関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

台高「桧塚②」:桧塚奥峰の大展望から桧塚までの稜線を歩く

その①はこちら

c0066176_211066.jpg

明神岳へ向けて再出発!。
c0066176_2132175.jpg

すがすがしい秋の空を望みます。
c0066176_2162441.jpg

振り向くと明神平が展望出来ます。こんな日の条件で樹氷が見れたらすばらしいでしょうね!
しかし、その条件も難しいようです。
私も伝説の三峰山がありますけど、あんな日、冬季でそうそうないですからね~。
伝説と言いますと私はえれえこったの管理者のbp-hiroさんですね。
あの双門の日以来、まったく会う機会がないので私の中では伝説の人になりつつあります。
水木あたりが休みだそうです。
c0066176_2191277.jpg

c0066176_2192767.jpg

尾根に出ると明神岳方面へ行き、昼食のポイント、桧塚奥峰へ行きます。
c0066176_2195233.jpg

ちなみに明神岳は平坦なピークで尾根道についでにつけられた感じでした。
c0066176_21101217.jpg

三つ塚から明神岳にかかる尾根道は南側がぱあっと開けてすがすがしいです。
c0066176_21132120.jpg

大峰の山域が一望出来る場所です。
c0066176_2115056.jpg

紅葉しかけている葉が青空に映えます。少しでも美しいですね~
c0066176_21151443.jpg

明神岳からしばらくすると左に折れます。ここから鬼門でした。
c0066176_21153314.jpg

c0066176_21154694.jpg

青空だともみじの輝きも一味違います!何度も上を見上げたくなる。
c0066176_21163719.jpg

c0066176_2116538.jpg

桧塚奥峰まではこんなフラットな道が続きます。いろんな人がいろんなルートを行く為
不明瞭です。私は付いてゆくだけだったんで気楽でしたが(^^;
涼さんによるとトラバースして明神岳にショートカットしようとした形跡があるそうです。
c0066176_2117718.jpg

祠のような木でこのあたりでは有名だそうです。
なるほど・・・人が入れそうですね。
c0066176_21172073.jpg

c0066176_21173457.jpg

完全に迷い帯です。一人ではどうなったかは定かではないです。
c0066176_21175829.jpg

判官平・・・はんかんだいら?なんと呼ぶのかで審議になりました(?)
c0066176_21181533.jpg

c0066176_2118306.jpg

c0066176_21184579.jpg

だんだんと展望が開けてきます。曽爾高原に兜鎧・・・高見山など。
高見山はこちらから見るとなだらかに見えるそうです。
c0066176_2119738.jpg

c0066176_21192230.jpg

c0066176_21193931.jpg

祝!桧塚奥峰です。奥に見えるのは最終予定地である桧塚。
c0066176_21195811.jpg

黒ずくめの人w登山コスチュームで一度やってみようと思ってました。
どうかなあ~って感じですね。
c0066176_21201714.jpg

南側に展望が広がっているとは思ってなかったそうです。
確かにここまで広がっていたら爽快ですね~!皆満場一致で昼食ターイム!
c0066176_21205591.jpg

なおさんの昼食は自社製品のちゃんぽんだそうです。PRしてますね~でもおいしそうでした。
今度、皆の分持ってきてもらって一人鍋パーティというのも良いかなあと勝手に思ってしまったり。
涼さん夫妻もスパゲティをされてました。
c0066176_21213143.jpg

c0066176_21231783.jpg

c0066176_21235163.jpg

登山好人さんが私に一緒になって欲しいんだそうで、マルタンさん等が筆頭に
いろんな人を紹介したいということでした(^^;
マルタンさんも推奨派のようで、そういった意味では登山好人さんと意気投合してました。

私も実はまんざらではありませんので良い人がいればということを伝えました。
でも、純粋に登山が楽しみたい方がいる中でそういう話題にされたくない女性も
おられるかと思うので私としては控えめが良いかな~と思っていたりします。
山仲間募集なのに何歳代の女性募集とかあからさまな物もあったりしますしね。
その辺のバランスは難しいのですよ。
40歳くらいまででもちょっと控えめでユーモアがある人なら全然OKですけどね。
ここだけの話、あきさんもともさんも好印象で、ペア登山が出来る気軽な方々ですから・・・
グループ登山は出来てもペアで行ける方となるとけっこう難しいのですよ。

涼さんがともさんのことを気にされているのも意味深でした(^^;
いや奥さんが隣にいるのに!?と弄られてましたw。
ともさんはbp-hiroさんではないですかそう簡単に都合が合わない方なんで
気になる人ではあります。先日も高槻駅で偶然会って食事しましたし。。ってかなり脱線してますね。
ともさんに至っても最近メールがなかったもんで心配してたんですよ~
最近になって都合がわかったのでほっとした次第ですけど、何かとつながりがないと

って山関係ないじゃん!ってまた言われそうなので自粛・・・
c0066176_21241721.jpg

ザックおにぎりです。集合写真撮ったんですが、後で桧塚に行く際にもデポしました。
カラフルなおにぎりになったなあと思いました。皆別の色のザックだったと思います。
c0066176_2125372.jpg

さて身軽になって桧塚へ・・・
c0066176_21254264.jpg

桧塚は展望なしとのことでしたが道中の爽快感は相当ありましたよ。
吸い込まれるような広大さでこの機会を頂けたのは感謝でしたね~
c0066176_2126995.jpg

高見山、曽爾高原方面がよく見えて爽快でした~。
c0066176_21264750.jpg

この先に桧塚があります。
c0066176_2127375.jpg

到着!お疲れ様でした~これで呪縛から解き放たれたよう。。
ずっと行けずに温めていてはいけませんから行けるときに行っておかねば!
また冬になったら積雪とかで行けなくなりますからね。
c0066176_21331790.jpg

c0066176_21345994.jpg

c0066176_21351835.jpg

c0066176_21353980.jpg

c0066176_21355425.jpg

展望がなくてPHのみになるかと思いきや存分に景色と稜線歩きが楽しめたかと思います。
c0066176_2136951.jpg

c0066176_21362735.jpg

今日の私はまったくコースに絡んでなくて景色に没頭してました(^^;。
一瞬だけつーさんに先頭が変わるも尾根を間違って降格・・・
私じゃなくて良かった・・・。
ちなみに時間次第で薊岳も(?)ってことでしたがけっこう休憩や話をしすぎた為、
時間の都合でパスとなった。次回の楽しみに置いておきましょう。
c0066176_21364473.jpg

逆光の中、再度明神岳に向かう。
c0066176_21365877.jpg

西日の大峰も幻想的です。大普賢などが見えます。八経は隠れているようです。
つーさんは大普賢でクマに遭遇してしまったそうです、やはりクマ鈴は必要とのことでした。
けっこう身近な存在で、普通に登山道に現れるようです。
それを聞いてより登山好人さんは大普賢に行きにくくなったそうです(><
う~ん、他の方々はそれぞれ行ってしまったので登山好人さんだけが残ってしまいました・・・
いや~なんか申し訳ない・・・涼さんなどは2度行きたいとは思わないそうで・・・
私は。。。年に数回はちょっと難しいかも・・・(^^;
なかなかハードですしね。。
c0066176_21371633.jpg

c0066176_21373382.jpg

あとは下りはないと思います。
c0066176_21374936.jpg

c0066176_2138387.jpg

c0066176_2138165.jpg

c0066176_21383163.jpg

夕暮れの明神平も良いものです。何人かテン泊される方がおられて
星空などが綺麗だろうな~と思いました。
c0066176_21384695.jpg

c0066176_2139427.jpg

誰かホルモン食べたいとかおっしゃってたような・・・
c0066176_21454610.jpg

明神平は冬季がおすすめと聞きます。今日のような天気で訪れられたら良いなと思っています。
c0066176_2146733.jpg

c0066176_21462350.jpg

c0066176_21463741.jpg

登山道は沢わたりの各所がありますが、概ね安全な登山道でした。
c0066176_21465276.jpg

夕暮れが近づくにつれてだんだんと緑が映えてくるようです。
c0066176_2147617.jpg

c0066176_21471953.jpg

到着です。お疲れ様でした!
このあとやはた温泉で一服後に帰路につきました。
あとは皆子山でしょうか・・・再度調整して行きましょう!。


by ikakan | 2014-09-28 14:58 | 登山
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30