関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

伊吹山(冬季):5合目からはひたすら直登りの坂をひたすら登って行く・・・

伊吹山はすでに何度か登っている山でおなじみ5合目からはつづら折れの登りが
続くわけですが、冬季となるとちょっと都合が違うようです。
その積雪によって登山道は埋没して5合目からほぼ直登りになるようです。
今回、米原駐在のハイカーであるS山さんに同行頂ける機会が設けられました。
。そして登山仲間のコマクサさんとともに行ってきました。


日程:1月25日(日) 場所:伊吹山 天気:曇時々晴れ

メンバー:4人
♂  S山さん 西さん(途中合流) 私
♀  コマクサさん

c0066176_1147417.jpg

登山口前のみことやさんというところでS山さんいきつけのようだ。
こんな登山口の真ん前に駐車場があるとは思いませんでした。
c0066176_11473511.jpg

c0066176_11475267.jpg

1合目はすでに雪は溶けているようで、まあいつもと同じハイキングだったかなと(^^;
伊吹山のスキー場は今は閉鎖されていますが、理由はこの通り日照ですぐに雪が
溶けてしまうので営業出来ない為だそうです。それでも夏場はパラグライダーとかさかんですね。
c0066176_11494568.jpg

c0066176_11501137.jpg

2合目になってくるとようやく緩い雪があります。
c0066176_1152583.jpg

最近の暖気の為か溶けた雪がぬかるみとなっています。まさに泥地獄です(><
ぬめぬめとして気持ち悪いのですが・・・
c0066176_11534593.jpg

ただこのあたりからだんだんと積雪が安定してきたように思います。
c0066176_1154598.jpg

c0066176_11542076.jpg

そしてカーブを抜けると、伊吹山の堂々とした風格が顔を出す。
c0066176_11583137.jpg

稜線が白く染まるとまた絵になりますね~
c0066176_11594482.jpg

そしてあいかわらず人工物がちらほらありますけどね・・・
このあたりから積雪がずっと続くのでアイゼン装着となった。
ちなみにいつもの軽アイゼンではなく12本を。。
ラストの直登りだと前歯がないと掛からないようなので。
c0066176_120311.jpg

アイゼン装着の間にガスが出てきたようで山頂が見えなくなりました(><
けっこう短時間の間だったんでこれは驚きでしたね。
山の天気は変わりやすいということなんでしょうか。
また晴れてくるのを祈りましょう。
c0066176_1212418.jpg

このあたりはまだ夏道と同じルートになります。
c0066176_122201.jpg

五合目です。自販機も埋没してやっているのかどうかわかりませんでした。
c0066176_1224482.jpg

c0066176_124296.jpg

ここからは直登りです。まだなだらかですが6合目小屋が見えます。
夏道は右側に迂回するような感じですがこの場合直接小屋方面に登ります。
c0066176_1254336.jpg

まったく山頂はガスって見えませんが人の列がなみなみと続いています。
多少ガスってもルートはわかるかもしれませんね(^^;
c0066176_1263281.jpg

ここにキツネが・・・冬場もたくましく生きているようです。
c0066176_1264694.jpg

このガスに転々とした木・・・なんとなく幻想的で好きです。
c0066176_127177.jpg

前は点々とした人の波に続きます。
c0066176_12135380.jpg

そして人の波は後ろにも当然続いております・・・今日に伊吹に来る人も多いようですね~。
ちなみにこの日もヤマレコユーザー数人に目撃されました。
c0066176_1273721.jpg

滑落訓練でしょうか。何かの講習やってますね。
c0066176_1275248.jpg

だんだんと傾斜がきつくなってくるのがわかります。
夏道はつづらおれでしたが本当の直登りです。
c0066176_128654.jpg

7合目あたりからまた日が差してきました。
c0066176_1282250.jpg

やはり青が出るとくっきりして綺麗だなと感じます。
c0066176_1283917.jpg

ただしこの辺になってくるとかなり大変です。ピッケルの人もいました。
c0066176_1285531.jpg

霧氷もちらほら残っています。
c0066176_1291817.jpg

さて8合目ですがこれが45度くらいあるかと思うくらいの坂・・・骨が折れます。
c0066176_129351.jpg

傾斜もかなりあります・・・
c0066176_1295036.jpg

近くにコルがあるようで遠いんですよ・・・近いようで遠い。
c0066176_1210792.jpg

まさに天空に向けて歩くようなそんな錯覚に陥ります。
c0066176_12102327.jpg

ホントこの辺はすぐにガスったり不安定な大気だな~と思わせます。
この日はそんなに荒れてはないようでしたが。
c0066176_12104141.jpg

また同じ場所かと思われるかもしれませんが、これ近いようでホント遠いんですよ。
富士登山とか頂上が見えてるのにたどり着かない現象と同じです。
ここ、12本がないと滑落はしないと思いますが、3歩進んで2歩下がると思います。
つまり足の踏ん張りかきかず、ベルトコンベアを歩いているような感じになるわけですね。
c0066176_12142264.jpg

下山の人とうまく分かれているのは都合が良かったです。
c0066176_12153531.jpg

ホント最後の傾斜はこうなります・・・もう雲の上かな~。
c0066176_12155317.jpg

8合目から見下ろすとちょっと足がすくむくらいの傾斜に。
みなさんもがんばっておられる様子。
c0066176_12161075.jpg

さっきから進んでない(?)いや進んでますよ(^^;
c0066176_12162622.jpg

あとちょい・・・あいかわらず空は蒼いです。この蒼さは有数ではないかと思います。
まるで夜のような・・・
c0066176_12164237.jpg

皆さんもがんばってください!
c0066176_12165850.jpg

c0066176_12171434.jpg

c0066176_12173118.jpg

ようやくコルについたようです。ここまでくれば山頂まであと少しです。
c0066176_12174890.jpg

まさに雪の平原が続いています。夏場の華やかな花園とは思えません。
c0066176_1218580.jpg

この先に小屋が見えます。ちなみに山頂でS山さんの知り合いの西さん(仮名)がいるので
待ち合わせされているとのことでした。西さんはバリエーション好きで西の尾根から
来られるとのこと・・・そんなルートあるんですね~。
c0066176_12182186.jpg

c0066176_12183790.jpg

山頂小屋です。雪化粧はそこそこだった様子。
c0066176_12185242.jpg

北陵はどんな感じかというとそこそこ展望は望めるところです。
空気も穏やかなので山頂での昼食を取ることが出来ました。
c0066176_12191056.jpg

やはりS山さんはこの辺の地域に詳しいので金糞岳とかいろんな山の話を聞きました。
縦走とかけっこうルートが長いようです。
その辺、ご一緒出来れば良いなあと思ってました。
c0066176_12193030.jpg

c0066176_12194671.jpg

なんと山をバックにキツネが!?絵になります。山頂に動物ということで
けっこう珍しい光景だなあと思ったんですが。
まさかあの6合目のキツネではないかと、もしそうならここまで登ってきたんですね~
驚きです。
c0066176_1220517.jpg

そして後方には真っ白に雪化粧された白山が!?
くっきり見えるよりこうして山頂だけ浮き出たような感じの方が良いなと思いました。
S山さんはGWに白山に行く計画をされているようです。
これはちょっと惹かれますね~グループに参加させてもらおうかと検討中です。
周囲には別山とか魅力的な山もたくさんあります。
能郷白山というのもありますがこちらも気になりますね~。
c0066176_1220277.jpg

霊仙山方面も層が分かれていて幻想的です。
c0066176_12204570.jpg

風紋も綺麗にある感じです。
このあたりは夏場はお花畑が広がります。
c0066176_122111.jpg

後、私とコマクサさんで適当に周囲を散策・・・冬季の伊吹山はそうそう来ることはないですから。
c0066176_12211615.jpg

金糞岳方面もくっきり見えてきたようです。
この山も気になりますね~。
c0066176_12213880.jpg

c0066176_12215879.jpg

c0066176_12221897.jpg

しばし散策後、山頂を後にします。
c0066176_12261312.jpg

登りのあの坂はいったい下りではどんな感じなのでしょうか。
c0066176_12293190.jpg

c0066176_12295075.jpg

転げ落ちそうな感じでけっこう急です。ふんばって下ります。
c0066176_1230762.jpg

写真なんて撮ってたら一気に置いていかれそうです。
c0066176_12302461.jpg

帰りもおわん型はくっきりと姿を現しました。
c0066176_12304118.jpg

c0066176_1231238.jpg

ちょっと傾斜が落ち着いたところでヒップソリで下ります。
コマクサさんは軽快に下りて行きました。
そんなにスピードが出るわけではありませんがロングコースで
長く楽しめるフィールドだと思います。
c0066176_12312083.jpg

6合目小屋までもさほどかからなかった様子。
c0066176_12314057.jpg

ポイントは7合目すぎから5合目上くらいまでだと思われます。
ここなら適度な斜面でフィールドも広いので他の登山者への影響もありません。
c0066176_12315797.jpg

c0066176_12535547.jpg

c0066176_12541368.jpg

c0066176_12543092.jpg

あとはたんたんとくだっていきます。
c0066176_12551116.jpg

さすがに2合目となると殆ど積雪は見られません。
c0066176_12552999.jpg

西日に照らされてなかなか美しいです。
c0066176_12554668.jpg

ここまでくれば殆ど夏道と同じです。
c0066176_1256461.jpg

1合目から山頂を望めます。冬ならではですね~。
c0066176_12562079.jpg

お疲れ様です~。

前々から気になっていた冬季、伊吹山ですが夏場とはまた違った景観を楽しめて新鮮でした。
当日は穏やかな暖気に包まれていて山頂で昼食を取るなど安定しておりましたが
一度、寒気が入ると殆ど山頂に居られない程寒くなるようです。
そういった意味ではまだ厳冬期を体感していないかもしれませんが
とりあえず冬季を経験したということで収穫があったかなと思います。
空の青さは格別でした。。天空の青に向けて突き進む。まさにピークハントの名が
ピッタリなのではないかと思います。
伊吹山の冬季も最近は人気のようでそこそこの登山者がいました。
冬は特に気候の問題もありますから注意が必要です。

GPS端末:XperiaUL

by ikakan | 2015-02-01 11:39 | 登山 | Comments(10)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
Commented by katsu♨ at 2015-02-01 18:19 x
雪の伊吹は良いですね!
久しく登ってないですわ(笑
年末にkumiちょが単独で登って、なでちゃんにばったりしたらしいです♫
夏期にトレランで登ったこともありますが木陰も無くって死にそうになった思い出もあります(笑
麓のぐちょぐちょ泥道はいつでも酷いですよね〜
Commented by ひろ at 2015-02-02 08:45 x
冬の伊吹山、いいですね~♪
夏とあまりにも違うので驚きです!

いつかは冬の伊吹山に挑戦したいです。
Commented by あるパパ at 2015-02-03 06:50 x
雪の伊吹山大好き!というか雪しか行ったことない(笑)
写真では雪質がいまいちみたいな印象でしたね。
登りと下りは別のルートが正解なんですが知らないひとが多い時は登りの踏み跡をそのまま下ってきてすれ違いでかなり危険な状況になったり混雑したりしちゃいますので覚えておいた方が良いですね。また伊吹山クラスだと十分に滑落の危険性がありますのでピッケル装備が必要ですよね。
Commented by Ikajyu at 2015-02-06 00:44 x
>katsuさん
そうらしいですね~本人のレポにも載ってました(^^
あの急坂がどんなものなのか実際に体感してみたかったのですよ。
確かにすごい急斜面でしたw。
そして泥道もすごいですよね。泥濘という表現が合ってます。
夏場は逆に灼熱地獄ですよね。トレランなんてとてもとても(^^;
Commented by Ikajyu at 2015-02-06 00:47 x
>ひろさん
私も去年まではここに来るとは思いませんでした(^^;
だって物騒でしょう~ただ厳しいだけあって景観も
ストレートですかっとした空が楽しめますよ。
是非とも挑戦してみてください。
Commented by Ikajyu at 2015-02-06 00:50 x
>あるパパさん
雪は暖気で湿ってました・・・残雪期に近いかもしれません。
登り下りの境界線は踏み跡でわからなくなってましたので
登られている列についてゆく感じでした。
ピッケルは一応CLの方に尋ねたんですけど不要と言われまして
判断基準はいろいろあるのかもしれません。
Commented by 登山好人 at 2015-02-07 13:59 x
冬の伊吹山はまだ登ったことが無いです。
小屋までのダラダラ緩く長い道がイヤで
なかなか足が向かないな。
小屋以降は夏道だと九十九折れの道ですよね。
冬だとそれを直登(>_<) 傾斜キツそうやね。
でも、ヒップソリは長く滑れそうなので
一度滑ってみたいな~(^o^)
今度はどこに行くんかな?
Commented by yshoji2347 at 2015-02-08 19:58
こんばんは
雪山のシーズンも残り少なくなってきましたね
伊吹山は6年前の正月にに登りましたがその後は
遠いので中々登る機会がありません 
青空と真っ白な雪 冬山のだいご味ですね
Commented by Ikajyu at 2015-02-09 23:55 x
>登山好人さん
でも、逆に考えればつづらおれの登山道を直進出来るという
強みがありますよ(^^是非とも。
そしてこの坂はシリセードされる方もおられるので
冬ならではの下山も可能です。
ヒップソリは楽しいですよ。最近はブームになりつつあります。
次はどこに行くのか予想してみてくださいな。
Commented by Ikajyu at 2015-02-09 23:57 x
>熊取のおっちゃんさん
この分ではあと少しになりそうですね~
伊吹山もなかなかアクセス面などを考えると
タイミングも取りずらいかもしれません。
青と白のコントラストはいつみてもすがすがしいですね。
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31