関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

小谷山:かつて浅井氏が居城として滞在した山城を巡る。

小谷城址は浅井長政が織田信長軍の侵攻があったときに居城としてあった場所であり
いろんな遺構が残されています。そういった背景を感じつつしっとりとした大人の
登山を楽しむ分には良いかな~と思いました。
歴史はあまりわかりませんがその雰囲気を味わうことは出来ると思いますので
是非ともそんな登山をしてみては?と思う今日このごろ・・・。


日程:11月23日(日) 場所:小谷山・虎御前山 天気:晴れ時々曇り

メンバー:3人
♂  私 PARFAITさん 髭親父さん

c0066176_816287.jpg

さて、今回は湖北の里山、小谷山へ。JRの河毛駅にて待ち合わせ。
以前、生駒山ナイトハイクでお世話になった髭親父さんとPARFAITさんと会い
そのまま山の方向へ行く。距離はそこそこあるようです。
PARFAITさんは歴史に詳しいようでいろいろおしえて頂きました。
そしてCLも何故か取って代わった感じでまあいいや~と思ったりw。
当初はバスで行くつもりでしたが時間が微妙だったのであっさりと徒歩で。
それでも田園風景などが楽しめて快適な行程となりました。
c0066176_82033.jpg

c0066176_8201820.jpg

いよいよ小谷山が見えてくるんですけどもけっこう期待できそうです。
すでに山が燃えている感じでしたからw。紅葉のスポットだけに楽しみです。
殆ど嵐山とか高雄・・・鞍馬とか京都のスポットはのきなみ満員御礼なんで
人がいない湖北に来る意味があるのですよ。ゆったりと穴場の紅葉が楽しめます。
確かに時期が時期だけに人はある程度はいますが、京都のそれと比べて
ホント穴場と言えると思います。
c0066176_8203521.jpg

このあたりから入ってゆきます。
c0066176_8205156.jpg

日の光が眩しいです。しばらくは林道をゆきます。
c0066176_821670.jpg

c0066176_8212047.jpg

この林道の紅葉もなかなかすばらしい出来だと思います。
c0066176_8213416.jpg

c0066176_8214757.jpg

今年も燃えるような紅葉に出合うことが出来ました。
c0066176_822378.jpg

この林道を歩く人はそうそういませんのでゆっくり楽しむことが出来ます。
各々写真を撮りながらゆったりとハイクします。
残念なのはこの企画の参加者が集まらなかったことでしょうか。
いや~自信作だったのに・・・ですよ(><
c0066176_8222533.jpg

c0066176_8224036.jpg

c0066176_8254344.jpg

c0066176_826079.jpg

ほおっとうなずく限り・・・ご立派な木です。
望笙峠の一本楓です!林道と山道が交わるところにあります。
c0066176_8302865.jpg

この山は高取城よりもハイク色が強いので自然に楽しむことが出来ます。
c0066176_8304911.jpg

遠くには伊吹山が見えます。
c0066176_831490.jpg

c0066176_8311975.jpg

c0066176_831344.jpg

桜馬場です。このあたりから城址っぽい雰囲気が出てきますね。
c0066176_83150100.jpg

やや整備されたっぽい雰囲気ですが。
c0066176_832966.jpg

燃える楓はここでも健在のようです。
c0066176_8322622.jpg

大広間方面へと向かうと地元ガイドが城址見学に来ているようでけっこう人が増えてきました。
c0066176_8324378.jpg

大広間はやや高台になっているようです。
c0066176_833189.jpg

c0066176_8331997.jpg

c0066176_8333514.jpg

一味違うのはここは黄葉の木もあるということです。こちらもすばらしいのです。
c0066176_8335028.jpg

c0066176_834547.jpg

c0066176_8342150.jpg

大広間に広がる黄葉の広大さは圧巻でしたね。ただただ吸い込まれるばかり・・・
いや~この企画、くどいですが、自信作だったんですよ~
それがですよ・・・集客に失敗してしまって。。。
c0066176_8522475.jpg

PARFAITさんがなんと抹茶を作ってくれました(^^。
いや~紅葉の下での抹茶・・・風情あります~。これで茶菓子でもあれば完璧でしたね~
c0066176_8524040.jpg

大広間の端にてそれぞれが昼食をとってしばらく休憩。
c0066176_853011.jpg

まさに秋の集大成・・・赤の芸術といえます。
c0066176_8532197.jpg

c0066176_8533952.jpg

箇所によって看板があり、場所の説明があってわかりやすい。
c0066176_8535890.jpg

紅葉も色とりどりで楽しめます。多彩ですよね~。
c0066176_8541511.jpg

c0066176_8543158.jpg

c0066176_854531.jpg

c0066176_8551010.jpg

晴れていると映えが違います。山域が湖北でもあるんで木の種類も多彩ですよね。
いや~これからの穴場の紅葉狩りは湖北に限るのではないでしょうか?
c0066176_8552974.jpg

c0066176_855471.jpg

このトンネルは本当に眩しい・・・
c0066176_856419.jpg

c0066176_856232.jpg

c0066176_8564197.jpg

山頂までは階段が続きます。
c0066176_8565767.jpg

ここは岩尾という展望処です。紅葉の縦走路と遠目に伊吹山が見えるという立ち位置ですね~。
c0066176_8571618.jpg

c0066176_857321.jpg

山頂に到着!です。展望はないようですが・・・
c0066176_8575049.jpg

西側の尾根からは横山岳や金糞岳などが遠望出来る場所がありました。
良いですね~展望はないと思ってたのでサプライズでした。
さてこのまま下山してどうするのか・・・
登山道をそのまま折り返して途中で谷から降りるのか、また尾根つたいに歩くか。
ここは無難に谷の道を選択することにする。
何故ならここは熊のすみかなんであんまり山深いコースには入れませんから。

>>虎御前山へ続く>>
[PR]
by ikakan | 2014-11-29 03:22 | 登山
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31