関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

タグ:奈良 ( 35 ) タグの人気記事

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

樹氷登山「三峰山」 雪花繚乱 木に白い花開く樹氷満開!

冬山登山で樹氷が有名な山はたくさんありますが、三峰山もその一つです。
前回行った高見山の近くに位置していてこちらも見どころはたくさんあると思います。
天候は曇っていたものの樹氷の条件は文句なしでした。
麓から積雪がありスタート時からアイゼン装着の人が多かったです。
私も途中で装着するのはなんだと思い最初から装着となった。

c0066176_022013.jpg


さて麓の青少年旅行村というところからスタートなわけだが、すでに白銀の世界・・・
こりゃ山頂はどうなっているんだという好奇心と不安がありました。

c0066176_0224685.jpg


積雪はけっこうありましたがそれでも人気の山なのでけっこう踏み固められてます。
中にはワカンなどで山行する人もおり時折雪が舞っていました。
登っている途中からすでに山頂付近は真っ白だったんで樹氷は間違いないと確信していました。
あとは天気かな・・・と。

c0066176_024965.jpg

c0066176_0244042.jpg


その天気も木漏れ日があったりして木々のシルエットが写るので幻想的です。

c0066176_025302.jpg


まだ針葉樹帯であるにもかかわらずすでに樹氷が見え始めました。

c0066176_028169.jpg


山小屋の分岐点を過ぎるとすでに積雪がすごくなってきました。

c0066176_0295256.jpg


樹氷も枝から幹までびっしりと付着して真っ白です。

c0066176_0305783.jpg

c0066176_0315245.jpg


三峰峠あたりでは樹氷のトンネルのようになっていてあたり一面、樹氷の海でした。
ややガスっておりましたが、逆にそれが幻想的なコントラストを生んでいたように思います。

山頂はもはや白い珊瑚礁ともいえるような樹氷の海が広がっていました。

c0066176_0104697.jpg

c0066176_012696.jpg


八丁平ですが、ふきっさらしの風が雪を飛ばし雪山らしい景観を見せています。
ちなみにこの辺は地面がガリガリに凍っており足跡が鮮明でなかったからちょっと不安でした。
しかしこの幻想的風景・・・関西にこんなところがあるんだと驚かされます。

c0066176_083864.jpg

c0066176_093154.jpg

c0066176_037817.jpg


少し下ると晴れ間が見えてきました。やはり青空が見えると映えて見えます。

c0066176_014856.jpg

c0066176_0151796.jpg


麓まで下りてきてもびっしりと樹氷が広がっているのがわかります。

c0066176_0392386.jpg


今回の登山は新しい発見があり冬山の美しさをより深く知ることが出来た収穫のある内容でした。
その反面、冬山の危険性等もあり自然の怖さを垣間見たのもありますね。
帰りは温泉に立ち寄る予定でしたが残念ながらタイムオーバーで寄れませんでした。
by ikakan | 2013-02-24 00:19 | 登山 | Comments(4)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

樹氷登山「高見山」:まるで氷の彫刻のような樹氷

連休第二弾は高見山にしました。理由は樹氷の時期で臨時バスが出ているので
良い機会だと思ったからです。前記、美山とまた違った風景が楽しめるのではないかと思いました。
さてアクセスですが近鉄の榛原から直通バスで1時間程です。
途中下車とかないので本当に登山目的の人のバスといえるでしょう。

昨日の段階では樹氷はあるということでしたのである程度の期待をしつつ向かった。
人はけっこう多かった印象です。やや中高年が多かった気がする。
やはり樹氷は観れる次期が少ないのでこの機会にと殺到するのでしょうか。
現に臨時便が何便も出ている状況でした。

c0066176_23141270.jpg


スタートは木段や石畳が続く整備された登山道でさほど苦にすることもなく
たんたんと進むことが出来ました。
積雪はあったものの対して滑る心配もない内容でした。
ただやはり人が多く、じっくり自分のペースに浸ることが難しかったです。
針葉樹林が立ち並ぶありふれた山林だった。
だいぶ前に降ったという雪が解けずに残っている感じ。
このあたりの道はかなり歩きやすいと思う。途中で狭くなっているところとかあるが
登山道のレベルとしては全然問題ありませんでした。

小峠からは階段状になって急になってました。
年配者が多かった為かずいぶん渋滞してましたね(^^;
抜こうにも抜けない状況でしょう。まあゆっくり登れるのでこれの方が気楽だというのもありますが。
しばらくすると分岐点があり高見平野方面への道と頂上の道に分かれる。
高見平野は温泉がある関係で下山道に使われることが多いということだ。
バスも帰りは高見平野から出るのでこちらを下山に使うことになる。

頂上へ向かうといよいよ稜線に近づいてくる為、雪が多くなってくる。ここまでは
登山道まで雪ではなかったが少しづつ融けない雪が土と混じって白っぽい土に
なっていたりした。当然ながらこういう土は滑りやすくなってくる。
このあたりでアイゼンを装着している人が多くなってきた。
私もアイゼンを装着することにする。この登山道はまあ装着しなくても歩けなくはないが
非常に慎重になる必要があるのであった方が精神的にも疲れないだろう。
ちなみに私のはモンベルのチェーンスパイクというチェーンを絡ませて固定するタイプだが
ちょっとした冬山や雪渓には良いらしい。私は本格的な冬山はまず挑戦しません(爆)ので
これぐらいがちょうど良いスペックだと思ったのですよ。
この内容に10本爪とかどう考えてもオーバースペックだと思う・・・
いろんな人がいましたけどね(履いてない人も)

c0066176_23161493.jpg


分岐点まで来てもいまいち樹氷が見られないので融けちゃったかなあと思っておりましたが
頂上付近に来て一変。一気に展望が開けたと思いきや白銀の世界。
白銀の世界というのも奥が深く雪がどっさりついた蔵王のモンスターみたいなものもあれば
珊瑚礁のように枝にびっしりとおおわれて真っ白なものもあったり
今回の樹氷は風によってエビのしっぽのように木々全体にびっしりと付着していた
それが風によってさらさらと流れきらきらと光り輝いていたしまた観ぬ風景だったと思う。
樹氷ってどこでも同じと思われるかもしれないが風向きや気候、風景などでまた別の
景色が楽しめると思う。またとして同じ風景がないからこそ何度来ても良いのではないだろうか。

c0066176_23174245.jpg

c0066176_23181510.jpg

c0066176_23185770.jpg

c0066176_2319539.jpg


高見山は関西のマッターホルンと呼ばれているらしいです。
つまりとんがり山で周りに遮るものがないのでふきっさらしの風が吹き気温が低い
それがこのような樹氷風景をつくっているのではないだろうかと思いました。

c0066176_23202586.jpg

c0066176_2321137.jpg


c0066176_23213640.jpg


帰りですが高見平野へ向かう登山道を行ったのですがこちらもこもれ日が差す針葉帯で
ゆったりと森林浴が楽しめた。中には高見杉という大木もあった。
夏の時期も見どころがたくさんありそうな山行でした。
by ikakan | 2013-02-10 23:10 | 登山 | Comments(10)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

若草山 山焼き2013

若草山山焼きに2年連続で行ってまいりました。
去年に引き続いて行った理由はカメラに記録出来なかったというのもあるんですけど
若草山にアクセスする理由は奥山の未舗装路のトレッキングやら東海自然歩道があるので
行く理由はけっこうたくさんあります。敷地も広いですし。
奈良公園というとさかのぼると幼少時代の遠足まで遡るほど年季があり
そのときのシカの大きさたるや背丈以上の大きさだったような記憶が。。
そこから何度行ったのか覚えておりません。

当日の若草山はそこそこ人は集まっているものの花火大会のようなにぎわいはなく
静かに年の始まりを祝うような印象がありました。

c0066176_236266.jpg


さて、山焼きですが最初に厄払いなどの儀式を行います。
お経などを唱えてそれがプロジェクターに写ります。
なんか昔からのしきたりと現在の融合みたいな奇妙な図でした。
儀式(?)が終わるとたいまつの炎を別のところに移しそこから花火が打ちあがります。



花火はけっこう本格的でこれ単独でもなかなか楽しめます。
山焼き単独だけだとインパクト薄いのでこれはアリかなと思いました。

そして本番の山焼きです。



まさに草山が家事のように燃え盛ります。ちょうど寒かったんで温まりました(爆)
最後に和風ライブがあります。途中まで観て帰りました。

外国人も多かったですね。割かし有名なんでしょうか。
by ikakan | 2013-01-26 23:08 | 各種イベント等 | Comments(0)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

奈良公園の紅葉が盛りに

今年の秋は気温や日照条件が良かったようでかなり良好な紅葉が観られるようだ。
なので土曜はおろか日曜にまで足を運んでも悪くはない感じである。
問題なのは京都の寺院とか紅葉の名所とされる場所は間違いなく人が多い。
清水寺に行こうと思いきや大渋滞で入れませんでしたし・・・
というわけで案外広範囲に広がっていて敷地が広く混雑してもあるていどさばける
場所が良いのではないかということで奈良公園に行ってきました。
いや~さすがに今年の紅葉は違う!と思えるような鮮やかさですね。
これは見ておかないと損というくらいです。


c0066176_22302223.jpg
c0066176_22312478.jpg
c0066176_22331274.jpg
c0066176_22341984.jpg
c0066176_2234484.jpg
c0066176_22353726.jpg
c0066176_22362643.jpg


来週はまだ紅葉が観られるところがあるのではないかと思うのでなんとか晴れてほしいですね。

by ikakan | 2012-11-25 22:22 | トレッキング | Comments(0)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

吉野山:花満開(千本桜)

c0066176_11523388.jpgそろそろ趣味であるハイクを再開するような気候になってきました。
去年もかなり多くの山に挑戦して関西近郊の山々は50くらいは周ったでしょうか。。
これはストレス解消にはもってこいです。森林浴はセラピー効果があって
心を和ませるような効果があるらしいし、健康上の問題にも良いので続けてゆきたいと思っています。

さて、吉野山ですが観光地化されている千本桜ではなく裏側から周りました。
裏は完全なる山道で時に河のせせらぎなどが聞こえたりして良かったです。
森林の中の倒木にすわりパンを食べる。静寂の中、自分だけがこの空間にいるような
なんともいえない感覚がありハマります。

表側はさすがに観光地で人が多かったですけど、頂上まで来ている人は少ないようでした。
これから月末にかけてピークを迎えるのだとは思いますが人も多くなってくるでしょうね。
ただ7分咲きではあっても木によっては満開の桜もあり充分に楽しめましたよ。


c0066176_1152525.jpg

by ikakan | 2010-04-06 11:53 | トレッキング | Comments(0)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31