関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

六甲山系【摩耶山】:マヤカンの存在を実際に・・・

マヤカンとはなんぞや?とおっしゃる方はいるでしょうか。
知る人ぞ知る、摩耶観光ホテルのことです。
今から30年程前まで営業しておりました、摩耶山のホテルのことで
今はひっそりとその廃墟が残っているそうです。
愛宕ホテルにせよ武庫川廃線にせよ何かしらの生活の記憶が残っているのは
何かを語りかけるようなそんな印象を受けるのではないでしょうか。
昔から今に至るまでいろんな遺構や生活の名残が残されています。
そういうのが好きなんですよ・・・。

そんな中、あのザ・金剛登山で知られているあのキバラー氏からお声かけがありました。
以前からキバラー氏にはお会いしてみたいと思っておりましたが、さらにこの
マヤカンも見に行けるということで二つ返事でOKしました(^^;。
キバラー氏のブログはある種、他の追従を許さないというか、まるでガイドブックのような
造りなんですよ。圧巻なのが山紹介にドキュメント映像で紹介されているという点。
正直ここまでの力の入れようは素人ではありません。
で・・・ここに出演するかもしれないんですよね(^^;。
どうなるかはわかりませんが好ご期待でしょうかw。
気持ちは山登り大好きに出演しているような印象です。
いつかはキバラー氏の案内による金剛山が実現したらなぁ~なんて思ってたりしています。
村界尾根とか・・・
最近は御無沙汰ですがマルタンさん←ブロガーならぬブログ周りのハイカーさん)
に紹介したい気がする・・・。


日程:4月26日(日) 場所:摩耶山 天気:晴れ

メンバー:6人
♂  キバラーさん Orisさん メッツさん 私
♀  ちゃみさん うっちいさん

さて集合場所は阪急六甲駅。私は阪急の駅に行くには梅田で乗り換える必要があったので
あえてJRの六甲道から徒歩15分でそこに向かった。
それっぽいグループはあったんですがちょっと躊躇してましたね。
いや、久しぶりなんですよ全員初対面というのは・・・緊張しますのです(笑)
しかも、今度はキバラー氏ですから気軽に・・・とはいかないのです。
ただキバラー氏はすぐにわかりました。なんか長身ですらーっとしている紳士風の姿で
やはりオーラを感じます。
なんか有名人に会ったような気持ちでした。
(いや、登山ブログでは有名な方なんですけどね)
c0066176_18494.jpg

同行されるのはorisさんとメッツさんという方で、キバラーさんとは以前から交流があるそうです。
ただこのお二人は以前、伊吹山でニアミスしていたとのこと。
私の名前を呼ぶ方がいてそこにブラックカリマーの人がいたとのことでした。
うん、私ですね(^^;。とはいえ私もヤマレコの巡回をよくしている関係上、関西圏のユーザーの方は
大概知っておりますので存じておりました。
山座同定されていたのを聞いたとのこと。そういうのを聞くと山のつながりは
広いようで狭いなあという印象でどこかでつながっているのかな~と感じました。
あと雪洞の話とかしました。メッツさんは聞いた話によるとけっこう近所の方でした。
近場とかご一緒出来るかもしれません。

私は本当はちょっと前の生駒でご一緒する予定だったんですがちょっとした事後で
保留になっておりましてその辺、心配かけさせてもらっていたようです。申し訳なかったです。
c0066176_19586.jpg

キバラーさんはやはり生で見るとすごいです。やっぱり背が高い方です・・・
今迄見たハイカーでは一番高いのではないでしょうか?そしてスタイルも・・・
50近いということですが全然そう見えないところがすばらしい。
初めて見た方は驚かれるのではないでしょうか?
c0066176_194834.jpg

いや~けっこう私、シャイな人なんで久々にお初登山やると緊張しっぱなしでした(^^;。
最高尾でうっちいさんがおられたのでずっと話してました。
うっちいさんは良さげなカメラを持たれている様子で、良い写真が取れればと思います。
でもこういうカメラってなかなか扱いが難しいのではないかな~と思ったりします。
・・・デリケートな機器なので。
c0066176_110869.jpg

c0066176_1102919.jpg

メッツさんとはあの八ヶ岳で遭難している植田氏についてちょっとお話ししました。
植田氏ってけっこう無茶なことばかりしていつかやってしまうだろうな~という噂が
あったようですが今回そうなってしまったようで心配ですね。
彼の日記が毎日のように更新されていたのがプッツリ途絶えたというわけですから
やはりただ事ではなさそうです。
植田氏って誰?と思われるかもしれません。
けっこうディープな登山家と言っておきましょう。そこそこ知られている方です。
c0066176_1105296.jpg

さすがに今は六甲が旬かもしれません。何故なら新緑がここまで美しいからですね。
たとえ花がなくともこの新緑だけで来た甲斐があると思います。
c0066176_1111477.jpg

ちなみにこのルートはマル秘ルートなんでログは出さないでおきます。
あんまり出したら・・・なんで。でも出しているブログはいくらでもあるんで
意味がないかもしれません。我々が登っている間にも下山してきたグループがありました。
下山出来るんだったらここまで構えることもないかと・・・(^^;
c0066176_1113917.jpg

でもそんなにバリエーションというわけではないです。
いやむしろ普通でした・・・なぜこのルートが・・・なのかわからないくらい。
頻繁に使われているのかな~なんて思っています。
c0066176_112477.jpg

c0066176_1122516.jpg

ホント新緑だけですばらしいです。この碧さはなかなかないかなと。
c0066176_1132039.jpg

新緑はキバラーさんも気に入られた様子・・・どう写っているのか楽しみですね。
このあたりは紅葉シーズンも面白いのではないでしょうか?
c0066176_1133965.jpg

マヤカンはいきなり出てきます。何の前触れもなく・・・
c0066176_114458.jpg

マヤカンを楽しみにしているのがorisさんだったと思います。
ヘルメットとかいろいろ準備されてましたし、気合が違いました。
なんか、茶缶でパッキングしたり濡れタオルを持参されたりといろんなところで工夫されてました。
けっこう、テンション高めでしたしねw。
c0066176_1142533.jpg

c0066176_1144993.jpg

立ち入り禁止なようです。この辺は自己責任になってくるのでご注意ください。
c0066176_1151052.jpg

規模は愛宕山ホテルよりはるかにでかいですね。百部屋くらいありそう・・・
こんな建物が山中にあるなんて・・・奥が深いです。
・・・詳細ですが、、、(@@う~む、直接聞いてください。
c0066176_1152951.jpg

ちょっと前にボヤ騒ぎがあったようでして、不審者がいたら通報される恐れがあるので
あんまり公には出来ませんので・・・
まあ気になる方は実際に調べに行ってくださいな・・・
そして当然、自己責任になってきますのでご注意を。
ただ、印象ではあまり構える程、厳しいということはありませんでしたので
不審な行動をとらなければ特に大丈夫なのではないかなと思っています。
ただ廃墟マニアとしてはかなり採点が高いのではないでしょうか?
見方によっては軍艦島よりもすごい場所かもしれません。
c0066176_1155164.jpg

メッツさんが昔、営業時にここを訪れていたようでしてちょっと思い当たるところが
あったようでした。かつてのにぎわいを知っている方にこのホテルはどう見えたのか
興味がありました。
c0066176_1165971.jpg

いろいろ進むと最終的に虹の駅の展望台に出てきます。
c0066176_1171956.jpg

ちょっと紅葉っぽい(?)木もありました。何故この時期に紅葉!?
c0066176_1183430.jpg

摩耶ケーブルのとなりは整備されているので恐らくナイトハイクでも大丈夫かと思われます。
最も摩耶山はナイトする気にはなれませんが・・・
c0066176_1185850.jpg

シャガもたくさん咲いています。
c0066176_1191693.jpg

神社がところどころに祀られています。
c0066176_1193891.jpg

途中のこの木は樹齢1000年くらいあったそうですが、山火事によって枯死したようです。
残念ですね・・・
周辺の神社も消失したとのことでした。
この辺で記念撮影を行う。
この後、ちゃみさんの案内で摩耶山頂方面へ向かうようだ。ちょうど昼に穂高湖へつくようなので
そこまでご一緒しようということにしました。
聞いた話によると、ちゃみさんは双門ルートを大きなザックを背負って行かれたそうで
なかなかパワフルな人だなと思いました。ただ核心となる双門の滝は行ってなかったそうです。
双門ルートというとけっこう危険な匂いがするのですが実際はどうなんでしょうかね。
c0066176_1201229.jpg

このあたりも神社の敷地だったようで消失後は整備された様子・・・。
c0066176_1203161.jpg

摩耶山三角点があるのはこのあたり・・・
コースどりはちゃみさんにお任せということでしたがこの後、穂高湖まで行って昼食だそうです。
私は時間的にそのあたりが妥当かと思いましてそこまでご一緒する旨を伝えました。
c0066176_1205090.jpg

くたびれ呆けた図のようです(^^;。
c0066176_12172.jpg

八重桜が日の光にあたって美しい。
c0066176_1213378.jpg

菊星台です。(漢字間違ってますが変換出来ないのですw)
c0066176_1215064.jpg

これはトレランシューズの袋だとか・・・ただ登山靴は入らないようですね。
c0066176_1221520.jpg

摩耶山でこんなイベントがやっているのは初めて知りました。
そしてより賑やかになっていました。
c0066176_122441.jpg

何気に咲く八重桜も色がいろいろあって楽しいです。
c0066176_1231456.jpg

ここからアゴニー坂へ・・・けっこうおなじみの道でした。
c0066176_1233452.jpg

c0066176_1235361.jpg

ツツジも新緑と相成って美しいコラボです。
ちなみに花に興味ありそうなのは私とうっちいさんだけっぽかったです。
他の方々はどんどん先いっちゃってました。
c0066176_130160.jpg

こちらはヤマブキです。うっちいさんはすぐに答えられるあたり通っぽい(?)。
c0066176_1302757.jpg

c0066176_1323310.jpg

ちなみにこちらの花はわかりませんでした。
c0066176_1325279.jpg

ここは摩耶別山です。三角点があるかはわかりませんが、山頂がアンテナ(?)の敷地内で
入れません。
c0066176_1331196.jpg

アゴニー坂は確かに傾斜はありますが落ち着いておりればさほど問題ないです。
この坂はけっこう登りではしんどいようですが未だ登りで使用したことはありません。
c0066176_1335074.jpg

穂高湖までいくらかの破線道があるようですが、いたって普通の登山道です。
c0066176_1341461.jpg

c0066176_1343283.jpg

階段を上り詰めるとそこには湖面が見えてきます。
c0066176_1345071.jpg

そしてここが穂高湖。シェール槍はやや尖がった山です。
この辺は以前、来たことがあるので割愛です(^^;。

この辺でお別れとなったのですがけっこう新鮮でした。
キバラーさんとお会い出来ただけでもかなり収穫でしたね。
あと、あのマヤカンを実際に見ることが出来たことは大きいです。
この日は休養の予定でしたが急遽、お誘いがありました。
しかしこららの理由によって断る理由が見つかりませんでしたので(^^;。
六甲は本当に奥が深いです。いろんな歴史があるなあと思いました。
by ikakan | 2015-04-29 01:05 | 登山
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30