関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

概要はこんな感じかな

初日(13)

朝、高速バス(アルペン伊那号)により13:10に駒ヶ根IC到着。
ちなみにJRだとかなり大回りで乗り換えも多いし時間的に同じくらいかかる。
こちらの方が安いので利便性が良いと思われる。
適当に散策しながらB級グルメソースかつ丼を頂く。
あとは適当に周辺散策後、ホテルに戻る。
駒ヶ根フィールドパーク内の散策等。
このあたりはあまりこれといった施設がないのであまり
遠出する予定はない。

宿:ホテル

2日(14)
当初、山小屋に泊まる予定がなかったので早朝出発だったが、
ゆったり2日で行くのでさほど意識はせず。
というよりたとえ始発だったとしても日帰り登山はかなりキツいと思う。
千畳敷カール散策だけならともかく
駒ヶ岳まで行くとなれば山小屋が無難。

ちなみにロープーウェーは10分しかかからないが
待ち時間が1時間以上かかると予想されるのでその想定での設定。
バスは高原から入ると混雑が予想されるのでタクシーにて
ショートカットする予定。天候次第で出発時間を調節すると思われる。
ちなみに朝食抜きで早朝だと当日天候が悪かった場合、ドボンなんで一応、
朝食をとった後を考えている。早くて7時半遅くても8時過ぎぐらいが目安かなと思う。

ホテル千畳敷(11:30)→乗越浄土(12:30)→駒飼ノ池(13:00)
→濃ケ池(14:00)→8合目(14:30)→馬の背(15:30)
→駒ヶ岳山頂(16:00) 登山行程4時間半

当日悪天候及び交通の遅れなどが生じた場合は
中岳経由で行くと行程を2時間程度に抑えられる。
早朝に出て混雑を緩和することも考えられるが体調的に不安があり、その中で
3000m級の山に出る不安がある。
また駒ヶ岳頂上までは中岳経由で2時間半程と考えると
さほど時間に追われることもないと考えられる。

宿:山小屋

3日(15)
早朝、晴れてたら頂上へご来光狙い。日の出は5時前後となるので天候次第で出向くか考える。
その後、朝食後に出発。山小屋の都合などで早い出発になると思われる。

駒ヶ岳山頂(7:00)→中岳(8:00)→乗越浄土(8:30)→千畳敷カール(9:00)
次点::→極楽平(10:00)→三ノ沢(10:30)→千畳敷カール(11:30)

また前日、濃ヶ池に出向いてない場合はそちら方面へ攻める。
次点は前日、濃ヶ池を経由している場合でコンディションが良い場合のみ行う。
午後の適当な時間帯にて麓に戻ってホテルにアクセスする。

宿:ホテル

4日(16)
電車にて移動する予定。
妻籠宿、馬籠宿などの木曽路めぐり予定。馬籠から馬籠峠を得て妻籠宿の参道を行き
妻籠宿で宿泊予定。駒ヶ根からは3時間くらいなので9時頃に出て昼ごろからアクセス
出来るようにする。

計画自体はほぼ完成しているのであとは準備かな・・・
ライト系統からステッキ(いるかどうかわからんが・・)
などを山岳ショップにて一度珍味してみるのも良いかもしれません。
過去にサイクなどで使った装備がそのまま使えたらもって行こうかと思います。
(新しく買ったら無駄ですしね・・・・)
それでも普段からトレッキングを趣味としているので基本装備などは
揃えても無駄にはなりそうにないですね。
来週あたりあたってみようかと思います。あとは携帯トイレですかね・・・
山のマナーとしてメジャーなところは大自然でのトイレはNGがモットーですから。。

[PR]
by ikakan | 2011-07-27 22:43 | 登山 | Comments(0)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

木曽駒について

木曽駒なんですが不安点はいろいろありますね。
3000m級だと空気が薄いので平地のように快適には
歩けません。。そしてコースによっては危険個所が
あるので避けた方が無難かと思われます。
たとえば宝剣岳という山があるのですがとんがりコーンみたいな山で
崖を鎖でよじ登るという内容のようでこういうのは登山家にまかせて
ゆったり安全な道を通るべきかと思いました。
なので基本ルートは乗越浄土から濃ヶ池を得て馬の背から頂上に
行く行程で考えています。もし天候や時間の条件が厳しい場合は
中岳経由で頂上へ行く予定です。
時間的には午前中にロープーウェーで上に上がり4時間を目安に
散策というところなんでしょうけど実際はどうなるかはわかりません。
やはり天候でしょうね・・・ガスってたら遅れると思いますし。

麓に戻って次点は何をする予定かというと今のところ中山道ハイクに
江戸の宿場である妻籠や馬籠をまわる予定です。
花火ですが行程に影響があるし、わざわざ一人で人ごみの中に
出向く気力もないのでパスかな・・・
木曽駒へ行く前日ですが特に何もないのでかつ丼とフィールドパーク散策にでも
出向こうかと思ってます。

[PR]
by ikakan | 2011-07-20 22:55 | 検証 | Comments(0)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

日本百名山:伊吹山

京阪神はこれといってレベルの高い山はないと思われますが
中でも伊吹山は登山レベルの装備が必要そうです。
伊吹山は登山道こそちゃんと整備されていて歩きやすいのですが
いかんせん頂上までの行程と標高差が高いので
総合的に難易度が高い印象がありました。
しかもこの時期は気温が高く、日を遮る木々がないことから
日焼けなどの危険性も高いなと感じました。
ただし、一般的に広くしられておりハイカーの他、家族連れなど
ほのぼのした雰囲気と人が多いので心細さもないので
比較的歩きやすさがあると思います。
なので熊対策などはほぼする必要性はないでしょう・・・

体力はかなり使います。やはり高低差1000mはかなりのモンです。
登山をするつもりで挑んだ方がよろしいですね。
遮るものがないということは逆に展望が良いということでもあるので
そういった景色を拝むというのも良いのではないでしょうか。
麓から頂上まで拝める山はあまりないので新鮮です。


c0066176_23401960.jpg
c0066176_23404648.jpg
c0066176_23412775.jpg
c0066176_23415746.jpg
c0066176_2342199.jpg
c0066176_23451893.jpg
c0066176_23455028.jpg
c0066176_23461335.jpg

[PR]
by ikakan | 2011-07-17 23:42 | 登山 | Comments(0)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

駒ヶ岳の山小屋

駒ヶ岳の山腹にて一泊する方が2日かけてゆっくりまわれるのですが
いかんせんホテル千畳敷の空きは絶望的なんで諦めてました。
しかし調べてみると山小屋やテントサイトまであるらしい・・・・
テントはさすがに天候の問題とかあるのでダメでしょうが
山小屋一泊は興味ありました。
これなら日帰りで麓に戻る必要性がないのでスケジュールに
余裕が出来ますし日没、ご来光、星空など(結局天候次第ですが・・)
も可能になりますし何より計画に厚みが出ますしね。
ただ、どの山小屋もイマイチのようで富士山のような相部屋タイプが
主らしい・・・
しかも一般ガイドブックにはまったくのってないので
ちょっとコアな登山ブックじゃないとわかんなかったですわ・・
ただそのデメリットを考えてもこちらの方が良いと思える。
1日日帰りではバス&ロープーウェーの時間なども入るので
かなり急かされるのは必須ですから・・・
これといって山小屋とかないと思ってたんでこの情報は
重宝しますわ。。。
またこの次の日にゆったりホテルでくつろぐとまたそのギャップで
心地よく感じたりするんですわ。

[PR]
by ikakan | 2011-07-11 23:45 | 検証 | Comments(0)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31