関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

常念山脈縦走記~その3『常念岳から見る360度の展望は圧巻』

c0066176_17214175.jpg

この日もクリーンな日になりそうです。今日は朝から常念岳のPHとなります。
c0066176_1722495.jpg

あちらはライチョウさんでしょうか。ほのぼのしてますね~(^^。
c0066176_17223310.jpg

しかしこの登り、けっこう急です。ガレてますしタフなんで体力いりますね~。
c0066176_17225589.jpg

振り返るとだいぶ登ってきた感がありますがまだまだです。
c0066176_17231562.jpg

なんか富士山を思い出させるんですけどね。
c0066176_17233631.jpg

つづらおれで団体さんがいるあたりとかw。
c0066176_17235541.jpg

今日は天空をつく空という感じだった。
c0066176_17241727.jpg

本当に空が青い。
c0066176_1726390.jpg

山頂直下だと南アも展望できるので最高です♪。
c0066176_17262250.jpg

遠望すると富士山もありますしね。手前が南アかな。
c0066176_173041100.jpg

頂上からの風景。高度感がハンパないですよw。
c0066176_1731776.jpg

c0066176_17312774.jpg

そして中央アルプスと乗鞍、御嶽としっかり確認出来ます。クリアですね~。
c0066176_17314742.jpg

で、山頂はピラミダルなだけに狭いです・・・。10人くらいしか立てないかも・・・。
ゆっくり座るということは無理でしたね。
c0066176_1732115.jpg

こちらが北アの穂高連峰ですね。一番間近でみられる場所と言えます。
c0066176_17324359.jpg

南側はやや痩せ尾根なのでちょいと気を付けないといけません。
c0066176_1733784.jpg

ここでの展望もなかなか良い感じです。天空って感じしますね~。
c0066176_17333317.jpg

浮石が多い印象なんですよ。足をねんざしてしまう恐れがあります。
c0066176_1734337.jpg

ここもパノラマ劇場と言われる所以がわかる気がしますね~。
c0066176_17342596.jpg

ガレ場はペンキがしてありますが間違いやすい場所でもあります。
私も2回程、道を外れました。
c0066176_1734487.jpg

縦走路の常念南側はややガレ地帯と言っても良いでしょう。
c0066176_17461871.jpg

やはり午後になってくるとガスりやすいようです。
c0066176_17464358.jpg

一度樹林帯に入るようです。ここから登り返して蝶槍に向かうことになります。
c0066176_1747487.jpg

c0066176_17472687.jpg

花々も咲いている感じです。フウロ系とかですかね。
c0066176_17474954.jpg

登り返しがちょっと辛いところだった。
c0066176_1748177.jpg

c0066176_174841100.jpg

c0066176_1749493.jpg

c0066176_17492699.jpg

途中に華やかなお花畑があります。
c0066176_17495068.jpg

道中、コオニユリも!。
c0066176_17501889.jpg

樹林帯を再び抜けると蝶槍が近づいてきます。
c0066176_17511392.jpg

ここが蝶槍ですが、ちょっと狭い目です。この辺が蝶ヶ岳頂上じゃなくなった理由でしょうか?。
いや、なんか昔こっちが頂上だったようで変更されたとのことです。
c0066176_17513886.jpg

c0066176_18252162.jpg

ここから先は蝶ヶ岳までの稜線ですが広尾根です。この歩きやすさが冬場も通われる理由でしょうか。
c0066176_18254675.jpg

頂上を通過すると蝶ヶ岳ヒュッテです。
c0066176_1826920.jpg

ゆったりと寛ぐやすい空間ですね。ここで一夜過ごすのも良いかもしれない。
c0066176_18262960.jpg

蝶ヶ岳からは下山路となります。長堀尾根ですがけっこう長いです。最初はハイマツ帯ですが
だんだんと木々が広がってゆくことになります。
c0066176_18265748.jpg

樹林帯が広がってくると長堀山になります。ややひっそりとしてヤツが出やすそうでした(^^;。
c0066176_18271820.jpg

こういう道をひたすらくだることになります。
c0066176_18274593.jpg

あまり人気がなかったんでちょっと緊張感がありました・・・。
c0066176_1828824.jpg

なかなか急坂なので足に来ますねこれは・・・。
c0066176_1828318.jpg

こういう場所に出てきます。
c0066176_18285468.jpg

徳澤館でしたっけ、その付近に出てくる感じです。ここまでくれば人気が出てくるので
その辺の心配はありません。
c0066176_1829232.jpg

あとは林道チックな道を上高地へむけてたんたんと歩くことになります。
ここでは登山者がたくさんいまして、私が来た蝶ヶ岳以外には涸沢とか槍ヶ岳に行く人もいるんだろうな~と思います。
なのでここは中継地と言えますね。
c0066176_18295480.jpg

明神岳が見えます。あれは普通では登れないようで特別な装備等が必要なようです。
今夜はこの辺で滞在して、次の日は天候や状況などによって判断したいと思います。
上高地までざっと30~40kmくらいは縦走したでしょうか。。
今まで縦走した中では最長だったんで、なかなか充実した内容だったと実感しています。
常念山脈はアルプスっぽい雄々しさは少ないものの高原のような景観を終始眺めることが出来て
またいろんな景色の変化を楽しむことが出来ます。
[PR]
by ikakan | 2015-11-17 17:19 | 登山 | Comments(5)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
Commented by 登山好人 at 2015-11-21 12:22 x
これだけの壮大な景色を眺めながら歩いたら
ながい縦走もあまり気にならないんじゃない?(笑)
僕もいつかは同じコースを縦走してみたいな。
まぁリタイヤするまで休み作れないので今は夢物語やな(涙)
リタイヤした頃に体力がまだあれば縦走してみたいよ♪
Commented by Ikajyu at 2015-11-24 23:26 x
本当に壮大すぎて私にはスケールがありすぎました(^^;。
なのでしばらくはおなか一杯になってしまいましたw。
そうですね~この景色を楽しみながら歩いていたら
いつのまにやら最終的に50km歩いてまして
やっちゃったなあ~と我ながら思っております。
登山好人さんも引退後とは言わずに何回かに分けて行っといて
くださいな♪。
Commented by bp-kaka at 2016-01-25 14:36
常念岳随分行ってないです!!
子連れの雷鳥がいっぱいいたのを覚えてます!
今年の夏は行ってみたいな!!
Commented by bp-kaka at 2016-01-25 14:36
常念岳随分行ってないです!!
子連れの雷鳥がいっぱいいたのを覚えてます!
今年の夏は行ってみたいな!!
Commented by ikakan at 2016-01-27 17:16
> bp-kakaさん
常念岳はすばらしいですよね!。
しかも、ライチョウも多く見かけます。
子連れがいればしっかりと写真に収めたいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31