関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:登山( 130 )

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

木曽駒ヶ岳 ダイナミックなカールの展望を望む

c0066176_212929100.jpg
よく木曽駒とか訳されております木曾駒ヶ岳ですがビギナーでも気軽に
訪れることが出来る理由としまして最大の理由はロープーウェーにあります。
しらび平から千畳敷カールまで一気に登ってしまう為、あっけない(?)ですが
麓から3000m級に挑戦となると一苦労ですし装備も大変になります。
ある程度は利器は使用したいものです。
一気に2500mまで登るので気軽かと思いきやそこからは高山であり登山であると
実感します。気象の変化からごつごつした岩山まで。
千畳敷カール散策ならともかく、駒ヶ岳まで挑戦するとあれば通常の登山に挑戦するという
意気込みで望むべきであると思います。

以下、木曾駒ヶ岳の記録があります。参考にしてください。


木曾駒ヶ岳の登山記録
[PR]
by ikakan | 2012-10-25 21:23 | 登山
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

秋の伊吹山 ススキの穂が日光に映える

伊吹山は何度かチャレンジしたことのある山であるが秋口には行ったことがないので
是非とも検証してみたいと思っていた。
紅葉とかはシーズンではあるがどちらかというと草原である伊吹山にとって景観は
どうなるかとは思っていたがススキが特に綺麗で黄金色に輝き琵琶湖の景観と相成って
すばらしい景観をみせていたと感じさせました。
曽爾高原がススキでは有名ですが遜色ない景色だったと思います。
この山は体力はそこそこ必要なものの登山道自体は整備がされていて歩きやすく
やさしい山だと思います。家族つれなどにもおすすめでしょう。
山頂付近は木が少ないので見晴しが良く常にすがすがしい気持ちで歩くことが出来ます。
高山植物の時期はとうに過ぎておりましたが秋らしく赤茶けた風貌を感じ取れました。


c0066176_10415124.jpg


c0066176_10432176.jpg

c0066176_10452488.jpg

[PR]
by ikakan | 2012-10-21 01:24 | 登山
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

9月3連休白山の登山について

白山ですが天気はうまくいってくれた模様で終始快適に進めることが出来ました。
次の日17日以降はあまり天候が良くなかった点を考えるとご来光の少ない
チャンスに恵まれたと思います。ご来光は★と同じく難易度の高いイベントなので
見れたのは良かったです。
晴れの日でも霧などに覆われることが多いのでなかなか難しいんですよ・・・
登山道はけっこう歩きやすかったように思います。ある程度メジャーな登山道で
あったので整備もされていたということでしょうか。

3連休初日ということもありなかなか人が多かった印象ですが
この日にアクセスした人はなかなか運が良かったと思います。
南竜分岐までは森林の生い茂る道だったものの高山帯からは湿原風の
木道や雲海の景色など様々な特色があり楽しめました。
まあ詳細はレポートでも書く予定でいます。

御来光の様子をビデオで収めましたがさすがにデジカメじゃ荒いですわ・・・
でも現場の空気感は行ってみないとわかりませんがね。。。



[PR]
by ikakan | 2012-09-19 20:10 | 登山
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

一本やっときたいか...

もう一度白山計画を浮上させようかな・・・・とか思ったりする。
もう一つ淡路島ツーリングという目的もあるのですが、いかんせんインパクトに欠けるんで
あまり行きたいとは思わないんですよね・・・
しかもまだ9月というと残暑がかなり厳しいんで。
登山は逆に夏場や秋の方がすがすがしいんで利点があったりします。
で登山として白山にこだわりがあるというわけではないが近場で比較的本格派なので
手頃感もあって良いと思いました。
まあ天候が悪そうならば速攻やめますけどね><
前日晩に金沢滞在で朝1本の登山バスで移動して別所出合から白山室堂という
スケジュールかなとか思ってるんですがね。2日目はご来光してゆったり周って下り
そのまま温泉して帰るという感じになるかな・・

遠征登山では大山がありましたがあれって結局まったくアップしませんでした・・・
現在では写真しかアップ出来ないかな。。。

[PR]
by ikakan | 2012-08-26 07:05 | 登山
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山仲間募集「関西地区(大阪 京都 奈良 滋賀 兵庫等)」

「登山やハイキングアウトドアに関するネット相互交流や実際に同行する登山仲間を募集しています」

単独行はやはり自分で計画を立てられたり自分の時間として楽しめることが出来る一方で
どうしても危険が伴うことが否めません。また感動を分かち合うことでより楽しみを
高めることが出来るし、相手の意見も取り入れることによって別の視点で物事を考えたり
違った見方が出来るという利点があります。どちらも良いことも悪いこともあるのですが
時と場合に応じて使い分けるというのが一番一般的ではないでしょうか?
しかしサークルとか山岳会ということになるといろいろ決まりやら会議とかお堅い部分があって
気軽さがなかったりすることが少なくないと思います。
そういうところにめんどくささを感じてしまって敬遠する傾向があったりしませんか?
私もそれが原因だったりします。やっぱり気軽な一人を選んでしまうのです。
まあ個人レベルで好きなときに共に行動したり時と場合に応じた柔軟な接し方が出来れば
良いのではないでしょうか。

ということで旅、登山ツーリング等の情報交換相手や、よろしければ関西中心とした
山行の仲間を募集ということで告知させて頂きたいと思います。
またネット友人やメル友といったところも地区問わず募集しています。
もし、いろいろお話したいという方や共にハイキングされたい方、
はたまたサークルの勧誘などなど
いらっしゃいましたら、下記コメント覧への書き込み、メール等頂ければ幸いです。
(メールは迷惑メールとして届かない可能性もあります。万が一反応がなければ
コメントもしくはBBSでお問い合わせください)

e-mail:iikaken2000@yahoo.co.jp
BBS::http://b5.spline.tv/bikebike/?pw=ctime

私の情報は
33歳男性 山歴6,7年(かな?) 主な山行 富士山 木曾駒ヶ岳 宮之浦岳・・・ETC
キャンプ登山ではなく山小屋での比較的気軽な登山を好む傾向あり。
主な活動経験はブログ及びサイトの方を伺ってください。
[PR]
by ikakan | 2012-04-06 21:27 | 登山
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

宮之浦

屋久島計画について相方の参戦(?)の表明があったので追記で・・・
相方の休みの想定はたぶん3~6日だと思われるんで3日あたり麓の安房で
落ち合い、早朝同席でタクシー(4日)で私は自転車を積む。
そして宮之浦岳まで同行して私はピストン。相方は縦走かな・・・
そして組んでいた自転車でダウンヒルして安房に戻る。
これは前回ヤクスギランドで使用した手ですから可能でしょう。
1時間あれば麓に戻ることが可能と思われる。
さらに下り中に川上杉や紀元杉なども観れるので。。
そして白谷雲水郷や縄文杉は別の日にそれぞれアクセスする。

まあ複数なら縦走でも・・・と気持ちがあることもあるが、GWの後半に
これをもってくると正直かなり体力的に厳しい。。。
これまでにおそらく白谷雲水郷などをまわっていることになると思うので。
フィギィアで言うと後半に4回転をするようなもん・・・(わかりにくい・・)

私の場合、登山以外にも西部林道のツーリングやらその他トレッキング
(モッチョムや蛇の目など)バリエーション豊富なんでそれに固執する
こともないかなあと思うのですよ。
それでもハードな宮之浦を同行頂けければタク代にしろ行程にせよ
ある程度助かる部分はあるかもしれない。
正直かなり上級レベルの山なんで単独じゃちょっとヤバいんですねぇ・・・
悪天候ならなおさら・・・

まあ、相方と5日にまた落ち合って互いの武勇伝でも語る機会でも
持てたら良いのでは。。。なんて思ってます。

さて、縦走の可能性ですが、まあないこともないが。
まずテントが重い上にシュラフやら食事(2日分)など半端ない装備になりそう。
これだけでかなりとてつもない容量になると思われる。その他重装備になるだろう。
私の場合、そこでこんなになるようならあえて自転車を担いでバリエーションを
出した方が良いかと思った。

まあ、前回のような中途半端なことはせず、しっかりと滞在して
観るもんはみていこうという心構えですけど・・・
このプランはかなり前から考えていたので。

[PR]
by ikakan | 2012-01-22 01:49 | 登山
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

概要はこんな感じかな

初日(13)

朝、高速バス(アルペン伊那号)により13:10に駒ヶ根IC到着。
ちなみにJRだとかなり大回りで乗り換えも多いし時間的に同じくらいかかる。
こちらの方が安いので利便性が良いと思われる。
適当に散策しながらB級グルメソースかつ丼を頂く。
あとは適当に周辺散策後、ホテルに戻る。
駒ヶ根フィールドパーク内の散策等。
このあたりはあまりこれといった施設がないのであまり
遠出する予定はない。

宿:ホテル

2日(14)
当初、山小屋に泊まる予定がなかったので早朝出発だったが、
ゆったり2日で行くのでさほど意識はせず。
というよりたとえ始発だったとしても日帰り登山はかなりキツいと思う。
千畳敷カール散策だけならともかく
駒ヶ岳まで行くとなれば山小屋が無難。

ちなみにロープーウェーは10分しかかからないが
待ち時間が1時間以上かかると予想されるのでその想定での設定。
バスは高原から入ると混雑が予想されるのでタクシーにて
ショートカットする予定。天候次第で出発時間を調節すると思われる。
ちなみに朝食抜きで早朝だと当日天候が悪かった場合、ドボンなんで一応、
朝食をとった後を考えている。早くて7時半遅くても8時過ぎぐらいが目安かなと思う。

ホテル千畳敷(11:30)→乗越浄土(12:30)→駒飼ノ池(13:00)
→濃ケ池(14:00)→8合目(14:30)→馬の背(15:30)
→駒ヶ岳山頂(16:00) 登山行程4時間半

当日悪天候及び交通の遅れなどが生じた場合は
中岳経由で行くと行程を2時間程度に抑えられる。
早朝に出て混雑を緩和することも考えられるが体調的に不安があり、その中で
3000m級の山に出る不安がある。
また駒ヶ岳頂上までは中岳経由で2時間半程と考えると
さほど時間に追われることもないと考えられる。

宿:山小屋

3日(15)
早朝、晴れてたら頂上へご来光狙い。日の出は5時前後となるので天候次第で出向くか考える。
その後、朝食後に出発。山小屋の都合などで早い出発になると思われる。

駒ヶ岳山頂(7:00)→中岳(8:00)→乗越浄土(8:30)→千畳敷カール(9:00)
次点::→極楽平(10:00)→三ノ沢(10:30)→千畳敷カール(11:30)

また前日、濃ヶ池に出向いてない場合はそちら方面へ攻める。
次点は前日、濃ヶ池を経由している場合でコンディションが良い場合のみ行う。
午後の適当な時間帯にて麓に戻ってホテルにアクセスする。

宿:ホテル

4日(16)
電車にて移動する予定。
妻籠宿、馬籠宿などの木曽路めぐり予定。馬籠から馬籠峠を得て妻籠宿の参道を行き
妻籠宿で宿泊予定。駒ヶ根からは3時間くらいなので9時頃に出て昼ごろからアクセス
出来るようにする。

計画自体はほぼ完成しているのであとは準備かな・・・
ライト系統からステッキ(いるかどうかわからんが・・)
などを山岳ショップにて一度珍味してみるのも良いかもしれません。
過去にサイクなどで使った装備がそのまま使えたらもって行こうかと思います。
(新しく買ったら無駄ですしね・・・・)
それでも普段からトレッキングを趣味としているので基本装備などは
揃えても無駄にはなりそうにないですね。
来週あたりあたってみようかと思います。あとは携帯トイレですかね・・・
山のマナーとしてメジャーなところは大自然でのトイレはNGがモットーですから。。

[PR]
by ikakan | 2011-07-27 22:43 | 登山
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

日本百名山:伊吹山

京阪神はこれといってレベルの高い山はないと思われますが
中でも伊吹山は登山レベルの装備が必要そうです。
伊吹山は登山道こそちゃんと整備されていて歩きやすいのですが
いかんせん頂上までの行程と標高差が高いので
総合的に難易度が高い印象がありました。
しかもこの時期は気温が高く、日を遮る木々がないことから
日焼けなどの危険性も高いなと感じました。
ただし、一般的に広くしられておりハイカーの他、家族連れなど
ほのぼのした雰囲気と人が多いので心細さもないので
比較的歩きやすさがあると思います。
なので熊対策などはほぼする必要性はないでしょう・・・

体力はかなり使います。やはり高低差1000mはかなりのモンです。
登山をするつもりで挑んだ方がよろしいですね。
遮るものがないということは逆に展望が良いということでもあるので
そういった景色を拝むというのも良いのではないでしょうか。
麓から頂上まで拝める山はあまりないので新鮮です。


c0066176_23401960.jpg
c0066176_23404648.jpg
c0066176_23412775.jpg
c0066176_23415746.jpg
c0066176_2342199.jpg
c0066176_23451893.jpg
c0066176_23455028.jpg
c0066176_23461335.jpg

[PR]
by ikakan | 2011-07-17 23:42 | 登山
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

金勝アルプス「鶏冠山」

アルプスはやはり景観が富んだ風景で独特な岩場の景色が楽しめるので
何度か楽しんでいます。3回くらいは行ったかな・・・
滝とか岩場登りとかアクティブで楽しめるし決して危険という
わけでもないです。頂上とかは岩場が犇めいていて
見晴しはよろしいですね。おすすめ出来ると思います。
この鶏冠山以外に金勝山などいろんなコースがあるんでいろいろ調べて
ゆくのも楽しいかもしれません。
楽とはいいましたが、確かにロープ所やちょっと体力ない人では
つらい箇所もあったりしますね。時に登山道が川になってる場所も
あったりします。ただ無理~という感じではなかったです。

c0066176_20554653.jpgc0066176_2056648.jpg

無理といえばこの前、佐渡で登ったドンデン山・・・とんでもないです(><
普通に雪山でした(笑)しかもスニーカーだったりしたんで大変でしたよ。
登山道が雪で埋没してないんですわ・・・危険だし何にもわからんし・・
まあこの辺はネタになるんで後日公開しましょう。

[PR]
by ikakan | 2011-05-22 20:56 | 登山
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

鈴鹿山系:御在所岳 立ち並ぶ奇石

御在所岳に挑戦致しました。予想以上にハードだったと思います。
裏道を登山に設定しましたがなかなか岩がごつごつした内容でハードでした。
いちいち岩が転がっているので一つ一つ超えなければならない印象。
途中に山小屋があったりと本格的な内容だったと思います。
沢登りなどがあって一部迷った箇所がありましたが展望は良かったです。
一面アルプスのような岩肌が連なる景観で見ててあきませんでした。
打って変わって頂上は公園のようになっていてファミリーが楽しむような内容でした。
一般的にはロープーウェーなどで一気にここまで来るのでしょうね。
c0066176_211929100.jpg

c0066176_212039.jpg

c0066176_21203386.jpg

下りは中道を利用したのだがこれまたキツい内容。岩がごつごつしているというより
崖ですわ・・・中には岩壁に鎖が垂らされていてよじ登れと言わんばかりでしたし・・
ある意味ロッククライミング?これってホントに下手したら転落ですよコレ・・・
地蔵岩や負ぶされ岩など面白い奇石があったのは楽しめました。
ただ終止、岩の急斜面を下るような内容に慎重をきしたので疲れました。
帰りは湯ノ山温泉にて一服しましたが。。

c0066176_21212113.jpg

c0066176_21214732.jpg


もうちょっと安心してゆけるような山の方がベストですね。
例えば大山とかはそんなに苦労しそうにないし・・・

[PR]
by ikakan | 2010-05-04 21:22 | 登山
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31