関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

タグ:兵庫 ( 17 ) タグの人気記事

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

六甲山系【摩耶山】:マヤカンの存在を実際に・・・

マヤカンとはなんぞや?とおっしゃる方はいるでしょうか。
知る人ぞ知る、摩耶観光ホテルのことです。
今から30年程前まで営業しておりました、摩耶山のホテルのことで
今はひっそりとその廃墟が残っているそうです。
愛宕ホテルにせよ武庫川廃線にせよ何かしらの生活の記憶が残っているのは
何かを語りかけるようなそんな印象を受けるのではないでしょうか。
昔から今に至るまでいろんな遺構や生活の名残が残されています。
そういうのが好きなんですよ・・・。

そんな中、あのザ・金剛登山で知られているあのキバラー氏からお声かけがありました。
以前からキバラー氏にはお会いしてみたいと思っておりましたが、さらにこの
マヤカンも見に行けるということで二つ返事でOKしました(^^;。
キバラー氏のブログはある種、他の追従を許さないというか、まるでガイドブックのような
造りなんですよ。圧巻なのが山紹介にドキュメント映像で紹介されているという点。
正直ここまでの力の入れようは素人ではありません。
で・・・ここに出演するかもしれないんですよね(^^;。
どうなるかはわかりませんが好ご期待でしょうかw。
気持ちは山登り大好きに出演しているような印象です。
いつかはキバラー氏の案内による金剛山が実現したらなぁ~なんて思ってたりしています。
村界尾根とか・・・
最近は御無沙汰ですがマルタンさん←ブロガーならぬブログ周りのハイカーさん)
に紹介したい気がする・・・。


日程:4月26日(日) 場所:摩耶山 天気:晴れ

メンバー:6人
♂  キバラーさん Orisさん メッツさん 私
♀  ちゃみさん うっちいさん

さて集合場所は阪急六甲駅。私は阪急の駅に行くには梅田で乗り換える必要があったので
あえてJRの六甲道から徒歩15分でそこに向かった。
それっぽいグループはあったんですがちょっと躊躇してましたね。
いや、久しぶりなんですよ全員初対面というのは・・・緊張しますのです(笑)
しかも、今度はキバラー氏ですから気軽に・・・とはいかないのです。
ただキバラー氏はすぐにわかりました。なんか長身ですらーっとしている紳士風の姿で
やはりオーラを感じます。
なんか有名人に会ったような気持ちでした。
(いや、登山ブログでは有名な方なんですけどね)
c0066176_18494.jpg

同行されるのはorisさんとメッツさんという方で、キバラーさんとは以前から交流があるそうです。
ただこのお二人は以前、伊吹山でニアミスしていたとのこと。
私の名前を呼ぶ方がいてそこにブラックカリマーの人がいたとのことでした。
うん、私ですね(^^;。とはいえ私もヤマレコの巡回をよくしている関係上、関西圏のユーザーの方は
大概知っておりますので存じておりました。
山座同定されていたのを聞いたとのこと。そういうのを聞くと山のつながりは
広いようで狭いなあという印象でどこかでつながっているのかな~と感じました。
あと雪洞の話とかしました。メッツさんは聞いた話によるとけっこう近所の方でした。
近場とかご一緒出来るかもしれません。

私は本当はちょっと前の生駒でご一緒する予定だったんですがちょっとした事後で
保留になっておりましてその辺、心配かけさせてもらっていたようです。申し訳なかったです。
c0066176_19586.jpg

キバラーさんはやはり生で見るとすごいです。やっぱり背が高い方です・・・
今迄見たハイカーでは一番高いのではないでしょうか?そしてスタイルも・・・
50近いということですが全然そう見えないところがすばらしい。
初めて見た方は驚かれるのではないでしょうか?
c0066176_194834.jpg

いや~けっこう私、シャイな人なんで久々にお初登山やると緊張しっぱなしでした(^^;。
最高尾でうっちいさんがおられたのでずっと話してました。
うっちいさんは良さげなカメラを持たれている様子で、良い写真が取れればと思います。
でもこういうカメラってなかなか扱いが難しいのではないかな~と思ったりします。
・・・デリケートな機器なので。
c0066176_110869.jpg

c0066176_1102919.jpg

メッツさんとはあの八ヶ岳で遭難している植田氏についてちょっとお話ししました。
植田氏ってけっこう無茶なことばかりしていつかやってしまうだろうな~という噂が
あったようですが今回そうなってしまったようで心配ですね。
彼の日記が毎日のように更新されていたのがプッツリ途絶えたというわけですから
やはりただ事ではなさそうです。
植田氏って誰?と思われるかもしれません。
けっこうディープな登山家と言っておきましょう。そこそこ知られている方です。
c0066176_1105296.jpg

さすがに今は六甲が旬かもしれません。何故なら新緑がここまで美しいからですね。
たとえ花がなくともこの新緑だけで来た甲斐があると思います。
c0066176_1111477.jpg

ちなみにこのルートはマル秘ルートなんでログは出さないでおきます。
あんまり出したら・・・なんで。でも出しているブログはいくらでもあるんで
意味がないかもしれません。我々が登っている間にも下山してきたグループがありました。
下山出来るんだったらここまで構えることもないかと・・・(^^;
c0066176_1113917.jpg

でもそんなにバリエーションというわけではないです。
いやむしろ普通でした・・・なぜこのルートが・・・なのかわからないくらい。
頻繁に使われているのかな~なんて思っています。
c0066176_112477.jpg

c0066176_1122516.jpg

ホント新緑だけですばらしいです。この碧さはなかなかないかなと。
c0066176_1132039.jpg

新緑はキバラーさんも気に入られた様子・・・どう写っているのか楽しみですね。
このあたりは紅葉シーズンも面白いのではないでしょうか?
c0066176_1133965.jpg

マヤカンはいきなり出てきます。何の前触れもなく・・・
c0066176_114458.jpg

マヤカンを楽しみにしているのがorisさんだったと思います。
ヘルメットとかいろいろ準備されてましたし、気合が違いました。
なんか、茶缶でパッキングしたり濡れタオルを持参されたりといろんなところで工夫されてました。
けっこう、テンション高めでしたしねw。
c0066176_1142533.jpg

c0066176_1144993.jpg

立ち入り禁止なようです。この辺は自己責任になってくるのでご注意ください。
c0066176_1151052.jpg

規模は愛宕山ホテルよりはるかにでかいですね。百部屋くらいありそう・・・
こんな建物が山中にあるなんて・・・奥が深いです。
・・・詳細ですが、、、(@@う~む、直接聞いてください。
c0066176_1152951.jpg

ちょっと前にボヤ騒ぎがあったようでして、不審者がいたら通報される恐れがあるので
あんまり公には出来ませんので・・・
まあ気になる方は実際に調べに行ってくださいな・・・
そして当然、自己責任になってきますのでご注意を。
ただ、印象ではあまり構える程、厳しいということはありませんでしたので
不審な行動をとらなければ特に大丈夫なのではないかなと思っています。
ただ廃墟マニアとしてはかなり採点が高いのではないでしょうか?
見方によっては軍艦島よりもすごい場所かもしれません。
c0066176_1155164.jpg

メッツさんが昔、営業時にここを訪れていたようでしてちょっと思い当たるところが
あったようでした。かつてのにぎわいを知っている方にこのホテルはどう見えたのか
興味がありました。
c0066176_1165971.jpg

いろいろ進むと最終的に虹の駅の展望台に出てきます。
c0066176_1171956.jpg

ちょっと紅葉っぽい(?)木もありました。何故この時期に紅葉!?
c0066176_1183430.jpg

摩耶ケーブルのとなりは整備されているので恐らくナイトハイクでも大丈夫かと思われます。
最も摩耶山はナイトする気にはなれませんが・・・
c0066176_1185850.jpg

シャガもたくさん咲いています。
c0066176_1191693.jpg

神社がところどころに祀られています。
c0066176_1193891.jpg

途中のこの木は樹齢1000年くらいあったそうですが、山火事によって枯死したようです。
残念ですね・・・
周辺の神社も消失したとのことでした。
この辺で記念撮影を行う。
この後、ちゃみさんの案内で摩耶山頂方面へ向かうようだ。ちょうど昼に穂高湖へつくようなので
そこまでご一緒しようということにしました。
聞いた話によると、ちゃみさんは双門ルートを大きなザックを背負って行かれたそうで
なかなかパワフルな人だなと思いました。ただ核心となる双門の滝は行ってなかったそうです。
双門ルートというとけっこう危険な匂いがするのですが実際はどうなんでしょうかね。
c0066176_1201229.jpg

このあたりも神社の敷地だったようで消失後は整備された様子・・・。
c0066176_1203161.jpg

摩耶山三角点があるのはこのあたり・・・
コースどりはちゃみさんにお任せということでしたがこの後、穂高湖まで行って昼食だそうです。
私は時間的にそのあたりが妥当かと思いましてそこまでご一緒する旨を伝えました。
c0066176_1205090.jpg

くたびれ呆けた図のようです(^^;。
c0066176_12172.jpg

八重桜が日の光にあたって美しい。
c0066176_1213378.jpg

菊星台です。(漢字間違ってますが変換出来ないのですw)
c0066176_1215064.jpg

これはトレランシューズの袋だとか・・・ただ登山靴は入らないようですね。
c0066176_1221520.jpg

摩耶山でこんなイベントがやっているのは初めて知りました。
そしてより賑やかになっていました。
c0066176_122441.jpg

何気に咲く八重桜も色がいろいろあって楽しいです。
c0066176_1231456.jpg

ここからアゴニー坂へ・・・けっこうおなじみの道でした。
c0066176_1233452.jpg

c0066176_1235361.jpg

ツツジも新緑と相成って美しいコラボです。
ちなみに花に興味ありそうなのは私とうっちいさんだけっぽかったです。
他の方々はどんどん先いっちゃってました。
c0066176_130160.jpg

こちらはヤマブキです。うっちいさんはすぐに答えられるあたり通っぽい(?)。
c0066176_1302757.jpg

c0066176_1323310.jpg

ちなみにこちらの花はわかりませんでした。
c0066176_1325279.jpg

ここは摩耶別山です。三角点があるかはわかりませんが、山頂がアンテナ(?)の敷地内で
入れません。
c0066176_1331196.jpg

アゴニー坂は確かに傾斜はありますが落ち着いておりればさほど問題ないです。
この坂はけっこう登りではしんどいようですが未だ登りで使用したことはありません。
c0066176_1335074.jpg

穂高湖までいくらかの破線道があるようですが、いたって普通の登山道です。
c0066176_1341461.jpg

c0066176_1343283.jpg

階段を上り詰めるとそこには湖面が見えてきます。
c0066176_1345071.jpg

そしてここが穂高湖。シェール槍はやや尖がった山です。
この辺は以前、来たことがあるので割愛です(^^;。

この辺でお別れとなったのですがけっこう新鮮でした。
キバラーさんとお会い出来ただけでもかなり収穫でしたね。
あと、あのマヤカンを実際に見ることが出来たことは大きいです。
この日は休養の予定でしたが急遽、お誘いがありました。
しかしこららの理由によって断る理由が見つかりませんでしたので(^^;。
六甲は本当に奥が深いです。いろんな歴史があるなあと思いました。
[PR]
by ikakan | 2015-04-29 01:05 | 登山 | Comments(14)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

六甲山系「座頭谷」:蓬莱峡の奇石を眺めながら広い広野を歩く

座頭谷は六甲のバリエーションの一つで蓬莱峡の奇石や沢歩きが楽しめるルートです。
今回、山仲間である、くまさんにご案内頂ける機会があったので散策してきました。


日程:11月15日(土) 場所:六甲山 天気:晴れ時々曇り

メンバー:2人
♂  くまさん 私

c0066176_849156.jpg

こちらは蓬莱峡の奇石の景観。
c0066176_8493358.jpg

ギザギザとした山容が印象的です。
クライミングで来られる方もおられるようです。
c0066176_8494999.jpg

c0066176_850413.jpg

座頭谷への入口は通称万里の長城から。
c0066176_8502383.jpg

脇道から入っていきます。
c0066176_8503876.jpg

c0066176_8505328.jpg

座頭谷の道はさほど不明瞭というわけではありませんが、やはり使用頻度が少ない気がします。
紅葉の時期の六甲なのに人がまったく見かけませんでした。
c0066176_8511197.jpg

沢道なので突堤を超えてく場所があります。
c0066176_8512987.jpg

こういった広野に出ますが、ここから次の取り付きを探すのが迷いますかね。
ペンキとか一切ありませんでしたので。
c0066176_11484264.jpg

c0066176_1149445.jpg

樹林帯に入ったりします。やや荒れております。
c0066176_11491916.jpg

c0066176_11493624.jpg

c0066176_1149518.jpg

ある種、個性的なコースと言えますね。
広野の沢、樹林帯、突堤越え・・・
c0066176_1150771.jpg

c0066176_11503135.jpg

c0066176_11511050.jpg

迷うことはないと思いますが、そこそこ荒れておりますので気を付けなければならないかも。
c0066176_1151257.jpg

尾根近くに来ると安定してきます。
c0066176_11514650.jpg

みつばちハニー牧場まで来れば一段落というところですね。
c0066176_1152285.jpg

ここから先はトレイルを歩くことになります。
c0066176_11521842.jpg

c0066176_11523531.jpg

c0066176_11525262.jpg

ここまで来れれば六甲の縦走路と合流します。
当然、人がいきなり増えました(^^;。

GPS端末 XperiaUL


[PR]
by ikakan | 2014-11-22 08:44 | 登山 | Comments(8)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

西光寺山:白鷺のような花の名は「サギソウ」

登山関係のレポを見てますといろんな花の写真が見受けられます。
今の時期は花のシーズンとは言い切れませんがいろんな花を見ることが出来ます。
サギソウもそのひとつですが、最初この花を紹介されているのを見たとき衝撃でした・・・
もう白鷺そのもので小さい鷺が湿原を羽ばたいているような錯覚を受けます。
場所は・・・西光寺山・・・ピンとこないなあ・・・篠山の方にあるようです。
白髪岳の近くですね。でも白髪岳自体も行ったことがない(><
c0066176_2350367.jpg

あとは比良の八雲ヶ原、湖南アルプスの矢筈ヶ岳あたりに自生しているようです。
西光寺山自体はさほど険しい山ではないのですが、そこまのアクセスがややこしいですね。
篠山まで時間がかかる上にバスの本数も少ないです。それだけに秘境かも・・・
c0066176_23502595.jpg

c0066176_23504377.jpg

c0066176_2351154.jpg

c0066176_23513358.jpg

c0066176_23515815.jpg

花に触発されるというのはないこともないのですがこの花の特殊性とインパクトは
相当ありました。花びらがまさに翼で頭まであるとは・・・恐るべし。
しかも純白といってよい程の白さ・・・美しいです。
実際に見てみると小さいながら大きな翼を広げて可憐な花びらを広げています。

絶滅危惧種のようなので個数も少ないようです。
丁重に扱わないといけませんね。


日程:8月30日 場所:西光寺山 天気:曇り時々晴れ

メンバー:単独


場所ですがちょっとわかりにくい場所にあります。
私も最初行きすぎました・・・
c0066176_23522771.jpg

しばらく林道チックな道が続き
c0066176_23524847.jpg

c0066176_2353452.jpg

西光寺池のそばを歩いてしばらく行くと
c0066176_23532379.jpg

ちょっと開けた場所に沢が流れているので・・
右手に注意しながら、

この道を行きます。ちょっと笹薮に隠されている感じなのです。
c0066176_23541250.jpg

西光寺山についてはさほどマニアックな山ではなく地元では散歩道として使われているようでした。
ハイカーもまずまず見かけましたし・・・
c0066176_23543913.jpg

しばらくは林道チックな平坦道ですが途中からアップがきつくなります。
c0066176_2355072.jpg

炭鉱炉かな・・・
c0066176_23551743.jpg

けっこう急ですべりやすい・・・
c0066176_23553355.jpg

c0066176_23555480.jpg

山頂はちょっとした屋根つきの小屋があるので雨の日も良いですね。
ここでカップ麺を食しました。
c0066176_23561733.jpg

c0066176_23563237.jpg

白髪岳や虚空蔵山などが見えます・・・
c0066176_23565052.jpg

あっちのでこぼこ感は大岩ヶ岳かな・・・
いずれにせよ展望はなかなか良いです。
この山域も数か所のルートがあるので機会があれば行ってみても良いかも。

GPS端末:XPeriaUL

[PR]
by ikakan | 2014-09-05 23:57 | 登山 | Comments(6)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

六甲山系「荒地山」:六甲で面白い岩場を楽しむ

まさかの六甲2連チャンとなった・・・
実はあきさんに呼ばれまして・・・
あきさんはホントお世話になっておりますんで召集に出ないわけにはいかない(^^;
しかもマルタンさんが私をということだったんで・・・
いやはやありがとうございます(^^。マルタンさんもけっこう馴染みの人になりつつあります。
ただ、希少なブログコメンティーターを離れられていることは残念。。。
なんか人に年の差がある私に対してコメントすると影響があると周りに言われて
自粛されているとか。。。
山好きに老いも若いもないと思うし、その言われているという方にもそういった柵があると
交流の幅も狭まりますし残念なことなんで・・・
そもそも健在かどうか知る為にも姿を現して頂けたらなと。
とIkajyuが直接言っているとおっしゃってください(なんて)。
あとはマルタンさんの任意でお願いします。


日程:7月12日 場所:六甲山系 天気:晴れときどき曇り

メンバー:5人
♂  マルタンさん 御山さん 私
♀  あきさん コマクサさん

ただ当初予定していた芦屋地獄谷については上部に行ったことがある関係で
荒地山に変更してもらった。こちらは以前から気になっていたコースでもあります。
c0066176_7334317.jpg

メンバーとは阪急芦屋川で合流。あいかわらずです・・・人多し。
ただし今回は王道ルートではなく変化球の荒地山です。
c0066176_741427.jpg

こっちに行く人は2割くらいかな~という印象。
c0066176_7432660.jpg

ここから入口に入るのです。
c0066176_7434158.jpg

c0066176_7435814.jpg

登山路はしっかりしていて歩きやすいです。
c0066176_7441467.jpg

c0066176_7443261.jpg

城山はなかなかの展望でした・・・
ただ灼熱の時期が近づいてきた模様・・・梅雨の湿気を相成って蒸し暑いです。
c0066176_7444813.jpg

c0066176_74554.jpg

すこしずつ岩稜の山容が見えてきました。
c0066176_7452455.jpg

時折、剣尾山のような岩石が見受けられます。
c0066176_7454177.jpg

鉄塔下のとあるピークにて休憩・・・
炎天下に来るとさすがに暑いです・・・
c0066176_7455917.jpg

岩場が続きます・・・なんかこのメンバー数人でで白馬に行くらしいです。
確かコマクサさんとマルタンさんとあきさんでしたか・・・
白馬乗鞍からの下山路がこんな感じの岩場を下るというところがありました。
なのでプレ白馬にはちょうど良いのではないかと助言(?)しました。
c0066176_7461969.jpg

ふと振り向いたらこんな岩場が。。。名物、岩梯子です。
c0066176_7463783.jpg

確かに高度感はありますが、逆に梯子状になっている為、行きやすいです。
足をかける場所がしっかりしておりますんで。
c0066176_7465521.jpg

c0066176_7471380.jpg

岩場をひたすら登って次の拠点、新七衛門ぐらがあります。
何かと言いますと岩場が狭くなっていて岩の間を潜る地点といっておきましょうか。。
c0066176_7501074.jpg

いかにも崩れそうな岩場ですが、ザックを下して這い上がるようです。
ザックをおろすと潜った先に置き場みたいな窪みがあるんで
ソロの場合はここにザックを置くのが良いかなと思います。
c0066176_7535125.jpg

あきさんはなんとザックを背負ったままで通過されたようです。
c0066176_7542250.jpg

c0066176_7583876.jpg

潜った先には展望が一望出来まして登ってきた岩場を見ることが出来ます。
神戸市街も見ることが出来ます。
メンバーがここで昼は(?)ということでしたがまだ登りが続くということで荒地山に向かうことに。
c0066176_758545.jpg

ここも岩場があってロープ伝いに登ります。
微妙に足の置き場に困りますね~。先を行っている老夫婦もなかなか苦戦されている様子でした。
c0066176_8144176.jpg

c0066176_8191380.jpg

荒地山からは森林帯なんでけっこう歩きやすいです。
c0066176_8193280.jpg

c0066176_8194966.jpg

荒地山です。展望はないですが、この時期日蔭で休憩できるので適地ではないでしょうか?
c0066176_8222271.jpg

マルタンさんからのサプライズ!今回はわざわざ麓から氷を運んでくれて炭酸水、パッションフルーツ
を加えて冷涼なドリンクを頂きました。山で冷涼な飲み物が飲めるなんて最高ですよ(^^。
ホントありがとうございます。そして雑炊もされていました。あの雑炊ってマルタンさんの
フループのオーブさんが発案したんでしょうかね。。。
c0066176_8224712.jpg

私はちょうどワールドカップの時期限定のブラジリアンチキンラーメンを。
スパイシーでなかなか楽しめました。
c0066176_823164.jpg

c0066176_825277.jpg

メンバーとはこの先どうするか検討しました。
というのも、目的は荒地山だったんでこの後のルートは特に決まってませんでした。
私は当初、東おたふく山まで行ってそのまま最高峰・・・縦走路を西へという想定だったんですが
あまりに暑いんでやめようかな~と思ってました。
メンバーも東おたふくで終了ムードでしたし(^^;
c0066176_8272821.jpg

c0066176_8274887.jpg

このあたりは細かな分岐があって風吹き岩方面と合流があるようです。
道しるべがあらぬ方向にあったんで気づきませんでした。
c0066176_8281276.jpg

はい、我々がハイカーです(^^;
ここは例のゴルフ場を横切るところです。
王道コースを行かれる方はおなじみ、普通の家のフェンスを開けて入るところです。
途中で敷地内のトイレを拝借することが出来ることは今回初めて知りました。
c0066176_8283040.jpg

時折、階段があるものの大したことはありません。
ただし、あきさんは疲れていた様子なんでしばし休憩。
御山さんによると、岩場でメンタル面でやられすぎとのことです。
c0066176_829445.jpg

雨ヶ峠です。ここもおなじみの場所ですが、今回は東おたふく山方面へ進路を取ります。
今回は初めてですね~
ここでちょっと白馬の話をしたような・・・
具体的なルートを模索されているようで白馬山荘で一泊して栂池に向かうといってた風な・・・
そうなると私と同じコースかな~と。
雪渓はガスるとけっこうメンタルが問われます。と言っておきました。
とはいってもソロではないのでそんなに問題でもないでしょう。
c0066176_8292671.jpg

c0066176_8294450.jpg

快適に歩くことが出来る草原の道です。
c0066176_830153.jpg

c0066176_8302053.jpg

c0066176_830371.jpg

登り詰めたところにスペースがあり、そこが東おたふく山となります。
ピークはさほど展望はありません。
ここでは沖縄の話で盛り上がりました(^^;。ヤギ汁についてとか。。。
あれはホント生臭いです・・・御山さんも飲めたものではないと・・・
もうあらゆる臓物が入っててなんかすごいんです。
c0066176_8305590.jpg

話し込んでいたのもあって今日は東おたふく山で〆ることに。そのまま下山。
やたら笹が茂ってました。
c0066176_83113100.jpg

c0066176_8313458.jpg

白いアジサイってけっこう珍しいなあと思ったんですけども。
六甲山もけっこう紫陽花が咲いているなという印象です。
c0066176_83149100.jpg

東おたふく山登山口にもけっこう人がいました(^^;
なかなかアクセスが良いのかな~と思います。
私も東縦走路を歩くときはショートカットで使いましたしね。

帰りは私は芦屋温泉に立ち寄る為にメンバーと別れました。
ちなみに芦屋温泉ではせっけんなど備品は持参らしく失敗しました(><

GPS端末:XperiaUL

[PR]
by ikakan | 2014-07-19 07:29 | 登山 | Comments(16)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

六甲山系「大池地獄谷」:道迷いしてしまったことを自分なりに検証してみる。

大池地獄谷にはちょっとした想いがあって、昨年一度挑戦して増水してて失敗しました。
なので機会を狙っていたんですが、今回、その地獄谷に行くグループがあり
チャンスでしたのでご一緒させて頂きました。
今回のメンバーは初対面の方々だったんでちょっと緊張しましたね(^^;
願わくば去年のメンバーでということだったんですが、なかなか都合を合わせるのは
難しいと思い便乗させてもらうことになったのです。


日程:7月6日 場所:六甲山系 天気:曇り後雨

メンバー:5人
♂  にっしゃんさん MUMUMUさん 私
♀  けいこさん カトさん

さて、今回のメンバーは全員初対面です。(私は)
思えば去年の地獄谷もそうでしたか・・・
去年とまったく別のメンバーで行くことになろうとは思いもしませんでした。
c0066176_21362245.jpg

ここがおなじみの分岐です。去年は雨でした。
c0066176_2136574.jpg

いつもの階段を降りますが
c0066176_21372385.jpg

フェンスが倒れていた(?)ようでせまい隙間を行きます。
c0066176_21375038.jpg

渡渉もさほど流れはなく良いコンディションと思われます。
c0066176_21385431.jpg

しばらくは快適なトレイルを歩くことになります。
c0066176_21412910.jpg

徐々に沢道となってゆき、アドベンチャールートとなります。
c0066176_21422053.jpg

この谷も突堤越えがポイントになってゆきます。
c0066176_21424447.jpg

突堤越えは大抵巻き道になっているようです。ここで迷いやすいというところですね。
c0066176_2143186.jpg

ちなみに去年は突堤の向こうが水没しておりました・・・今回は。
c0066176_21432993.jpg

大丈夫だったようです。これで地獄谷制覇も見えてきました。
c0066176_21435554.jpg

c0066176_21441850.jpg

裏六甲は表とは違って非常に閑散としております。そしてより自然に溶け込んでいるイメージです。
けいこさんはトレッキングシューズだったんで滑りやすいと主張されてましたが
これは技術だと突っ込まれておりました(^^;
c0066176_21443689.jpg

あのときはかなりの増水だった模様です。今回はさほど渡渉に苦労することはなかったです。
c0066176_214533.jpg

渡渉を繰り返しながら沢を行きます。トエンティクロスなどと違い完全に
沢道なので足元注意ですね。
c0066176_21474730.jpg

登山路からややはずれたところに地獄大滝という滝があります。
ここのは冷涼でしたよ(^^。標識が滝の途中に設置されてましたが
えらいとこにあるなあと思ったんですけども(どうやって乗せたんだろう)。
c0066176_2148515.jpg

けいこさんはかなり慎重派のようです。いわゆる五点指示ですね。
c0066176_21483885.jpg

c0066176_21491652.jpg

なかなか緑色した苔の石が多く、気を使わねばなりません。
c0066176_21494064.jpg

c0066176_21502141.jpg

ここは難所でしたね。右側の石をロープ伝いに進みます。
c0066176_2152125.jpg

c0066176_2152185.jpg

いや~ホントにワイルドですね~ただワイルドという他にちょっとやらかした感が
してきたんですけどね・・・
c0066176_21524972.jpg

突堤です。ここで道がよくわからなくなりました(><
突堤のどちら側を周るのか迷いましてどちらもそれっぽい目印がないのですよ。。。
ここをA突堤としておきましょうか。
ただA突堤にはここが最後の水飲み場の標識があったんでまだ間違ってないと思ってたんですけど・・
c0066176_215388.jpg

c0066176_21533838.jpg

右側の道はどうも登山路じゃない気がするんですよね・・・
c0066176_2154423.jpg

突堤を超えるとこういう道になります。正直この時点で気づくべきだったかもしれません。
c0066176_21544745.jpg

しかもこの辺、岩盤がもろくカトさんの足場もろとも岩盤が崩れました。
危ない場所ですね・・・
c0066176_21561844.jpg

この後、突堤を何度か超えるので地獄谷を行っていると思っておりました・・・・が
GPSが捕捉しなくて確信はなかったです。ただどうみても破線レベルとしか・・・
c0066176_21564752.jpg

c0066176_21571683.jpg

で、ここにたどり着きます。なんか二手に分かれておりました。
見た目は右の方が行きやすそうでしたが・・・
で、行くんすかこれ?という感じ。途中で滑落しそうな斜面です。
c0066176_21575627.jpg

CLのにっしゃんさんがけっこうガツガツ行く人のようでしたので
挑戦されたようですが他の方々はどうなのでしょうか?
MUMUさんが2度ほど滑ってしましました・・・
この斜面で水も流れていてなかなか難しそうですよね・・・
別のルートを模索しますと、
c0066176_21581839.jpg

斜面左側に何やらワイヤーが垂れてまして何用かわからなかったんですが
ちょうどロープとして使えそうなのでつたって行きました。
c0066176_21583725.jpg

で、マシなのかというとそうでもなく、痩せたブッシュや木々などの悪路でした。
ってこれ合流出来ますのかな・・・
ここを③の谷としておきましょうか・・・
ちなみに③の谷に行った3人はそのまま西尾根方面へ向かったそうですが
この先崖で無理とのことです。
現に落石の音が聞こえてきましたんで心中穏やかじゃなかったですね。
下手したら下に落石させて二次災害が起こりかねませんでしたから・・・

ここで私のGPSが捕捉しまして
なんか地獄谷の南側の水晶山北の森林地帯を指していました。
これはMUMUさんのGPSも同じようなところだったんで間違いないでしょう。
このまま進むと地獄谷西尾根にたどり着きそうな感じでしたがあまりにも悪路なんで
引き返すことにしました。
c0066176_2159087.jpg

c0066176_21591996.jpg

当然、斜面なんで下りの方がキツいです。この写真のちょっとでっぱったところを
超えるように行きます。
c0066176_21593773.jpg

あとは例の謎のワイヤーをつたって谷を降りてゆきます。
実はこの先2手にわかれていると言ってましたが・・・
にっしゃんさんがもう一つの④がどうなっているのか見てみるとのことです。
う~んチャレンジャーですね(^^;私はわかるところまで戻るものかと思ってましたんで。
しばらく待つことにします。
結果はなんと見事に西尾根にたどり着けるようです!これは良かったですね。
戻るとしても沢の下りはけっこうキツいんで助かりました。
c0066176_2131451.jpg

ここで脱線しますが、後から考えてみるとAの突堤が地獄谷道の途中にあり実は
あれは越えずに左側に進路を取るのが正解だったのではと思われます。
実は地獄谷は一つではなく無数に広がっているので、どこかの谷の分岐に迷い込む
可能性があるということでした。
結果地獄谷の南側の谷に迷い込んでそのまま②の谷に行くということになったようです。
確かにこの地形図によると③と④の谷が分かれているということが見受けられます。
にっしゃん氏によると③の谷の右側を模索すると水晶山の尾根のどこかにたどり着けたとのことです。
c0066176_220385.jpg

c0066176_2205418.jpg

さて④の谷から西尾根を目指すわけですが・・・当然ながら登山道でもなんでもない
ただの谷なんでけっこうキツいですね。泥と草木が混じったようなザレ場で
つかむところもないところでした・・・・それでも危険性は少なかったです。
(③はかなりヤバかった・・・)
c0066176_2213293.jpg

私もね・・・またカメラぶっこわれるんじゃないかと心配でしたね。
まあこんなところで写真撮んなよって感じですが(^^;
c0066176_222719.jpg

がんばってがんばって斜面をよじ登ると尾根が!
まさに地獄から這い上がってきた気分でしたw
c0066176_2223790.jpg

c0066176_2241025.jpg

なつかしの西尾根です。
c0066176_2235477.jpg

ダイヤモンドポイントです。ここで昼食とします。
皆、満身創痍だったかもしれません。

検証として、どこで間違ったのか定かではありませんが
最後の水と標識されていた突堤がAであると推測されます。
すなわちあのAの突堤を越えずに左の谷に巻いてゆくのが正解だったのかと・・
あそこを突堤を超えてしまって②の谷に迷いこんでしまったのが原因でした。
谷ということで一つしかないという認識があったのがいけなかったかもしれません。
そのあと③の谷を登ろうとして失敗して④の谷を登る結果になりました。
それがわかったのはメンバー地形図があったからこそで、なかったらわかったかどうか
定かではありません。

帰りは尾根を行きながら長峰山経由で帰りました。

GPS端末:XperiaUL

[PR]
by ikakan | 2014-07-10 21:31 | 登山 | Comments(10)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

大岩ヶ岳:コンパスプチ講習会はどうなるやら

山をやる人でコンパスを持っている人は意外にもけっこういるようです。
ただ実践で使用出来ますか?となると、そうでない人が多いようです。
私自身もコンパスは一応念のためということで装備しておりましたが、
先日の竜ヶ岳のGPS破損によって、機器に頼るとは危ういなと感じたのであります。
そんなわけでどこかで実践せねばと思ってたんですが・・・
どのみちなら道がややこしい山の方が良いと思ってましたんで
ターゲットは以前から迷いやすいと噂の大岩ヶ岳にしました。

コンパスの使用法はいろいろあるようですが、ここでは一番オートドックスな
どの方向に歩いたら良いのかというのを探ることにしました。

c0066176_21495162.jpg


コンパスを使用する際には整地という作業が必要です。
実際のコンパスが向く向きと北は7度程西側にずれているようでそれを考慮した
使用法が必要とのことでした。なので、ダイヤルを回して整地するとか・・・
それがややこしい人は最初から磁北線を引いておいて手間を省くことになります。
写真では実際に引いてますが、磁北入りで印刷するアプリがありますので
そちらを参照にしてください。

地図プリ


日程:6月21日 場所:大岩ヶ岳 天気:曇り一時雨

メンバー:単独


道場駅です。ちょっとひっそりとした里山風景が広がります。
ここからしばらく車道歩きです。
c0066176_21394477.jpg

使い方は現在地と目的地をプレート底辺に合わせる。
(ただしプレート真ん中の→の方向で)
磁北線とダイヤルの→(MNとか書いてある)を平行にする。
そのままの位置でコンパスを固定してダイヤルの→とコンパスの針が
重なる向きに身体を向ける。
そうすると向かうべき方向がわかるという仕組みです。
と偉そうに語りましたが実際成功しませんでした。
理由は落として使えなくなったため・・・

では現在地がわからなくなった場合はまた別途で方法があるようです。
小まめに現在地を測りながら分岐点などでよく使用するということが
必要になりそうですね。
c0066176_2145646.jpg

大岩ヶ岳は登山口まで車道歩きがいくらかあります。
c0066176_21452280.jpg

貯水場脇に登山口(?)がありますのでそこから入ります。
c0066176_21454064.jpg

川沿いの道を行くとダムがあります。
c0066176_2146095.jpg

けっこう大きいダムです。
c0066176_2146224.jpg

ダムを渡ってちょっと戻るとこのような場所があるので左折すると登り道にさしかかります。
c0066176_21464832.jpg

いきなり怪しい感じの登りです。
c0066176_21471244.jpg

c0066176_21473533.jpg

トレイルはそこそこある模様です。
c0066176_21475482.jpg

ダムの上流部は水が溜まっている様子・・・
人の気配は遠くからよくしておりました。
c0066176_21481428.jpg

実はここは右が正解だったりします。
この辺からだんだん迷いそうな予感がしてきました。
公共の道しるべとかはないようですね・・・
c0066176_21483749.jpg

良い景色ですね~
c0066176_21485585.jpg

ややピークすぎのササユリなどもありました。
c0066176_21514841.jpg

大岩ヶ岳の山頂が見えます。
c0066176_215272.jpg

山頂直下はちょっと岩岩している様子でした。
c0066176_21522697.jpg

c0066176_2152436.jpg

大岩ヶ岳山頂と景色です。低山のなだらかな様子が伺えます。
c0066176_21531018.jpg

平原なので道が不明瞭だと感じます。
どっからでもOKという雰囲気・・・この辺で当初予定していた
丸山からずれてしまうことに。。。
c0066176_21533146.jpg

謎の斜面とかに出ましたし合ってるんでしょうか。
c0066176_21553866.jpg

道もちょっとワイルドな感じ。
c0066176_21555636.jpg

ただ標識の場所まで来たので問題はなさそうです。
しかしこの先、どうなるやら・・・すでにコンパスは合っているのかどうか
わからない状況でして・・・
c0066176_21561467.jpg

c0066176_21563262.jpg

いや~迷いやすいってのはこのことですかね・・・道がない・・・
標高差があまりないので等高線での読みがしにくいんですよ・・・
コンパスがあってもちょっとこれは。。。という感じでしたね。
c0066176_21565433.jpg

c0066176_21571539.jpg

明らかに明瞭なトレイルにたどり着きます。これは大岩ヶ岳の南部に走る
丸山湿原と東山橋を結ぶトレイルのようでした。
ここで安全に川下川の方に行って車道を歩くか、あるいはこっちを進むかでしたね。
一応ガイドブックにもあるんでこの道で間違いないかと思うんですが
いくつも分岐があったりするとまた変な道に迷い込みそうですから・・・
c0066176_2159528.jpg

こっちの道は一応ちゃんとありますが、天候も悪くなってきたのもあって
随分怪しい雰囲気でした。
c0066176_2201957.jpg

c0066176_2203774.jpg

鉄塔や階段もあったりして登山道としては昨日しておりますが
やはりハイカーはまったく見かけません。マイナーコースだと見受けられます。
c0066176_2205968.jpg

谷道になるのでちょっとしっとりしております。
c0066176_2212145.jpg

東山橋にかかりますとちょっとほっとしました。
c0066176_2214551.jpg

さて、コンパスを使いましたが最初としては失敗に終わりました。
使い方以前に扱いに問題があったようです。
ここはまず落とさないように首にかけたりして使用すべきだと思いました。
ただ、向かう方向をさぐることはなんか見えてきた(?)気がするので
今度は現在地を探る方法を模索したいと思います。

誰かコンパス講習してください(^^;

GPS端末:XperiaUL

[PR]
by ikakan | 2014-06-28 21:32 | 登山 | Comments(12)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

六甲山系「芦屋地獄谷」:奇石が織りなすアスレチックな景観を楽しむ

芦屋地獄谷はロックガーデンのバリエーションとして知られていて
私自身もなかなか興味がありました。地元の登山家である厚岸さんより
ご案内頂ける機会が持てましたので今回の実行となりました。
ただ、最近花粉症に悩まされておりそれが原因で喉が枯れてしまい
ベストコンディションとはいかない体調でしたがなんとか行けたかなと思います。
ただしマスクをしての参加だったので他参加者の方々には何かと気をつかって
頂いたと思うので申し訳なく思います。


日程:4月6日 場所:六甲山  天気:雪のち曇り

メンバー:5人
♂  厚岸さん 私
♀  マカロンさん かきくさん ぶなじゅんさん

この日は阪急芦屋川での集合でしたが、JR芦屋の方が利便性があるのでそこまで行って
そこから歩く。ほどなくして芦屋川にたどり着く。
しばらくはどこに集まられているのかわからなく連絡して初めてわかりました。
というのも初対面の方ばかりでしたし厚岸さんも一度の面識しかなかったので
どこのグループかしばし迷ったのですよ(^^;
この駅、いつも登山グループの集合場所になっていて何組がいますしね。
向こうも向こうで私がマスクしていたのでわかりにくかったとか・・・
c0066176_021339.jpg

今回、集まられた方は。。。えっと、BUNAJUNさんとカキクさん、マカロンさんでしたかね(^^;
間違ってたらすいません。初面識で顔と名前が一致するのはちょっと自信なくて・・・
最初はBUNAJUNさんと話してたと思います。
最近は某SNSの新規参入の方が著しくていろんな方が入り乱れておりますので
またよくわかんない状態なのですよ・・・
c0066176_0213671.jpg

芦屋川の桜はやはり綺麗でした。これだけでも来た甲斐はありますね~
c0066176_0222473.jpg

例の茶屋です。ここで昼食を取ったこともありますね。
c0066176_0235930.jpg

ほどなくして高座の滝も越えます。
c0066176_032426.jpg

ロックガーデンはやはり面白いですね。そしてツツジの景色もありました。
c0066176_0363616.jpg

c0066176_0404117.jpg

ひたすら歩くと第一鉄塔です。
c0066176_0412947.jpg

ここから下りの道をゆき登り返すように登りますと芦屋地獄谷です。
c0066176_1151560.jpg

ここですね。この日は麓から登っておりませんで、途中から地獄谷に合流する形となりました。
おそらく慣れてない方がおられたのと先日の雨による増水を懸念されていたのかもしれません。
c0066176_0572784.jpg

c0066176_0582566.jpg

芦屋地獄谷は不明瞭とまでは行きませんがけっこう荒れている点もあるので
注意して歩く必要があるのかもしれません。
c0066176_0584397.jpg

これがA懸垂岩でしょうか?ロッククライミング跡が残っております。
ちょうど良いころあいの岩だといえるのではと思います。
c0066176_0592121.jpg

全体的に花崗岩なのかもろく、ガレた足場であると言えます。
c0066176_0594940.jpg

振り返るとやはり景観は面白くすばらしい!
c0066176_101310.jpg

c0066176_105857.jpg

c0066176_112170.jpg

花崗岩ならではの岩場を巡って楽しんでいます。
c0066176_1154272.jpg

c0066176_12188.jpg

ピラーロックですね。この岩場の景観は須磨アルプス以上のインパクトを感じました。
はげ山の色合いがなんとも言えません。
c0066176_123786.jpg

たんたんと痩せ尾根を歩きます。ちなみに周囲は崖というわけでもなく
さほど危険というわけではなさそうです。
c0066176_132548.jpg

c0066176_134416.jpg

c0066176_14280.jpg

しばし歩いた後で風吹岩に合流します。ここからはおなじみの道となります。
c0066176_14239.jpg

c0066176_116188.jpg

ゴルフ場の敷地内も六甲の一つのポイントです。
c0066176_15341.jpg

c0066176_18572.jpg

雨ヶ峠にある黄色い花は印象的でした
せっかくなのでここで昼食を取ることに。
屋根のあるベンチはすでに満席だったので厚岸さんと私とで離れのベンチへ。
けっこういろんな話をしておりました。
c0066176_154750.jpg

七曲り方面へ向かいます。
c0066176_173483.jpg

完全に雲行きが怪しいです。。。天候が悪くなるのでしょうか。
c0066176_17795.jpg

霰が舞い散る雲行きになってきてあたりも少しずつ白くなってきた(^^;
c0066176_184234.jpg

c0066176_19019.jpg

あれれ?もしや樹氷?4月に!?
c0066176_193325.jpg

それとも雪が付着しているのか・・・どちらにせよ白い景観です。
c0066176_1102454.jpg

山頂付近はご覧のとおり・・・まさかこのモノトーンにまた出会えるとは・・・
c0066176_1104345.jpg

一軒茶屋前も白くなっております。
c0066176_111365.jpg

c0066176_1112221.jpg

樹氷の中を縫って歩き最高峰を目指します。
ちなみに最高峰はかなり久々かも・・・いっつもスルーしているので。
c0066176_1164946.jpg

山頂ではちょっとハイテンションな学生(?)グループがはしゃいでいる様子。
写真の写りもなかなかのモンでした。
c0066176_1171087.jpg

ここからは霧氷の山容が明らかになり、なかなか見ごたえがありました。
c0066176_117301.jpg

c0066176_117471.jpg

しばし景観を楽しんだ後で山頂を後にします。
緑と白のコントラストはなかなか珍しいものだと感じます。
c0066176_118365.jpg

c0066176_1182242.jpg

c0066176_1184120.jpg

c0066176_119012.jpg

たんたんと降りてゆきます。
c0066176_1192868.jpg

c0066176_1201737.jpg

春の樹氷はやはり珍しいと感じさせます。
冬は本当に青と白ですが、この日の樹氷は何やら不思議な感じ。
c0066176_120348.jpg

c0066176_1205456.jpg

麓に行くにつれ暖かくなってゆくのがわかります。
稜線の霧氷帯が伸びてゆくのが確認出来ました。
c0066176_1211414.jpg

有馬にたどり着くと箇所箇所で桜が満開になっております。
ここで各自温泉に入りながら近くの食堂で談話となった。
某SNSがいつ発足したのかという話になっておりましたが、私も定かではないです。
ただ、同じように登山仲間を得たいという人の集まりなので自然と集まるのでは
ないでしょうか?ただここまでうまく周っているページはないのではとのことでした。
私も最近は某SNSもかなり飽和しているので控えめにはなっておりますね。
これ以上山の知り合いもいてもね~という感じになってきておりますので・・・

c0066176_1213391.jpg

c0066176_1215041.jpg

c0066176_122440.jpg

下手な観光地に行くよりもゆっくりと桜が楽しめると思いますよね。
有馬のコロッケや温泉まんじゅうを買い食いしながらの散策となりました♪

GPS端末:XPeriaUL

[PR]
by ikakan | 2014-04-11 23:21 | 登山 | Comments(16)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

六甲山系 有馬四十八滝「七曲滝・百間滝」

有馬の王道コースであるもみじ谷はよく行っていたのだが七曲滝だけは行ってなかった。
何故かというと理由があるわけでもないが、やはりちょっと危険な匂いがしたからかもしれない。
この七曲滝は冬になると氷瀑し、非常に魅力的な景観を見せることで有名である。
そんな中、登山歴20年の厚岸さんが地元、六甲の山を案内頂ける機会を得まして
その滝を見に行くことになりました。
厚岸さんに初めてお会いしたんですけどメールとかかなり絵文字入ってたりして
テンション高い方かなと思っていたんです。
しかし、ユーモアがあるもののベテラン色がある落ち着いたおじさんでした。
やはり文面ではその人の本質は図れないなあと思ったのでした。

実はこのフループのメンバーに山スイーツを持って来られるゆんさんが参加されてまして
それもかなり興味がありました(^^いったい今回はどんなものが出てくるのでしょう。
待ち合わせは裏六甲の有馬温泉から・・・こっちをスタート地点にしたのは六甲に来ることは
数あれど殆どないのかもしれない。やはりアクセスの問題で表六甲をスタートにすることの方が
圧倒的に多いです。グループでもない限りはこちらから行くことはないのかもしれません。


日程:2月16日 場所:裏六甲(有馬)  天気:晴れときどき曇り

メンバー:7人
♂  厚岸さん(CL) HIRO・Sさん 私
♀ ゆんさん 綾太郎(♀)さん ノリコマさん まなみさん

c0066176_21425575.jpg

有馬温泉街を歩く。
hiroさんとか去年、紅葉狩りをしたメンバーがいましたし、いろいろお話しながら歩きました。
やはりお子さんとハイクに行かれることが多く、前は金剛山につれていったものの
いろんなものに興味がある頃でなかなか前に進まないようです。

c0066176_214512.jpg

そしてまなみさん。あれからなんと冬の大池地獄谷を走破されたそうです。。
いや~この時期に驚きましたね!あの突堤の水がたまりすぎて横断できなかったようです。
これはなんとしても春先あたり・・・少なくとも台風の時期か来る前になんとか
ご案内してほしいかも・・・お願いしておきました(^^;。

c0066176_21483180.jpg

たぶん炭谷道と魚屋道の分岐の方に歩いていったと思います。
けっこうしゃべっていたのとGPSが作動しなかったことから詳しいことはよくわかりません(^^;
c0066176_21484850.jpg

ここが分岐点になりますので右手にコースを取ります。
しかもこの段階で雪が滑りやすくなっていたのでアイゼンタイムとします。
ここはもみじ谷と魚屋道の分岐点となります。
c0066176_2149837.jpg

c0066176_21492522.jpg

この辺からは登山道です。
c0066176_21531225.jpg

c0066176_21532733.jpg

白石谷との分岐です。ちなみに白石谷はバリルートなので自信がない人はパス。
けっこう沢道で険しいとのことです。
c0066176_21541613.jpg

c0066176_2154315.jpg

c0066176_21544577.jpg

七曲滝の分岐から七曲滝に行きます。
c0066176_2155312.jpg

c0066176_21551851.jpg

だんだんと道幅が狭くなってゆき。
c0066176_21553383.jpg

雪や氷があって滑りやすくなっています。
ちなみに先日滑落者が午前と午後に1人づつあったようで気が抜けません。
c0066176_21555023.jpg

c0066176_2156436.jpg

c0066176_21562034.jpg

途中、岩場が凍りついていてつかめない場所があります。ロープをある程度利用しないといけませんね。
c0066176_220164.jpg

トラバースを抜けると一安心です。
c0066176_220168.jpg

V字の沢を抜けると・・・
c0066176_2203389.jpg

だんだんとその姿が確認されてゆき・・・
c0066176_2205064.jpg

その全容を現します。
真ん中はなかなか凍ることはないそうで8割くらい凍っているとのことでした。
c0066176_221638.jpg

見上げるとなかなか絵になりますね~
c0066176_2212010.jpg

どんどん順番待ちの人が・・・(^^;
やはりけっこう知られている上にTVでも特集されたらしくそれが人気の一つなのかもしれません。
c0066176_2213665.jpg

やや離れて見た方が見やすいのかもしれませんね。
c0066176_2221039.jpg

またきた道を戻る。
ちなみにこのあと団体さんが来て行きの道ではなくもう一つの迂回路を歩きました。
c0066176_22242850.jpg

もう一つの道もこんな急傾斜なんで良いというわけではありません。
c0066176_22234545.jpg

c0066176_22244896.jpg

c0066176_2227240.jpg

こちらが白石谷でしたっけ・・・ちょっと度忘れしてます(^^;
c0066176_22281425.jpg

c0066176_2228309.jpg

ちなみに今日の六甲はなかなか雪深かったです。
他の山域とかすごいことになっているようですね。台高高見山は昨日はバス出なかったみたいですし・・
まさか、六甲で冬山を楽しめるなんて~なんて皆で話していましたw
c0066176_22285049.jpg

c0066176_22291542.jpg

百閒の滝へ向かいます。
c0066176_2229323.jpg

(^^
c0066176_22295011.jpg

c0066176_2230106.jpg

c0066176_22302876.jpg

こちらが百閒の滝です。こちらはなかなか氷瀑はしないとのことでした。
c0066176_22305292.jpg

たんたんと進んでいって
c0066176_2231929.jpg

こちらが似位の滝になります。そんなに特色はないです。
c0066176_22312351.jpg

氷中です。どうやってできたのでしょうか?つららが落ちた??
c0066176_22314385.jpg

百聞の滝の滝つぼの上にちょうと良いスペースがあるのでそこで昼としました。
ちなみに一軒茶屋や最高峰で取る予定だったようですが思いのほか積雪がすごかったり
するので思った程すすまなかったのが原因なようです。
後から知った情報によるとあのときその辺が樹氷していたとか・・・
う~ん有馬の樹氷・・・見たかったですね~
確かに麓から最高峰方面が樹氷があったのを見てましたからあるなあとは思ってたんですけど。
ゆんさんが有馬のスイーツがなんとしても目当てだったようで、皆も温泉の方に
意識が傾いてました(^^;
私も何度も行っているのでOKでしたが後々、樹氷があったとなるとちょっとだけ心の残り?

昼スペースとしては偶然見つかったぽい場所ですが、なかなか良かったです。
ちょうど谷になっていて風も来てませんでしたし。

本当は白石の滝から南側に沿って登山道を歩くつもりでしたがトレースがなく
ラッセルすることになるので断念しました。
この六甲でラッセル?とおもわれるかもしれませんが、南岸低気圧の影響でしょうね。

各々が雪を踏み固めて椅子を作る。厚岸さんがそのことを~と言うとかおっしゃってましたが何でしたっけ?
c0066176_2232967.jpg

その間、のりこまさんがお茶をしに行きました・・・ノートレースで大丈夫でしょうか。
c0066176_22322583.jpg

そしてまってました~とばかりにゆんさんのスイーツ♪実はこれが目当ての一つでもあった(^^;
バレンタインにちなんでチョコケーキを網で焼いたのだ。
これがまた香ばしい、さくさく感がなんともいえませんね~
毎度、おもてなし頂いて本当に感謝します(^^
c0066176_22324225.jpg

もと来た道を戻る・・・
c0066176_22325984.jpg

c0066176_22331650.jpg

c0066176_22333169.jpg

そして紅葉谷合流。
c0066176_22335178.jpg

元来た道を戻る。
c0066176_2234823.jpg

c0066176_2234253.jpg

c0066176_22362624.jpg

c0066176_2237138.jpg

有馬温泉街に戻り金の湯へ入る。ちなみに案の定混んでいた。よってあつ湯(45度)しか入れず
ゆでダコになったのでしたw
c0066176_22371651.jpg

温泉出た後は、向いのスイーツ店、カフェドボウ(でしたっけ?)で
有馬ロールを頂きながら山談義に盛り上がる。
ゆんさんは冬季八ヶ岳へ行かれるようで意気込んでらっしゃいました(^^;
いやはやがんばってください。
最近は冬季、伊吹山や武奈ヶ岳などを行かれたようで活動されているなあと感心しました。
そういやその伊吹山で最近遭難があったそうで冬山もホント気を付けないと
危ないなあ~と感じるんですよね。

GPS端末:XperiaUL

[PR]
by ikakan | 2014-02-18 23:27 | 登山 | Comments(14)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

小野アルプス 日本一標高の低い侮れない岩稜とは!?

小野アルプスは日本一標高の低いにわかアルプスらしい。いったいどんなものなのか検証したく伺いました。
小野アルプスは以前から山仲間であるCherryさんが行きたいと言われていたところなので
よければどうかと伺ったところ御一緒出来るということで2人で噂のアルプスに行くことにした。


日程:1月26日 場所:小野アルプス 天気:曇り メンバー:2名 Cherryさん

c0066176_0264780.jpg


小野アルプスは加古川線の市場駅というところから白雲谷温泉ゆぴかからスタートする。
ちなみに裏側からアクセスしても良いのだがその場合、噂の岩稜、紅山を下りで行くことになり
はたして急な岩場を下ることに難がないかということになりこちらから行くことにした。
ちなみに小野駅側から行った方が最終、ゆぴかで休養出来るので都合が良いのであるが行程を重視した。

c0066176_0272132.jpg


最初からほのぼの感があった。まず最初の取り付きからパノラマコースとリフレッシュコースに
分かれていたりしていかにもハイキングコースのような印象うけました。
標高はだいたい100~200mの間に小さい丘が何個も連なっているといった感じです。
なのでそこから見える丘の風景もなんともいえない景観を見せていました。

c0066176_028030.jpg


この季節は冬なので殺風景でしたがいろんな季節で楽しめる印象です。
ただ夏場は向いてないと思いました。全体的に急坂を降りたり下ったりする上、標高が低いので
体力的な消耗が大きいのではと思います。よって春秋向けといえますね。
秋のちょっとした晩秋の時期に良いと思います。

c0066176_0283375.jpg


縦走路も標高100mクラスなのであっさり頂上へと行くのですが
そこから一気に下ってまた登り返すといった内容です。すなわち標高が低いながら一般登山級の
体力の消耗があるのではないかというのが印象です。
例えば紀泉アルプスなどは一度標高を上げてしまうとそのまま維持したままで縦走します。
なのでさほど体力は要しません。対しこちらは殆ど下りきってから登り返すといった内容です。
それを知らなかったので予想外の体力の消耗がありました。
Cherryさんもそれを懸念されており、明らかに想定外の体力の消耗があったことは否めません。
一言で言うと「なめていた」と思います(^^;

c0066176_0291340.jpg

c0066176_0293248.jpg


峠や丘にポイントがあって山岳会の標識があるので現在地を知りやすいですね。
高山、日光峠、前山、愛宕山など各ポイントを徐々に制覇してゆきます。
小高い丘とはいえどれも急坂だったのでボリュームがありました(^^;
下手な登山より疲れますコレ・・・
Cherryさんもこんな疲れた私は見たことがないそうでしたのでやはり疲れていたんでしょうね。

c0066176_030499.jpg


急坂には階段もあります。こちらもあなどれません(笑)
ちなみに里山なので疲れたらエスケープルートはたくさんあります。
そういう意味では安心感があると思いました。

c0066176_0304543.jpg

c0066176_031014.jpg


アザメ峠で休憩です。ここも車道と交わるので簡単にエスケープ出来ます。

c0066176_0314847.jpg


総山をクリアします。

c0066176_0321430.jpg


すると徐々に岩盤があらわになってきていよいよ近づいてきたのでは!?と思いました。

c0066176_0331255.jpg

c0066176_0333045.jpg


アンテナ山はホントわかりやすいwアンテナがあります。景観も良いですね。
これまで登ってきた縦走路が図表されてわかりやすい。
景観を一望出来てなんか達成感を感じることが出来ます。

c0066176_0341793.jpg

c0066176_0343562.jpg


途中で展望デッキがあるので訪れる。
ちなみにここには何人か人がいたので昼食はとりませんでした。
これまで登ってきた山(丘)が一望出来ます。
ここで今回のポイントである紅山がついに姿を現しました。
いや~インパクト強いですね。岩稜の滑り台って感じです。いや~面白い!
どんな内容なのか行ってみないとわかりませんが楽しそうに降りている人がいますw。

c0066176_055868.jpg


さて紅山ですが安全ルートもあるようで自信がなければ安全ルートでも構いません。
が。。。せっかく来たのですからここを試さないと意味がありません(^^;
行きましょう。

c0066176_063823.jpg


じわじわと茂みの中の急坂を上ってゆく。

c0066176_07668.jpg


だんだんと岩稜が姿を現します。さっき滑り台が見えていたまさに真正面の図です。

c0066176_074738.jpg


ここには苔が生えていることで紅山というらしいです。紅色とはちょっと違うようですが。

c0066176_084166.jpg


まあなんだかんだ言っても仕方ないので紅山行ってみようじゃないですか。

最初は道幅もあって転倒しても安全な印象がありました。

c0066176_091172.jpg


が段々と傾斜角が出てきます。最初は30度くらいだったのが40・・・50・・・と。

c0066176_093741.jpg


見上げます。けっこう角度出てきましたね(^^;

c0066176_0103633.jpg


ここの写真けっこう出てるんですけど高度感は実際来てみないとわかりませんね。
思ったよりも高度感があることは言えます。

c0066176_0125364.jpg


Cherryさんが写っているとわかるでしょうか?斜面が真下に切り立っています。
最初は緩やかですがだんだんと坂が急になってゆくところがわかるでしょう?

c0066176_0112629.jpg


ここのポイントですが、凹凸が少ないので手足をかける場所が難しい印象です。
小さな凹凸はあるので滑りにくいのは良かったです。
ペンキで○がしてありますが、おおよそこのマークを頼りにしました。
しかしその○までのルートをどう選ぶか・・・そこもポイントになります。
ただこのときにだけ雨が降ってきました。まさにバットタイミング。
私もゆっくりと時間をかけながら登りました(^^;。

c0066176_0115916.jpg

c0066176_0134673.jpg


全体的にけっこうスリリングな内容ですが窪みがあったりして
確実に足場を確保出来れば行けると思いました。

c0066176_21241760.jpg


中盤あたりがフラットになるところがあるのでそこには注意しなければならない印象です。
岩場好きの方にとっては面白い場所ではないでしょうか?
パズル的要素というよりボディバランスを要するといいますか、
精神を問われる内容だと感じます。登山慣れしていないと精神的に負荷がかかり
ミスが起こりやすいと思います。おちついてゆっくと着実に歩を進めると良いですね。
慣れてない方は誰か詳しい人と一緒に行くと良いですね。
ルートファインディングを誤るなどミスがある可能性もありますし・・・
何より先進的に誰かと行く方が楽になります。
須磨アルプスに満足出来ない方はこちらの方が高度感は感じるので
やってみては如何でしょうか?下りに使う場合はモロに下を見ながらってことになるので
一度登ってみて行けると思うようでしたら挑戦するようにしてください。

c0066176_0141512.jpg


ようやく小野アルプスの核心(?)、紅山に到達しました。けっこう達成感がありましたね。
実はこととき私とCherryさんしか登ってなかったのでまさに2人で岩場との格闘でした。

c0066176_220788.jpg


紅山西側より眺めます。。やっぱり滑り台ですね。
冗談でヒップそりで下ったら?なんて笑談してました。
いや~一番のハイライト紅山を越えてお互い充実感がありました!
しかも私たち二人だったんで堪能出来ました。
人がたくさんいたら急かされたりするんで心理的にも良くないですしね。

c0066176_2204739.jpg


ここさえ越えればあとはオマケみたいなもんです。
西紅山、宮山、南野山など、残りの山を縦走していきました。
一体丘なのか山なのかよくわからず、丘もいくつ越えたらよいのかわからなかったので
ペース配分がしにくかったです。

c0066176_2214576.jpg


ちなみに紅山の西側はあまり使われてないっぽかったです。
やはり、紅山だけを登ったり、紅山をクリアしたらもう下山される方が多かったかと思います。
そして紅山を下りには使わなくて正解だったかな・・・と。

c0066176_2223699.jpg


麓に降りるとのどかな田舎町があって心安らぎます。

ここから元来た道を戻り、ゆぴかにて一服して帰りました。ご苦労様です。
[PR]
by ikakan | 2014-01-26 23:07 | 登山 | Comments(16)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

六甲山系[再度山]:北野谷→仙人谷→洞川湖→鍋蓋北尾根→鍋蓋山→七三峠→平野谷西尾根

六甲地獄谷へ先日計画したのですが、いかんせんルートのミス(?)によって
違うルートを通ることになってしまいました。なので六甲地獄谷を再度
周る計画をたててリベンジするということは話してましたが、果たして行われるのか?
3週間程前、Sunday氏より呼びかけがあり、あのときのメンバーで再度、大池地獄谷を
チャレンジしてみないかということで伺いました。
私も相談しようと思っていたので、実際に行ってみようかと思ったのですが
調べてみるとなかなか天候災害による影響はさけられず、メンバーへの危険が予想されたので
違うルートにしようという話になりました。
まずは違う地獄谷へ挑戦するという案。
芦屋地獄谷があるのですが、このルートは大池地獄谷以上の危険路らしく厳しい。
慣れた方なら良いと思いますし、私もメンバー次第では芦屋地獄谷は行きたいと思ってましたが
恐縮ながらこのメンバーだとかなり危険だと判断し、普通の六甲をまず行ってみないかと
いう提案をしたところ賛成とのことで今度はどこのルートになるかという話になったわけです。
(ちなみに芦屋地獄谷は募集してます。かなり難路なんで私もちょっと躊躇してますがよろしければ(笑))

ただこの連絡を最後にSunday氏からは連絡がなく、仕事などで忙しくなったので
保留になってしまったのではないかと感じました。
さすがに1週間を切ってまして私も何か動かないとこのまますっと流れてしまう恐れがあったので
再度呼びかけさせて頂いたわけです。提案は荒地山と魚谷道を得て有馬銀泉を行くというものでした。
Sunday氏以外のメンバーからは概ね承諾を戴いており私もそのプランニングでとりあえず行おうという
流れでいましたところSunday氏から連絡があって、実はそこは会社の事前活動が当日行われるとのこと。
急遽、ルート変更を行うことになりました。

Sunday氏とのいくらかの議論によって再度山にしようということに半ば強引に決まり
今度はルートを設定するに至ります。
この界隈はかなりルートの分岐があり、いろんなバリエーションが楽しめるということで期待が持てます。
Sunday氏は須磨アルプスを推しておりましたが、私自身、何度も行っている場所でしかも街中に位置する為
あまり山歩きの雰囲気を楽しめないとのことで却下するような形を取ってしまいました(^^;
時間があれば議論してゆっくり皆に意見を聞いたりしてというのがあったんですが、さすがに
直前で変更となると早急に進めないといけなくなります。
そういうわけでこういう手段に出たことは皆さんに申し訳なく思います。


日程 11月30日 場所 再度山・鍋蓋山 天気:晴れ 
メンバー 7名 ゆんさん まなみさん Uさん あきさん おみつさん ゆうすけさん


結論から言いますとSundayさんは来れませんでした(><仕事があるそうです。
そしてゆんさんのLINE仲間(?)であるおみつさんとゆうすけさんが加わりました。
おみつさんは六甲はあまり経験のないようで今回2回目のようです。
ゆうすけさんは女性力が強い今回のメンバーの中で心強い男性の参加者でちょっと助かりました(^^;
ゆんさんもその辺、気を使って頂いてたようです。
一応、コース取りは決定していてそれを考慮して元町をスタートにしようと思ったのですが
ゆんさんが異人館を見たいとのことでリク戴いたので急遽、変更ということになり三ノ宮集合となりました。
しかもこれ、前日に急に変更とかだったので相当の混乱は否めなかったでしょう。
こんなんで皆、集合出来るのだろうかと不安でしたが、
割かし時間かけずに落ち合うことが出来て良かったです。

神戸三ノ宮からは北上してゆく、そして北野坂や天神坂を得て北野谷へ至るわけですが、
六甲山はやはり登山口までの街中を歩くというのが恒例になりつつあるw
アクセスは良いのだが微妙に街を歩く必要があることが難点かもしれない。
そんな退屈になりそうな箇所はこうして異人館街をまわりながら楽しむというプランは
意外にも良かったのではないかと思う。いろんな神戸らしいモダンな建物を楽しむことが出来ました。

c0066176_9153775.jpg


天神坂から右手にルートを取り北野谷の尾根道から二本松を目指す。
この尾根道、なかなか神戸市街がきれいに映ります。都市部がこんなに近くに見える山域も
この六甲くらいですからその辺の景観が楽しめるのもポイントです。

c0066176_8594669.jpg

c0066176_921337.jpg


この辺の紅葉は確実にピークは越えてました。ただもし11月はじめだったらなあと思う場所でしたね。
かなり惜しい気がしました。間違いなく絶景でした。

c0066176_922839.jpg

c0066176_931732.jpg

c0066176_942291.jpg

c0066176_944935.jpg


私は当初元町から大師道を歩く公算でしたが、ルート的に無理が生じるのでパスしましたが
それでもピーク越えは必至だったんでいろいろ微妙だったかもしれません。
ただし、この天気と最後の残り紅葉を存分に楽しめたことは収穫でした。
まあ今年もいろいろ秋登山を楽しみましたけどこれが最後でしょうね。今年はけっこう楽しめたんで満足です。
ここからはいよいよ冬山ですね。まあ私は少々軽アイゼンレベルで楽しみますけど(^^;

c0066176_8395886.jpg


毎日登山発祥の地なんてのもあるようです。各地である何千回という登山の記録はこの六甲から
始まったようですね。私もまあいろんな山を楽しみたいのでやりませんけどね(汗

c0066176_96837.jpg


再度山へは大龍寺の裏手から登ってゆくと至ります。
大龍寺へは銀杏のじゅうたんが美しく、これもピーク時はすばらしい黄色だったと伺わせます。

c0066176_16361922.jpg


関係はないですが、カリマーの人多かったですね。やはり背負いやすいのでしょうか?
まなみさんなどは軽いタイプを選んでおられて頭が気になっているようです。
しかし、カリマーは横に広がるタイプなので一番マッチしているのでないでしょうか?

c0066176_839831.jpg


再度山へはしばらく階段が続くような道ですがそれ程、難は感じませんでした。
亀岩なる景勝がありちょっとした岩に登るとそれがあります。
わざわざ登るまでもありませんでした。
でも最近、岩登りの楽しさがわかってきてこういうのに登りたくなるんですよ・・・
当初、荒地山に登りたくなったり芦屋地獄谷に行きたくなるのもそのためかもしれません。

c0066176_1638263.jpg


これも理系要素が含まれていてパズルのように登る楽しさがあるんですよ。
あきさんにはわかるでしょう?~なんて(^^;

再度越を得て再度公園へ。ここで昼食タイムとします。
ちなみにここま紅葉シーズン終わりでした。予想はしてましたけどね~
先週まではまあまずまずでしたがさすがに。

c0066176_1639298.jpg

c0066176_16395044.jpg


予想・・・してるでしょ。私がまたご馳走になるんではないかと?
まさか・・・はいご馳走になりましたよw
いや~かなり女子会入ってました。このテーブルは椅子なのかはたまた?
各々が自由に使っていくイメージでした。座ってよし乗ってよし物置にしてよしなどなど・・・
まなみさんとかなんか服装変わってますし、いつの間に着替えたの?という感じ。
あとはおみつさんのバーナーでゆんさんの持ってきたパウンドケーキを頂きました。

c0066176_16415519.jpg

c0066176_16425744.jpg


バーナーはガスにも種類があるらしくブタンガスのが上等とか・・・
いろいろ深いですね・・・こういうのを冬用とかで使い分けるのでしょうね~
しかもこれは自作だそうです。昨日作られたとか・・あのばたばたした中でご苦労様です。
これはサプライズでしたね!思わぬ山スイーツ企画に驚かされました。
抹茶ラテまで頂いて・・・本当に感謝します。
バーナーを持ってないということでしたがこれは面白い企画がたてられそうな予感なので
是非とも実行してほしいですね~
実は今月はあきさんの誕生日の月ということでぎりぎり祝いのケーキで祝えたということですね。
でも、このときは誰もそのことに気づいていなかったのかもしれません(^^;
単独行では味わえない楽しいひとときですね~
ゆうすけさんが血糖値が高いとかでスイーツは控えているようなことでしたが
実は野菜きらいなのが原因ではなかということでした。
やはり野菜を食べないのは健康上良くないようです。きのこも嫌いのようですね。
あと私が持ってるテルモスが奇遇にもあきさんのものと同一でしたw
あれ~って思ったんでども(^^;まったく同じ製品でしたし・・・

ここから北上して洞川湖へ行く。仙人谷の紅葉も終わってます。
洞川湖ではいくらかスポットがあって紅葉がきれいだっただろうな~という箇所がけっこうありました。
次回はシーズンに行ってみたいと感じさせるところが多いです。

c0066176_16471934.jpg

c0066176_16474938.jpg


湖畔をぐるっとまわって今度は鍋蓋北尾根へ。階段があったりしましたが比較的歩きやすい内容です。
尾根道をややアップダウンを繰り返しながら縦走路に出て鍋蓋山へたどり着きます。
当初湖畔は南側をまわるだけの予定でしたがルート違いがあってやや遠回りになりました。

c0066176_16483451.jpg

c0066176_16491050.jpg


鍋蓋山も神戸市街が一望出来るスポットです。
あきさんがキリン(クレーン)がたくさん見える場所なんで一押しとかです。
ちなみに造船所がおすすめということでしたが何故だかは不明でした。

c0066176_1650812.jpg

c0066176_16502515.jpg


帰りは湊山温泉によりたいというご希望がありましたんでそれを目指して平野谷西尾根から降りる。
ちなみに二本松林道から考えてましたが、
標識が消されてたので崩落してるかもということでこちらを選びました。
けっこうがっつり歩いた気がします。なんとか日暮れまでに間に合った感じでした。

c0066176_16514672.jpg

c0066176_1652633.jpg

c0066176_16522836.jpg

c0066176_16525788.jpg

c0066176_16532610.jpg


とりあえず住宅街にでてUさんが用事があるのでお別れしました。
そして割と難なく湊山温泉へ。皆ゆっくりつかっていた様子でした。
なんかあきさんが地元の人につかまってたそうです(爆)私も地元の人といくらかお話しました。
いかにも地元の銭湯って感じで風情ありましたね。スパ銭の雰囲気も好きですけど
こういうほのぼのしたのも味があって良いです。女性陣が出てくるまでの間、ゆうすけさんと談話しました。
けっこうこのばたばたしたいきさつを改めて説明してたんですけどね(^^;
ゆうすけさんにしては殆ど何も知らされないまま進行してしまった感じでしょうねw

ゆんさんが打ち上げしましょう!ということで神戸中華街まで歩く。
けっこうあって30分以上歩いてたと思う。
けっこう遠回りしている印象でした・・・
南京町にたどり着いておすすめの店へ。けっこうぎりぎりでしたがラストオーダーに間に合って良かったです。
スタンダートなものを中心に選んでいてどれもおいしかったですね。から揚げなどは
揚げたてで良かったですし、私リクエストのエビマヨなども楽しめました。

c0066176_1654244.jpg


打ち上げは神戸らしく中華街。いやなかなかどうして良かったのではないでしょうか?
こんなステルスみたいなゲリラ企画がそこそこまとまった不思議といいますか、これも連携ですかね~
またこういう企画してみてくださいな。特に山スイーツ企画でもまた計画されてくださいな。

GPS端末 XperiaUL

[PR]
by ikakan | 2013-11-30 23:21 | 登山 | Comments(15)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30