「ほっ」と。キャンペーン

関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

大峰奥駆「山上ヶ岳」:秋の紅葉結界を破りにいくとそこには

最近カメラが壊れたのでいつもの防水カメラしか使用出来なくなった。
実は白馬のときに故障してたのは知ってましたがけっこう頻繁に使用するので
この機に修理することにしたのです。
というわけでしばらくはこっちのカメラを使用する必要があります。

また最近、仕事中に腰をいわしてしまったのでコルセットをしておりますが
はたして山行の影響がないかどうかなかなか不安があったりします。
下山時の衝撃でぐきっ!といわしかねないんでなんとも言えないんですが。。。
普段はトレッキングポールはほぼ使用しないんですが今回ばかりは
全行程で使用するに至りました。

週末運はなかなか悪い。先日、大峰大普賢に行く予定が天候悪化で断念。
弥山も予定してたが仕事でパーになった(><
まあ日曜に軽めに音羽山でもと考えていたが・・・
そんなところ登山仲間であるKumasan氏からお誘いの連絡があり、また場所が
決まってないということで迷わず大峰を希望した。
アクセスと都合を考慮し山上ヶ岳へアタックすることにした。

山上ヶ岳は天川のみたらい渓谷や観音峰といった入口よりさらに奥の奥にある
修験者が来るような山で女性が入ることが出来ないという特殊な山です。
そんなわけで世界遺産にも登録されている地域でもあります。
そういった背景もあるわけでけっこう楽しみにしておりました。


日程 10月27日 場所:山上ヶ岳 メンバー:kumasan氏 天気:曇り時々晴れ

橿原神宮前駅にてKumasan氏と待ち合わせし同氏の車にて洞川方面へと向かう。
車で約1時間半というところでしょうか?観音峰登山口あたりは紅葉が始まっているようで
これからシーズンを迎えるといった感じでした。
ここからさらに洞川温泉を得て母公堂へ。ここに止める予定でしたがあいにく満車だったんで
さらにすすんで清浄大橋前の駐車場へ。まあ母公堂に止めてもそこから歩くことに
なっていたので特に問題はないでしょう。

c0066176_21574141.jpg


ここから墓石のようなものと結界門がありいよいよ破るときが来たなと思いました(^^;

c0066176_21582171.jpg

c0066176_21585615.jpg


修験のシーズンは白装束の人がほら貝をふきながら参拝登山するのでしょうが
シーズンが過ぎているので静かな登山となった。まあ女性は一般的には入れないことに
なってますから必然的に登山者も少なくなるのでしょう。

入ってからはしばらくはスギ林が続きます。
やや怪しげでまあ出そうかな・・・と。一人ではこの山行かないなという印象。
大峰は山深いので日中でもなんか薄暗い~感じがします。
この辺がまた霊山的なパワーを感じ取られるのかも・・・

c0066176_21593143.jpg


でもこの樹林帯を抜けるとだんだんと明るくなってきて見晴もよくなってくる。
そんな中でちらほらと黄色い葉が見え隠れしてくるようになった。

c0066176_2201984.jpg


鉄のはしごや石段といったものもあり修験道であることを垣間見ることが出来る。

c0066176_2204653.jpg


またこの山は修験者を対象とした茶屋がりシーズン中は営業しているようだ。
ここでちょっと一服というのもありですね。

c0066176_2221798.jpg

c0066176_2223934.jpg


このあたりは黄色い紅葉が目立つ。ピークを越えたというより標高が下がってきている印象。
おそらく山頂付近は落葉しているものと思われる。
1500mあたりが最盛という感じで見方によってはジャストだったとも言えます(^^

c0066176_223166.jpg

c0066176_2234723.jpg

c0066176_2242487.jpg


おたすけ水は自然の水をそのまま味わえる水場である。ご○○ろ水と違って(爆)
このあたりから日が差して紅葉が鮮やかに映えていた。

c0066176_2285045.jpg


時折、林間から光る紅葉が印象的で美しかった。

c0066176_2293255.jpg

c0066176_22101236.jpg

c0066176_22104319.jpg

c0066176_22134418.jpg

c0066176_22143346.jpg


願わくばもう少し雲が晴れていて欲しかったが、どうも山頂付近にガスがたまっている様子。
大峰奥駆道に合流する。あの吉野から熊野まで続く道の一部である。

c0066176_22171393.jpg

c0066176_2219585.jpg


このあたりに来るともはや稜線なんでふきっさらしの風がもろにあたって肌寒かった。
Kumasan氏によると4度くらいしかないようでもう冬にさしかかっている印象だ。
ダウンがいるレベルと思った。

c0066176_22195081.jpg

c0066176_22202124.jpg


このあたりから標高を稼ぐような印象。階段が続いたり岩場があったりする。
洞辻茶屋やだらにすけ茶屋を抜けるとあのあぶらこぼしへたどり着く。

c0066176_22205735.jpg

c0066176_22213232.jpg

c0066176_22235430.jpg


鎖が備え付けられていたが頼らずに登った方がよい印象である。

c0066176_22231863.jpg

c0066176_22244472.jpg


次の地点にある鐘掛岩はデンジャーな印象であった。というか申し込みしないと
登れない(?)らしい。う回路があるのでわざわざチャレンジすることもないだろう。
なぜならここは岩場直登りでロッククライミングそのものですから(^^;
腰いわしそうなので止めときました。

c0066176_22253881.jpg


ただし、鐘掛岩のてっぺんにはのぼっておきたいと思い、う回路からまわりこんでみた。
さすがに岩場のてっぺんだけあって展望は最高です。紅葉の景観が広がっておりました。

c0066176_2226742.jpg

c0066176_22265222.jpg


ここからさらに南下してゆく。ここは鷹巣岩や西の覗など景勝地が多い。
西の覗などは紅葉のレンゲ谷が一望出来てこれは高度感があるなあと感じた。
これが修業で下を覗かせて懺悔(?)する場所のようであるが・・・
確かにぎりぎりまで立つ勇気はありませんね。

c0066176_22285542.jpg

c0066176_22282473.jpg


ここからしばらく行くと寺が見えてくる、山上ヶ岳の修験者が利用する宿坊群である。
高野山の観光地化された宿坊ではなく本当にそれの人が使うという印象が深い。
かといって一般人も使えないこともないが・・・

c0066176_22295571.jpg

c0066176_22302873.jpg

c0066176_2231529.jpg


完全に高野山のものとは別物であるので、本当の意味で寺体験したいならこちらの方がよいと思う。
今回は機会がなかったのでまたチャンスがあったら利用してみたい。
ここで昼食を取って再度出発することにした。

c0066176_22314792.jpg

c0066176_22321321.jpg


山上ヶ岳の頂上は笹原って感じです。特に突出したところはありません。
雲に隠れた稲村ヶ岳などが見えておりました。

c0066176_22344756.jpg

c0066176_22365465.jpg


ここからレンゲ辻へ降りて行くのですが梯子場が多い印象です。
梯子で一気に下るという印象でした。

c0066176_22375417.jpg

c0066176_22383359.jpg

c0066176_2239946.jpg

c0066176_22393792.jpg


そして苔っぽい湿った岩がごろごろとあるので滑りやすい感じです。
ちょっとすべっちゃった箇所とかありました(^^;

c0066176_22441437.jpg

c0066176_22444871.jpg

c0066176_22453960.jpg

c0066176_2246367.jpg


レンゲ谷ルートもあるのですが、どうも情報では荒れまくっているようでここはパスして
稲村の下山道から降りることにしました。
レンゲ辻を超えてもトラバース気味な斜面は変わらずけっこう滑りやすいです。
気を付けないとずるっとコケてしまいそうでした。

c0066176_22464441.jpg

c0066176_22474961.jpg

c0066176_22485140.jpg


そして稲村小屋のところに出ます。以前、稲村に行ったときに休憩した場所です。

c0066176_2250049.jpg


ここでも多少の休憩の後に法力峠側に向かいました。
ここは多少つまずきやすい道ではありますが、さっきのレンゲ辻あたりの道に比べては
安心出来ると思います。そして傾斜も緩やかになってくるのでゆっくりと森林浴を
楽しめるのではないでしょうか。

c0066176_22504984.jpg

c0066176_22511337.jpg

c0066176_22515433.jpg

c0066176_22522215.jpg

c0066176_22525968.jpg


稲村の道も1200mくらいが一番紅葉してた印象です。
おそらく紅葉前線は今、比良山系がベストかと思うのですがこの11月は予定がたんまりなんで
難しいかも・・・今のところ16日くらいしかないので、
ここに比良山系を入れようと思います。(参加者募集?)


この日はあまり思ったよりも日が差さなかったので紅葉の映えがいまいちなんです。。
天気も紅葉もなかなか一致して良い景色を拝むのは難しいことですね(--
だからこそ日が差した時の映えはとても神々しかったです(^^

c0066176_22535515.jpg

c0066176_22543832.jpg

c0066176_22545970.jpg

c0066176_22564635.jpg

c0066176_22584264.jpg


ここから徐々に杉林になってきて薄暗い雰囲気のなか母公堂へ。
ただしここがゴールではありません。清浄大橋まで2km近くの舗装路を戻りました。
そして、洞川温泉へ立ち寄ってそのまま帰りました。

c0066176_2361352.jpg

c0066176_235442.jpg


Kumasanさんありがとうございます。
大峰の企画は一人では交通やコースの関係で難しいのでこうしてご協力いただけるのは
ありがたいです。また、機会がありましたらよろしくお願いします。

GPS端末:Xperia UL

by ikakan | 2013-10-27 20:58 | 登山 | Comments(16)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

北アルプス「白馬岳」:後立山縦走編

北アルプス白馬岳の核心である後立山縦走の部分のレポートアップ致しました。
最近は天候と仕事により有意義に休日を過ごせなくなってます(><
11月になるとある程度は収まってくるとは思うのですが・・・
今が最ピークなのは否めません。
せっかくの紅葉シーズンなのに痛いですわ・・・

さてこの稜線、いくつもの山の絶景を見ている人であっても行ってないとするのであれば
是非ともおすすめ出来ます。高い山をただ登るというだけではなく稜線を縦走するという
意味がわかると思います。通常であればピークを目指してそして下山というスタイルですが
ここでは標高を維持したまま山を渡り歩くというイメージです。
まさに空中散歩という言葉が当てはまるような感覚です。
このレポートで白馬岳の魅力を伝えられるとは思いませんが
何かしらのきっかけになれれば幸いです。

登山好きであるのならばこの白馬岳、是非とも挑戦してみてください。
必ず価値観が変わることは約束できます。

では下記よりお願いします。

白馬岳「後立山縦走編」

c0066176_23173033.jpg

by ikakan | 2013-10-20 23:18 | 登山 | Comments(10)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

紅葉(?)の御嶽山

3連休だからこそ秋山遠征と行きたかったのですがいかんせん潰れてしまい
行く気は半々くらいだったのですが、3連休の天気が間違いないことと
紅葉のシーズンをピークを超えたとはいえまだ見頃な為、決行致しました。
御嶽山は関西からはなかなかアクセスしやすく駅からのバスもいくらかあります。
結論ですが紅葉はピーク越えで1週間前くらいがベストだったと思われます。
まあわかってはいたんで。そのかわり天気は間違いありませんでした。
紅葉のピークをうまく合わせるのって至難です。
仕事の休みに天気と自然のコンディションがうまくマッチしないと実現しません。

秋山の目標としては遂行出来たとは思います。
単にピストンではなく御嶽全体を周回して充実した内容になりました。
そして泊りがけ登山、ぼちぼち落ち着かせて、また日帰りハイクに戻りたいかも(^^;
いや基本へたれなもんで・・・11月くらいから紅葉が麓におりてくるので
完全な里山ハイクに落ち着きそうです。
そろそろあの計画も動かないといけませんのでそっちに集中したいんです。
氷ノ山とかも考えているのですが、あと何回かする泊りがけの紅葉刈りが満足
出来るものであれば近場のハイクに戻しても良いかなと。
もうお腹いっぱいになりそう・・(^^;

これも遠征なんで後程・・・とはいえ夏山に行った白馬もまだなんですよね。
もう忘れられそうな気が・・

c0066176_23383733.jpg

by ikakan | 2013-10-13 23:38 | 登山 | Comments(8)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

廃墟 愛宕ケーブル跡と愛宕山ホテルの廃墟を垣間見る

先日、登山好人氏から愛宕山ケーブルが水尾別れの近くにあるという情報を得まして
次の山行に立ち寄ってみようと思っておりました。
そんな中で白馬岳登山で知り合った大阪のハイカーである、ともさんの低山の魅力を
知ってもらいたいということで愛宕山を案内する機会を得ました。

そして愛宕ケーブル跡にアクセスしようと考えました。
私は比較的、廃墟マニアで各地の廃墟をすすんで見てみようということですが
彼女もこういった冒険、散策に興味があるということで探しに行こうと決心しました。
ところで愛宕山に謎のツツジ尾根という保津峡駅から北につらぬいて水尾へ至る謎ルートが
あるということが最近判明しまして、またの機会に散策してみようかと思っております。
ともさん自体が愛宕は初ということですのでわざわざバリエーションをする必要性がありませんので
水尾から登山することに至りました。
また、ともさんは時にロッククライミングや上高地に斤量トレをするような方なので
体力的には私を上回る方です。元に白馬槍ヶ岳の崖地帯から登山されておりましたし
テント泊で縦走されてました。(その装備で私は抜かれましたしね・・・)
ただし低山に関してはまだルートファインディングに不安があるとのことで
愛宕を案内して欲しいとのことです。
彼女の仕事の関係でなかなか土日に休みが取れないのですが
今回、機会が得られましたので実行に移りました。


日程 10月6日 場所:愛宕山 メンバー:ともさん 天気:晴れ時々曇り

さてJR保津峡の集合ということでしたが、早くも京都駅で出会いそのまま駅へ。
保津峡に移りそこからバスで水尾までショートカット。
ショートカット理由はそこまで舗装路なんでわざわざ登山靴で歩く必要がないので・・
逆に水尾から帰られる場合はバスの本数が少ないので事前に調べておく必要がありますね。
歩くのも良いですけどフツーに道路を1時間歩くことになります。

水尾の里はちょっとのどかな集落という感じでこれからゆずの収穫が始まるころでした。
彼岸花が生命力があるかのごとく道路から生えており蝶が待っておりました。

c0066176_041145.jpg


集落の上部からアクセスします。こっちを登山口に登ったのは久々な気がします。

c0066176_05728.jpg


表登山道を選択しなかったのは人が多いことと単調な階段上りである為、
ロッククライミング志向のともさんには物足りないと感じたからです。
こっちの道は人が少なく非常に静かな登山を楽しむことが出来ます。
しかし傾斜がきつく、水尾別れまで相当な傾斜を登ることになるのでご注意を・・・
登山道はかなり整備されて広いので歩きやすいです。この傾斜さえ我慢できれば・・・
途中でGPSのログを取ってないことに気がつきまして途中からオンにします。

c0066176_06126.jpg


ひたすら林道をゆきます。けっこう人工林が多い様子でたまに間から水尾の町並みを
遠望することが出来ます。ちなみに傾斜があるので一気に登る感じで
なかなかの心臓やぶりだと言えるでしょう。
水尾から水尾別れまではホントあっさりついた感がありました。1時間くらいでしょうか。

c0066176_074375.jpg


で肝心な廃墟の場所はというと・・・
これって一般登山コースじゃないので自己責任になりそうなんであまり声を大には
出来ないのですが・・・水尾別れの少し行ったところに9合目花売り場がありますが
そのちょっと手前に少し明瞭な道があるのでそこを向かって右です。
道は一般登山道といっても過言ではないくらいはっきりしています。
知らない人も迷い込むのではないかと思う内容でした。
途中には謎の建物跡がありこのルートが間違いないと思わせました。

c0066176_091545.jpg


そして急にパァっと開けた場所にそれがあります。
けっこうしっかり残っているなという印象です。付近は焚き火跡や人工的なベンチもあり
意外とここが休憩スポットのように扱われている印象でした。

c0066176_010045.jpg


そして肝心の内部ですがけっこうしっかりしているようです。

c0066176_0104876.jpg


2Fへ移る階段もしっかり残っておりそこに行けるようでした。
2Fへ行ってみるとそこにもフロアがあり何かがあったような痕跡がありました。

c0066176_011368.jpg


調べてみると食堂があったらしいです。
ツタが良い感じで演出しております。

c0066176_0162524.jpg


チャレンジャー(?)なともさんは屋上へ行ってみましょうということで朽ちたハシゴで上へ。
頂上からは木々と町並みの展望を見ることが出来ます。
また頂上で綺麗な蝶がいたのでしばし眺めました!

c0066176_0171740.jpg

c0066176_0175428.jpg

c0066176_0184533.jpg


そして恐る恐るハシゴを降りて次は愛宕山ホテル跡へ向かう。
ちなみにこちらは情報が曖昧でしたので、ともさんのご意見、大抵ホテルは乗り場より高台にある
場合が多いというご意見でしたので北側の上りを歩く、不明瞭でしたが謎の石垣があって
これが何の物体なのか不明でしたがそこからさらに南側に歩くといきなり大きな建物が!!
森林の中に眠る要塞って感じです・・・向こうが開けた場所に立つ城とするのであれば
こちらはひっそりと佇んでいる様子。私は道なき道を巻いてここにたどり着きましたが
実はケーブルカー跡を見渡すとヒントが隠されています。そう・・・渡り道のような導が!
ではここで伏せます・・・

c0066176_0224217.jpg


内容ですが、こっちは苔むして自然と同化している印象でしたね。

c0066176_024018.jpg


長年の年月がゆっくりと自然が包み込んでいる・・・そんな内容でした。

c0066176_024349.jpg

c0066176_0295889.jpg


また訪れたときにこの建物が愛宕山ホテルなのかどうかはわかりませんでしたが
後日調べましたところそれだと判明しました。
ホテル本体はまったくなくなっておりましたが、基礎や石垣はしっかりしていて
建物としての原型は保ってました。さすがに何の部屋だったのかは定かではありませんが・・・
入口などもしっかりしてましたし、エントランスにはタイルなども確認しました。
けっこうしっかり残っている方ではないでしょうか。

c0066176_02679.jpg

c0066176_033156.jpg

c0066176_034627.jpg


ここからケーブル跡へと戻りそこから表登山道へ向かう。
そこまでの間も何やら登山道らしき箇所があったので場合によってはコースがあるのかなと思った。
ちなみに空也の滝からずっと西側に登山道が通じていて水尾別れに合流するルートがあるように
地図に書いてますがあのルートに関する情報がないですね・・・謎です。
あと廃墟シリーズではマヤカンが狙いたいかな~(同行者募集なんて(^^;)

花売り場前に出るとおじさんにどこから来たんですか~?と聞かれちゃいました(^^;
そりゃそうですよね。登山道と全然違う場所から来ちゃったもんですから・・・
「この先にケーブル跡があるんですよ見にってました」と答えるとふーんみたいに頷かれました。

c0066176_0345715.jpg


愛宕山山頂へ。愛宕山はもうけっこう登っていて今年は2回目でしたか。。。
そろそろバリエーションも考えたいところですが最大の壁はアクセスかな・・・
MTB使おうにもピストンになりそうだし難しいところです。
保津峡から北に伸びる、ツツジ尾根から水尾別れを貫いて地蔵山へ縦縦走とか
地図をみながらいろいろ談議に興じました。

頂上につくと展望広場にて昼食を取る。
で、いつものですか?と言われましたら違います。実は持参してません。(><
なんと、作ってもらうことになってたんですよ。いや~恐縮なんですがわざわざともさんが作って
くれるって言うのでお言葉に甘えてしまいました。お許しください・・・
ホットサンドを作って頂いたんですが、これまたいろいろ具材ありましてね・・・
ハムにポテトサラダにスクランブルエッグをチーズに挟んでホットサンド用プレートにて
香ばしく焼いて頂きました。下ごしらえとかもかなりされているようでもう私と真逆かな(^^;

c0066176_0431100.jpg

c0066176_0371793.jpg


めんどくさがりの私にはとても出来ない芸当!〆がすごかった。。
バナナをバターで炒めたシナモン風のジャムに
バナナを別途入れて角砂糖を入れることによってパイ風のデザートを作られてました。
パイナップルやみかんを入れるとマーマレード風になるかな~とお話しました。
今度試してみたら楽しみですよね(^^

c0066176_038160.jpg


山というのはホント手間を楽しむものだなあと心から感じさせる内容でした!
そんな、ともさんからは私のめんどくさがりの性格にかなりツッコミを入れられましたわ(汗
前泊にビジネスホテルとかやってる私のスタンスは初めてとおっしゃってました(笑
そりゃそこまで手間暇掛ける人にとって私のコンビニのおにぎりとかありえんでしょうw
山料理もこなされているようでテント泊縦走をされるくらいですから
おみそれしましたとしか言い様がありません!
ご馳走になってばかりでは・・・と思うんですが今度、またともさんの手料理を楽しみにしてしまっている
私がいるんです・・・こんな楽しい食事が出来るなんて単独行ではありえませんからね。
今度もドライフルーツをおすそ分けさせて頂きました。

さて面白い昼食が終わると愛宕神社へ。この神社、いろんな季節に来てまして雪の日もありました。
それでもいつも新鮮に感じる愛宕神社です。心が洗われますね。

c0066176_0482560.jpg

c0066176_0492770.jpg


愛宕神社の石段を降りたところを右手に裏登山道があります。
ここから少し北へルートを取ると、龍ヶ岳などの分岐があり
そこを右手へ進むと月輪寺方面の道へ変わります。

c0066176_0501142.jpg


この辺からの京都市街の見晴らしが良いです。一番良いところではないでしょうか。
ともさんによると金剛山から愛宕山が見えるのでその逆もあるのではないかと・・・
確かに、その方角にそれっぽいのがありましたが、断定は出来ませんでした。

いい加減コンパスの勉強をした方がよろしいのかもしれません。
月輪寺の登山道は表に比べて落ち着いていて歩きやすいです。
途中で空也の滝に直行するようなルートがありますが
いかんせん不明点が多く未だに未踏です・・・
月輪寺は個人所有のようで管理者がハイカーに説教(?)しているようでした。
なんか最近の登山者のマナーが悪いような話でした。気まずいので早々に退却。
ここを過ぎると蛇行した急坂になるので多少のアスレチックは楽しめるかも・・

c0066176_0565493.jpg

c0066176_111515.jpg


傾斜を下りきったところに登山口があります。道路のようですがあまり広くはありません。

c0066176_1219100.jpg


ここから空也滝の方面へ向かいます。実はここは初めてです。
いつもここに来てわざわざ立ち寄るのが面倒くさいからかもしれません。
しかし、ここはなかなか渓谷ぞいの冷涼な通路で夏場には良いのではないかと思いました。
苔むして雰囲気も良いですしね。。。
ちょっとした民家(?)を超えると神社があり滝があります。滝行にも使用されているようです。
マイナスイオンが全面に出ている雰囲気で心地が良いです。
立寄よる価値はあると思いますね。

c0066176_110926.jpg


ちなみにここから渓谷道があるようですが、どうも不明瞭な気がします。
本当に道が続いているのでしょうか?

来た道を戻り林道をゆき清滝に至ります。

c0066176_1135718.jpg


単独の場合はここで切り上げてバスに乗って帰るのですが、味気ないのでトロッコ列車を
体験してもらおうということで、そちらに向かいます。また金鈴挟が水が綺麗で
おすすめだったのもあります。しかしながら時間の配分を間違ってしまい、
最後はトレランになりました。。もう少しゆっくり楽しみたいと思ったのですが
だんだんと時間が厳しくなってきた様子でしたので終始急ぎ足でした・・・

c0066176_1105314.jpg


しかしこの登山道をトレランしても難なくついてこられるともさんはさすがだと思いました。
急がせて申し訳ないです。

c0066176_151126.jpg


ここも台風の爪痕があったようで、あちこちに砂や枯れ木などが川岸に乗り上げてました。
けっこうな高さに水かさがあったようで大雨の凄まじさを垣間見ました。

c0066176_164472.jpg


落合橋から道路に移ってダッシュでトロッコ保津峡へ。。ここで問題発生!
なんと駅までの吊り橋がワイヤーが切れて通行止めとのこと。ガーン(゚ロ゚)でした。
しかし、店の人の計らいで通してもらいました。
いやー本当にワイヤーぶちぶちなんですけど・・・ホント恐る恐る通りました。

c0066176_155838.jpg

c0066176_1112730.jpg


トロッコ列車をしばし待って乗車して嵯峨へ。
嵯峨についたとたん観光地してましてジオラマなど土産屋がありました。
ともさんは地ビールを豪快に飲んでおりましたw。
ここでしばらく談話のちに帰路に着きました。

私が持っている登山本について著者が知り合いというのは驚きました。
どうもモンベルで働いている人らしいです。
ともさんは平日休みが主体の方なので今度いつご一緒出来るかわかりませんが
また機会があればお願いしたいところです。彼女も別に土日に休みを取ることが
まったく無理というわけではないとのことでもし取れれば優先的に日を開けたいということでお話致しました。

本日はありがとうございます。
by ikakan | 2013-10-06 23:10 | 登山 | Comments(12)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

北アルプス「白馬岳」:大雪渓通過編

今季、夏山の目標としておりました白馬岳登頂記の中から「大雪渓通過編」を作成致しました。
もう秋に近づいていて、私自身も記憶が風化しそうなのでこの期にピッチを進めております。
それゆえバグがある可能性等ありますことお詫びします。

白馬岳のポイントの一つとしては大雪渓の通過があります。
夏場は相当人気で休日になるとけっこうな登山者が訪れる場所であります。
私が来たときは平日だったのでさほど人はいませんでした。

雪渓の印象としては白い砂漠・・・不毛で時折視界が遮られまた殺風景な風景を見せます。
逆にダイナミックに雪渓の展望が広がるとその大きさに圧倒されることでしょう。
そして道もよくわかりません・・・雪渓全体どこでも歩けます。
その一方で、落石が頻繁に起こったり大穴があったりと自然の大きさを垣間見たかと思います

雪渓の感想は雪の砂漠というところでしょうか、なんか不毛さと荒々しさがあり
だからこそ自然の美しさを感じることが出来たかと思いました。
白馬岳を目標にされている方、何らかのヒントにつながれば幸いです。

白馬岳「大雪渓通過編」

c0066176_2042217.jpg

by ikakan | 2013-10-05 20:42 | 登山 | Comments(19)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31