関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

剣山は稜線を縦走するとさらに深みが増す

剣山は前々から行きたかった場所です。
この連休は四国とうことで早いうちから決まってたのですが
石鎚山かこの山、あるいは両方と見てました。
石鎚は紅葉が綺麗なので出来たら紅葉の時期が良いな~ということで剣山にしました。
そして双方の山は離れている為、移動もしないといけないのであえてこっちにしぼりました。
ただし、剣山だけではハイキングになりそうなので、三嶺までの縦走を想定することにしました。
そんな中でいろんなブログ記事を参考にさせて頂きましたが、重宝したのが登山好人氏の
剣山の三嶺縦走の記事で、私が行こうとしているルートのほぼ全域の状況などを把握するのに
随分と参考にさせて頂きました。

アクセス方法は公共手段では大歩危(阿波池田)からのルートや貞光からのルートなど
おおきく3ルートあります。これをうまく活用してゆくのがポイントです。
ちなみに三嶺縦走ではおそらく名頃あたりが拠点になりますので大歩危からのバスしか使用できません。
さらに午前、午後の便しかありませんのでそこんとこお気を付けください。

剣山は四国の山らしく稜線の美しさが良く篠原で広く見渡せます。ここが魅力ですね。
c0066176_137222.jpg

見の越には売店やそば屋などがあります。腹ごしらえには良いかな~と思います。
こっからロープーウェイで山頂近くまで行くことが出来ます。
c0066176_1374074.jpg

早速使います(^^;。いや登らないのかといいますと時間的な問題とあと次の日がけっこうハードに
なるんで体力温存の為ですね。あとはリフト券で今晩、泊まるヒュッテの料金が割引になる為です。
c0066176_1385145.jpg

頂上までは殆ど整備された観光道です。約30分程かかって頂上でしょうか。
c0066176_13285724.jpg

途中、山並みが一望出来てすがすがしいです。
c0066176_13291396.jpg

頂上ヒュッテですが、山小屋としてはグレードが高いです。相部屋でしたが
充分に一畳以上使えました。隣の人も一般的にすしずめな山小屋の中で一人一枚のふとんで
寝れるなんて充分とのこと。私もそれには賛同でしたね・・・南アの小屋とか足の踏み場もなくて
あえなくキャンセルした客のスペースを頂くことになってましたし(^^;。
c0066176_13501773.jpg

隣のおじさんは窓の外にシルエットとして見えるあの山が三嶺ということでおっしゃっていた。
けっこう遠いらしい・・・なので三嶺まで行って小屋泊くらいが妥当とのことだ。
c0066176_13503212.jpg

夕暮れ時の剣山山頂から・・・良い黄昏時です。宿泊だと夕暮れが見れるところが魅力ですよね。
ただ明日の天気はビミョーなのです。
実は3日にアクセスして4日をメインと考えていたんですが、どうも4日が天候が怪しくて
前倒しにしたわけなんですけども・・・どうでしょうか。
c0066176_1350481.jpg

朝です。う~ん(@@、ガスガスです。やっちゃったか~と思いました。
そして風強い!
c0066176_1351460.jpg

次郎笈がある方向ですが何にも見えません(><。風雨とともにこのとき丸石あたりで
かずら橋に下りようかと検討しました。どうも天候が前倒しになった模様で4日の天気が
半日程前にずれたようです。これは痛い・・・展望の稜線を歩くにあたってガスで展望がない
というのはかなり致命的なのです。
前日は事実上アクセスのみでしたがこの日、三嶺まで行って名頃に3時というのはけっこう
ハードだということは否めない。事実、ヒュッテで隣だったおじさんにはこれは無理ちゃうか?
けっこう厳しいと思うとのこと。
なので5時には出ることにした。当初では6時に出る予定だったが、これだと休憩なしの
計算でぎりぎりということになる・・・。
こういうことがあるの殆ど遠征はソロが多い・・・北ア等もソロだった。
c0066176_13363531.jpg

ちょっと間違えかけたがここが次郎笈・・・あいかわらずか・・・
c0066176_13365830.jpg

丸石への稜線もガスガスであり、これはちょっと丸石あたりで降りた方が良いと思っていた。
c0066176_13381682.jpg

ただこのあと、ガスが取れてゆく・・・いけるかもしれない。
c0066176_13383447.jpg

じわじわとその稜線が見えてきた。。。期待出来そうである。
c0066176_13401888.jpg

そして丸石の方に向けて貫く稜線が伺えた。ここでテンション上がりましたね~。
c0066176_13404043.jpg

良いですよ~これはすがすがしいです。
ここまで見えれば上々でしょう。引き続き行けるところまで行こうと決心しました。
果しなく距離がありますが、駄目なら駄目で仕方ありません。
c0066176_1341336.jpg

c0066176_13412145.jpg

周りは木々は殆どないので展望がすごく広大です。遠くまで良く見えます。
ただこの日の天気は依然、下り坂なのでどこまで持つのか微妙でした。
ただ、ここまで展望が広がるとは思ってもみませんでしたので新鮮でした。
c0066176_13413854.jpg

この景観はなかなか四国にしかないと思う、篠原の続く稜線の向こうにはるか向こうの山々が
連なっていって果てしなく山深いなと思わせる。大峰に通じる奥深さがある。
正直、剣山でピストンしてはもったいない。この景観を見るべき。
c0066176_1342279.jpg

そして丸石・・・まあ順調か。
c0066176_13422858.jpg

そして振り向くと傘を被った次郎笈が!
c0066176_13435542.jpg

なかなかのペースだったが、この景観がテンションを上げてくれるので問題ない。
早朝のような感じだったらとっくにばてているだろうが・・・。
c0066176_13441291.jpg

ホント目の保養には良いですよね~遠くの景色が眺められますし。
c0066176_13443240.jpg

ワチガイソウも仄かに風にゆられていた・・・
c0066176_13445199.jpg

ホント四国は舐められませんよ。スケールがすごいし緑も深く濃い・・・。
c0066176_1345108.jpg

夏になるともっと緑が深くなるでしょう。
c0066176_13452746.jpg

c0066176_13454432.jpg

四国の山ってこういう雰囲気が多いのでしょうか。
非常に山のスケールの大きさがわかるかと思います。
c0066176_1346958.jpg

c0066176_13462568.jpg

c0066176_13464522.jpg

人通りもまばらなので快適な登山が楽しめます。
剣山だと観光でも来れるので登山をした!と感じたいならこの稜線歩きをおすすめします。
c0066176_134741.jpg

c0066176_13472317.jpg

三嶺はゆっくりとその全貌を明らかにします。
c0066176_13474079.jpg

そして全貌があきらかに!
c0066176_13475662.jpg

このあたりは避難小屋もあって見晴しが良い。ここで一泊したら心地よいんだと思う。
c0066176_13481892.jpg

草原に抜けて三嶺を目指してゆくような稜線が好きですね。
こういう景観は四国に多いのでしょうか。
c0066176_13512785.jpg

ダイナミックな山の連なりがあって歩きごたえがあります。
けっこうな長丁場ではありますが歩く価値はありますね。
ここは剣山で終わるのはホントもったいない・・・
c0066176_13514344.jpg

このあたりは三嶺だけでなく白髪山など様々な登山路があるようです。
c0066176_1352334.jpg

c0066176_1352256.jpg

c0066176_13524374.jpg

雲行きもちょっと怪しくなってきて三嶺の山頂がガスってきています。
c0066176_1353241.jpg

c0066176_13531814.jpg

三嶺が右手に見えてきたら山頂は近いですがこのあたりから急坂になります。
ちょっとした鎖場もありますね。
c0066176_13534010.jpg

c0066176_1354574.jpg

こんな感じ。ただ身構える程ではなくある程度登山慣れしている方にとっては
鎖を使用しなくても良いレベルです。それでも油断禁物ですが・・・。
c0066176_13551377.jpg

三嶺の山肌は美しく夏場になるとより緑が濃くなるのでしょうか。
c0066176_13563149.jpg

c0066176_13565229.jpg

やや間に合いませんでした(^^;ガスの中、三嶺到着です。
c0066176_13571373.jpg

c0066176_1358369.jpg

風が強くガスっているのでちょっとくだることにしました。
c0066176_13582179.jpg

三嶺から見下すと緑の草原が広がっているのがわかります。
c0066176_13584913.jpg

小屋方面にまで稜線が続いています。
c0066176_13591954.jpg

そしてここが小屋。弁当を食べることにする。
ここで夫婦(?)ハイカーと合流した。随分早いね~ということをおっしゃってました(^^;。
先ほどの三嶺直下の登りで様子を見られておりまして・・・。
c0066176_1401440.jpg

下山は三嶺のすそを巻くように下りてゆく。
c0066176_1403061.jpg

ふりかえっても高山っぽい解放感があるのが良い。
c0066176_1411433.jpg

けっこう切れ込んでいて崩落個所もあった・・・この辺はちょっと気を付ける必要がありそうです。
ここも一気に落ち込んでゆくという感じです。
c0066176_1415339.jpg

c0066176_1424190.jpg

樹林帯が見えてきて次第に入ってゆく・・・周りが樹林に囲まれたらとりあえず一段落ですね。
c0066176_1432777.jpg

c0066176_1442672.jpg

c0066176_1444390.jpg

ここからは森林帯ですが、すでに稜線はガスに包まれているようでした。
とりあえずセーフでしたね。この天気の中であの展望が望めたのは上々といえるでしょう。
そして、うまく雨霧でしっとりしたハイクが出来たことも良いことです。
c0066176_14516.jpg

だいぶ麓が見えてきます。
稜線からはよく見えてましたが名頃あたりです。
時間も問題なく間に合うようです。
c0066176_1452561.jpg

c0066176_1454818.jpg

そして名頃の登山口へ。隣接する駐車場には案山子があったようですが
今は撤去されている様子です。
c0066176_14652.jpg

c0066176_1463492.jpg

ところで近くに奥祖谷かずら橋があるのでついでに行ってきました。
ちなみに近くといっても徒歩で30分くらいかかりますので帰りのバス便は
けっこうぎりぎりでして、あんまりマトモに鑑賞出来ませんでしたね~。
ひっそりとあると思いきや案外、観光地っぽい雰囲気で虚を突かれましたが(^^;。
c0066176_1472854.jpg

c0066176_147482.jpg

帰りのバスは終点、阿波池田まで3時間の行程です(><。
もう山深すぎる・・・マイカーだとしてもかなり長丁場で狭い道のりです。
思ったんですがバス料金・・・見ノ越から跳ね上がります。
これも観光地料金なんでしょうね・・・。

いろいろありましたが、やはり剣山は縦走してしかりですね。
PH目的でない限りはやはり周辺の山々もセットして歩くのをおすすめします。

GPS端末:XperiaUL

[PR]
# by ikakan | 2015-05-31 12:51 | 登山 | Comments(10)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

ドイター「deuter」:ザック フューチュラ22[Futura 22]の使い勝手は!?

サブザックの新調を行いました。もしやこれからの縦走などにむけて
巨大ザックを!?と思われるかもしれませんが逆です(^^;。デイザック。
登山でなくハイキングや散歩、若しくはサイクリングにも代用出来そうなザックをと
考えまして購入したのが、ドイターのフューチュラ22です。
実はドイターのザックは以前から気になってはいまして登山用ザックの候補にもなってました。
なのでカリマーのザックを購入した後もどこかでドイターのザックは買おうかなと思っていました。
c0066176_9103470.jpg

ドイターは自転車に乗る人の為にもザックを作っているメーカーでもあるんで
気軽に街乗りにでも使用出来るので良いかな~と思っていました。
c0066176_9111461.jpg

背面は網とフレームによって背中に直接当たらないようになっています。
これはいろいろ賛否両論があるようです。
ただ、自転車に乗る際はストレスがないので良いのではないかな~と思っています。
走っているときの横風の風通しが良いので走りやすいという印象です。
またフレームがちょっとしたクッションになっているので圧迫感を感じません。
実は散策やデイハイクではすでに検証済みでして、もう一つのリッジ30に比べて
より軽装のハイクでは重宝するのではないかと思っています。
c0066176_9115784.jpg

このザックは2気室になっていて底に取りにくいものがあったりすると
用意に取り出すことが可能です。
雨蓋タイプだとなかなか取りにくかった印象があるので。
c0066176_9123955.jpg

レインカバーも付属しております。
こういった小さな気配りが気に入っている理由です。
c0066176_9131648.jpg

中に網状のポケットがありいろんな小物を分けていれられそうです。

これは軽ハイキングやサイクリングの新たなる相棒として活躍してくれそうです。
[PR]
# by ikakan | 2015-05-09 09:13 | 検証 | Comments(8)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

六甲山系【摩耶山】:マヤカンの存在を実際に・・・

マヤカンとはなんぞや?とおっしゃる方はいるでしょうか。
知る人ぞ知る、摩耶観光ホテルのことです。
今から30年程前まで営業しておりました、摩耶山のホテルのことで
今はひっそりとその廃墟が残っているそうです。
愛宕ホテルにせよ武庫川廃線にせよ何かしらの生活の記憶が残っているのは
何かを語りかけるようなそんな印象を受けるのではないでしょうか。
昔から今に至るまでいろんな遺構や生活の名残が残されています。
そういうのが好きなんですよ・・・。

そんな中、あのザ・金剛登山で知られているあのキバラー氏からお声かけがありました。
以前からキバラー氏にはお会いしてみたいと思っておりましたが、さらにこの
マヤカンも見に行けるということで二つ返事でOKしました(^^;。
キバラー氏のブログはある種、他の追従を許さないというか、まるでガイドブックのような
造りなんですよ。圧巻なのが山紹介にドキュメント映像で紹介されているという点。
正直ここまでの力の入れようは素人ではありません。
で・・・ここに出演するかもしれないんですよね(^^;。
どうなるかはわかりませんが好ご期待でしょうかw。
気持ちは山登り大好きに出演しているような印象です。
いつかはキバラー氏の案内による金剛山が実現したらなぁ~なんて思ってたりしています。
村界尾根とか・・・
最近は御無沙汰ですがマルタンさん←ブロガーならぬブログ周りのハイカーさん)
に紹介したい気がする・・・。


日程:4月26日(日) 場所:摩耶山 天気:晴れ

メンバー:6人
♂  キバラーさん Orisさん メッツさん 私
♀  ちゃみさん うっちいさん

さて集合場所は阪急六甲駅。私は阪急の駅に行くには梅田で乗り換える必要があったので
あえてJRの六甲道から徒歩15分でそこに向かった。
それっぽいグループはあったんですがちょっと躊躇してましたね。
いや、久しぶりなんですよ全員初対面というのは・・・緊張しますのです(笑)
しかも、今度はキバラー氏ですから気軽に・・・とはいかないのです。
ただキバラー氏はすぐにわかりました。なんか長身ですらーっとしている紳士風の姿で
やはりオーラを感じます。
なんか有名人に会ったような気持ちでした。
(いや、登山ブログでは有名な方なんですけどね)
c0066176_18494.jpg

同行されるのはorisさんとメッツさんという方で、キバラーさんとは以前から交流があるそうです。
ただこのお二人は以前、伊吹山でニアミスしていたとのこと。
私の名前を呼ぶ方がいてそこにブラックカリマーの人がいたとのことでした。
うん、私ですね(^^;。とはいえ私もヤマレコの巡回をよくしている関係上、関西圏のユーザーの方は
大概知っておりますので存じておりました。
山座同定されていたのを聞いたとのこと。そういうのを聞くと山のつながりは
広いようで狭いなあという印象でどこかでつながっているのかな~と感じました。
あと雪洞の話とかしました。メッツさんは聞いた話によるとけっこう近所の方でした。
近場とかご一緒出来るかもしれません。

私は本当はちょっと前の生駒でご一緒する予定だったんですがちょっとした事後で
保留になっておりましてその辺、心配かけさせてもらっていたようです。申し訳なかったです。
c0066176_19586.jpg

キバラーさんはやはり生で見るとすごいです。やっぱり背が高い方です・・・
今迄見たハイカーでは一番高いのではないでしょうか?そしてスタイルも・・・
50近いということですが全然そう見えないところがすばらしい。
初めて見た方は驚かれるのではないでしょうか?
c0066176_194834.jpg

いや~けっこう私、シャイな人なんで久々にお初登山やると緊張しっぱなしでした(^^;。
最高尾でうっちいさんがおられたのでずっと話してました。
うっちいさんは良さげなカメラを持たれている様子で、良い写真が取れればと思います。
でもこういうカメラってなかなか扱いが難しいのではないかな~と思ったりします。
・・・デリケートな機器なので。
c0066176_110869.jpg

c0066176_1102919.jpg

メッツさんとはあの八ヶ岳で遭難している植田氏についてちょっとお話ししました。
植田氏ってけっこう無茶なことばかりしていつかやってしまうだろうな~という噂が
あったようですが今回そうなってしまったようで心配ですね。
彼の日記が毎日のように更新されていたのがプッツリ途絶えたというわけですから
やはりただ事ではなさそうです。
植田氏って誰?と思われるかもしれません。
けっこうディープな登山家と言っておきましょう。そこそこ知られている方です。
c0066176_1105296.jpg

さすがに今は六甲が旬かもしれません。何故なら新緑がここまで美しいからですね。
たとえ花がなくともこの新緑だけで来た甲斐があると思います。
c0066176_1111477.jpg

ちなみにこのルートはマル秘ルートなんでログは出さないでおきます。
あんまり出したら・・・なんで。でも出しているブログはいくらでもあるんで
意味がないかもしれません。我々が登っている間にも下山してきたグループがありました。
下山出来るんだったらここまで構えることもないかと・・・(^^;
c0066176_1113917.jpg

でもそんなにバリエーションというわけではないです。
いやむしろ普通でした・・・なぜこのルートが・・・なのかわからないくらい。
頻繁に使われているのかな~なんて思っています。
c0066176_112477.jpg

c0066176_1122516.jpg

ホント新緑だけですばらしいです。この碧さはなかなかないかなと。
c0066176_1132039.jpg

新緑はキバラーさんも気に入られた様子・・・どう写っているのか楽しみですね。
このあたりは紅葉シーズンも面白いのではないでしょうか?
c0066176_1133965.jpg

マヤカンはいきなり出てきます。何の前触れもなく・・・
c0066176_114458.jpg

マヤカンを楽しみにしているのがorisさんだったと思います。
ヘルメットとかいろいろ準備されてましたし、気合が違いました。
なんか、茶缶でパッキングしたり濡れタオルを持参されたりといろんなところで工夫されてました。
けっこう、テンション高めでしたしねw。
c0066176_1142533.jpg

c0066176_1144993.jpg

立ち入り禁止なようです。この辺は自己責任になってくるのでご注意ください。
c0066176_1151052.jpg

規模は愛宕山ホテルよりはるかにでかいですね。百部屋くらいありそう・・・
こんな建物が山中にあるなんて・・・奥が深いです。
・・・詳細ですが、、、(@@う~む、直接聞いてください。
c0066176_1152951.jpg

ちょっと前にボヤ騒ぎがあったようでして、不審者がいたら通報される恐れがあるので
あんまり公には出来ませんので・・・
まあ気になる方は実際に調べに行ってくださいな・・・
そして当然、自己責任になってきますのでご注意を。
ただ、印象ではあまり構える程、厳しいということはありませんでしたので
不審な行動をとらなければ特に大丈夫なのではないかなと思っています。
ただ廃墟マニアとしてはかなり採点が高いのではないでしょうか?
見方によっては軍艦島よりもすごい場所かもしれません。
c0066176_1155164.jpg

メッツさんが昔、営業時にここを訪れていたようでしてちょっと思い当たるところが
あったようでした。かつてのにぎわいを知っている方にこのホテルはどう見えたのか
興味がありました。
c0066176_1165971.jpg

いろいろ進むと最終的に虹の駅の展望台に出てきます。
c0066176_1171956.jpg

ちょっと紅葉っぽい(?)木もありました。何故この時期に紅葉!?
c0066176_1183430.jpg

摩耶ケーブルのとなりは整備されているので恐らくナイトハイクでも大丈夫かと思われます。
最も摩耶山はナイトする気にはなれませんが・・・
c0066176_1185850.jpg

シャガもたくさん咲いています。
c0066176_1191693.jpg

神社がところどころに祀られています。
c0066176_1193891.jpg

途中のこの木は樹齢1000年くらいあったそうですが、山火事によって枯死したようです。
残念ですね・・・
周辺の神社も消失したとのことでした。
この辺で記念撮影を行う。
この後、ちゃみさんの案内で摩耶山頂方面へ向かうようだ。ちょうど昼に穂高湖へつくようなので
そこまでご一緒しようということにしました。
聞いた話によると、ちゃみさんは双門ルートを大きなザックを背負って行かれたそうで
なかなかパワフルな人だなと思いました。ただ核心となる双門の滝は行ってなかったそうです。
双門ルートというとけっこう危険な匂いがするのですが実際はどうなんでしょうかね。
c0066176_1201229.jpg

このあたりも神社の敷地だったようで消失後は整備された様子・・・。
c0066176_1203161.jpg

摩耶山三角点があるのはこのあたり・・・
コースどりはちゃみさんにお任せということでしたがこの後、穂高湖まで行って昼食だそうです。
私は時間的にそのあたりが妥当かと思いましてそこまでご一緒する旨を伝えました。
c0066176_1205090.jpg

くたびれ呆けた図のようです(^^;。
c0066176_12172.jpg

八重桜が日の光にあたって美しい。
c0066176_1213378.jpg

菊星台です。(漢字間違ってますが変換出来ないのですw)
c0066176_1215064.jpg

これはトレランシューズの袋だとか・・・ただ登山靴は入らないようですね。
c0066176_1221520.jpg

摩耶山でこんなイベントがやっているのは初めて知りました。
そしてより賑やかになっていました。
c0066176_122441.jpg

何気に咲く八重桜も色がいろいろあって楽しいです。
c0066176_1231456.jpg

ここからアゴニー坂へ・・・けっこうおなじみの道でした。
c0066176_1233452.jpg

c0066176_1235361.jpg

ツツジも新緑と相成って美しいコラボです。
ちなみに花に興味ありそうなのは私とうっちいさんだけっぽかったです。
他の方々はどんどん先いっちゃってました。
c0066176_130160.jpg

こちらはヤマブキです。うっちいさんはすぐに答えられるあたり通っぽい(?)。
c0066176_1302757.jpg

c0066176_1323310.jpg

ちなみにこちらの花はわかりませんでした。
c0066176_1325279.jpg

ここは摩耶別山です。三角点があるかはわかりませんが、山頂がアンテナ(?)の敷地内で
入れません。
c0066176_1331196.jpg

アゴニー坂は確かに傾斜はありますが落ち着いておりればさほど問題ないです。
この坂はけっこう登りではしんどいようですが未だ登りで使用したことはありません。
c0066176_1335074.jpg

穂高湖までいくらかの破線道があるようですが、いたって普通の登山道です。
c0066176_1341461.jpg

c0066176_1343283.jpg

階段を上り詰めるとそこには湖面が見えてきます。
c0066176_1345071.jpg

そしてここが穂高湖。シェール槍はやや尖がった山です。
この辺は以前、来たことがあるので割愛です(^^;。

この辺でお別れとなったのですがけっこう新鮮でした。
キバラーさんとお会い出来ただけでもかなり収穫でしたね。
あと、あのマヤカンを実際に見ることが出来たことは大きいです。
この日は休養の予定でしたが急遽、お誘いがありました。
しかしこららの理由によって断る理由が見つかりませんでしたので(^^;。
六甲は本当に奥が深いです。いろんな歴史があるなあと思いました。
[PR]
# by ikakan | 2015-04-29 01:05 | 登山 | Comments(14)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

5月に入りつつ・・・

4月の桜のシーズンも終盤に近づいてきましたが25日に最後の〆である屏風岩を住塚山と
セットで実行しようかな~と考えています。
ここは最近では3期連続となかなか続いているのですが、やはり気に入っているからかもしれませんね(^^;。
5月以降はやはり未踏の場所が一番気になるところであります。
京都北山なんかは梅雨に入る前に何とか行ってておきたいところですね。
新緑の美しい峰床山などは渓谷美が楽しめるようです。あとは最高峰の皆子山とかですね。
こちらも沢のコースがあるようで、荒れているそうでどうなったのかは定かではありません。

あと余力あれば29日に高島の芦原岳に行ってみたいかなと思っております。
高島トレイルといえば赤坂山が花の山として有名ですが、この山も隣に位置するので
同じく花の山として知られているようです。

ブナ林として美しいのが百里ヶ岳です。
公共手段で行けなくはないですが、いかんせんスケジューリングが難しい点がありますね。
芦生の森とか美しかったんで是非ともこの山は行ってみたいと思うのですけども
なかなかパワーが必要そうです。なので誰かの計画に便乗出来ないものかと
思ってはいますが(^^;。

いずれにせよ5月のターゲットはこのエリアかなと。

堂満岳のシャクナゲも狙ってはいますがいかんせん今年はイマイチとのこと。
去年行っておくべきだったかなと思います。
今年は行くかどうかはまたメンバー次第でしょうか。

もう一つは鈴鹿・・・ここも梅雨以降は厳禁です。何故ならアレがいるからw。
5月のターゲットは釈迦ヶ岳かなと。セブンを意識はしてないんですが
やはり未踏の山は気になるところなんですよ。

5月はやはりこれから登れなくなりそうな北山と鈴鹿を中心に考えて行きたいですね。
ただ、どれだけ実現するかどうかはわかりませんが(^^;
[PR]
# by ikakan | 2015-04-18 10:44 | 戯言 | Comments(4)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

藤原岳:春の訪れを告げる黄色い絨毯を巡る

ちょっと前にブログを見たという方からご連絡がありまして
よければどこか案内して頂きたいとのことですので、ちょうど藤原岳に福寿草を見る計画が
ありましたんでどうですか~ということでお声かけしたところ
OKとのことでした。
ただ、ドライバーのヒデさんが奈良の方なのでそこまでご足労頂くことになりましたが(^^;
本来なら私が地元から新名神などで行った方が良いんですけども。

京都から始発でも7時半以降になるということで参加者の方々にはご足労かけたと思います。
つーさんは和歌山なんでかなり遠方から来られてさらに鈴鹿まで車を運転されるということで
お疲れ様でしたと言いたいですね。

2名の方が来られてまして京都の方なんですが、以前、明神平のツアーで行ったことが
あるもののガスってて展望がなかったようです。そんな中で私の明神平の記事を見て
印象に残っていたとのことでした。よろしければご一緒したいと。
なんだかんだいってブログは参考にする人などもいると思いますので
記録を取るのは大切だな~と思うんですがけっこう手間がかかるというのもあります。
そんなことを言ってたら以前はサイトでアップしていたので今考えるとトンでもない
重労働なんでよくやってたなと自分でも感心するんですけどね・・・
記憶に残すならブログやもっと残るのはサイトですね。細かな思い出などがちゃんと
事細かく残ります。ただ悲しいかな周りが求めているのは個人の記憶より記録なんですね~(^^;
京都の方はキシさんとY田さんとおっしゃる方です。ほのぼのとされた印象でした。
藤原に関しては一般登山ですがやはりここは鈴鹿なんでちょっとハードな印象にならないかと心配でした。

さて藤原岳なんですがアクセスに時間がかかります。
榛原からさらに2時間くらいなんで大方出発したのは10時頃でしょうか。
これは想定内だったんで概ねピストンかなと思ってました。
ただ個人で行っててもアクセスが相当悪いんで同じ時間くらいになります。
四日市に行くにしろ、どちみち奈良まで行かないといけませんからね。


日程:3月22日(日) 場所:藤原岳 天気:晴れ(山頂ガスあり)

メンバー:7人
♂  ヒデさん つーさん シンさん 私
♀  ノリコマさん キシさん Y田さん

c0066176_2085484.jpg

この時期の藤原岳は絶大な人気があって登山口近くの駐車場はもちろんのこと
小学校近くの有料駐車場ですら満車でした。なのでJAの駐車場に停めてもらうことに。
去年もすごかったですが今年はもっとすごいかもしれません。
c0066176_2010142.jpg

しばし15分程歩き続けますと、鳥居のある登山口にたどり着きます。
c0066176_20102331.jpg

藤原岳の登山道はここ大貝戸と向こう側の聖宝寺の2つがあります。
例外として孫太尾根という南の尾根を歩くルートがあります。
一般的なのは大貝戸ですね。こちらはしっかり整備されたトレイルが続きます。
整備された感があってやや単調かもしれません。
c0066176_20104015.jpg

このように合目の表記があるのでどこまで来ているのかの目安になります。
c0066176_20124137.jpg

この日は汗ばむ陽気でシンさんなどはすでに半袖モードになっておりました。
シンさんは熱がりな方のようで冬場でも半袖で歩くことがあるようです。
そんなシンさんからは大福のおすそ分けもあっておいしく頂きました(^^。
c0066176_20133861.jpg

c0066176_20493618.jpg

展望が開けてくるのは六合目以上になってからでしょうか?
このトレイル歩きやすいのでちょっとペースが早くなるのがキズですね。
c0066176_20495695.jpg

ここで8合目になります。ここからは積雪が見られました。
c0066176_20501382.jpg

冬道を登りますが雪はもうかなり腐ってきてシャーベットのようになっていた。
c0066176_20502792.jpg

c0066176_20504422.jpg

このあたりから福寿草の群落が出てきました。野生でここまで生えているのは
藤原くらいではないでしょうか。道を埋め尽くそうと言わんばかりの生えようです。
c0066176_2051774.jpg

このように至る所にあるのでよけるのが大変です。花が咲いていればわかりやすいのですが
まだ蕾だと判別が難しかもしれません。
c0066176_20512351.jpg

c0066176_20513839.jpg

このように岩の間からもはえてくるので生命力はすごいと思いますね。
c0066176_2052144.jpg

京都のお二人も福寿草は堪能できたのではないでしょうか?
去年は時期が読めずちょっと早めになってしまいましたが今年はしっかり予想出来てましたので
ばっりりでしたそういう意味では満足して頂けたかなと思います。
ノリコマさんも運が良いのかもしれません。去年の藤原岳は殆ど見れなかったんで
結果的には今年になってよかったんじゃないかと(^^;。
(去年参加の方々には申し訳ないです)
c0066176_20522011.jpg

c0066176_2052359.jpg

c0066176_20525289.jpg

頂上はガスっている様子ですが皆の注目は下だったんでさほどきにならなかった様子です。
c0066176_2053784.jpg

c0066176_20532231.jpg

c0066176_20533984.jpg

このあたりは泥の川がすごかったです。地面もぬかるんでました。
c0066176_2111479.jpg

c0066176_21112349.jpg

頂上付近に出るとぱあっと展望が開けてきます。やはり青と白はすごいです。
c0066176_21134392.jpg

鈴鹿はこういう広陵が多い気がします。
今季最後になりそうですね。
c0066176_2116417.jpg

ここらで昼食です。すでに春の陽気がさんさんとしておりまして
フリースくらいでいける感じでした。藤原山荘前で昼食を頂く。
キシさんからはオレンジピールなど差し入れを頂きおいしく頂きました(^^。
c0066176_2117452.jpg

このトイレはけっこうな値段がするバイオトイレのようです。
c0066176_21175748.jpg

ここから山頂まではしばらく歩くことになります。
c0066176_21182536.jpg

残雪はまだ豊富にありましたが腐ってどろどろなんでもはや終盤です。
c0066176_21184416.jpg

ヒップそりも出来そうで出来ないような雪質でした。
c0066176_21192292.jpg

山頂です。殺風景です。去年来たときはまだ樹氷がありました。早すぎたということですね。
ちなみに山頂ではなおさんがおられました(^^;。というより事前に知ってたんですけどねw。
私がお誘いしたときに別グループですでに先約があったようで、同じ藤原岳のようでした。
孫太尾根というバリエーションから来られるということでしてまさに山頂で出会ったというところです。
けっこう坂がきつかったようですね。よりワイルドだったとのことでした。
c0066176_21194413.jpg

c0066176_21212495.jpg

c0066176_21214555.jpg

あとは周辺散策したり鈴鹿の展望を楽しんだりして楽しみました。
c0066176_21222774.jpg

c0066176_21224815.jpg

c0066176_2123667.jpg

そしてなおさんのグループに挨拶後に藤原山荘に戻ります。時間的に天狗岩はパスする予定でした。
しかしとあるグループから天狗岩に行く迄にセツブンソウを見たという話を聞きましたので
その目安となる場所に急遽行くことになりました。
c0066176_212329100.jpg

c0066176_21235719.jpg

場所はちょっと木が密集しているあたりにちらほらと咲いているようです。
c0066176_21242179.jpg

c0066176_21252719.jpg

メンバーのだれかが見つけてくれましてセツブンソウを拝むことが出来ました。
可憐ですね~このあたりでは咲いているもののあまりみかけないのでこれは収穫でしたね~。
これで思い返すことはない(?)ので未練なく下山することにしました。
c0066176_21254893.jpg

c0066176_2126635.jpg

下山も大概泥仕合の模様で・・・
ここはしばらく福寿草で癒されようと満喫しました。
c0066176_2126275.jpg

c0066176_21264614.jpg

シンさんは最初は花に興味ないと言ってたはずなのに最終的に一番ハマってたような気がします(^^;
c0066176_21272060.jpg

c0066176_21273899.jpg

c0066176_21275438.jpg

そしてセツブンソウとのペアも確認されました。なかなかお腹いっぱいの山行でしたね!。
c0066176_21281217.jpg

c0066176_21283224.jpg

帰りは聖宝寺ルートから。大貝戸ルートよりやや不明瞭のようです。
c0066176_2128514.jpg

ただ道としてはしっかりしていたので問題はありません。
大貝戸があまりに整備されているのでそう感じるだけかもしれません。
ただあんまり人が通ってないのでさびしい感じではあります。
c0066176_21291460.jpg

c0066176_2129335.jpg

途中でこういう箇所があるので気を付けないといけません。
崩落していたのかもともとなのかは定かではなかったです。
c0066176_21295122.jpg

ただこういう場所があった方がワイルドで好きなんですけどね。
c0066176_2130975.jpg

c0066176_21302862.jpg

途中で突堤越えがあります。ちょっと面倒くさい感じでした。
c0066176_21304843.jpg

ここでゲイターや靴を洗うついでに小休止します。
c0066176_2131741.jpg

あとは聖宝寺に向けて歩くだけです。
c0066176_21313188.jpg

c0066176_21314913.jpg

聖宝寺には駒猿(?)が祀られていました。
c0066176_2132436.jpg

麓には山桜(?)が可憐に咲いております。
地元の方が丹精こめて世話をされておりました。
ここから長い帰路に入りますが、お疲れです~。
最後は亀山PAにて反省会をしつつ帰路につきました。

GPS端末:XperiaUL

[PR]
# by ikakan | 2015-03-29 20:02 | 登山 | Comments(8)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30