関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

極寒

今日は個人的な初雪を目撃しました。
温暖化の影響なのかは定かではありませんが、なかなか見るのも難しいです。
昔はよく水溜りの水やら凍結していたもんだが、最近はそれもないなあ。
ぱらぱら降っている様子は綺麗でした。
来月わざわざ見に行こうと思ってたくらいですから(^^;

ところで今日はかなり寒く旭川でマイナス30度だったらしいですね。
これってピンときませんわ。流氷館とかで体感しましたけど、あれは外が
暑かったんでちょうど良い涼みにしかなりませんでしたし(^^;
寒いというより痛いんでしょうね。。ここまで来たら。
去年は異常高温でこの時期で札幌でも雨が降るという事態。。。
確かに北海道は寒かったですが、これは本当の寒さではなかったのかもしれません。
昼間が確かマイナス1,2度だったし、これなら関西でもありえる温度ですから。

私は未だ青函トンネルは通ったことがありません。
フェリーが主流だったのと社会人になってからは飛行機でした。
下北半島をツーリングしたときも大間からフェリーで函館でしたんで。。
そういった意味でも今回ここで青函トンネルと使う意味合いがあるというところかな。
まるで観光してない函館も含めて。。。
まあ、今まで体験したころのないことをしたいんですわ。
寝台のシングルデラックスにカーペットカー。函館まで青函トンネル。。。極寒旭川。
まだまだ奥が深いですわ。。北海道。

by ikakan | 2008-01-17 21:30 | 日常(時事)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

冬まっさかり

密かに冬の北海道大二段ってのを考えていたんですが、はたして切符が取れるか
どうかわかりませんでしたので自粛してました。目的としては函館と旭川冬まつりでしょうか。
函館は前回、北東北(1)のときに行ってはいますが
単に通過しただけで事実上観光はしてませんでしたから。。五稜郭やら函館山。。教会。
湯ノ川温泉とか楽しみたいですし海の幸もうに、いくら、かに。。多々ありますわ。
アクセス方法としては前回はフェリーだったので今回は寝台列車紀行ということで。
寝台日本海で前日アクセスする予定なんですが今まで一回しか乗ったことがなく
遡って東北合宿の10年前になりますわ。。機会がなかったわけじゃないけど
どうしても安いフェリーに流れてましたからね。寝台料金はけっこう割高ですし。
去年の北東北(2)ツーリングにおいて使用する予定でしたが、生憎の新潟の地震で
使えなくなってしまいました。
そういった意味でも寝台列車にて旅情を感じつつアクセスしたいと思ったわけです。
で、先日切符はゲットしました。A寝台を。。A寝台は個室部屋でゆったりと車窓から
外の景色を眺めることが出来ますし早朝の雪景色なんて良いのではないかと思いました。
そのまま直で函館まで行きたいところですけども生憎今現在は青森までなんで
そこから特急で函館までアクセスするという形になるかと思います。
あと晩に急行はまなすにて札幌に行きます。これは青森から札幌まで走っている
夜行列車です。
こちらはカーペットカーという車両があって指定席料金でカーペットに寝転べる
面白い列車です。これは興味あります。
ただこの列車の切符はけっこう人気があるらしく取るのが難しいようでした。
特に上段は個室のように仕切りがあって寝台列車と大差ないつくりのようです。
こちらの切符もなんとかゲットしました。
この列車、名前は急行はまなすなんですが、みどりの窓口で発見する場合、
マース名がはまなすカーペットにしないと発券できません。しかも寝台列車でないのに
B寝台という位置ずけになっています。これははまなすカーペット号が急行はまなすの
列車の一部とみなされず、あくまで連結された別の車両という区分けになっているようです。
ですのでカーペットカーに乗るときに急行はまなすの切符をください。。では
通じない場合があるようです。
私はなんとか発券することに成功しました。
この2点さえおさえれえばあとは特急自由席とかなんとでもなるかと思います。

旭川冬まつりというのは大雪像で有名でギネスに載ったこともあるようです。
規模的には札幌雪祭りと遜色ないので見ておくべきかと。
あと支笏湖とかニセコ、層雲峡とか各地雪祭りをやってる様子ですけどさすがに
時間の関係で難しいですわ。。。

by ikakan | 2008-01-12 00:35 | 日常(時事)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

かなり密

今回のサイクリングはかなり収穫でした。当初はサイク予定のものでしたが
予想以上のハードな内容だったと思う。持ち運びにドッペルギャンガーを使用しましたが
これが功をなしてバス輪行もなんとかこなせました。もしMTBだと不可能だった
可能性が高いです。
これで峠超えというのは危険な判断でした。
結果かなり苦戦を強いられることになります。
クラスとしてはツーリングレベルのものと行っても良いかもしれません。
ネタはたくさんあるんで詳しいことは後日、ツーリング日記にて発表します。
旅行日記とツーリング日記を分けて発表するか、もしくは旅行日記に関しては
有り触れているので発表しないかも。。。
キュランダ鉄道とか有り触れてますしねぇ。。。。

計画としては良かったと思います。
海外ツーリングとかは特に経験とか判断力が必要になりますが
下準備したものも含めうまいこと事が運んだと感じます。
実は当初考えた計画とは違うものになったんですが、
即興的に実行出来たというのは大きいです。

海外は魅力的ですが何かとお金がかかるし日本のようにうまくいかないことが多いです。
ただそのハードルが超えたときの達成感というかやりがいがあるんですよ。
(仕事とかでもこういう気持ちになりたいもんだが。。)
しかし、私自身、国内旅行派ということに変わりはないですね。
海外はエネルギーが必要ですから。
そういった意味では相方のエネルギーはなかなか大きいと思いました。
アサートン高原をリターンで計画というのは私は考えませんでしたし。。
しかしここで反対しなかったのは興味があったのとチャリダー魂に火がついた
というところなんですけども。。。。
違う人だったらこういう直感は出ないんだろうなと思う。。


by ikakan | 2008-01-05 17:08 | ツーリング
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31