関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

【明神平の冬②】:この雪原でヒップソリ遊びをするのは爽快感があって最高です!

c0066176_71603.jpg

あの蒼梟さん(でしたっけ・・・あるパパさんの相方の方)もこの日ここに来られていたようだ。
ちなみに蒼梟さんとは何度もニアミスしているが、殆ど顔の方覚えてません・・・
確かあのときも前方の隊列だったんで殆ど会話した覚えがない・・・
なのですれ違ってもたぶん気づかないと思う。
もなっちさんと来られていたそうだ。(ちなみにもなっちさんもネット上でしか存じてません(^^;)
その他、いろんな方とお会いしてましたw。
帰りには綾太郎さんに声をかけられて驚いたんですけどね。
c0066176_717576.jpg

あとはこの坂を登ると前山のようです。
c0066176_7212826.jpg

c0066176_7243712.jpg

こういう景色は北海道でしか見れないと思ってましたが、関西にあるんですね。こういう場所。
c0066176_726555.jpg

皆もなだらかな山をゆったりと登る。。。もはや文句のつけようがないでしょう。
いやこれで文句言ったら逆キレしますよ(笑)
つーさんもこの景色が見たかったと言ってましたし、ノリコマさんも行かなかったら
後悔するところでした~とおっしゃってましたのでこれで完全勝利です。
c0066176_7262924.jpg

c0066176_7324139.jpg

前山です。ここも眩い太陽が樹氷を照らしております。
c0066176_7264678.jpg

眩い光が霧氷を輝かせて空を蒼く染めます。これが冬の美しさですね~青と白が・・・
c0066176_727528.jpg

c0066176_727256.jpg

贅沢な景観ですね・・・皆あんまり会話してなかった気がする(^^;
c0066176_7274238.jpg

もうつーさんなんて写真モードに突入して話しかけられませんしねw。
c0066176_7275780.jpg

c0066176_7281473.jpg

この一本木の下で昼食となりました。ホント飯がうまくなるような絶景です。
c0066176_731250.jpg

皆カップ麺ですが、カップ麺でも充分おいしくなるおかずでしょう。
c0066176_7311768.jpg

ふう・・・
c0066176_732821.jpg

ちなみにつーさん目線。
c0066176_7331075.jpg

樹氷の木々の下で雪の稜線を見ながらの昼食はなんとも贅沢なひと時でした。
c0066176_7332592.jpg

昼食後はヒップそりをして楽しみました。前山はちょうどなだらか斜面があって
ヒップそりをするには良いフィールドがあります。
他にもスキーで来ている人も何人か見受けられました。
c0066176_7333923.jpg

ノリコマさんはけっこうノリノリっぽかったw。
c0066176_7371671.jpg

つーさんはややアンコントロールだった傾向(?)
c0066176_7374573.jpg

こんな風にw。
c0066176_738434.jpg

ヒデさんは初めてということですが一番安定していたような気がする・・・
c0066176_7454184.jpg

ただ登るのが面倒ということですw。まあ気候が穏やかなんで良いでしょう。
ヒデさんはもういいわ~と(^^;。
c0066176_746192.jpg

では今度はポイントを変えるとします。ザックも移動ということで撤収。
c0066176_7461849.jpg

さて次のポイントは。
c0066176_7463634.jpg

ここから。
c0066176_7465233.jpg

斜面は悪くないんですがなんせ新雪であんまりスピードが出ません(^^;
c0066176_7472677.jpg

明神平もけっこう広大なんでとても全部周り切れませんね・・・
明神岳あたりまでは行けそうな予感はしましたが時間がありません。
c0066176_7474487.jpg

水無山方面にも面白い斜面がありそうでした。まあとにかく周れたらよかったのですが。
c0066176_751049.jpg

c0066176_751164.jpg

c0066176_751335.jpg

c0066176_7515079.jpg

ちょっと名残惜しいのですが明神平を後にします。
c0066176_752915.jpg

c0066176_7523184.jpg

c0066176_7525095.jpg

下山中もまだまだ絶景を鑑賞しながら降りる余地はあります。
c0066176_753899.jpg

c0066176_7532591.jpg

このような繊細な樹氷が続くので下山もダレることがないのです。
c0066176_7534461.jpg

今度は薊岳に行ってみたいという話をしました。ヒデさんによると冬季は痩せ尾根なので
おすすめ出来ないとのことです。
c0066176_82322100.jpg

c0066176_8234374.jpg

c0066176_824034.jpg

c0066176_8241717.jpg

下りのつづらおれの景観は〆るのにはちょうど良いかな~と思います。
c0066176_8243150.jpg

一番の要注意箇所らしいです。落ち着いてクリア。
景色に見とれてるとこけますしねw。
c0066176_8244911.jpg

谷から見上げる樹氷も高低感があって良いのですよ。
c0066176_825541.jpg

標高を下げるとさすがに日差しによって落ちてきてましたがそれはそれで繊細さに磨きがかかってました。
c0066176_8252221.jpg

ショートカットを交えながらヒップそりなどを駆使して下ります。
c0066176_8254188.jpg

こちらは樹氷と氷瀑のコラボです。これも良い絵ですよね~
c0066176_8255894.jpg

麓ではこういった光景も。。。奥の方が霧氷があってそれが光にあたったことにより
光り輝いて見える現象なんですよ。これも晴れてないと見ることが難しい・・・
c0066176_8513241.jpg

c0066176_853879.jpg

標高の低い場所ではもう霧氷は落ちているようでした。
多分、明日からはまたちょっと条件が厳しくなるかもしれません。
というか、もう今季は明神は良いかな~と思ってます。
c0066176_8573299.jpg

c0066176_8575163.jpg

ありがとうございます。ヒデさんも車の方感謝します。
おかげで明神の冬を満喫出来ました。

明神平は成る程・・・うわさ通りの美しさでした。
見渡す限りの平原と雪原・・・そして樹氷の美しさは有数かなと思います。
三峰なども有名ですが、その視野の広さと広大さは他の追従を許さないかな・・・と。
一度行ってみることをおすすめします。

GPS端末:XperiaUL

by ikakan | 2015-01-24 07:08 | 登山
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30