「ほっ」と。キャンペーン

関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:トレッキング( 22 )

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

武庫川廃線跡 旧宝塚線~渓谷を歩く

旧宝塚線は1986年まで使用されていた武庫川ぞいの線路跡でそこがちょうど
ハイキング道になったいるという特殊なコースです。
ちなみにJRによると公にハイキングコースとして発表していないということなので
これを歩くのは自己責任ということのようです。
危険個所があるというわけではありませんでしたが、トンネルが数か所ありヘッドライトなしでは
通過することは出来ません。これが単独では行わなかった理由ですが
今回、学生時代の友人と同行出来る機会が設けられましたので実施することにしました。

c0066176_12354399.jpg


さてスタートは宝塚の隣駅になる生瀬から。
ちょっとした山間の街という感じで落ち着いてはいますが、国道176号が走っているようで
交通量はけっこうありました。
旧宝塚線はこの先、高速道路の高架下をくぐったあたりの武庫川ぞいにあります。

c0066176_12364256.jpg


道は夏場でしたのでやや草が茂っておりましたがトレッキングをするのには問題はありません。

c0066176_1238591.jpg
c0066176_12372698.jpg


手すりなどもあるので川に転落するという恐れはないと言えます。
川自体はけっこう雄々しい印象で流れも激しかった印象です。前日大雨だったので
よりそれを際立たせているのかもしれません。
川の向こう側は崖の展望となっていてなかなか天候次第では良い景観が望めそうでした。

c0066176_12425132.jpg


これが最初の北山トンネルこれはもう一個あり、両方ともけっこうな長さです。
ちなみにトンネルの真ん中でライトを消すと本当に真っ暗闇になるので注意を。

c0066176_13244465.jpg


ハイライトはいくつかのトンネルを抜けたところにある橋げたです。
こちらは以前は枕木上を歩いて渡っていた(?)ようですが、現在はそれが廃止されて
脇の歩道(?)を歩くようでした。

c0066176_13274681.jpg
c0066176_13254133.jpg


コースの後半は随分と整備された印象でハイキング道として非常に歩きやすい内容です。
ただこの日は雨だったのかオフシーズンなのかはわかりませんが人が1人しかすれ違いませんでした。
なのでひっそりとしたハイキングが楽しめたと思います。
レポートの内容によっては人が沢山いるものもありやはりけっこう人が通るものであると思われます。

c0066176_13283391.jpg

c0066176_1353072.jpg


ここからは歩きやすくちょっとした公園になってます。一服するのも良いかもしれません。
そしてここからは大峰山という500mくらいの山の登山道にもなっている。
今回はコンディションと時間の関係でパスをした。

c0066176_13494913.jpg

c0066176_1341565.jpg


ここからトンネルを抜けていくと武田尾の集落が見えてきて最後の橋げたを抜けると生活道に抜けます。
そして温泉街を抜けて武田尾の駅に着きます。
ちなみにこの駅はトンネル内にあるという特殊な駅でホームからの景色も面白いものです。
立地の関係でこんな感じになったのかなと思われます。

c0066176_13422521.jpg

by ikakan | 2013-08-25 10:37 | トレッキング | Comments(14)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

なるかわ園地「ツツジ満開も○○○がわんさか大量発生」

生駒山系の南、なるかわ園地へ尋ねました。奈良の元山上口から西がわへ行きます。
このあたりはのどかで歩きやすい道といえます。舗装もあるのでハイキングに良いと思います。

c0066176_21303985.jpg


この時期はまだ5月なので虫とかはあまり心配ないと思いましたが、前日の雨か否か
大量発生していました。ここに毛虫が木々からぶらさがり道にもごろごろいましたし
いったいなぜここにこんな大量にいるのかと思いました。
ある意味アトラクションゲームのようでぶらさがる毛虫をよけながら間を縫って歩く
山行でした。鳴川峠まではそんな中で新緑の美しい景色と川のせせらぎなど
賑やかな音響の中進めることが出来たと思います。

c0066176_2130682.jpg


ある程度、ファミリー向けに整備された園地でありながらこういう自然を歩けることは良いと思います。
途中の千光寺は森林の中の寺院って感じで落ち着いた雰囲気がありました。
やはり街中の寺より森の中の方が良い感じです。

c0066176_21285711.jpg


鳴川峠からはいろいろ分岐がありまして大原山やら生駒山、暗峠などを始めとする
生駒縦走路などを楽しむことが出来ます。
別の目的でここを訪れるのも良いと思います。
今回の目的はなるかわ園地で鳴川峠から少し大阪側に下ったあたりにそれはあります。
ここにはツツジ園がありちょうど今頃は見ごろを迎えているとのことでアクセスに至りました。
ここのツツジ園は一色ではなく様々な色あいのツツジが咲いていてパッチワークのような
絨毯模様を彷彿とさせるような鮮やかさでした。

c0066176_2122283.jpg

c0066176_2123157.jpg

c0066176_21244558.jpg


穴場かな~と思いきや中高年のグループが多かったですね・・・密かに広まってるんでしょうか。
そしてあいかわらず毛虫がわんさか出てくるようでハイカー達は落ち着いて食事休憩も出来ない
様子でしたが・・・私も油断してたらザックについてたり帽子についたりという状況でした。
まさに湧いて出る・・・というところでしょうか。
いや毛虫だけでなくしゃくとり虫とか青虫とかもうオンパレードでした。
どこかの小学校のハイキング団体が騒いでましたしね・・・
しゃくとり虫の動きを楽しんでいる余裕なんてないですわ・・・
木から降ってくる。足元にもいる手すりにも・・・・
虫嫌いな山ガールの悲鳴がこだましました(--;

c0066176_2125477.jpg


僕らの広場なんかは大阪市街が展望出来て空気が澄んでいたら六甲山や淡路島なども
見えるようです。今日はちょっとガスってました。

c0066176_2126354.jpg


レストハウスで一服して神津獄を得て大阪側に出ました。この間もあいかわらず毛虫は多く
展望所なんてびっしりいましたが景観自体は良かったです。

c0066176_21272862.jpg

by ikakan | 2013-05-12 21:13 | トレッキング | Comments(9)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

交野山(くろんど園地~国見山)

交野山は大阪の端にあるちょっとした里山だが、なかなかボリュームがあり楽しめる。
くろんど池の園地やおおさか環状歩道などけっこう整備された印象がある。
登山というより里山ハイクに近いかもしれない。
標高もそこそこの高さをアップダウンするようなイメージである。
その割には展望は良く遠く大阪市街などを観ることが出来る。

スタートは河内岩船から南東に歩き獅子窟寺方面へ向かう。
ここはコンクリート舗装路で傾斜がある道で比較的歩きやすい。

c0066176_0153276.jpg


寺を抜けると整備された散策路を歩き園地方面へ。
園地は公園のようになっていていろいろ散策路があるのでけっこう迷いやすいです。
道しるべはあるもののいろいろ分かれております。
なんかアスレチックやらなにやらあって園地っぽさを表しています。
ゆっくりとひたりたい人にはちょっと騒がしいかもしれません。

c0066176_016992.jpg


管理棟からじゃり舗装の管理道をひたすら北上すると八つ橋という湿地帯があって
けっこう景観は良いですね。ここにあるメタセコイヤみたいな木がなんとも好きです。

c0066176_0164264.jpg


ここをしばらくゆくとゲートがいくつかあってようやく園地を抜けたって感じですね。
ここからいったん道路をはさんで交野山の登山道にさしかかる。
本来ここから入ってゆくのでしょうね。くろんど園地などを歩きたい人はセットでということでしょうか。

c0066176_0172374.jpg


ちょっとしたこじんまりとした田園地を抜けてひたすら交野山へ向かうという感じでした。
ちなみにこの辺はすでに標高があったりするんでやはり登山という感ではありませんでしたね。
ただ頂上に関しては本格派というか山の一番展望が良いところにドーンを一枚岩が
あって最高の景色の広がりをみせてくれます。
そこそこの山でもこれほどの景観が楽しめるところは少ないのではないしょうか。

c0066176_0192754.jpg


このまま下りても味気ないのでもう少し北上して国見山も見てから麓に降りました。
by ikakan | 2013-03-16 23:44 | トレッキング | Comments(6)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

本当にルートが多い六甲山系 満を持して地図購入

六甲山系は網目のような登山道がありますが、実際はどんなになっているかわかりません。
それこそ山岳地図を一度購入しないと難しいでしょうね。
昨日はいつもケーブルカーで登る場所を麓から登りましたが、登山道そのものよりも
住宅地から登山道入り口を探す方が難しいです。
これもちゃんとした地図でなく旅行書とかのものなので簡易的なものしかないのですよ。
そんなわけでかなり迷いました。渦森台から入り天狗岩からなるルートを通る予定でしたが
入口がわからず、結局、油コブシというところを経由する道から登ることになりました。
そんなわけで当初はもみじ谷を抜けて有馬というルートを通るつもりが
時間切れと風が強いので断念しました。
行けなくもなかったんですが別にまた来るだろう場所ですしまた来ようと思いました。
この登山道けっこう人がいてある程度知られている印象です。

というわけで

どーん!

c0066176_21283530.jpg


北山と比良山込で3点でそろえました。
by ikakan | 2013-03-03 18:27 | トレッキング | Comments(3)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

モンベル(mont-bell)アウトドアチャレンジ(MOC):美山町スノーシュートレッキング

京都市街はまったくの快晴であっても北部が豪雪ということはよくある。
日本海側と太平洋側の天候は似て非なるものという言葉があるようにこの時期は
出かけるにも気をつける必要性があると思われる。

京都の北部はアクセスが難しい。バス便などはあるかどうかはわかりませんが。。。
最もこの時期は雪でまともに行動出来ないのではないだろうか。

私自身、モンベル会員だったので京都の美山にスノーシューで歩くツアーに参加した。
弁当やスノーシューレンタルにガイド、温泉などいろいろセットになる上、
個人ではアクセスが難しいので非常に有効ではないだろうか。
バス自身は1時間半くらいかかる。少し長いかもしれませんが、この距離で
茅葺屋根の風景があるということだけでも良いのではないだろうか。

c0066176_22474317.jpg


さて、拠点となるかじか荘から車で10分くらいしたところの小川の拠点へ。
この場所が京都にあるから驚きである。ここ2,3日で降った新雪であるが
意外にもやわらかくパウダーである。北海道とかと比べるべきではないが
京都とは思えない乾いた雪でした。そんなでスノーシューで歩いた感触が
ぎしぎしと鳴って良い感じだった。

c0066176_22471159.jpg


杉林の中をさっそうと歩くとやはり気持ちが良いものでガイドさん曰く、列にならずに
自由に散策するべきとのこと、杉林の中では個々が自由に森を散策した。
杉の根本にあるテープはクマが皮をはぐのを防ぐ為にまかれているらしい。
こういう豆知識を教えてもらうのもツアー登山の良いところではないだろうか。
川のせせらぎを聞きながら雪景色の中を歩くというのは風情がある。
途中で黙とうをしたのも五感で自然を感じることが出来るということからだろう。
自然の力を感じる部分は雪折という雪で枝が折れるという現象や
雪の重みで湾曲した枝などだろうか・・・この辺の豪雪の様子が見て取れる。

c0066176_22482924.jpg

c0066176_22494575.jpg

c0066176_2252243.jpg



自然に関する解説の他にスノーシューの歩き方などのレクチャーもあった。
急坂や登りの登り方など・・・この辺、北海道に行ったときに知ってたら
もう少し楽に歩けたかもしれないというポイントはありましたね~

c0066176_2255016.jpg


こういった雪の楽しみ方もいろいろおしえて頂き楽しくまわることが出来ましたね。
単独だったらただたんたんと歩くだけですから・・・それでも静寂の感覚を感じることが
出来るんですけども。この辺は時と場合によって使い分けるべきかな。
by ikakan | 2013-02-09 22:53 | トレッキング | Comments(2)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

踏み鳴らされてポンポンと音の鳴る!?ポンポン山

関西に一際目立ったネーミングで注目されるポンポン山。
これは関西圏の人なら聞いたことがるのかもしれません。
場所は北摂の北、高槻の山の中にあります。
実際ポンポンと音が鳴るのか?と言われてみるとどうだろう?どうなんでしょ?(^^;
確かに踏み固められてるんで締まった音がします。
事実、この山は歩きやすいです、東海自然歩道が絡んでいるからでしょうか?
この登山道を使用される方が多く、ちゃんとした道があります。
整備されたというより人気がある為に踏み固められたといった感がして
気軽なトレッキングにはぴったりではないでしょうか?

c0066176_2171050.jpg


よく使われるコースとしましては向日町からバスで善峯寺へ行き、そこから
釈迦岳経由か杉谷経由で入りポンポン山を目ざすのが一般的かな・・
尾根道は非常に歩きやすいです。迷いませんし杉林も落ち着きます。
本山寺は山の中にひっそりと建つ寺院でこういった雰囲気jは好きです。
ここからは舗装路で高槻方面へ伸びます。

c0066176_2173712.jpg


山道は杉谷あたりはやや傾斜がきついもののその他はさほど苦労しません。
本格的な登山としては物足りませんが情緒溢れる森林浴がしたい人にはぴったりだと思います。
by ikakan | 2013-02-05 21:07 | トレッキング | Comments(5)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

六甲山系「摩耶山(トエンティクロス経由)」

六甲山系の摩耶山は一般的で気軽に登れる山の一つですが、いつもの青谷ルートではない
トエンティクロスから行くことにしました。トエンティクロスは新神戸裏から伸びている
整備された登山道でスタートから歩きやすくまた沢沿いの道であるので時折、川のせせらぎや
滝を楽しむことが出来ます。

布引の滝も気軽に観れるし本格的な内容でした。

c0066176_15354034.jpg


貯水池や人工的なダムなども自然に溶け込んでいる印象があります。

c0066176_15361822.jpg


核心部のトエンティクロスですが沢を何度も渡るとからそう呼ばれたとか・・
しかし飛び石などもしっかり整備されているので危険を感じることはありません。
むしろせせらきを聞きながら清々しい気持ちで歩くことが出来るので心地よさを感じます。

c0066176_1537119.jpg


途中植物園方面へエスケープしているのですが、今回は徳川道より摩耶山へ行くことにしました。
この道も環境整備がしっかりしているのでトレランなどをされている人もたくさんいます。
途中、桜谷出合で桜谷から摩耶山を望むことにしましたが他にもルートがあり、
毎回違う選択肢で登ることが出来るのがよさそうだと思います。

c0066176_15375669.jpg


頂上は掬星台という広場になっていて広い。
ちょっとした球技など行っても良いくらいの広さがある。
今日はガスっていましたが、普段はここから神戸の街並みが一望出来るんで眺めは最高です。
ちなみに今季は春になるまでロープーウェーは運行してません(><
私は仕方なく六甲山上ケーブルまで行くことになってしまいましたので
事前に確認は必要です。

そんな摩耶山。おすすめのルートがあればおしえてくださいな。
by ikakan | 2013-02-03 15:39 | トレッキング | Comments(0)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

六甲山系「須磨アルプス」にわかアルプスの展望はいかに

六甲山系はかなりの山々の縦走路となっているが須磨から伸びるスタート地点である
鉄拐山からなり公園や住宅街の中を抜けてこんなところに山間部があるのだろうかと思う。
コンクリートの階段をひたすら登って行き、おおよそ山林っぽくない景観の中をゆくのであるが
横尾山あたりで林の中から突如として現れる岩稜地。それが須磨アルプスである。
景観はまさに岩山の様相でごつごつした岩肌が露出しておりアルペン的な楽しみが
出来るのではないだろうか。しかしながら天候が良くないときは路面が安定しないので
あまりおすすめ出来ないかもしれない。あと高所恐怖症の人はちょっと怖いかも・・・
途中、馬の背という痩せ尾根を通ることになりやや慎重に渡ることになる。
ここを過ぎれば山林を抜けて下ってゆく。
まだ六甲山系の端なので街の中を縫って歩くというイメージで身近に生活の気配を感じる。
しかしながらそこそこの山道なのでその感覚を受けながらアルペンルートを歩くのも良いかもしれない。

c0066176_0265626.jpg
c0066176_0273364.jpg


須磨アルプスはスリリングだと言われてますけどベテランからしたら
大したことないのでしょう。
でも、山なれしていない初心者にとっては鬼門かなと感じます。
須磨アルプス・・・どう思います?
by ikakan | 2013-02-03 00:28 | トレッキング | Comments(2)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

冬の比叡山

比叡山に行ってきました。
滋賀でも比較的南に位置するので比良山のような状況になっていないと思いまして
軽率に行ったのが××でした・・・
麓の大原の地点ですでに積雪が見られてましてこれはどうかと思いましたが
やはり尾根道は根雪になる程の冬山の様相でした。
念のため簡易アイゼンを持参していたのがよかったです。
しかしながら予想以上の積雪・・・膝まで埋まるような箇所もあり
予想外の状況でした。なんとか他の登山者がラッセルしたルートがあり
それをたどることによって歩くことが出来ました。

仰木峠から水井山、横高山を縦走する形で行いましたが水井山の近辺は
元々斜面がありましたのでそこに積雪があり足場が滑りやすかったです。
ただ、景観は見事でした。冬山らしき白銀の山林の様相があり
そこにそよ風が吹くことによって雪がぱらぱらとふりそそぐ様子や
木々に付着した雪などがまた木々の美しさをひきたてていると感じました。

ただし難路の為、帰りのケーブルに間に合わなくなってしまいタクシーで
麓に戻ることに相成りました(爆)

c0066176_072798.jpg

c0066176_091255.jpg

c0066176_0114090.jpg

by ikakan | 2013-01-19 23:55 | トレッキング | Comments(3)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

奈良公園の紅葉が盛りに

今年の秋は気温や日照条件が良かったようでかなり良好な紅葉が観られるようだ。
なので土曜はおろか日曜にまで足を運んでも悪くはない感じである。
問題なのは京都の寺院とか紅葉の名所とされる場所は間違いなく人が多い。
清水寺に行こうと思いきや大渋滞で入れませんでしたし・・・
というわけで案外広範囲に広がっていて敷地が広く混雑してもあるていどさばける
場所が良いのではないかということで奈良公園に行ってきました。
いや~さすがに今年の紅葉は違う!と思えるような鮮やかさですね。
これは見ておかないと損というくらいです。


c0066176_22302223.jpg
c0066176_22312478.jpg
c0066176_22331274.jpg
c0066176_22341984.jpg
c0066176_2234484.jpg
c0066176_22353726.jpg
c0066176_22362643.jpg


来週はまだ紅葉が観られるところがあるのではないかと思うのでなんとか晴れてほしいですね。

by ikakan | 2012-11-25 22:22 | トレッキング | Comments(0)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28