関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:戯言( 28 )

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます(^^。
今年もよろしくお願いします。

最近は赤坂山へ出かけておりまして、やっぱメンバーから最近ブログは?なんて
言われましてね・・・しかも常念山脈の件が途中でストップしてしまったことも
知っておられたようです(><。あっちゃあ~ですね。
諸事情等あってブログ書くことに抵抗が出来ちゃったのもあるんですが
やはり文書として詳しく残すのはそれなりに大変ってことで停滞しちゃったんでしょう・・。
これからの更新方法としては、えのさんのようなヤマレコあげましたよ~という
告知と簡単な説明だけでも良いのかもしれない。。少なくとも健在ってわかりますから・・・。
ブログ派の人は私が行方をくらましたのかと思われる方も実際おられるようでして
その辺は恐縮に思っています。

ブログってヤマレコとかの記録だけのものと違って、少なからず個人的な主観とかあって
メンバーのこととか触れることがあるんですよ。
なので文章次第では批難される恐れもありますし何かとトラブルの原因になりかねないのです。
私の山行スタイルなども人によっては賛否がありますし、せっかく時間かけて作成しても
そういうことになると今後、意欲も薄れてしまいます。
でもほったらかしではさすがに何ですので健在はしているという意思表示はしておかないと
いけないなあと思います。
開き直って今みたいなコラムを書くブログにしようかw。

ブログなんてトップ画像。。。夏のまんまでしょ(^^;どうしようか。。
by ikakan | 2016-01-20 23:54 | 戯言 | Comments(8)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

5月に入りつつ・・・

4月の桜のシーズンも終盤に近づいてきましたが25日に最後の〆である屏風岩を住塚山と
セットで実行しようかな~と考えています。
ここは最近では3期連続となかなか続いているのですが、やはり気に入っているからかもしれませんね(^^;。
5月以降はやはり未踏の場所が一番気になるところであります。
京都北山なんかは梅雨に入る前に何とか行ってておきたいところですね。
新緑の美しい峰床山などは渓谷美が楽しめるようです。あとは最高峰の皆子山とかですね。
こちらも沢のコースがあるようで、荒れているそうでどうなったのかは定かではありません。

あと余力あれば29日に高島の芦原岳に行ってみたいかなと思っております。
高島トレイルといえば赤坂山が花の山として有名ですが、この山も隣に位置するので
同じく花の山として知られているようです。

ブナ林として美しいのが百里ヶ岳です。
公共手段で行けなくはないですが、いかんせんスケジューリングが難しい点がありますね。
芦生の森とか美しかったんで是非ともこの山は行ってみたいと思うのですけども
なかなかパワーが必要そうです。なので誰かの計画に便乗出来ないものかと
思ってはいますが(^^;。

いずれにせよ5月のターゲットはこのエリアかなと。

堂満岳のシャクナゲも狙ってはいますがいかんせん今年はイマイチとのこと。
去年行っておくべきだったかなと思います。
今年は行くかどうかはまたメンバー次第でしょうか。

もう一つは鈴鹿・・・ここも梅雨以降は厳禁です。何故ならアレがいるからw。
5月のターゲットは釈迦ヶ岳かなと。セブンを意識はしてないんですが
やはり未踏の山は気になるところなんですよ。

5月はやはりこれから登れなくなりそうな北山と鈴鹿を中心に考えて行きたいですね。
ただ、どれだけ実現するかどうかはわかりませんが(^^;
by ikakan | 2015-04-18 10:44 | 戯言 | Comments(4)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

想定

去年の今頃は北アルプス登頂(白馬岳)を想定しておりましたが
来年の想定として考えているのは

鳥海山ヒルクライム&登山:鳥海山麓のにかほから鳥海ブルーラインで海抜0から自転車で登りそのまま
登山口に入り登山し頂上まで行く・・・けっこうタフな内容。夏に設定(!?)
海抜0登山は想定はするもののなかなか実行にうつってないのでなんとか実現したいところですね。
今の自転車はギアの老朽化や車体自体が不安があるので新しい自転車を
購入しようかと考えています。これに日本海ツーリングとか月山とかいろいろ絡めたら
より充実するのかなと思っているのですけども。
鳥海山のロードは普通にヒルクライムとしてやってますから、以前にやった
乗鞍スカイラインとのコラボみたいになるのかな・・・

九州百名山めぐり:開聞岳、霧島、阿蘇山などをめぐりながら温泉地を周る。(GW想定)
九州の高山はGW時期であっても残雪が少なく登山がしやすい為、
なかなか狙いどころかと思いました。それに九州の名山をめぐりながら
温泉地を転々とするというツアーが組めたら魅力あるだろうなと・・・
開聞岳は指宿温泉、霧島にも温泉地があるしちょうど良いかなと。

南アルプス系:仙上ヶ岳&甲斐駒ケ岳のセット登山、北岳から富士山を観るなど。

今季冬はやはり軽アイゼンが使える企画への参加ですかな。台高、明神平や
滋賀の綿向山等に伺えればと思っています。連休はどっかのスノーシューツアーでも
参加しようかなと。大山や氷ノ山などが希望かも。

みなさんはこの冬、何をされるのかわかりませんが私は去年は北海道冬ごもりしとりました(^^;
まあ無謀にもバックカントリーやったり冬山登ったりといろいろやりましたが
やはり冬の北海道の美しさは格別です。雪質が全然違います。

参照

私は最大の目標としては西表島を縦断しようと思ってます。
今季は逆バージョンというところですね。
by ikakan | 2013-12-07 07:33 | 戯言 | Comments(6)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

秋が近づいて?

秋山と今後の予定としましては9月の3連休のいずれかに御嶽を予定しておりまして
14~16日、21~23のいずれかに予定をしてはいます。
ただ、台風とか天候が安定しませんのであえて好天が期待できる場合のみということですかね。
いずれも紅葉にちょっと早いかと思うのですが10月に入るとけっこう寒くなり
積雪の可能性が高くなりますし10月の連休はいかんせん紅葉にはちょっと遅いかと思われます。
すなわち紅葉というより最後の夏山計画という感じで行いたいと思ってます。

ただ仕事が9月から忙しくなるようでしてけっこう土曜出勤とかかさんでくるとのことですので
まあ難しいかなと思っております。取れてかつ天候が安定するならという条件つきですね。

登山講習会への参加等を検討しています。
登山講習会は別に本格的に登山をやる為というものではなですね。
もはや日課となっている登山に関して少しでも知識を身に着けておかないと
危ういかな~と思っている為です。
大きく、登山技術そのものと地図読みの2点ですね。

高野山町石道も再度挑戦してゆきたいですね。
以前、高野山へ行ったもののケーブルカーででしたし、完全に自力とはいいがたい。

10月以降ですといよいよ大峰や京都北山といったところを目指してゆきたいところ。
こちらは紅葉狙いで行きたいですが、どういった形かどうかは未定です。
何より計画が難しいのでなんとも言えません。
大普賢岳や観音峰、山上ヶ岳などフィールドはたくさんあるのでどういった攻め方をすべきか
まだまだ未定な部分が多いですおそらく大台ケ原以外はけっこう危険な山域なので単独では行わないかと。
山深い上にコースがハード。アクセスが難しい・・・熊多発期間など危険度が高いですから。

そこから12月にかけてだんだんと紅葉前線が低山に降りてくるのでそのタイミングを見計らって
場所を決めてゆくという流れになりそうです。
by ikakan | 2013-08-27 23:50 | 戯言 | Comments(15)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

屋久島~最南端のアルプスを行く モッチョム岳編

最南端の屋久島はいわずもがな動植物の宝庫、亜熱帯ジャングルでして
ハイカーにとっては魅力的な島であります。
でしてその深さは相当なもんで毎年、事故遭難が多発している場所でもあります。
一般的には白谷雲水峡やヤクスギランド、縄文杉コースが定番となっており、
登山道も木道が配置されたりと気軽に歩きやすい道であると言えます。
多分この3つを周るだけなら問題はないと思います。。。が。。。
これより先に行くとなると話は別で本格的な登山装備が必要になります。

白谷雲水峡からは太鼓岩を経由して縄文杉ルートに合流し、縄文杉より奥に行くと
宮之浦歩道を得て宮之浦岳に到達します。そしてヤクスギランドは花之江河に通じている。
つまりすべての観光コースの延長は
すべてつながっているということになります。
観光コースはやはり観光コースというだけあって整備はされていますが
原生林の本質を感じ取るのは不十分です。
なので屋久島本来の姿を見てみたい方はその先を行くのがおすすめ出来ると思います。

c0066176_9534241.jpg


ここで単独(?)の登山道となるモッチョム岳について紹介します。
まず一般的な登山道ではありませんのでやはり荒れているという印象は否めません。
普段から登山に親しんでいる方であれば問題はありませんが、観光気分でちょっと行ってみようか
という判断ではやめておいた方が良いでしょう。
一言で言うと斜面・・・です。ただ山の斜面を這って登ってゆく。。そういうイメージだと思います。
そして原生林の根っこが沢山往生し険しさをより際立たせております。

c0066176_9474268.jpg

c0066176_9484670.jpg


道中も休憩できるようなスペースもなくただただ狭い荒れた登山道をよじ登ってゆくだけです。
ずっとこの状態が続きますとやがて展望がパっと開ける場所があります。
それが万代杉。ハイライトです。ここだけの話、ピークハントにこだわりがなければ
万代杉だけ見て帰るのもありです。それだけ価値があると思います。
何故なら縄文杉といった屋久杉は保全の観点から近くには近寄れないよう柵があったり遠くから
眺めるだけのものだったりします。ある意味観光地です(^^;

そんな中この万代杉は例外でまさに木のそばにまで行けます。
これも樹齢2000年以上の大木なんで近くから見ると圧倒されます。
しかも人が極端に少ない為、独り占めということも多々あり
まさに裏コースのおすすめといっても過言ではありません。

c0066176_9411751.jpg

c0066176_94223100.jpg


モッチョム太郎はどれかよくわかりません。
というのもこの辺の屋久杉はけっこうでかいものが多いんで
目立ってこれだと断定できないからです。
危険個所は本当に危ないと思うところはないですが、
岩盤の川が流れているところが斜めに切り立っていて
ロープ伝いにゆく場所などありました。こちらも慎重を要します。

神山展望台は見晴がよく、尾乃間の集落と海の展望が一気に開けていて最高です。
結論ですが神山展望台でピストンしました。理由は時間の都合上(この後麓におりて
自転車で移動する時間がある)といったん下って登り返すので体力的な消耗があるからです。
さらに屋久島で連日登山&ツーリングで披露がかなりきていたので大事を取りました。

c0066176_945099.jpg


ということで登頂失敗です(><神山展望台でモッチョムまでの道のりはちょっと痩せた尾根で
急下り急登りがあるようです。そして最後は鎖場、なかなかアスレチックコースとのことでした。
すなわち最初から最後まで気が抜けない。。そんな印象を受けています。

ちなみに下りはもちろんあの斜面を下るんで足腰への負担は大きいです。

このモッチョム岳。いろいろ意見があって意外と大したことがなかったという方もおられます。
やはり登攀技術とかがある方は対して体力を使わなくてもうまく登れている人も
いるかもしれません。普通の登山道なら体力が勝負ですがこれは
要領の良い登山が出来る人に向いているという印象です。

=============================================
100名山ハントの人は最南端、宮之浦岳の登頂を目指されている方が多いのではないでしょうか?
宮之浦岳の日帰りとしては淀川登山口へのアクセスなんですが残念ながらバスは時間帯が
夕刻の便しかないので必然的に淀川小屋(避難小屋)アクセスとなります。
日帰り朝早くアクセスする為には早朝にタクシーを捕まえて上に上がるしかありません。
しかも1時間近くかかるんで往復でけっこうな値段になることは言うまでもないです。

c0066176_5421841.jpg


スタート時は屋久杉の原生林からスタートです。
比較的歩きやすい登山道で実際、モッチョムよりかは全然歩きやすいです。
ただし行程が相当長いのでタフな内容かと思います。

歩いて一時間程で淀川小屋にたどり着きます。
ここは広場のようになっていてテント泊の人も多かったです。
小屋自体も充分使えますがあえてテントという人も多かったです。
このあたりは淀川が流れていてまったく問題なく飲むことが出来ます。
屋久島の水は全体的に清流なんで飲むことも出来ますし観て楽しむことも出来ます。
淀川は相当綺麗なので鏡のように澄んでいることがわかります。
屋久島の水は2000m級の山から少しずつ濾過されてきたものなので本物であるとわかります。
写真ではまったく表現出来てませんので一度観に行ってみてください。

c0066176_62322.jpg

c0066176_6242769.jpg


ちなみに私は山の水は殆ど飲まない派なんですが、淀川小屋裏の水場の水は
ペットボトルに入れて飲料水としました。

ここを超えると急坂となり少しずつ森林限界を抜けます。
ちょっとした湿地帯となるわけですがここが花之江河という湿原です。
けっこう登りがきつい中でこちらはオアシス的な場所となっています。

c0066176_5475198.jpg


ここからだんだんと高度が高くなり、最終的には草原と奇石の景観が見えてきます。
登山道的にはさほど難はありませんが時折、鎖場などがありますので体力を要します。
前途モッチョム程、パワーがいるわけではありませんし登山道も整備された物でありますが
ガスったときや天候が悪いときは道迷いの可能性があり注意を要するようです。
この日は運よく展望がよかったのでそういった問題はありませんでした。

頂上までの奇石のハイライトは美しいです。
これらの石を鑑賞しながらゆったり登るのも醍醐味であると思います。

c0066176_6275942.jpg

c0066176_6283718.jpg


この夏、屋久島に行かれる方に特集を組んでみました。
まったく至らない内容ですが、わずかながらにでも参考になれば幸いです。
過去のレポートはこちらにあり、宮之浦、モッチョム以外の場所はこちらに記述しております。
よろしければご覧ください。


その他屋久島のレポート
by ikakan | 2013-07-25 02:16 | 戯言 | Comments(14)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

謎の廃村八丁

京都北山に廃村八丁という謎の廃村があるようなんですが興味深いもののなかなか
アクセスが難しいと感じさせます。そのまでのアクセスもそうなんですが
行程も道しるべが好きなく登山道も荒れているとのことでまあ、単独ではちょっとという内容です。
しかし、明治時代に栄えた(?)ひっそりとした村の跡を訪れるのは面白そう。
品谷山近辺にあるようですが、詳細はよくわかりません。
インターネットくらいしか情報ありませんから・・・

京都北山の次点では桟敷が岳が比較的林道に近いのでとっかかりやすいと思われますが
アクセスもちょっと奥地になるのでいろいろ計画は難しそうです。
この山域は今は気候的に暑いしヒルの危険性があるのでパスしてますが
桟敷ヶ岳はなんとか踏みたいですね。
Katze氏が以前訪れていたところなので参考にしたいところです。

以前、魚谷山で迷走したんで大概なんですがね・・・いい加減にしとかないと
本当にやらかしてしまいそうでならない。。。
by ikakan | 2013-07-10 23:09 | 戯言 | Comments(5)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

勝手に進める夏山計画

今年はなんとか夏山計画を実施したいところです。
ターゲットは大きく「北アルプス」
登山をする者にとってはなかなか魅力的なところで好きな人は多いのではないでしょうか?
実施は7月末から8月初めにかけて会社の休みが取れそうなんでその辺から
天気が良い日をピックアップしてゆきたいと思います。
まだどうなるかわかりませんけどね・・・アルプス登山なだけに慎重にしたいと思います。

ターゲットはいろいろあるんですけど、白馬岳にしてます。
大雪渓という広大な自然があり花畑がある・・・晴れていたら北アルプスの山々一望など
絶景のオンパレードのようでそれだけで魅力なんです。
そしてあまり危険個所がすくなく(?)行けるのではなかろうかと・・・
山小屋の収容数が多いのも利点です。なのでそこそこ人が通るので安心かな。

1日目 夜行バスか電車か微妙なんですがバスの方が利便性高そうですね。バスの場合
前日夜から出発して朝に白馬八方でそのまま地元線で猿倉登山口へ。
さわやか信州号からバスの連絡で行くと朝8~9時ごろにつくのでそこからスタート可能。
猿倉→白馬尻(1時間)→大雪渓→葱平(3時間)→白馬山荘付近(2時間半) 6時間半で
15時くらいに到着設定。という計算だが実際はそんなスムーズにいくとは思えませんが(^^;
なので前記、前日アクセス、朝スタートが良いと思います。

白馬山荘か頂上宿舎か迷うんですがね。。。どっちもかなり大きな山小屋なんで収納(?)大丈夫そうですが。
頂上宿舎はバイキングらしく興味深い内容なんですよ。あと郵便局があるんでそこから手紙ということも
出来そうなんで魅力が高いです。しかし朝頂上のパノラマは白馬山荘の方が良さそうに思えます。

2日目 晴れてたらご来光眺め。山頂とはこだわっていませんので稜線など見晴の良い場所で。
その後、山小屋に戻り朝食後に再出発し北尾根を目指す。
三国境や小蓮華山などを得て白馬大池へ。玄人向けには朝日岳縦走やら唐松、五竜などへ
行くことも可能のようです。相当チャレンジャーなコースのようですが(^^;
そしてこのメジャールートの乗鞍岳近辺ですが道迷いの可能性があります。
というのも見晴が良いハイマツ帯なんですがガスるとルートを見失う可能性がありまして・・・
晴れてたら問題ないのですがね。栂池に到着予定は昼過ぎになる予定(想定上)

栂池からはすぐには下りず栂池に滞在し山小屋泊

3日目
栂池自然園をハイキングしながら湿原の風景と白馬山麓を見るその後ゴンドラで麓におりて帰路。

という流れで正味3,4日を想定しているところです。
なかなかタフなコースで体力を要しそうな印象なので
もう少し下調べをしなければなりません。
by ikakan | 2013-07-04 23:39 | 戯言 | Comments(11)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

今年の富士山は世界遺産効果で登山者が殺到するのか

富士山が正式に世界文化遺産として登録されたようです。
ネット広告でも富士登山ツアーの企画がいろいろと組まれており、
今年はどうなるのだろうかと思っているのですが・・・
自然遺産として登録がされなかった意味がわかる気がします。

御来光登山などで頂上に人が殺到して頂上にたどり着けない・・・結果登山道でない道を
行ったりする人もいるようです。そういうのが事故を誘発したり・・

一方登山をある程度さわった人はこの山をより避ける傾向になる気がします。
自然と非日常を味わうという本来の目的から外れてしまってますから・・・
いわば観光登山みたいな趣向になってしまっているわけです。
雑踏の中を大渋滞の中でしゃべり声などが聞こえてくるというのは日常ですので魅力を感じません。
恐れているのは登山ツアーの超団体さんかな。
この山の恐ろしいところは山を知らない人でも認知度がある為、世界遺産ブランドで
登ってみようという衝動ですね。なので様々な人が登るのであろうと思います。
しかし富士山自体は本格的登山ですから装備が不十分だったりしてなんらかのトラブルが
発生するという懸念があります。なので今年はなんか起こりそうで不安です。

富士山でもスバルラインからの登山口はとんでもないことになりそうですね。
登録前でもそうとうすごかったらしいですから今年はもう想像を絶するというか。

富士山でのコレクトといえば焼印でしょうか?これってたしか200円くらいしたような・・
これを頂上まで押していってもらうともうけっこうな値段になったります。
旅の思い出としてとっておくかまたは別のコレクトを探すか・・・ですかね。
焼印は金剛杖(木の棒)に押してもらうというシステムですが、こういった焼印専用の
木の棒もあります。これはかさばらなくて良いところが利点です。

c0066176_2341748.jpg

by ikakan | 2013-06-23 16:00 | 戯言 | Comments(5)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

御嶽 アクセスと行程

御嶽は標高3000m超えながらロープーウェーでアクセスしやすい山の一つで
紅葉シーズンに狙いたい山の一つであります。
特に黒沢口コースなんかは観光登山のような流れで行うことが出来ます。
秋口にもバス、ロープウェーのセット券などもあり非常に利用しやすい印象です。
関西圏からもアクセスしやすいのではないかと思いました。
しかも山小屋も多数あるので混雑しにくいという利点があります。
この山、高山らしからぬ水が豊富ということで山小屋温泉が楽しめるという利点があります。
けっこうどんなものか試してみたい気持ちが高いです。
関西圏では3時間以内に木曽福島へアクセスしてそのままロープーウェイだと
午前中から開始可能ですから有力です。しかも3時間程で山頂ですしちょっと反則かな(^^;
北アルプスなど難易度高の場合が多いのでこういった落ち着いた高山も良いかなと。
この時期にアルプスとかだとけっこう
奈良の大峰や十津川などよりアクセスが良いのではないでしょうか。
紅葉シーズンなら9月末から10月上旬が見ごろかと思います。

いろんな山をあげておりますが、多々ありまして迷うんですよね・・・

東北では鳥海山とか蔵王とか興味あるところは多々ありますがどうしてもアクセスが
難しく交通費も時間も食いますから・・・
同行登山でもない限りは実行は難しい気がします。
まだ北海道の方がアクセス良かったりします。

白山の詳細レポート

去年は白山でした。紅葉が目当てではなかったですが高山植物が綺麗なのと池がなんとも
印象的だったのを覚えています。
by ikakan | 2013-06-15 01:43 | 戯言 | Comments(6)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

山籠もり

もっぺん高野山、宿坊山籠もりいってこようかな・・・・
というのもこの前行ったのはケーブルで山頂までで高野町石道は行ってないんですよね。
本格的に修行となれば麓から20kmの山道を得て奥地の高野山に出向かないと意味がない!?
で、あの宿坊の独特の雰囲気と御坊さんのありがたい話なんか聞けるし雰囲気が好きなんですよね。
またあの雰囲気を感じながら夜を越したい気持ちがあったりする。
そして朝の座禅に精進料理、写経など・・・

やるとしたら7月の連休か・・・
一日目は麓から町石道をひたすら歩き通す。(8時間かかるようです)
ここは台風でもない限りは雨でも修行と思い歩く・・・歩く。
そして高野山について宿坊へ行き修行・・・・そしてお勤め。。。
2日目は女人道は前回歩いたんで陽柳山あたりから奥堂など・・・

けっこう雰囲気が好きなんですよ。時分探しといいますか・・・
非日常や自分のことを一度見つめ直す機会が持てるんで年1回くらいやっても良いと思います。
座禅組んで瞑想したり、場所が場所だけに心地よい緊張感というか
先祖に感謝するという気持ちになります。そうするとおのずと自分自身に自信が
持てて前向きになれたりするんですよ。
by ikakan | 2013-06-04 22:23 | 戯言 | Comments(7)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31