関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

タワッキーはマイナーなインパクト

以前、北海道キャラでまりもっこりについて触れましたが、あれって何かしらインパクトが
ないと浸透しないかもしれませんね。せんとくんもそうですけどかなり反論とかもあって
何かとトラブルになったようです。でもそれぐらいインパクトがないと印象に残らない
というのもあるかもしれません。
北海道キャラでタワッキーというのがあって
公認キャラらしいのですが非公認のテレビ父さんに
圧倒的に知名度にかけています。というのもタワッキー自体が何をテーマにしているのか
よくわからないというのがありますね。いやタワーってわかるんですがそれだけなんですわ・・
テレビ父さんは親しみやすいキャラとやはり塔と父をかけたという点が受けたのでしょうね。。
まりもっこりと通じるものがあるのかもしれない・・・
なんか一目見ただけでも記憶に刻まれるようなインパクト・・これが必要なのかも。
まりもっこりってもうご当地版も出回っていてすさまじいと思う。
こういうのってコレクターいるんでしょうね。
漫画のキャラクターものは有名ですが
観光マスコットでここまでの広がりを見せるとは恐るべし。

[PR]
by ikakan | 2012-06-07 20:22 | 検証 | Comments(0)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

ネット上で登山仲間を公募するということ

山情報ドットコムなどのSNSや山情報の掲示板などで登山仲間を募集するということは
昔ならありえなかった手段であろう。こういった現在ならではの手段で
同行者を得るというのも悪くはないだろう・・・

ただ見ず知らずの人といきなり待ち合わせて何かしらトラブルがないのかはわかりません。
実際に初心者を無理な山に連れて行って事故とかあったようですから・・・
誰かについているから?という理由で安心感を持ってしまう人もいるようですがまったく逆です。
だからこそ自分の考えや理念を貫かないといけません。
初対面だと一度実行されてしまった計画に対して変更等の要望が言いにくくなります。
例えば天候が悪化したとして自分ではまずいなあと思いながらも相手に気を使ってしまい
結局実行に移してしまうことになります。
これはけっこう危ういのです。
そうなると単独行の方が気軽に楽しむことが出来るのです。

一人の問いかけに対し何人かが賛同して集団になり、自称ベテランの方が出てきてリーダーぷりを
出す・・・ような展開が一番怖いですね・・・こうなると鍋奉行になってしまい、
ある意味、お堅い山岳会のような雰囲気になります。
そうすると気軽どころではありません。こういう感じになると私はまず抜けます(汗
例外としてはその集団の誰もが親しい仲で場合のみ有効ですね。
こうあるべきと説教じみた価値観の押し付けがあったりすると楽しむことも出来ませんし
何より間違った行動に巻き込まれかねません。その人を信じるかどうかも
あなた自身にかかっているといっても良いでしょう。中には本当にベテランの人もおられますから。。
でも一番大事なのはあなたの意思だと思います。

で、私ですがこういったSNS系はやはり向いてないんではないかと思います。
というのも山仲間を得ることとはいえ待ち合わせることが目的ではないからです。
ネット上でのコミュニケーションを得ることによってお互いの新密度をあげていくことで
その人のことを良く知り、その結果、一緒に行きたいとなるわけです。
失礼ながらいきなり見ず知らずの方と行きたいとは思いません。
一人登山の気楽さ自由さを制限してまで合うのですからそれなりに価値観の一致する
人でないと山行自体気難しい感じになるのではないでしょうか?

これ系のサイトに来られる方はお話はされどある一定以上のコミュニケーションを取ろうにも
向こうがこちらに興味を持ってくれません。
何を思われているのかもさっぱりわかりませんしスタートラインに立つことが出来ないのです。
登山募集の記事を読まれたとして始めの一歩は一人の問いかけに対して
何らかのアクションがないと実際にその人の価値観が自分に一致するかどうか
わからないわけです。だからまず動きましょうと言いたい。

そういった理由により私がサイト上で登山仲間を得るというのは困難を極めるだろうなと思います。
無理とは思っていても、まったく何もしなければ可能性は0ですから行動は起こしているんですけども。
合う合わないはあると思います。こういうのでうまくいく人はうまくいくだろうし
いかない人は本当にうまくいかないと思います。

ブロガーの交流に関しましては中には親しくしている方もいらしてまして
多分こちらの方が可能性ある気がします。あまり登山仲間を得ることに固執してしまうのは
危険なので気長にやるべきだと私は感じています。
[PR]
by ikakan | 2012-06-01 23:52 | 戯言 | Comments(0)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30