関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

綿向山(冬の竜王山逆周回その①):まさかの先駆者がいないノートレースの稜線を行く

今回の3連休中日は久々にゆんさんとの山行なのでちょっと楽しみであった。
ゆんさんはパウンドケーキを必ず作って頂けるとして知っておられる方は
いるかもしれませんがサービス業の方なので通常は平日が休みの方です。
なのであまりご一緒出来ることは難しいのです。

この日はけっこう前から決定しておりましたが場所が今一つ決まってませんでした。
私は明神平など奈良の山を希望している点もありましたが、ゆんさんや他同行者の
まなみさんが神戸の方なので奈良はアクセスしにくいという問題がありました。
私もけっこうでしゃばりな人なんでそれでも天候がどうのこうの言って
かき回す悪い癖が出そうなんであえてあまりメールしませんでした~悪しからず。。
やっぱり天候で場所を変えたいという気持ちがあるのもあるんですが、グループ登山は
他の人の都合などもあってのものですからその辺をよく考えないといけないかな~と反省しております。

となると比良山系や鈴鹿山系が候補に挙がってきます。
鈴鹿山系も、以前景観が美しいとされた御池岳など気になる存在でありますが
迷いやすいなどの理由でお流れとなりました(><。
グループ登山でないと行けない場所などがあるので安全面も考えてうまく活用して
行きたいですね。

場所ですが綿向山になりました。綿向山は樹氷で良く知られており地元ではけっこう
メジャーな山です。アクセスはやはりややこしいもののコースは全体的に整備されているので
気軽に楽しむことが出来るのではないでしょうか。
・・・と思っていたんですがあんなことになろうとは思ってもいませんでした。


日程:1月11日(日) 場所:綿向山 天気:曇時々晴れ

メンバー:4人
♂  ヒロさん 私
♀  ゆんさん まなみさん

さてメンバーとは車ピックアップにて現地へと向かう。
公共手段では行くことが出来ますがバスで登山口から1時間離れた場所と現実的ではありません。
これだとピストンしか手段がありませんので必然的にマイカーメインとなってきます。
c0066176_20522715.jpg

車は駐車場は満車だったんでトイレ前のスペースに置きます。
c0066176_20524387.jpg

CLはヒロさんにお任せみたいな雰囲気だったんですが、
なんと竜王山方面へと向かっていくではありませんか!
一瞬、道間違ってますよ~と伝えようかと思いましたが恐らくこっち側から行く予定なのでしょう。
周回、というのは想定でしたが、まさかこっち側からというのは考えてなかったので
あれ?っと思ったんですよね。
c0066176_2053177.jpg

でもこっちから昼食に間に合うのかな~なんて多少は思ってました。
こっちのルートは避難小屋とかありませんし・・・
c0066176_20531874.jpg

竜王山登山口です。なんかヒロさんによるとトレースないらしいです(^^;
となると向こうから人がこない限りラッセルなのでしょうか?
でもここから引き返すとなるとやはり時間ロスが発生するので難しいです。
ここは突破しようということで決定しました。
c0066176_20533621.jpg

トレースはないもののなんとなく道が出来ているであろう場所から登ってゆきます。
c0066176_20535381.jpg

先頭のヒロさんはさすがにパワーがいりそうな印象です。
場合によっては私が交代かな~ということも聞いておりました(^^;
c0066176_20541126.jpg

植林帯では登山道が埋没している為、GPSで目的地を知りながらそこへ向かって行くしかない。
c0066176_20543040.jpg

竜王山は以前来たときは雪はかなり溶けているのもあったのでまったく問題はなかったが
今回はまったく埋没している。終始直登りだったと思う。
c0066176_2054497.jpg

このように雑木林になるとまったく登山道がわかりません(><
まず単独では来ないでしょうね~
c0066176_2055598.jpg

中盤を過ぎるとちょっと日差しが差して雪が日に映えてきました。
c0066176_20552566.jpg

いよいよ新雪も深くなってくるということでゆんさんとヒロさんはワカン。まなみさんは
スノーシューを装備した。ちなみに私は持ってきてなかった(^^;。
まさか竜王から登るなんて聞いてませんし。
c0066176_20554152.jpg

c0066176_20555837.jpg

最近の寒気で雪はもちろんのこと樹氷もかなりあったりして雪景色は充分に堪能出来た。
c0066176_20562093.jpg

c0066176_20563719.jpg

頂上直下の登りは普段は鉄階段だがもちろん埋没しているのでパワーがいる内容になっている。
c0066176_20565578.jpg

なんとか山頂にたどり着いた。トレースはやや外れていたものの頂上の位置が大体わかっていたし
赤テープなどの目印も頼りにしていたためさほど苦戦することはなかったと思う。
ただ単独とかだったらどうなっていたかわからない。
ここで後ろから一人のハイカーの方が登って来られた。地元の方らしく
今回の天気は良さそうなので竜王から登ってみようと思ったようだ。
ちょうど我々が作ったトレースがあったので助かったとのことでした。
しばらくは地元ハイカーさんも同行して歩くことにする。
c0066176_2057994.jpg

誰も通行していないということはつまりどのルートを歩くかはよく考えておかないと
とんでもない方向に進んでしまうということになる。
尾根道で比較的わかりやすいかと思うのだが、このように樹氷や雪の密林化している状態で
正しい道を探すのは難しいかもしれない。
c0066176_20572811.jpg

このあたりですでに樹氷があるので間違いないが頂上付近はどうなっているのだろうか。
想像出来ないところがちょっと不安かも・・・
c0066176_20574660.jpg

先頭のヒロさんは果敢に突き進む。ラッセル程ではないが壺足でけっこう深いので
体力を要する。ちなみに私はワカンを持参していないという理由でうまく後方に退いた(?)。
c0066176_2058466.jpg

c0066176_20582211.jpg

こちらは842ピークの鉄塔です。すでに霧氷が付いていて凍りついてます。
やはりこういうところに来ると風が強いですね~。
こちらから五合目小屋がよく見えるのですが向こうにはやはりけっこう人がいるようでした。
向こう側からこっちは見えてるんでしょうかね~物好きな人だな~と思われてるかも(^^;
ここから地元の方は先に行っておきますとのこと、ラッセル期待しております~。
c0066176_20583828.jpg

見晴はやっぱり良いですよ。真っ白な山並みが一望出来ます。
ただこのときは天候がまた荒れ気味だったんでアレだったんですけども・・・
c0066176_20585284.jpg

再び樹林帯・・けっこうワイルドですね~。こっち側から登る人なかなかいないんでしょうね。
それは納得です。登りやすさから言うと比べもんになりません。
私の判断だったらこっちから登りませんw。
c0066176_20591035.jpg

c0066176_20592628.jpg

なんか樹氷帯というより塊なんですよ。付着しすぎて塊になってます。すなわち風などで
落ちてきて痛いんですよね。ビシビシと当たります(><
c0066176_20594347.jpg

c0066176_20595771.jpg

しかも霧氷が付着しすぎて重くなった枝が垂れ下がっており通行困難になります。
これらをかき分けて行く必要性もあるのです。
c0066176_210138.jpg

c0066176_211751.jpg

あちこちでパキパキという枝が折れる音が聞こえます。
それだけ雪が重いのでしょうか。
c0066176_2112549.jpg

c0066176_2114424.jpg

天気は悪いというわけではありません。薄曇りというところで時折晴れ間が見えたりします。
なので樹氷の景観はけっこう美しかったです。ただ、ルートがルートなだけに
あまりゆったりと鑑賞している余裕がないのです。
c0066176_2124100.jpg

ここは稜線なので景観が良いです。そういった意味では表山道より良い展望が望めます。
向こうはここまで展望が開けるということはないです。
c0066176_2122994.jpg

このように木々の間からも山並みが一望できるのが竜王山コースの魅力でもあります。
c0066176_2124728.jpg

何故人が少ないかというとハードだからです。トレースが付いていても深雪でけっこう厳しいのです。
ましてこのルートから登る人など殆どいません。
c0066176_213724.jpg

c0066176_2132693.jpg

下りはシリセードやヒップそりが出来そうなんですけども・・・
c0066176_2134278.jpg

がんばって頂いています。私は写真撮影に没頭(?)
もう、樹氷というか幹にまで及んでいます・・・
c0066176_214578.jpg

ここまで行くと意味わからんです。足元は相変わらずずぼずぼ・・・
c0066176_2142424.jpg

c0066176_2144779.jpg

c0066176_215735.jpg

もはや異様なんです。樹氷というような繊細なものではなくモンスターでした。。
風の度にぱらぱら落ちてきます。なんか別の物を見ているような錯覚です。
c0066176_2152565.jpg

c0066176_2154217.jpg

しばらく平坦な稜線があるのですが一度下って登り返します。
その尾根までの登りがまたすごいのです。
c0066176_2155810.jpg

ゆんさんはすでに傾斜がきつすぎてワカンで走行できることが難しくなったようです。
しかもこんな斜面でワカンを取り外すのは容易ではありません。終始苦戦を強いられてました。
その中でまなみさんはスノーシューで最後まで行ったそうです。
なんか終始パワフルでした・・・
c0066176_2193759.jpg

c0066176_2195576.jpg

c0066176_21101231.jpg

c0066176_21102839.jpg

ここ登山道なんでしょうか・・・(^^;いや、向こうと全然違うんですけどね。
伝わるかどうかわからないんですけど、皆相当疲弊してます。
これ樹氷じゃないです(汗。もうかき揚げモンスター。
モンスターに果敢に挑む我々・・何度もすべって滑って転んでなんとかなんとか・・・
c0066176_21105044.jpg

c0066176_211175.jpg

異様でしょう(^^;これはホント樹氷鑑賞とかじゃないんです。モンスターとの格闘ですw。
というかここどこなんでしょう?向こうで一般登山者がゆったり樹氷鑑賞している中で
ただただ格闘を続ける我々・・・。
私も写真撮りながらというのがけっこう困難です。足場がかなり不安定なもんで・・
c0066176_21112812.jpg

冬のジャングル格闘はまだまだ続きます。
c0066176_21114614.jpg

c0066176_2112217.jpg

c0066176_21121819.jpg

私もちょっと平坦なところでしばし黄昏を・・・ただ疲弊します。
昼も過ぎてるんで昼食はどうするんだという感じでしたけれども・・・山頂で取るのでしょうか?
今回はゆんさんのトマト鍋ということで楽しみにしてたんですけどね~。
c0066176_21123881.jpg

さてあと一つ山を越えれば良いはずです・・・(たぶん)
c0066176_21125717.jpg

c0066176_21131422.jpg

c0066176_21133061.jpg

もはや山頂直下のは何なのかわかりません。
c0066176_21134611.jpg

鈴鹿の山並みが見えてきたのでもうすぐイハイガとの分岐のはずです(たぶん)
c0066176_21135950.jpg

c0066176_21141620.jpg

景観が見えてきたとき空が運よく晴れてきてテンション上がりました。
ゆんさんもこのあたりは歓声を上げてました。
c0066176_21143815.jpg

c0066176_2114547.jpg

ただ、スノーシューのまなみさんの健闘がなければここまで行けなかったかもしれません。
本当に感謝します!私一人だけだったら余裕で無理です。というかこんなとこ来ませんよ(^^;。
c0066176_21151110.jpg

おお~と感動・・しかも誰もいませんし独占状態。
竜王で下山ですれ違う人も数グループしか見かけませんでした。
ただ、この山域で格段に北側の景観に差があるのは確かですね。
c0066176_21152823.jpg

頂上直下の樹氷は蔵王とかのを連想するようなモンスターでした。
この関西でこんな景観が見られようとは・・・
c0066176_21154613.jpg

c0066176_2116114.jpg

ゆんさんとヒロさんも続いて登って来られます。やはり歓声がありました。
高度感、展望とけっこうすばらしいです。綿向山が殆どの方が表山道ピストンで
帰られるというのはもったいないことですね・・・このあたりの景観こそ一度見ておくべきでしょう。
c0066176_21162234.jpg

c0066176_21163949.jpg

1000mちょいの綿向は侮れません。2000m級でもひけをとらないと思います。
エビの成長もまるで高山を歩いているような印象を受けました。
c0066176_21165449.jpg

そしてこれがイハイガの稜線です。ついに来た~って感じでしたね。
苦労した分、ここまで来れたこととこの景観が見れたことは感動的でした!
c0066176_21171787.jpg

とにかく美しい純白の白・・・まばゆいです~
c0066176_2117344.jpg

雨乞と鎌ヶ岳です。まさに何のトレースもない美しい雪の稜線が続きます。
c0066176_21175133.jpg

綿向までの稜線も非常に美しい!ゆんさんが雪崩を指摘してました(^^;
確かにありますね~。
さて問題は時間ですが・・・すでにここで14:30周ってますから昼はどうするのかと
思っているのですよ・・・

続く
by ikakan | 2015-01-12 20:50 | 登山 | Comments(6)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
Commented by ありす at 2015-01-13 18:26 x
綿向山の掲示板からきました!

先日六甲のクリパでご一緒していただいた
ありすです!

わたしも同じ日、綿向山にいました(^^)

もちろん雪はまだまだ初心者なので
正規ルートでしたが
めちゃくちゃめちゃくちゃ楽しかったです!
山頂は見事に晴れ渡り
鈴鹿山脈が見事でした!

いかじゅうさんたちの
ルートは
山頂から見えていましたが
おーっ!
すごーい!とまったくトレースのない感じを見ていましたがまさかあのルートからこられていたなんて!


綿向山は
アットホームで温かさいっぱいの
山でしたのでもぅまたすぐにでも
行きたい山のひとつになりました。

②のレポ楽しみにしていますね!
Commented by yun* at 2015-01-13 19:12 x
いかじゅうさん、こんばんわ☆
早速、アップしてくれてたようで、(FBの山友から見たよ~て
コメントもらって知ったの、(^_^;))

今回は、冬の綿向・竜王を何度も登っているひろさんと
一緒だったので、多少は安心していましたが、
やはり新雪ラッセルしながらの山行は、大きく
タイムスケジュールを狂わせると思い知らされました。。。

でも、いかじゅうさんと忘年会で久しぶりに会って、
今回の山行が叶ったこと、とても嬉しく、また是非、
ご一緒したいと思いました。

後編、待ってますね(#^.^#)
Commented by hide at 2015-01-14 20:29 x
綿向山と聞き、昨年のご一緒したイメージを思い出しましたが、更にすごいことになっているんですね。また、駐車場も満車みたいで、なかなか人気の山であることが伺えます。同じ日に稲村に行ってましたが、この山は私のレベルでは登頂不可能と良くわかりました。綿向山はまた、今期も行きたい山です。
Commented by Ikajyu at 2015-01-15 00:34 x
>ありすさん
こんばんは(^^。御無沙汰しております。
お近くにおられたのですね~やはりこの時期の綿向は人気があるようで。
雪の景観が楽しい山ですね~山頂から見る鈴鹿山系も良いですよね。
あっちのルートはまさに自然そのものであまり人の手が加わってないので
雪山のワイルドさを楽しむことが出来ます。
けっこうハードですがその分、偽りのないダイナミックな景観を味わえますので
表道に飽きてきたら如何でしょうか?
Commented by Ikajyu at 2015-01-15 00:41 x
>yunさん
早速みて頂き光栄です。<FBの人は誰だろうw。
ヒロさんは場馴れしている感じだったんで安定感がありましたね。
おそらく行けるとは思ってたんですが、やはりあの新雪こぎでどのくらい
時間がかかるのかということが気がかりでした。
でも皆さんの協力もあってなんとか登頂出来ましたね~
私一人だったら引き返していたかな~と思います。
半年ぶりでしたが充実した一日でした。また土日あたり休みがあれば
御気軽におしえて頂ければと思います。
後編もしばしお待ちください(^^;
Commented by Ikajyu at 2015-01-15 00:45 x
>hideさん
稲村行かれると聞いたときは驚きました(^^;
なんとか御無事でなによりです。
あそこはほんとすごいラッセルと聞くので登頂は困難なようです。
こちら綿向もけっこうすごいことになってました。
雪が深いですし、モンスターが行く手を遮って格闘の日々でしたw。
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31