関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:検証( 62 )

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

SONY(ソニー)で買い物 Xperia UL SOL22 & Cyper Shot DSC-WX300

この3連休は悪天候で関西でも不安定な状況で本当に梅雨明けしているのかと
疑問に思えてくる今日この頃でありますが・・・
せっかくの休みを無駄にしたくないので買い物をすることにしました。

c0066176_761327.jpg


まずはスマートフォン。エクスペディアというやつです。
別に今のでも良いんですが、充電の端子がへたってきて一度修理しているので
また完全故障する前に買い替えることにしました。
今使用しているのは充電中に電源が切れたりするのでもう限界かと思ったんですよ。
たとえ修理してもまた同じようなことになると思いますから・・・
今度はやつは別格というか別物ですね・・・昔PDAという端末を使ってましたが
もはやおもちゃに感じるくらいのモノでした。。
いわば小型パソコンみたいなもんです。。値段も7万くらいするんですよ。。コレ。。
ただIPADみたいな携帯出来る情報端末が欲しかったんでそれもかねてという意味では
高い買い物ではないと思いました。
あとGPS機能で地図と組み合わせて現在地がわかるというのもあります。
そういった多機能ツールとしての用途を期待しているので高いとは感じませんでした。

c0066176_764319.jpg


次点はまたソニー製品で、デジカメ。
あれ?持ってんじゃないの?と言われるかもしれませんが、
あれはショック対応のアウトドアデジカメです。
丈夫にする分、カメラとしての機能はやっぱり抑えられますので限界があります。
それでも充分綺麗なんですが・・・・
引き延ばしたり、暗所だったり、手振れしやすかったりとちょっとした特殊環境だと
なかなかうまくいかないことが多いわけです。
そんなわけで今あるアウトドア用デジカメのバックアップとして対局的なデジカメを
用意しようと思いました。まずは光学ズームが20倍。これはデジカメでは限界値に近いです。
風景などを撮ったり動く物が被写体だと必要になってきます。
実はこれISOが1万以上あるというデジカメでは相当高いレベルでありシャッタースピードを
上げることによって手振れが防げるというものです。また感度が高いのでそれだけ夜景どりでも
露光が少なくて済むので同じく線引きしたような手振れの写真にならず、また三脚も必要としないわけです。
このデジカメ通信機能がありまして前途、エクスペディアで遠隔操作が可能なようです。
つまり単独での自分撮りが出来る可能性があるということです。

ただ今のデジカメ、丈夫仕様なんで中心に使ってゆきたいと思います。
このデジカメはここぞというときのものとバックアップ仕様としておいておくつもりです。
by ikakan | 2013-07-15 22:26 | 検証
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

ダイヤモンドトレイル縦走大会

ダイトレ縦走大会
こういう大会があるんですね。なんか参加してみたいです。
個々の山は登ったことがありますがダイトレ縦走はやったことがないので
その検証もかねてやってみたいかも。
会社でもトライアスロンとかやってる人いるし、実際に参加者としてやると全体の
盛り上がった雰囲気の中で新しい山歩きが出来そうな気がするんですよ。
そして記憶だけじゃなく記録にも残りますしね。
いつも一人で歩いてますがこういった形だとみんなで歩いている感がして連帯感を感じやすいです。
六甲山とかもありますが、記録に残りましたかな・・・
by ikakan | 2013-06-28 23:32 | 検証
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

マムート(MAMMUT)をマーモット(Marmot)と勘違いしてしまった人

アウトドアに詳しい人であれば知っていると思われます。マムートというブランド。
よく山岳ショップにあるのでおなじみかと思われますが、なんとなくこのブランドのTシャツを
買ったところ後になってマーモットであることが判明しました。
あれ?スペルこうだったかな~なんて思ってたら案の定違うではないか。
いや別にブランド志向じゃないんで良いんですが、まさに勘違いしてしまったことに
赤面してしまったのですよ・・・
いや~あのブランド価格のマムートがあの値段なわけがないなと今思えば思うんですが
高い買い物しなかっただけよかったかな・・・と。
マーモットはアメリカのアウトドアブランドですがリーズナブルな価格展開をしているようです。
まあ山岳ショップで売っているTシャツは速乾素材なんでまず失敗はないかと思います。

この間違いをした人はいるのだろうか?
いやあんただけだ!と言われればそうなんですがね(^^;
逆にマーモットをマムートと間違えた人がいるかもしれない・・・が。

c0066176_035953.jpg

by ikakan | 2013-06-21 00:00 | 検証
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

白馬岳への展望

今夏に北アルプス白馬岳狙いでけっこう前から展望しているのですが
北アルプスにあこがれを抱く人は多いようです。
それだけに遭難やら度々聞くので安易にアクセスすることは難しいようです。
私も昔八方尾根まではアクセスしたことがあるものの北アルプスへの登頂はありません。
というより南アルプスもまだだったりします。
日本アルプスは確かに高山で難易度は高いかと思うのですが北に関しては
より高いものが多いです。一般人にはかなりキツいかもしれません。
というか無理かと・・・・

白馬はどちらかというと危険個所は少なく人気もあるので人も通りやすい。
(最も他の山と比べればの話ですが)
山小屋も大所帯で直前予約しやすい(私の場合、悪天そく止めなんでね(^^;)
雪渓や湿原、高山植物など見どころが多いというところが理由です。
雪渓はアイゼンが必要ですがルート表記などあるようです。

不安アリですがやっぱり行きたいんですよね・・・
エベレストとか危険を冒してでも行く人の気持ちがわかる気がします。
(最も規模クラスが全然違いますが・・・)

バスの場合は夜行で朝、麓到着で昼過ぎに雪渓抜けて頂上あたりで1泊して
2日目に栂池というところでしょう・・・
やろうと思えば2日で可能でしょうが、余裕のない計画はNGなので3日計画かなと。
雪渓を下山に使うのは危険なんでルート自体は猿倉からと決めてます。

もう少しですね・・・情報を得なければ行けません。

夏ですが、みなさんもどこか大きな計画を立てられているのではないでしょうか?
その辺の話とか聞いてみたいですね。聞かせてくださいな。
by ikakan | 2013-05-21 22:57 | 検証
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

富士山が世界遺産に登録!?

あの富士山が世界遺産登録とかなったようです。
自然でなく文化ってとこがツボかなと思いました。
というのも、富士山っていろいろ歴史に影響力を及ぼしているし芸術性という意味では
深く印象的ですしこういう形では良いと思います。

会社の人が私に富士山行こうかと思ってるんですがと尋ねられました。
富士山てよくパンフとかにもツアーが紹介されておりますが、難易度はけっこう高いと思います。
というのも3000m超えるとかなり空気が薄くちょっと運動しただけでも貧血っぽくなります。
要は高山病ですね。いきなり高地に出るもんですから気圧で体調がおかしくなるのでしょう。

しかしながら世界遺産効果でより人は殺到するでしょうね・・・
お盆なんてまず行ったらダメですわ・・・ちょっとした7月の連休とかにくると良いかもしれません。
ただ富士山て登るより見る方が好きなんですけどね。
たとえば富士見が出来る近くの山から雄大な富士山を眺めるのが通かなと。
富士山自体は荒涼としてなんかあっさりした感じなんですよね・・・
展望は良いんですが。
たぶん今後は富士山自体より、きれに富士見が出来る山に挑戦すると思われます。
by ikakan | 2013-05-02 22:05 | 検証
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

京都北山の難易度

京都北山にある皆子山、峰床山、桟敷が岳といった山ですが調べたところ
単独ではヤバい山であることを感じます。
とにかく沢渡りが多く足元が危険な上、沢自体が迷いやすい為、コンパスを要したりするようだ。
まあこの山に小学生を引率して遭難したという事件もあるようですし・・・
ここってヒルが生息しているようで沢渡りの際に食いついてくるらしい。。
かといって年配の人が気楽に行っている記録もあったりしますし人それぞれなのかもしれません。
単独で行う以上、危険な可能性はすべて払拭しないとどこかで怪我したらたまったもんじゃないですしね。。。
この三座はガイドツアーとかない限りはパスかな・・・
あるいは経験者と行く場合になりそう・・・

というか私自身へたれながら何度も道迷いを起こして予定外のコースに外れたりする
ニアピンを何度か犯しているんですよね。プチ遭難みたいな。
冒険好きとはいえ身に危険を冒しそうな箇所は極力避けるか万膳を期すしかないんだと思っています。

北山でも比較的行けそうなのは魚谷山を貴船山とセットするコースですかね。
これなら可能であると思います。
by ikakan | 2013-03-31 22:18 | 検証
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

GORE-TEX MIZUNO ウェーブアドベンチャーGT:OGK KABUTO FIGO

ゴアテックス信者ではありませんが、今使用しているゴアテックス登山靴の性能の良さに
信頼を寄せております。しかしながら日常やウォーキングには登山靴は重すぎるし
通勤とかスニーカーだと靴下がべとべとになってしまうのですよ。
さらにツーリング使用とかで雨天とかだとビニール袋を履いたりして凌いだりしておりました。
そうなってくると防水の靴の需要は大きいと思われるし使用幅も大きいのではないかと考え
こちらを入手しました。検証はしておりませんのでなんとも言えませんが、のちほど
コメントとか編集とかで代えさせて頂きます。

c0066176_22432923.jpg


次はKABUTOとかいうヘルメット。これってJCF公認で実際にレースとかでも使用できるようです。
ヘルメットは前のやつは紐が切れたんですわ・・・使用不能なんで新しく購入したわけです。

c0066176_22441559.jpg


ちなみにこれは後部にアジャスト機能があってダイヤルを回すようにサイズを調整出来るようです。

c0066176_2246433.jpg


この機能にがたつきがなくフィットするので驚きました。
デザインも良く、単にきのこだったり通気性が悪かったりすると蒸れてきますが
これはそんな不安を払しょくさせてくれるような仕様ですね。
こちらも実施次第・・・編集します。
by ikakan | 2013-03-26 22:46 | 検証
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

磐梯ツーリング計画について

磐梯案ですが、磐梯吾妻スカイラインとか磐梯ゴールドラインという道を縦走するという
ちょっとキツめの内容ですが景色とか良いようなので魅力はあります。
スカイラインでは吾妻山の展望が良いですし途中、安達太良山や磐梯山といった
雄大な山並みを見ながらというのは良さげです。
散策路なども充実してますし時間によっては吾妻小富士や五沼といったところも見れるようです。
そしてスカイラインですが1600mの標高があるのでけっこうエライ内容です。
一番良いアクセス方法は高湯で一泊して2日かけて登ることでしょうか。
いずれにせよ一日で1600mはけっこうツラいもんがあります。
<過去に乗鞍畳平の2700mとかありましたけどね(^^;

そうすると高湯800mなんで次の日の標高差が800mとなり
だいたい昼くらいに頂上につくと思われます。
高湯には安宿もありますしYHもあるので満室ということはないかと思われます。
逆側は拠点がないのでこの方法が一番確実かと思いました。
装備ですが一応、靴はゴアテックス新注しようかと・・・
といいますのも普通のスニーカーでは仮に雨だった場合いくら雨具で凌いでも
靴に浸水するんですわ・・・それで靴下までやられるので・・・
ついでに雨の日の通勤にも代用という感じにしたいんですよ。
最近は登山用とかでなくてもゴア性の靴って売ってたりするんですよ。
あとは収納できるタイプのパーカーですね。これで軽量化を図りたい。
乗鞍のときはふざけた装備だったんでさすがにこんな場違いな装備で何をしてるんだ?
になりますからそれなりに揃えないととは思っています。
by ikakan | 2013-03-13 22:38 | 検証
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山用ザック カリマー リッジ(Ridge)30 についての考察

ザックですがカリマーを購入するに至りました。
やはり高いっすね~他のザックより容量を考えると高いかもしれない。
しかしながら背負い心地とフィット感という最重要項目においてこのザックを
越えるものがなかったということですかね・・・
背面のダブルメッシュとか湾曲したプレートなど凝ったつくりでした。
ウエストベルト以外にもショルダーなどがしっかりした作りになっているところも要因です。

c0066176_0291450.jpg


あとはデザイン・・・おおよそ登山ザックとは思えないカジュアル(?)なデザイン。
多くのザックは明らかに登山!という感じで街に出ると目立ちそうなんですよね。
オールブラックなんですよ・・・シブいというか。。。
登山やる人は登山ファッションとして派手なものを選ぶことがあるかもしれませんが
私自身あんまりそういうのは好まないんですわ。。。
Type1では青とかありましたが、背が低い人向けとのことでこちらのタイプにすると
このデザインがありましたので・・・

c0066176_0302643.jpg


そんな中でシンプルな色つかいと形状が気に入りました。
週末は定番(?)の六甲山系歩きがあるので実際に検証してみようかな。。。
正直、日帰りではオーバースペックになる予感がします。
ポケットがいたるところにあるので容量は充分といえますし山小屋泊でも
間に合うでしょう・・・
雨蓋の表裏と両サイドと縦にポケットがあり、ウェストベルトの両方にも搭載しています。
この辺が実際どう機能してゆくかはわかりません。

あとはこのザックは自転車ツーリングとの併用は難しいかもしれません。
やはり自転車はあまり背負わずにキャリアにパッキングしてなんぼだと思うので
登山オンリーになると思われます。
それでも日帰り登山は度々行くので無駄にはなりません。

ドイターで良いと思ったツアーライトなんですが何故か店頭で見かけませんでしたので
どっちにせよ通販したり特注するわけにもいきません。(あくまで試着が原則ですから)
あと私はモンベル会員なんでゼロポイントとか安価に走ることも可能でしたが
モンベラーと思われたくないというのもありましたね・・・ウェアとかあまりファッションに
こだわらない私としては確実にモンベル製品を買うのは必至ですから(^^;
ただザック自体が三種の神器の一つですし妥協出来ないので幅広い視野でもって考えるに至りました。
実際に使い心地についてはしばらく使ってみないとわかりませんね。

ハイカーの方々はザック選びについて一番迷うのではないでしょうか?
その辺の話を聞きたい気がします。何かエピソードがあれば教えてくださいね。
レインコートや靴はどれもある程度はフィットすると思うのでデザイン重視かと思いますが
これはいろいろ選択肢があって難しいですわ・・・

商品情報(レビュー)

カリマー リッジ30 タイプ2 インク Karrimor Ridge30 Type2 Ink
by ikakan | 2013-02-27 22:35 | 検証
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

ザックで悩む・・とりあえずドイターが候補かな

ザックを購入しようとしております。
というのも今まで使っていたザックは20リッター前後の百貨店のものなので
山小屋泊とか長期ツーリングに使用してきましたがやはり不便極まりなく
箇所で破損が見られてきたので新しいものを新注しようかと思います。
いろいろ見ているんですがね~わかることは通販でなく実際ショップで
確かめにいかないといけないことでしょうかね。
こればかりは値段とかブランド買いなど安易なことは出来ませんので・・・

私の場合ツーリングもするので出来ればツーリングでも併用出来て
かつ日帰り登山と1泊2日の日程でも問題ないくらいのものなので
30リッターから40リッターが妥当だと考えています。
ブランドですが、アウトドアでも特にザックのメーカーであるドイターが
今のところ候補かなと感じております。餅は餅屋といいますか。

ツアーライトがなかなか良い感じです。
ジャケットを挟むポケットがあり、背面がメッシュになったりと特に夏場などに
風通しのよいシステムになっているようです。そしてそこそこ軽く1キロ。
このクラスではそこそこ軽いのではないでしょうか?
そしてザックカバー収納やサイドポケットなど収納も充実しています。
そして雨蓋もありますし・・・

背負いやすさが一番なので実際背負ってみないとわかりませんが
しっくりくるようなら有力候補の一つではないでしょうか。
口コミではなかなか背負いやすいとの意見が多いので期待出来ます。
今使っているのは肩に負担がかかりすぎてたまらんのですよ・・・(><

最もツーリング用と併用しようと考えているところが問題かもしれませんがね~
このメーカーはサイクリング専用のザックも手掛けているということから
より用途に近い仕様だと感じました。
by ikakan | 2013-02-19 22:29 | 検証
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30