関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:各種イベント等( 9 )

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

滝畑千石谷 清涼 シャワークライミング「モンベルアウトドアチャレンジ」

今の時期は灼熱でかつゲリラ豪雨等、登山に適用している時期とは言い難い。
というわけで以前から興味があった夏のアウトドア、シャワークライミング(沢登り)に挑戦しました。
とわいえ専門じゃないので装備とか全然ないし、登山のようにルートも確立されていない。
個人で実行は難しいのでモンベルのツアーに参加しました。

c0066176_0502887.jpg


参加者は私を含め11人。個人の人は少ない様子でした。
皆、ハイカーというわけではなくカヤックとか他のアクティビティの人が多かったように思う。
トレランの人とかもいたようでした。
シューズはフェルトが使用されていて滑りにくい仕様になっていて、足袋のようになっている。
ゴムのシューズという感じで、靴下は脱いだ方が良いとのことでした。

c0066176_0493641.jpg


スタート地点は滝畑ダムの河川敷で岩湧山の登山口でもある。
ここからしばらく車道ぞいに渓谷を沿って歩き、アクセスポイントに入る。
この時期はキャンパーも多く若干迂回してから沢に入ることにした。
いつもの登山であれば渡渉は出来るだけ沢にはまらないように気をつけるのですが
今回はそうではなくあえて沢に入ってよじ登るというスタンスです。
登山の違うように見えて実は応用点もあって、例えば雨などで濡れた岩場など滑りやすい箇所の
登り方などに活かせてゆけそうな気がしました。また普段の山登りに加え水が流れているという
より悪条件のところで登ることで普段の山行にもつなげればなと思いました。
また、渡渉においても危ない場所とかが予想しやすいかなと感じます。

さて、最初に沢に入ったところで皆で水の掛け合いをしました。
これは、これから思いっきり水につかるらしい(?)んで水に慣れておこうということです。
まさにプールで泳いでいくくらいの勢いなのか!?

この日は最近の猛暑などであまり川の流れが激しくないらしいです。
よって場所によっては完全に流れが止まっていたり池のような水溜りになっているところもありました。
そして、沢シューズのまま登山道を歩くというところもあります。

c0066176_0511834.jpg


沢に入るとときどき深くなっている箇所があって、中には胸くらいまでつかるところもあります。
そういう場所は皆、立ち泳ぎなどをしてアクセスをします。
そして深場から渓流にアクセスします。足の置き場に注意を払う必要があります。

c0066176_0522124.jpg

c0066176_053697.jpg


c0066176_054070.jpg


こういった段差もあります。右を登ると激流に足を取られるのでこういうところは岸壁(?)をよじ登ります。
足の置き場があるので落ち着いて選ぶと問題はありません。3点指示の勉強にもなります。

c0066176_0544150.jpg

c0066176_055840.jpg


沢の中も動く石やらなんやらあるので気をつけなければいけません。
この箇所もいきなり深みがあります。濡れた岩場を登るのもすべりやすいです。

c0066176_0582125.jpg

c0066176_104590.jpg


沢の流が落ち着いた箇所で昼休憩をします。各々が写真を撮ったり休養したりしました。
ここもそうですが沢が落ち着いていて清涼感が溢れていました。

c0066176_059234.jpg


言わずもがなですが、渓流登りは本当に涼しいです。寒いのかといえばそうではなく
良い感じが太陽光があって冷え切らないところが良いです。現在の装備は昔とはくらべものにならないくらい
しっかりしたものなので全然快適なんですけどね(^^;
夏場の灼熱登山ではなくこういう清流を求めるのもアリかと思います。
登山が暑すぎると思われる方は夏ならではのアクティビティを楽しんでみてはどうでしょうか?
モンベルの沢登りイベントも9月くらいまでは続きますのでご検討してみても良いかもしれません。

さて、後半戦ですが、前半と同じように沢を登ってゆきます。

c0066176_133380.jpg

c0066176_142816.jpg

c0066176_15434.jpg

c0066176_154882.jpg


後半のハイライトがこの天然スライダーでしょうか?最初は巻道を選んで登り滑り台をして今度は
逆に流れに逆らってよじ登ろうという試みでした。
けっこう皆問題なくクリアされている様子でしたね。確かにすべって一度でクリアは難しかったですけども。
こういうのでも足の置き場などが重要になってきますね。
このスライダーは増水時にはさらに水量がまして深くなるのでもっと沈んだ感じになるそうです。

そして林道ぞいにさしかかり10mの滝にさしかかったところがゴールです。
お疲れ様でした。帰りは林道と登山道を行って帰りました。

c0066176_16521.jpg

c0066176_175315.jpg

c0066176_1152116.jpg

by ikakan | 2013-08-18 00:47 | 各種イベント等 | Comments(14)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

桑名水郷花火大会 2013 尺玉や2尺玉が大量に炸裂する大スターマイン

毎年?行っている花火ハント。私の場合、大音響と間近での迫力を身体で感じたいので
行くなら有料席すらとってハントします。今回わざわざ東海地区の桑名まで出向きました。
エスカレートして泊りがけとかになりそうな予感すらします。
私の場合、発数などより迫力。大玉が使われているかどうかで決めています。
そんな中この桑名水郷花火大会は2尺玉が使われててなおかつ1万発というかなりの内容。
多少遠くても行く価値があると感じ、今回実行に移りました。

こちらが後半のハイライト、スターマインです。大玉を惜しげもなく使ってるところが
東海っぽさを感じました。やはり迫力とかすごいです。
拡大とか特にやってないので実際、とんでもない大きさの花火だということがわかります。
ちなみに関西でこの大きさの玉を使用しているのは福知山とびわこのみですが1,2発だけです。



土星の花火はよくみているのですがこんな巨大なものは初めてでしたね。
また連続割玉が広範囲に配色を変えながら広がってゆく様子もナイアガラのようで美しかったです。



フィナーレはスターマインほど盛り上がりませんでしたが、最後をキッチリ締めくくった感じでした。



ところで同時期、関東の隅田川花火大会で集中豪雨で中止になったようですね。
殆ど無防備な状態でしょうからこんなことになったら大変でしょうね・・身動き取れませんし。
by ikakan | 2013-07-29 01:23 | 各種イベント等 | Comments(5)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

十日町のグルメとへぎそば「小島屋」

知人に十日町雪まつりに呼ばれましたので行きました。
過去にブレイクしたテツアンドトモとか有名アーティストとかのショーや
イベントがあっていろいろ楽しめたと思います。
このあたりは豪雪で道の脇には背丈以上の雪壁が立ち、すさまじい状況だということを思い立たせます。
正直寒かったですね・・・北海道に来たときよりも湿気を感じてたというのもあります。
北海道のときは道路もかしこもすべて凍結していて水っけがまったくなかったですし
逆に乾燥している感じでした。。。

さて十日町で有名なへぎそばですが、ふのりを使ってつなぎをしているらしいです。
そのためかぬめりがありのど越しが良かったように思います。
風味が良かったですね。へぎそばとざるそばは同じそばですがへぎそばは一口?サイズに
小分けされて食べやすかったイメージです。
数人で食べても問題ないのではないでしょうか?
小島屋は十日町でも有名なそば屋でこの日もけっこう混んでました。

c0066176_23233399.jpg


雪まつり自体は雪像等がメインで街全体が盛り上がっている印象です。
大きな雪像から小さなものまでいろいろあって楽しめました。

c0066176_23235711.jpg

c0066176_23243718.jpg

c0066176_23251450.jpg


雪まつりといえば札幌雪まつりがあります。やはり雪像の精密さや芸術性は高いですね。
雪質がどうしてもこの辺は融けているらしくメンテが難しそうな印象です。

札幌の雪祭りの詳細
by ikakan | 2013-02-23 00:18 | 各種イベント等 | Comments(0)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

若草山 山焼き2013

若草山山焼きに2年連続で行ってまいりました。
去年に引き続いて行った理由はカメラに記録出来なかったというのもあるんですけど
若草山にアクセスする理由は奥山の未舗装路のトレッキングやら東海自然歩道があるので
行く理由はけっこうたくさんあります。敷地も広いですし。
奈良公園というとさかのぼると幼少時代の遠足まで遡るほど年季があり
そのときのシカの大きさたるや背丈以上の大きさだったような記憶が。。
そこから何度行ったのか覚えておりません。

当日の若草山はそこそこ人は集まっているものの花火大会のようなにぎわいはなく
静かに年の始まりを祝うような印象がありました。

c0066176_236266.jpg


さて、山焼きですが最初に厄払いなどの儀式を行います。
お経などを唱えてそれがプロジェクターに写ります。
なんか昔からのしきたりと現在の融合みたいな奇妙な図でした。
儀式(?)が終わるとたいまつの炎を別のところに移しそこから花火が打ちあがります。



花火はけっこう本格的でこれ単独でもなかなか楽しめます。
山焼き単独だけだとインパクト薄いのでこれはアリかなと思いました。

そして本番の山焼きです。



まさに草山が家事のように燃え盛ります。ちょうど寒かったんで温まりました(爆)
最後に和風ライブがあります。途中まで観て帰りました。

外国人も多かったですね。割かし有名なんでしょうか。
by ikakan | 2013-01-26 23:08 | 各種イベント等 | Comments(0)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

濃尾大花火2012の2尺玉(20号)5連発

2尺玉の大きさを威力を確かめたく近場でそれなりに堪能できる大会を
吟味して当大会にアクセスしました。関西圏では福知山などが知られてますが
いかんせん行われるかどうかわからないし単発(?)らしいので
どちみちなら10発発射される当大会が良いと思い選びました。
新幹線でアクセス出来る利便性もあります。



感想は圧巻だと思いました。尺玉でもかなり威力がありますが、それすら凌駕していて
2倍近くの大きさがあるのでないかと感じます。
この動画では迫力を伝えきれません。音量と空気の振動といった臨場感は現場でしか
体感できないと思います。上記では2尺玉が5発打ち上げられてますが、規格外の大きさは
冒頭の他の花火との比較でわかるかなと思います。
とにかく最大ズームアウトでもフレームにも収まりません。広角とか使わないと・・・・





こちらはプログラムの合間に打ち上げられた2尺玉です。いきなり打ち上げられるので
対応が間に合いませんでした。





その他、ナイアガラや仕掛け花火などあって楽しめました。
2尺玉は1発失敗したようです。いきなり爆発したような感じだったので驚きました。
やっぱ大玉は打ち上げ技術がいるのかなと感じました。



by ikakan | 2012-08-17 10:02 | 各種イベント等 | Comments(1)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

なにわ淀川花火大会2012の感想レポート

に行ってまいりました。というか当初は行く予定はありませんでしたが知り合いの
都合も兼ねてということで伺いました。
この花火大会は年々進化していると言われていて今年も水中花火とのコラボで
スターマインなど新しい試みがあったなあと感じました。
どうしても湖面や海の開催に比べると尺玉使用出来ないのですがこの辺をなんとかカバー
しているように思いました。神戸の方は迫力よりも音楽で演出に力を入れているものもあり
モノによっていろいろ変わってくるのだろうと感じます。
今度行くのなら神戸かな・・・・有料席で観たことないのですよ。
あとお盆にある福知山などが妥当かと・・・でもなかなかプランするのは難しそう。
淀川の良いところは息つく間もなくコンスタントに打ち上げられるところでしょうかね。
花火大会の多くはプログラムの半ばにどうしても間隔があるように思います。



夏をイメージしたようで、常夏の感じをオレンジでひまわりなどを表現したように思います。



まあ基本的に連打する傾向にあるようです。



水中花火とのコラボスターマインです。地上で近くで見せることで迫力を示すのに
良いのではないかと思います。
by ikakan | 2012-08-07 21:42 | 各種イベント等 | Comments(0)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

第63回猪名川花火大会感想レポート

花火第二弾として猪名川花火大会へ行ってまいりました。
規模としては関西中堅クラスでそこそこ楽しめるのではないかと思いました。
有料観覧席がなく場所もうまく立ち回らないとダメな印象でしたが
河川敷が広いのもあって比較的観やすかったと思います。



なでしこジャパンのブルーの色合いが良い感じに出てます。



波を連想しているようです。規模があれなんでこういったユニークな花火で
盛り上げていこうという意気込みが感じて良いです。



ドレミファを花火の音で再現する試みで面白いと思いましたが
難易度はやはり高いようですね。



秋のイメージらしく赤色に染まった花火が印象的でした。



冬の白銀を連想したらしく、よどがわのフィナーレを彷彿とさせるような
鮮やかさだったと思います。



息も尽かさぬ連打で最後は盛り上がって締めくくる感じでした。

この大会、最大号数が6号と小ぶりなのでどういった展開を見せると思いましたが
工夫をこらした演出やしかけで飽きさせない出来だったと思います。
またそれらのしかけと同時に進行することによって迫力のある
演出が出来ていたのではないかと思いました。

by ikakan | 2011-08-21 10:49 | 各種イベント等 | Comments(0)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

2011年 第23回 なにわ淀川花火大会レビュー

さて淀川花火大会の検証をしてきました。さすがに週末とだけあって人は
多いですね。神戸と2分するとおもわれるので人は分散はするとは思うのですが
実際はどうなんでしょう。
梅田の有料席から眺めましたがいかんせん風下で煙で視界が悪く
灰が降ってくる始末で目や口に入ってたまらんかったですわ・・・
十三側だとより綺麗に映ったかもしれませんね。

湧きだす力


水中スターマインが入ると広域に広がるので迫力がありますね。
これも間近でないと感覚はわからないでしょう。

ファイト


景気づけの一発という印象があって大玉を使っている感じでした。
元気づけるって感じですね。

伝説の技


確かに技っぽい感じがありました。テンポよく四方に打ち分けられてましたね。
個人的には去年から出た新作でシュワっと音を発さない花火がユニークです。

ルパン?


バックミュージックがルパンでした。なかなか面白いテンポで
水中花火がタイミングよかったです。
でもミュージカル花火は神戸の方が好きですね。

NANIWA


八号玉をうまくつかって尺玉なみの迫力を見せてましたね。
絶妙だと思いました。低空で炸裂させていると思われるものもあり
工夫がなされている印象でした。



フィナーレ


例年に比べて球数が減っている気がするのは慣れなのかはたまた不景気なのかは
わかりませんが、柳から目をくらませるような鮮やかな白い花火への
展開を持って終了しました。

今年は日の都合とかを考えると淀川だけかな~って感じです。
全国一級クラスの長岡とか秋田の全国とかあるけどわざわざこれの為に
というモンでもないからなあ・・・
あと今年はびわこが20号出すらしくて観に行きたいんですけどいかんせん
月曜日なんで無理っすわ~明日の仕事に響くからね・・・

尺玉自体なかなかお見えになれないのでどこかの機会で拝みたいと
思うんですがやってる大会が少ないからなぁ。。。
あと去年場所とりに失敗した神戸のリベンジもあるかな・・・と

去年のびわこは休日だったので観に行きました。
こちら
びわこと比べたらというと賛否両論かもしれないけど
ちょっとだけびわこに軍配かな・・・
ただびわこは迫力だけで押してる感じがするので芸術性とか
いろいろ含めると淀川も着目すべき点は多いです。


by ikakan | 2011-08-07 01:22 | 各種イベント等 | Comments(3)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

2010年びわ湖大花火大会

週末はびわ湖と神戸を観て来ました。全国一線級はなかなか機会がないんですけども
このびわ湖は全国でもなかなかの規模だとは思いますね。中でも迫力はすごいです。
10号玉がうまいタイミングで炸裂して場を盛り上げていると思いました。
ここではないんですけど、武将が血を流すシーン(?)とかでずっと赤い火の粉(?)が
空中浮遊しつづけるという花火があったんですけど印象的でした。
全体的に新作っぽいのは見受けられませんでしたね。
また機会があればどこかの花火大会へ出向きたいと思っております。

ちなみに神戸ですが場所取りに失敗したのでびわ湖に匹敵するような内容で
録画出来ませんでした・・・なのでパスです。




湖上にカラフルな色彩の花火が彩ります。



真横ナナメに乱射です。こういうの湖上とか海でないと出来ない演出ですね。
これが湖上ならではの演出ではないでしょうか。



上の打ち上げから段々広範囲に展開しながらうまく演出していると思います。
だんだんと盛り上がってくるところがうまいところです。



水上スターマインです。これも湖上でないと出来ません。高く打ち上げてないので
尺玉の勢いそのままに感じることが出来ますね。



フィナーレです。スターマインはどこも盛り上がるのですが、このびわ湖は締めくくりを
余韻で残し、ぱあっと散る・・・といった演出をしている感じです。最後はきりよく
まとめている様子・・・

こうべの同日に淀川もあってあれの
最後のマシンガンスターマインとか見てみたかったんですけどね。
神戸の方が失敗(私が)したのでちょっと名残惜しいかも。。。
チャンスがあれば20号玉の福知山とかも行って見たい気がします。
花火大会はどこも個性や特色があって飽きないですね。ここの花火大会にしかないような
演出や花火というのもありますしそういうのを見比べるのも面白いと思いました。

by ikakan | 2010-08-08 01:28 | 各種イベント等 | Comments(3)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31