行われるので平日になったりとなかなかチャンスはありません。
今回、うまく土曜日になるということでここしかないと思って決行に至りました。
by ikakan | 2015-08-02 06:23 | 日常
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

夏の風物詩 名張川納涼花火大会

夏の花といえばキキョウ?それともヤマユリ?違います。花火・・・。
また写真撮影とはいえわざわざ人の多い中、撮影をして参りました。
名張の花火大会なのですが都会のものと違って小規模なものの人がまだマシなので
場所取りもしやすいです。帰りとか考えるとその方が無難かもしれませんね。

c0066176_23204976.jpg
c0066176_2321152.jpg
c0066176_23215614.jpg

c0066176_2324019.jpg
c0066176_23251131.jpg

c0066176_23275085.jpg
c0066176_23284178.jpg


その一瞬の儚い瞬間を捉えたときの感動は大きいかもしれません。
特に動くものや瞬時を押さえないといけないものはそれだけ難易度が高いので
ハマったときの楽しさがあります。

次はPLに行きたいがさすがにかえってこれるかどうかわからない(><
by ikakan | 2015-07-28 23:22
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

桑名水郷花火大会 2013 尺玉や2尺玉が大量に炸裂する大スターマイン

毎年?行っている花火ハント。私の場合、大音響と間近での迫力を身体で感じたいので
行くなら有料席すらとってハントします。今回わざわざ東海地区の桑名まで出向きました。
エスカレートして泊りがけとかになりそうな予感すらします。
私の場合、発数などより迫力。大玉が使われているかどうかで決めています。
そんな中この桑名水郷花火大会は2尺玉が使われててなおかつ1万発というかなりの内容。
多少遠くても行く価値があると感じ、今回実行に移りました。

こちらが後半のハイライト、スターマインです。大玉を惜しげもなく使ってるところが
東海っぽさを感じました。やはり迫力とかすごいです。
拡大とか特にやってないので実際、とんでもない大きさの花火だということがわかります。
ちなみに関西でこの大きさの玉を使用しているのは福知山とびわこのみですが1,2発だけです。



土星の花火はよくみているのですがこんな巨大なものは初めてでしたね。
また連続割玉が広範囲に配色を変えながら広がってゆく様子もナイアガラのようで美しかったです。



フィナーレはスターマインほど盛り上がりませんでしたが、最後をキッチリ締めくくった感じでした。



ところで同時期、関東の隅田川花火大会で集中豪雨で中止になったようですね。
殆ど無防備な状態でしょうからこんなことになったら大変でしょうね・・身動き取れませんし。
by ikakan | 2013-07-29 01:23 | 各種イベント等
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

若草山 山焼き2013

若草山山焼きに2年連続で行ってまいりました。
去年に引き続いて行った理由はカメラに記録出来なかったというのもあるんですけど
若草山にアクセスする理由は奥山の未舗装路のトレッキングやら東海自然歩道があるので
行く理由はけっこうたくさんあります。敷地も広いですし。
奈良公園というとさかのぼると幼少時代の遠足まで遡るほど年季があり
そのときのシカの大きさたるや背丈以上の大きさだったような記憶が。。
そこから何度行ったのか覚えておりません。

当日の若草山はそこそこ人は集まっているものの花火大会のようなにぎわいはなく
静かに年の始まりを祝うような印象がありました。

c0066176_236266.jpg


さて、山焼きですが最初に厄払いなどの儀式を行います。
お経などを唱えてそれがプロジェクターに写ります。
なんか昔からのしきたりと現在の融合みたいな奇妙な図でした。
儀式(?)が終わるとたいまつの炎を別のところに移しそこから花火が打ちあがります。



花火はけっこう本格的でこれ単独でもなかなか楽しめます。
山焼き単独だけだとインパクト薄いのでこれはアリかなと思いました。

そして本番の山焼きです。



まさに草山が家事のように燃え盛ります。ちょうど寒かったんで温まりました(爆)
最後に和風ライブがあります。途中まで観て帰りました。

外国人も多かったですね。割かし有名なんでしょうか。
by ikakan | 2013-01-26 23:08 | 各種イベント等
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

濃尾大花火2012の2尺玉(20号)5連発

2尺玉の大きさを威力を確かめたく近場でそれなりに堪能できる大会を
吟味して当大会にアクセスしました。関西圏では福知山などが知られてますが
いかんせん行われるかどうかわからないし単発(?)らしいので
どちみちなら10発発射される当大会が良いと思い選びました。
新幹線でアクセス出来る利便性もあります。



感想は圧巻だと思いました。尺玉でもかなり威力がありますが、それすら凌駕していて
2倍近くの大きさがあるのでないかと感じます。
この動画では迫力を伝えきれません。音量と空気の振動といった臨場感は現場でしか
体感できないと思います。上記では2尺玉が5発打ち上げられてますが、規格外の大きさは
冒頭の他の花火との比較でわかるかなと思います。
とにかく最大ズームアウトでもフレームにも収まりません。広角とか使わないと・・・・





こちらはプログラムの合間に打ち上げられた2尺玉です。いきなり打ち上げられるので
対応が間に合いませんでした。





その他、ナイアガラや仕掛け花火などあって楽しめました。
2尺玉は1発失敗したようです。いきなり爆発したような感じだったので驚きました。
やっぱ大玉は打ち上げ技術がいるのかなと感じました。



by ikakan | 2012-08-17 10:02 | 各種イベント等
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

第63回猪名川花火大会感想レポート

花火第二弾として猪名川花火大会へ行ってまいりました。
規模としては関西中堅クラスでそこそこ楽しめるのではないかと思いました。
有料観覧席がなく場所もうまく立ち回らないとダメな印象でしたが
河川敷が広いのもあって比較的観やすかったと思います。



なでしこジャパンのブルーの色合いが良い感じに出てます。



波を連想しているようです。規模があれなんでこういったユニークな花火で
盛り上げていこうという意気込みが感じて良いです。



ドレミファを花火の音で再現する試みで面白いと思いましたが
難易度はやはり高いようですね。



秋のイメージらしく赤色に染まった花火が印象的でした。



冬の白銀を連想したらしく、よどがわのフィナーレを彷彿とさせるような
鮮やかさだったと思います。



息も尽かさぬ連打で最後は盛り上がって締めくくる感じでした。

この大会、最大号数が6号と小ぶりなのでどういった展開を見せると思いましたが
工夫をこらした演出やしかけで飽きさせない出来だったと思います。
またそれらのしかけと同時に進行することによって迫力のある
演出が出来ていたのではないかと思いました。

by ikakan | 2011-08-21 10:49 | 各種イベント等
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

2011年 第23回 なにわ淀川花火大会レビュー

さて淀川花火大会の検証をしてきました。さすがに週末とだけあって人は
多いですね。神戸と2分するとおもわれるので人は分散はするとは思うのですが
実際はどうなんでしょう。
梅田の有料席から眺めましたがいかんせん風下で煙で視界が悪く
灰が降ってくる始末で目や口に入ってたまらんかったですわ・・・
十三側だとより綺麗に映ったかもしれませんね。

湧きだす力


水中スターマインが入ると広域に広がるので迫力がありますね。
これも間近でないと感覚はわからないでしょう。

ファイト


景気づけの一発という印象があって大玉を使っている感じでした。
元気づけるって感じですね。

伝説の技


確かに技っぽい感じがありました。テンポよく四方に打ち分けられてましたね。
個人的には去年から出た新作でシュワっと音を発さない花火がユニークです。

ルパン?


バックミュージックがルパンでした。なかなか面白いテンポで
水中花火がタイミングよかったです。
でもミュージカル花火は神戸の方が好きですね。

NANIWA


八号玉をうまくつかって尺玉なみの迫力を見せてましたね。
絶妙だと思いました。低空で炸裂させていると思われるものもあり
工夫がなされている印象でした。



フィナーレ


例年に比べて球数が減っている気がするのは慣れなのかはたまた不景気なのかは
わかりませんが、柳から目をくらませるような鮮やかな白い花火への
展開を持って終了しました。

今年は日の都合とかを考えると淀川だけかな~って感じです。
全国一級クラスの長岡とか秋田の全国とかあるけどわざわざこれの為に
というモンでもないからなあ・・・
あと今年はびわこが20号出すらしくて観に行きたいんですけどいかんせん
月曜日なんで無理っすわ~明日の仕事に響くからね・・・

尺玉自体なかなかお見えになれないのでどこかの機会で拝みたいと
思うんですがやってる大会が少ないからなぁ。。。
あと去年場所とりに失敗した神戸のリベンジもあるかな・・・と

去年のびわこは休日だったので観に行きました。
こちら
びわこと比べたらというと賛否両論かもしれないけど
ちょっとだけびわこに軍配かな・・・
ただびわこは迫力だけで押してる感じがするので芸術性とか
いろいろ含めると淀川も着目すべき点は多いです。


by ikakan | 2011-08-07 01:22 | 各種イベント等
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31