関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

金剛山【モミジ谷・太尾道(下山)】:豪快な氷瀑、第6堰堤以降の谷分かれに注意

金剛山といえば近畿では有名な山で特に大阪では登山のメッカとして知られる。
登山客の他に一般ハイカーなど様々な人が来る日常的な山だと言えるでしょう。
そんなわけでいつも山頂は込みごみしているのだが・・・
私自身、以前はこの山はあまり好きではなかった。といいますのも登山道が
あんな永遠の階段みたいな内容で変化がなく面白みに欠けていたからだと言える。
ただいろんなブログや情報をたどるうちにこの山の奥深さを感じることが出来た。
季節ごとに咲く花々や様々な特色を持った登山道・・・そして樹氷と氷瀑もある。
こんな多彩な山はそうそうないであろう。何度登っても新しい発見がある。

そして氷瀑といえばモミジ谷の第六堰堤の氷瀑とツツジオ谷二の滝が知られる。
今回はその氷瀑をゲットしようと思い金剛山へ行った。

さてモミジ谷ですが、こちらは沢道だけあって破線路です。
去年はツツジオ谷にあるパパさんに案内頂きましたが今回は自力でってことで
果たしてどうなるやらなんやらでした(^^;。
確かに今は氷瀑で行く人は多いでしょうから多少は安心がありましたが
沢道は谷が枝分かれしたりすると道迷いの原因になりますし、赤テープなども
ない傾向があります(木がないから・・・)


日程:2月7日(土) 場所:金剛山 天気:曇時々晴れ

メンバー:2人
♂  マツさん 私

メンバーにマツさんを迎えました。地元の方のようで金剛山も何度か登られている様子。
時に遠征されるようで赤岳にも挑戦されたようです。
そういうのを聞いてほっとしました。なんか雪山初心者ですという人だったら
どうしようかと思ったのですよ・・・案内する人があまりにも無知な状態で
いきなり破線ルートとか案内するのもどうかですしね。
c0066176_793514.jpg

c0066176_795252.jpg

ガンドガコバ林道になります。意味不明の名称ですが、ダイトレの一部です。
c0066176_710852.jpg

このように少しすべりやすい内容です。しばらく続きます。林道歩きが苦手な人には
ちょっとつらいかもしれませんね。
c0066176_7102893.jpg

北側から見る景観も新鮮です。なんせ北側から金剛山を目指すのは初めてなもんで。
山の形も随分と違ってみえるようです。
c0066176_7104958.jpg

c0066176_711897.jpg

やがて橋が見えてきます。橋の方がダイトレです。
c0066176_7112457.jpg

橋じゃない方を選んでちょっとすすんで脇道を左です。
この道はガンドガコバルートといいます。
c0066176_7115263.jpg

沢に入りますと本格的な登山道になります。渡渉が度々あるので道をよく確認する必要があります。
c0066176_712789.jpg

やや痩せてはいるもののトレースはあるので気を付ければ問題はありません。
c0066176_7122837.jpg

堰堤に雪がありますが、凍ってはいないようです。もっと上の方になるんでしょうね。
c0066176_7124816.jpg

モノトーンの世界が広がっていて樹氷も見受けられるようです。
c0066176_713528.jpg

沢コースならではの荒れようです。
c0066176_7132058.jpg

c0066176_7133758.jpg

沢のつららを眺めるのも良いですね。
c0066176_7135457.jpg

第五堰堤でしょうか・・・
c0066176_7141266.jpg

c0066176_7142764.jpg

こちらは右に迂回します。やや滑りやすいです。
c0066176_7144493.jpg

氷瀑はあまりない様子。
c0066176_715076.jpg

モミジ谷でのポイントV字谷です。まさに谷ですね~。
c0066176_7152044.jpg

そしてその先にはお待ちかね第6堰堤です。
c0066176_715369.jpg

右側もガチガチに凍っております。
c0066176_7155182.jpg

メインの氷瀑はダイナミックに凍ってますね。今が一番ピークかもしれません。
マツさんもこの氷瀑は知らなかったそうで驚いておられました。
c0066176_7161121.jpg

ちょっと人も多いのであまり黄昏る暇もないですがバックショットで。
c0066176_7163357.jpg

氷の表面を眺めるのもまた醍醐味ですね。水の流れが止まっているようで。。。
c0066176_7164999.jpg

下から見上げるとまたダイナミックさを感じることが出来るのです。
c0066176_717553.jpg

氷瀑は本当に難しい・・・気温が不安定だとすぐに落ちてしまうようです。
実はこのあと1,2日で真ん中が落ちてしまったようでした。
c0066176_7172685.jpg

堰堤の巻き道を行きながら前景を見下ろします。
c0066176_7174366.jpg

c0066176_7175916.jpg

この後、不明瞭な道になり道を間違えることになります。
どこから間違ったのか定かではありませんがずっと沢沿いに歩いていたんですけど
実際はどこかで尾根に向けて方向を変えないといけないということでした。
地図でもそう記載されているのに確認不足でした(^^;
途中で沢が二手に分かれるところで左にまがってしまったということですね。
沢道ではこのように谷が分岐するところは要注意ということです。
c0066176_7181933.jpg

c0066176_718379.jpg

後から知った話によると、このモミジ谷は旧ルートがあるらしく左手の沢はまさにそれだったそうです。
おおよそこのときは登山道でない道であることは気づいてましたが、戻るのがやっかいなので
そのまま尾根まで直進することにしました。
c0066176_8401128.jpg

図によると第六堰堤の位置から少し戻ったあたりに本道があるようです。
A地点で右手に曲がるということですが、特にそんな気配はなかったですね~
②の沢から渡渉して尾根ずたいに登るというのが今のルートのようですが定かではありません。
第六堰堤からしばらく行ったあたりから右手の尾根に移るんでしょうか・・・
いずれにしろよくわからない道でした。
わかることは第六堰堤から先の沢をずっと歩いていると最後に笹地獄が待っているということです(^^;
c0066176_7185373.jpg

斜面はけっこうあるし、とにかくつかまるものがありません。うまく足を踏ん張って登らないと
すぐに滑ってしまいます。途中、滑り落ちてしまいましてマツさんを巻き込んでしまいまして・・・
ちょっと申し訳なかったです。そのままザザザ~っと10mくらい滑ったかな。。
c0066176_7191134.jpg

上り詰めると笹地獄です。この笹地獄のあたりにモミジ谷の正規ルートがあります。
ちなみに正規ルートもあまり明瞭ではありませんのでご注意を。
c0066176_7193415.jpg

いきなりここに出ます。おなじみの金剛山の参道ですね。
モミジ谷は第六堰堤からの谷分かれには要注意ということです。それまでは沢沿いに進むので
足取りさえ問題なければ行けるのではないかと思いました。
ただ慣れてない方の通行はやめておいた方が良いですね。経験者と行った方が良いでしょう。
c0066176_726399.jpg

帰りですが太尾道で。
共通で言えるのは北側ルートは長いということです(^^;
この道もたんたんとしていましたが時に急斜面があって積雪時だと軽アイゼンがいるかな~と
思いました。マツさんは終始ノーアイゼンだったんでおみそれしたんですけども。
c0066176_7273274.jpg

途中に葛城山のビューポイントがあります。

GPS端末:XperiaUL

by ikakan | 2015-02-14 07:08 | 登山 | Comments(4)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
Commented by あるパパ at 2015-02-14 08:38 x
もみじ谷はぼくも行ってみたいなと思いながらも今年はまだどこの山にも行ってないんですよね(汗)今はツツジオの氷瀑がすごいことになってるようで見に行きたいんですけどね…
Commented by Ikajyu at 2015-02-14 22:35 x
>あるパパさん
そうなんですか~いろいろ周りの環境とかもありますので
難しいところですね~。
ツツジオは確かに今年はけっこう当たりかなと思います。
機会があれば是非!。
Commented by 登山好人 at 2015-02-18 11:16 x
イイね。モミジ谷の氷瀑♪ 
ツツジオの氷瀑より豪快なような気がします。
僕も今年行けばよかった(>_<) 今さら遅い・・・
地図を見る限り本流をつめたのかな?
結果的にはモミジ谷本流をつめた感じなので
モミジ谷制覇!って感じでいいじゃない♪
あの辺はもう色んなルートがあるし、みんな適当に
尾根に登ってるって感じ。①と重ねっている尾根で
あがる人も居るしね。
冬季はどれが正規なのかもうわからないよね(^_^;)
Commented by Ikajyu at 2015-02-21 02:22 x
>登山好人さん
こっちの方は豪快ですよね~。
氷瀑は本当に儚いです・・・
またのチャンスに行ってみてくださいね(^^。
聞いた話によるとそうらしいですね。本当は途中で
谷から尾根に周るようでした。
でもこっちの方が谷の上流まで遡るので達成感はあるかも。
冬山だとどのトレースが本当なのかわからなくなりますね(^^;
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31