関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

金剛山【ツツジオ谷・細尾道(下山)】:完全氷瀑の二の滝に惹かれてまさかの2連チャン

実は先日、金剛山には行ったばかりではあるが、あのツツジオ谷の氷瀑が
完全凍結したというニュースを聞いて再度行ってみようと決心しました。
実は霧氷バスでどこかへ行く予定だったんですが、いかんせん気温の関係と
シーズンで人が多いということでこちらになりました。結果は良かったと思っています。
ここ最近は冷え込みが浅いので霧氷としてはちょっとイマイチの条件があるので
こっちに軍配が上がります。
c0066176_12591211.jpg

さて道案内をしましょうか。実はツツジオ谷のルートを説明してほしいとの問い合わせが
ありましたので実際に説明します。
c0066176_12584546.jpg

ここはおなじみ、まつまさです。ここを右に行くと千早本道です。ここを左です。
c0066176_13125100.jpg

c0066176_131402.jpg

いろんな施設がありますが概ね車道をずっと歩きます。
c0066176_1332367.jpg

このポイントですが、まっすぐはゲートがあります。こちらはカトラ谷に行く道です。
なので右になります。
c0066176_21225940.jpg

c0066176_21231672.jpg

次にしばらく歩くとガードレールが見えてきますので右折です。ちなみにガードレールの
角にツツジオ谷と書いてあるのでご確認ください。
c0066176_1343853.jpg

さて行きましょう~。
c0066176_13134658.jpg
3140
小氷瀑も楽しみながら~。
c0066176_13151543.jpg

ツツジオ谷は破線ではありますが荒れているということでさほど不明瞭ではありません。
もちろん足元に注意しないといけませんが・・・
c0066176_14245969.jpg

c0066176_14252292.jpg

こういう岩場のトラバースが凍結しているので気を付けないといけないのですよ。
c0066176_14254154.jpg

途中で橋があります。丸太橋です。渡ればツツジオ谷、渡らないとタカハタ道です。
ツツジオは常に沢ぞいなので間違えたら気づくでしょう。
c0066176_1427440.jpg

一般登山道ではありません。なのでこういう倒木とか普通にありますのでご注意を・・・
慣れてない方の行動は推奨しません。熟練者と一緒に行くことをおすすめします。
c0066176_14281446.jpg

沢道はホント滑りますのでご注意・・・
c0066176_14283062.jpg

堰堤の水も凍っております。これは期待出来るでしょう(^^。
c0066176_142987.jpg

c0066176_14292513.jpg

これが一ノ滝の氷瀑です。完全凍結ですが下部はちょっと欠けているのかな・・・
c0066176_1430613.jpg

遠くから見たらこんな感じです。最初、二の滝だと思ったんで一瞬アレ?と思ったんですけどねw。
c0066176_14302325.jpg

この通り沢は殆ど時が止まっておりました。
c0066176_14304029.jpg

c0066176_14311034.jpg

いよいよ満を持して見えてきましたよ~。
c0066176_14312862.jpg

すごい豪快ですね~。情報を頂いたハイカーさんに感謝です。
実際はやや滝の内部で水の流れはありましたが概ね完全に氷瀑しておりました。
この迫力はすごいですよ。一見の価値ありです。
ピークということでけっこうな人は見に来ていたようですが、大渋滞とかそんなことはなく
一人の時間もしばらく設けられて良い時間を過ごせましたよ。
c0066176_14314545.jpg

c0066176_1432493.jpg

下から見上げるのが一番豪快なショットです!。
c0066176_14323094.jpg

c0066176_14325816.jpg

c0066176_14333813.jpg

右側から見ると繊細なつららが。
まさに横の広がりがなんともいえないです。まさに自然の造形美。
c0066176_14342644.jpg

去年よりかなり美しい造形で感動モンです。
c0066176_14354533.jpg

しばらくゆっくりと眺めた後、後続の方が来られたので写真をお願いして後にしました。
c0066176_1436258.jpg

ちょっと上がった場所から眺めるのも良いではないでしょうか?
c0066176_14362314.jpg

ちなみに二の滝横の巻き道はけっこうな坂で滑りやすいので注意ください。
私も滑りました(><。
c0066176_14364248.jpg

c0066176_14365853.jpg

c0066176_14371660.jpg

二の滝上部もがっちがちです。そして氷瀑がいくつもあります。
c0066176_14373652.jpg

ただこの辺の道は岩と氷のミックスだったりするのでおきをつけください。
c0066176_1437521.jpg

そして斜面もけっこう急なので言うまでもありません。
c0066176_1438963.jpg

ノーアイゼンではけっこう厳しいことになっております。
c0066176_14384043.jpg

もちろん私は軽アイゼンはしますがw。
沢も完全に流れが止まっておりつるつるです。
c0066176_14391021.jpg

そして上を見上げると植林で薄暗い雰囲気です。最後はこの植林帯を上り詰めたところが尾根です。
c0066176_21234617.jpg

このようにだんだんと明るくなります。
c0066176_2124730.jpg

尾根まで出ましたが霧氷の状況はあまりよろしくない様子。やはり気温が高いのでしょう。
c0066176_21242559.jpg

ただ山頂だけはすごい人だかりです。すべての登山道が集結する場所ですから・・・
でも、マイナーな登山道だとさほど混むということはありません。ほぼ分散というか
半数以上が千早本道とロープーウェイと思われます。
ある程度かじってないと他のルートを使う人はいないと思います。
c0066176_21244837.jpg

c0066176_2125797.jpg

c0066176_21252948.jpg

c0066176_21254997.jpg

葛城岳周辺はまだ樹氷が残っておりまして楽しめました。
このあたりが野鳥の森なんでしょうか。カメラマンも多く見受けられました。
c0066176_2126818.jpg

c0066176_21262350.jpg

休みはちはや園地もレジャー化しています。
c0066176_2127389.jpg

帰りは細尾谷から下ります。
c0066176_21273380.jpg

この登山道もカチカチです。アイスバーンですね。
c0066176_21275464.jpg

やはりちょっと山頂から外れると人が激減します。というか殆ど人にすれ違わなかったです。
c0066176_21281432.jpg

c0066176_21283389.jpg

雪解けの沢と木漏れ日でなんとなく癒されますね~。
この道も好きです。
ちなみに冬の花と言われる氷華には出会えませんでした。
なんか枯れ木に霜のように付着しているとのことですが未だ確認したことはありません。
今季間に合うのでしょうか。
c0066176_21285451.jpg

c0066176_2129961.jpg

最後、念仏坂と合流してゴール地点へと向かいます。

久々の金剛山でしたが何と連チャンしてしまいました(^^;
目当ては氷瀑。最近の気温は不安定なのでどこまで持続するか不透明ですから
行けるときに行っておかないとすぐに落ちますからね。
そういった意味ではピンポイントで責められたかと思います。

GPS端末:XperiaUL

[PR]
by ikakan | 2015-02-14 12:43 | 登山
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31