関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

六甲山系「荒地山」:六甲で面白い岩場を楽しむ

まさかの六甲2連チャンとなった・・・
実はあきさんに呼ばれまして・・・
あきさんはホントお世話になっておりますんで召集に出ないわけにはいかない(^^;
しかもマルタンさんが私をということだったんで・・・
いやはやありがとうございます(^^。マルタンさんもけっこう馴染みの人になりつつあります。
ただ、希少なブログコメンティーターを離れられていることは残念。。。
なんか人に年の差がある私に対してコメントすると影響があると周りに言われて
自粛されているとか。。。
山好きに老いも若いもないと思うし、その言われているという方にもそういった柵があると
交流の幅も狭まりますし残念なことなんで・・・
そもそも健在かどうか知る為にも姿を現して頂けたらなと。
とIkajyuが直接言っているとおっしゃってください(なんて)。
あとはマルタンさんの任意でお願いします。


日程:7月12日 場所:六甲山系 天気:晴れときどき曇り

メンバー:5人
♂  マルタンさん 御山さん 私
♀  あきさん コマクサさん

ただ当初予定していた芦屋地獄谷については上部に行ったことがある関係で
荒地山に変更してもらった。こちらは以前から気になっていたコースでもあります。
c0066176_7334317.jpg

メンバーとは阪急芦屋川で合流。あいかわらずです・・・人多し。
ただし今回は王道ルートではなく変化球の荒地山です。
c0066176_741427.jpg

こっちに行く人は2割くらいかな~という印象。
c0066176_7432660.jpg

ここから入口に入るのです。
c0066176_7434158.jpg

c0066176_7435814.jpg

登山路はしっかりしていて歩きやすいです。
c0066176_7441467.jpg

c0066176_7443261.jpg

城山はなかなかの展望でした・・・
ただ灼熱の時期が近づいてきた模様・・・梅雨の湿気を相成って蒸し暑いです。
c0066176_7444813.jpg

c0066176_74554.jpg

すこしずつ岩稜の山容が見えてきました。
c0066176_7452455.jpg

時折、剣尾山のような岩石が見受けられます。
c0066176_7454177.jpg

鉄塔下のとあるピークにて休憩・・・
炎天下に来るとさすがに暑いです・・・
c0066176_7455917.jpg

岩場が続きます・・・なんかこのメンバー数人でで白馬に行くらしいです。
確かコマクサさんとマルタンさんとあきさんでしたか・・・
白馬乗鞍からの下山路がこんな感じの岩場を下るというところがありました。
なのでプレ白馬にはちょうど良いのではないかと助言(?)しました。
c0066176_7461969.jpg

ふと振り向いたらこんな岩場が。。。名物、岩梯子です。
c0066176_7463783.jpg

確かに高度感はありますが、逆に梯子状になっている為、行きやすいです。
足をかける場所がしっかりしておりますんで。
c0066176_7465521.jpg

c0066176_7471380.jpg

岩場をひたすら登って次の拠点、新七衛門ぐらがあります。
何かと言いますと岩場が狭くなっていて岩の間を潜る地点といっておきましょうか。。
c0066176_7501074.jpg

いかにも崩れそうな岩場ですが、ザックを下して這い上がるようです。
ザックをおろすと潜った先に置き場みたいな窪みがあるんで
ソロの場合はここにザックを置くのが良いかなと思います。
c0066176_7535125.jpg

あきさんはなんとザックを背負ったままで通過されたようです。
c0066176_7542250.jpg

c0066176_7583876.jpg

潜った先には展望が一望出来まして登ってきた岩場を見ることが出来ます。
神戸市街も見ることが出来ます。
メンバーがここで昼は(?)ということでしたがまだ登りが続くということで荒地山に向かうことに。
c0066176_758545.jpg

ここも岩場があってロープ伝いに登ります。
微妙に足の置き場に困りますね~。先を行っている老夫婦もなかなか苦戦されている様子でした。
c0066176_8144176.jpg

c0066176_8191380.jpg

荒地山からは森林帯なんでけっこう歩きやすいです。
c0066176_8193280.jpg

c0066176_8194966.jpg

荒地山です。展望はないですが、この時期日蔭で休憩できるので適地ではないでしょうか?
c0066176_8222271.jpg

マルタンさんからのサプライズ!今回はわざわざ麓から氷を運んでくれて炭酸水、パッションフルーツ
を加えて冷涼なドリンクを頂きました。山で冷涼な飲み物が飲めるなんて最高ですよ(^^。
ホントありがとうございます。そして雑炊もされていました。あの雑炊ってマルタンさんの
フループのオーブさんが発案したんでしょうかね。。。
c0066176_8224712.jpg

私はちょうどワールドカップの時期限定のブラジリアンチキンラーメンを。
スパイシーでなかなか楽しめました。
c0066176_823164.jpg

c0066176_825277.jpg

メンバーとはこの先どうするか検討しました。
というのも、目的は荒地山だったんでこの後のルートは特に決まってませんでした。
私は当初、東おたふく山まで行ってそのまま最高峰・・・縦走路を西へという想定だったんですが
あまりに暑いんでやめようかな~と思ってました。
メンバーも東おたふくで終了ムードでしたし(^^;
c0066176_8272821.jpg

c0066176_8274887.jpg

このあたりは細かな分岐があって風吹き岩方面と合流があるようです。
道しるべがあらぬ方向にあったんで気づきませんでした。
c0066176_8281276.jpg

はい、我々がハイカーです(^^;
ここは例のゴルフ場を横切るところです。
王道コースを行かれる方はおなじみ、普通の家のフェンスを開けて入るところです。
途中で敷地内のトイレを拝借することが出来ることは今回初めて知りました。
c0066176_8283040.jpg

時折、階段があるものの大したことはありません。
ただし、あきさんは疲れていた様子なんでしばし休憩。
御山さんによると、岩場でメンタル面でやられすぎとのことです。
c0066176_829445.jpg

雨ヶ峠です。ここもおなじみの場所ですが、今回は東おたふく山方面へ進路を取ります。
今回は初めてですね~
ここでちょっと白馬の話をしたような・・・
具体的なルートを模索されているようで白馬山荘で一泊して栂池に向かうといってた風な・・・
そうなると私と同じコースかな~と。
雪渓はガスるとけっこうメンタルが問われます。と言っておきました。
とはいってもソロではないのでそんなに問題でもないでしょう。
c0066176_8292671.jpg

c0066176_8294450.jpg

快適に歩くことが出来る草原の道です。
c0066176_830153.jpg

c0066176_8302053.jpg

c0066176_830371.jpg

登り詰めたところにスペースがあり、そこが東おたふく山となります。
ピークはさほど展望はありません。
ここでは沖縄の話で盛り上がりました(^^;。ヤギ汁についてとか。。。
あれはホント生臭いです・・・御山さんも飲めたものではないと・・・
もうあらゆる臓物が入っててなんかすごいんです。
c0066176_8305590.jpg

話し込んでいたのもあって今日は東おたふく山で〆ることに。そのまま下山。
やたら笹が茂ってました。
c0066176_83113100.jpg

c0066176_8313458.jpg

白いアジサイってけっこう珍しいなあと思ったんですけども。
六甲山もけっこう紫陽花が咲いているなという印象です。
c0066176_83149100.jpg

東おたふく山登山口にもけっこう人がいました(^^;
なかなかアクセスが良いのかな~と思います。
私も東縦走路を歩くときはショートカットで使いましたしね。

帰りは私は芦屋温泉に立ち寄る為にメンバーと別れました。
ちなみに芦屋温泉ではせっけんなど備品は持参らしく失敗しました(><

GPS端末:XperiaUL

[PR]
by ikakan | 2014-07-19 07:29 | 登山 | Comments(16)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

六甲山系「大池地獄谷」:道迷いしてしまったことを自分なりに検証してみる。

大池地獄谷にはちょっとした想いがあって、昨年一度挑戦して増水してて失敗しました。
なので機会を狙っていたんですが、今回、その地獄谷に行くグループがあり
チャンスでしたのでご一緒させて頂きました。
今回のメンバーは初対面の方々だったんでちょっと緊張しましたね(^^;
願わくば去年のメンバーでということだったんですが、なかなか都合を合わせるのは
難しいと思い便乗させてもらうことになったのです。


日程:7月6日 場所:六甲山系 天気:曇り後雨

メンバー:5人
♂  にっしゃんさん MUMUMUさん 私
♀  けいこさん カトさん

さて、今回のメンバーは全員初対面です。(私は)
思えば去年の地獄谷もそうでしたか・・・
去年とまったく別のメンバーで行くことになろうとは思いもしませんでした。
c0066176_21362245.jpg

ここがおなじみの分岐です。去年は雨でした。
c0066176_2136574.jpg

いつもの階段を降りますが
c0066176_21372385.jpg

フェンスが倒れていた(?)ようでせまい隙間を行きます。
c0066176_21375038.jpg

渡渉もさほど流れはなく良いコンディションと思われます。
c0066176_21385431.jpg

しばらくは快適なトレイルを歩くことになります。
c0066176_21412910.jpg

徐々に沢道となってゆき、アドベンチャールートとなります。
c0066176_21422053.jpg

この谷も突堤越えがポイントになってゆきます。
c0066176_21424447.jpg

突堤越えは大抵巻き道になっているようです。ここで迷いやすいというところですね。
c0066176_2143186.jpg

ちなみに去年は突堤の向こうが水没しておりました・・・今回は。
c0066176_21432993.jpg

大丈夫だったようです。これで地獄谷制覇も見えてきました。
c0066176_21435554.jpg

c0066176_21441850.jpg

裏六甲は表とは違って非常に閑散としております。そしてより自然に溶け込んでいるイメージです。
けいこさんはトレッキングシューズだったんで滑りやすいと主張されてましたが
これは技術だと突っ込まれておりました(^^;
c0066176_21443689.jpg

あのときはかなりの増水だった模様です。今回はさほど渡渉に苦労することはなかったです。
c0066176_214533.jpg

渡渉を繰り返しながら沢を行きます。トエンティクロスなどと違い完全に
沢道なので足元注意ですね。
c0066176_21474730.jpg

登山路からややはずれたところに地獄大滝という滝があります。
ここのは冷涼でしたよ(^^。標識が滝の途中に設置されてましたが
えらいとこにあるなあと思ったんですけども(どうやって乗せたんだろう)。
c0066176_2148515.jpg

けいこさんはかなり慎重派のようです。いわゆる五点指示ですね。
c0066176_21483885.jpg

c0066176_21491652.jpg

なかなか緑色した苔の石が多く、気を使わねばなりません。
c0066176_21494064.jpg

c0066176_21502141.jpg

ここは難所でしたね。右側の石をロープ伝いに進みます。
c0066176_2152125.jpg

c0066176_2152185.jpg

いや~ホントにワイルドですね~ただワイルドという他にちょっとやらかした感が
してきたんですけどね・・・
c0066176_21524972.jpg

突堤です。ここで道がよくわからなくなりました(><
突堤のどちら側を周るのか迷いましてどちらもそれっぽい目印がないのですよ。。。
ここをA突堤としておきましょうか。
ただA突堤にはここが最後の水飲み場の標識があったんでまだ間違ってないと思ってたんですけど・・
c0066176_215388.jpg

c0066176_21533838.jpg

右側の道はどうも登山路じゃない気がするんですよね・・・
c0066176_2154423.jpg

突堤を超えるとこういう道になります。正直この時点で気づくべきだったかもしれません。
c0066176_21544745.jpg

しかもこの辺、岩盤がもろくカトさんの足場もろとも岩盤が崩れました。
危ない場所ですね・・・
c0066176_21561844.jpg

この後、突堤を何度か超えるので地獄谷を行っていると思っておりました・・・・が
GPSが捕捉しなくて確信はなかったです。ただどうみても破線レベルとしか・・・
c0066176_21564752.jpg

c0066176_21571683.jpg

で、ここにたどり着きます。なんか二手に分かれておりました。
見た目は右の方が行きやすそうでしたが・・・
で、行くんすかこれ?という感じ。途中で滑落しそうな斜面です。
c0066176_21575627.jpg

CLのにっしゃんさんがけっこうガツガツ行く人のようでしたので
挑戦されたようですが他の方々はどうなのでしょうか?
MUMUさんが2度ほど滑ってしましました・・・
この斜面で水も流れていてなかなか難しそうですよね・・・
別のルートを模索しますと、
c0066176_21581839.jpg

斜面左側に何やらワイヤーが垂れてまして何用かわからなかったんですが
ちょうどロープとして使えそうなのでつたって行きました。
c0066176_21583725.jpg

で、マシなのかというとそうでもなく、痩せたブッシュや木々などの悪路でした。
ってこれ合流出来ますのかな・・・
ここを③の谷としておきましょうか・・・
ちなみに③の谷に行った3人はそのまま西尾根方面へ向かったそうですが
この先崖で無理とのことです。
現に落石の音が聞こえてきましたんで心中穏やかじゃなかったですね。
下手したら下に落石させて二次災害が起こりかねませんでしたから・・・

ここで私のGPSが捕捉しまして
なんか地獄谷の南側の水晶山北の森林地帯を指していました。
これはMUMUさんのGPSも同じようなところだったんで間違いないでしょう。
このまま進むと地獄谷西尾根にたどり着きそうな感じでしたがあまりにも悪路なんで
引き返すことにしました。
c0066176_2159087.jpg

c0066176_21591996.jpg

当然、斜面なんで下りの方がキツいです。この写真のちょっとでっぱったところを
超えるように行きます。
c0066176_21593773.jpg

あとは例の謎のワイヤーをつたって谷を降りてゆきます。
実はこの先2手にわかれていると言ってましたが・・・
にっしゃんさんがもう一つの④がどうなっているのか見てみるとのことです。
う~んチャレンジャーですね(^^;私はわかるところまで戻るものかと思ってましたんで。
しばらく待つことにします。
結果はなんと見事に西尾根にたどり着けるようです!これは良かったですね。
戻るとしても沢の下りはけっこうキツいんで助かりました。
c0066176_2131451.jpg

ここで脱線しますが、後から考えてみるとAの突堤が地獄谷道の途中にあり実は
あれは越えずに左側に進路を取るのが正解だったのではと思われます。
実は地獄谷は一つではなく無数に広がっているので、どこかの谷の分岐に迷い込む
可能性があるということでした。
結果地獄谷の南側の谷に迷い込んでそのまま②の谷に行くということになったようです。
確かにこの地形図によると③と④の谷が分かれているということが見受けられます。
にっしゃん氏によると③の谷の右側を模索すると水晶山の尾根のどこかにたどり着けたとのことです。
c0066176_220385.jpg

c0066176_2205418.jpg

さて④の谷から西尾根を目指すわけですが・・・当然ながら登山道でもなんでもない
ただの谷なんでけっこうキツいですね。泥と草木が混じったようなザレ場で
つかむところもないところでした・・・・それでも危険性は少なかったです。
(③はかなりヤバかった・・・)
c0066176_2213293.jpg

私もね・・・またカメラぶっこわれるんじゃないかと心配でしたね。
まあこんなところで写真撮んなよって感じですが(^^;
c0066176_222719.jpg

がんばってがんばって斜面をよじ登ると尾根が!
まさに地獄から這い上がってきた気分でしたw
c0066176_2223790.jpg

c0066176_2241025.jpg

なつかしの西尾根です。
c0066176_2235477.jpg

ダイヤモンドポイントです。ここで昼食とします。
皆、満身創痍だったかもしれません。

検証として、どこで間違ったのか定かではありませんが
最後の水と標識されていた突堤がAであると推測されます。
すなわちあのAの突堤を越えずに左の谷に巻いてゆくのが正解だったのかと・・
あそこを突堤を超えてしまって②の谷に迷いこんでしまったのが原因でした。
谷ということで一つしかないという認識があったのがいけなかったかもしれません。
そのあと③の谷を登ろうとして失敗して④の谷を登る結果になりました。
それがわかったのはメンバー地形図があったからこそで、なかったらわかったかどうか
定かではありません。

帰りは尾根を行きながら長峰山経由で帰りました。

GPS端末:XperiaUL

[PR]
by ikakan | 2014-07-10 21:31 | 登山 | Comments(10)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

大峰「弥山・八経ヶ岳」:梅雨の合間を利用して緑の中をひた歩く

弥山、八経ヶ岳はいわずもがな百名山の一つで近畿最高峰でもあります。
そして大峰山として知られております。
いずれはと考えておりましたが、今回、山仲間である、せみさんと
前回、山のオフ会にて投合し行くことになりました。
が・・・けっこう以前からせみさんとは弥山には登る予定にしてましたが
何かと天候とかいろいろ問題があって伸びておりました。

せみさんの車で天川村の役場で、そこで和歌山から来られたつーさんと黒猫ママさんが合流。
天川村役場から延々と309号を行き行者還トンネル前まで来るとそこが登山口となる。
けっこうな車が止まっていたがなんとか止めることが出来た。



日程:6月29日 場所:弥山・八経ヶ岳(大峰山) 天気:曇りときどき晴れ

メンバー:4人
♂  つーさん 私
♀  せみさん 黒猫ママさん

c0066176_10374091.jpg
2775
道の脇からスタート。
c0066176_103802.jpg

c0066176_10383847.jpg

ここは名物の橋らしい・・・尖がりが印象的。
c0066176_10394137.jpg

ここは序盤からけっこう傾斜がある・・・武奈ヶ岳っぽいかな。
c0066176_10401095.jpg

まあ根っことかもけっこうあって奥深い印象です。
c0066176_10402881.jpg

ただ稜線が近づいてくるとだんだんと草原地帯が増えてきて心地よいです。
c0066176_10411724.jpg

大峰奥駆道に合流・・・ここは熊野本宮まで続いているとか・・・かなりのトレイルです。
c0066176_1041321.jpg

さすがに大峰はらしさというかここにしかない感じです。
本当に大自然に来たというのはこのこと。黒猫ママさんも天然のクーラーが聞いているようと
この雰囲気を堪能されておりました。
c0066176_10415425.jpg

バイケイソウでしたっけ・・・葉がやたら大きいです。
c0066176_1042229.jpg

c0066176_10424095.jpg

この辺に来ると一度行程が落ち着くようでゆったりとした森林浴が楽しめました。
c0066176_10425973.jpg

c0066176_10431538.jpg

弁天の森もなかなかの緑です。この時期に新緑ハイクが出来るなんて想像もしませんでした。
c0066176_10433786.jpg

c0066176_10435678.jpg

像をすぎたあたりから再度登りが出てきます。
c0066176_10455218.jpg

ときおり山々の景観を望むことが出来ます。ちなみにこれは大普賢だと一瞬でわかる人もいるでしょう。
c0066176_10461039.jpg

弥山特選の木段登りでしょうか?延々と木段が続きます。
ただし段差もあまりないので遊歩道的に歩くことが出来ますね。
c0066176_1047359.jpg

c0066176_10471970.jpg

この坂を超えるとぱあっと展望が開ける場所に出ます。
c0066176_10475070.jpg

ここでも大峰奥駆の稜線を伺うことが出来ます。
c0066176_10484910.jpg

ここからしばらく木段とアップが続いてその先に弥山小屋があります。
c0066176_1049542.jpg

この小屋にたどり着いたころには天候も回復してきて良い感じだった。
登山仲間の知り合いがおられましたのでしばしお話する。
c0066176_10492115.jpg

c0066176_10493780.jpg

厳密には弥山頂上は小屋からちょっとはずれたところにある。
お子さんに案内してもらう。まだまだ元気があまっているようです。
弥山自体がかなり体力がいる山だと思うのですごいなと思います。
私が同じ頃、近辺ハイクくらいしかしてなかった覚えしかないですから。
c0066176_1049526.jpg

八経ヶ岳と明星ヶ岳です。けっこう近くに見えますが往復するとけっこうなモンです。
片道で八経30分。明星1時間くらいでしょうか。
ピークハント目的であれば八経ヶ岳で充分でしょうが、明星も機会があれば
行ってみても良いかもしれませんね。
c0066176_10501117.jpg

神社に一礼をしてから、弥山小屋方面へ。
c0066176_1050299.jpg

小屋のちょっとはずれに国見八方覗という見晴の良いところがあります。
c0066176_10504649.jpg

この通り、苔がなんとも美しいのですよ。
c0066176_1051131.jpg

大普賢も展望することが出来ます。
ここで昼食を取ることにします。
c0066176_10511537.jpg

またしても頂きもので申し訳ないのですが、せみさんが最近凝っておられるようで
おにぎりを使った、雑炊だそうです。このようにおにぎりと卵スープをおいて
c0066176_10513694.jpg

お湯をそそぐことによって、雑炊(おちゃずけ?)のように頂けるということでした。
いろんな具材をおにぎりに仕込むことでいろんな味が楽しめるようです。
ごまとか海苔などがポイントで、塩もいれたら良いとのこと。
さらにわさびも持参されているようで、お手軽にいろんなパターンが楽しめるそうです。
卵スープは中華味やもずくスープとかでも良いかもしれませんね。
c0066176_10515427.jpg

八方覗にてザックをデポして八経へピークハントしに行きます。
メンバーのつーさん等が時間があまりないそうで・・・
c0066176_1052126.jpg

ここらへんの道はなんとも緑が豊富でした。せみさんがヨーロッパの森に来ているようだ
と言います。(来たことないそうですが(^^;)
c0066176_1052319.jpg

このあたりはオオヤマレンゲの保護地があります。
すなわち探さなくても大概このあたりにあるということです。
c0066176_10524775.jpg

結果は・・・残念でした~7月中旬くらいがピークとみられます。
まあ下調べしてなかったのでこんなもんでしょう。
c0066176_1053294.jpg

山頂です。けっこう見晴しが良く快適ですね~
なかなか人がたくさん居ましたが。
c0066176_1053179.jpg

木の墓場の殺風景な雰囲気と奥駆道が延々と続いております。
c0066176_10533178.jpg

c0066176_10534656.jpg

せみさんもカメラにいろんなこだわりがあるようでした。
なかなかベストショットがないとOKが出ません(^^;
しばしバックショット撮影に入った後に引き返すことにします。
c0066176_1054373.jpg

大峰には独特の植物も多いです。杉のような苔のような植物も・・・
c0066176_10542113.jpg

苔が美しいと感じるのは良い森の証拠なのかも。
c0066176_10543875.jpg

白い花の群落も・・・金平糖とか言ってた人がいましたが(^^;
c0066176_10545179.jpg

あとはデポしたザックを回収して引きかえすだけです。
c0066176_1055924.jpg

c0066176_1055249.jpg

ちなみにせみさんは下りが苦手なようです。2人2人のグループに分かれて下りました。
c0066176_10554151.jpg

c0066176_10555845.jpg

木漏れ日なんかもあったりして梅雨としては天候に恵まれていたなと思います。
c0066176_10561958.jpg

c0066176_10563785.jpg

c0066176_10565440.jpg

c0066176_10571163.jpg

コアジサイも見頃を迎えているようです。
最後はかなり前2人とは離されてまして、例の△の橋のところで靴を洗っている様子でした。
お待たせしました~
c0066176_10572764.jpg

前々から行きたかった八経ヶ岳に行けて良かったです。
近いながら遠いという印象でしたが機会を得て良かったです。
せみさんとも去年お流れになってましたから実現して感無量でした(^^
弥山も好きになられたようで私としても満足いく山行でした。
また秋にでも機会があればよろしくお願いします。

GPSデーター:同行者提供

[PR]
by ikakan | 2014-07-05 10:29 | 登山 | Comments(8)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31