関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

六甲山系「大池地獄谷」:道迷いしてしまったことを自分なりに検証してみる。

大池地獄谷にはちょっとした想いがあって、昨年一度挑戦して増水してて失敗しました。
なので機会を狙っていたんですが、今回、その地獄谷に行くグループがあり
チャンスでしたのでご一緒させて頂きました。
今回のメンバーは初対面の方々だったんでちょっと緊張しましたね(^^;
願わくば去年のメンバーでということだったんですが、なかなか都合を合わせるのは
難しいと思い便乗させてもらうことになったのです。


日程:7月6日 場所:六甲山系 天気:曇り後雨

メンバー:5人
♂  にっしゃんさん MUMUMUさん 私
♀  けいこさん カトさん

さて、今回のメンバーは全員初対面です。(私は)
思えば去年の地獄谷もそうでしたか・・・
去年とまったく別のメンバーで行くことになろうとは思いもしませんでした。
c0066176_21362245.jpg

ここがおなじみの分岐です。去年は雨でした。
c0066176_2136574.jpg

いつもの階段を降りますが
c0066176_21372385.jpg

フェンスが倒れていた(?)ようでせまい隙間を行きます。
c0066176_21375038.jpg

渡渉もさほど流れはなく良いコンディションと思われます。
c0066176_21385431.jpg

しばらくは快適なトレイルを歩くことになります。
c0066176_21412910.jpg

徐々に沢道となってゆき、アドベンチャールートとなります。
c0066176_21422053.jpg

この谷も突堤越えがポイントになってゆきます。
c0066176_21424447.jpg

突堤越えは大抵巻き道になっているようです。ここで迷いやすいというところですね。
c0066176_2143186.jpg

ちなみに去年は突堤の向こうが水没しておりました・・・今回は。
c0066176_21432993.jpg

大丈夫だったようです。これで地獄谷制覇も見えてきました。
c0066176_21435554.jpg

c0066176_21441850.jpg

裏六甲は表とは違って非常に閑散としております。そしてより自然に溶け込んでいるイメージです。
けいこさんはトレッキングシューズだったんで滑りやすいと主張されてましたが
これは技術だと突っ込まれておりました(^^;
c0066176_21443689.jpg

あのときはかなりの増水だった模様です。今回はさほど渡渉に苦労することはなかったです。
c0066176_214533.jpg

渡渉を繰り返しながら沢を行きます。トエンティクロスなどと違い完全に
沢道なので足元注意ですね。
c0066176_21474730.jpg

登山路からややはずれたところに地獄大滝という滝があります。
ここのは冷涼でしたよ(^^。標識が滝の途中に設置されてましたが
えらいとこにあるなあと思ったんですけども(どうやって乗せたんだろう)。
c0066176_2148515.jpg

けいこさんはかなり慎重派のようです。いわゆる五点指示ですね。
c0066176_21483885.jpg

c0066176_21491652.jpg

なかなか緑色した苔の石が多く、気を使わねばなりません。
c0066176_21494064.jpg

c0066176_21502141.jpg

ここは難所でしたね。右側の石をロープ伝いに進みます。
c0066176_2152125.jpg

c0066176_2152185.jpg

いや~ホントにワイルドですね~ただワイルドという他にちょっとやらかした感が
してきたんですけどね・・・
c0066176_21524972.jpg

突堤です。ここで道がよくわからなくなりました(><
突堤のどちら側を周るのか迷いましてどちらもそれっぽい目印がないのですよ。。。
ここをA突堤としておきましょうか。
ただA突堤にはここが最後の水飲み場の標識があったんでまだ間違ってないと思ってたんですけど・・
c0066176_215388.jpg

c0066176_21533838.jpg

右側の道はどうも登山路じゃない気がするんですよね・・・
c0066176_2154423.jpg

突堤を超えるとこういう道になります。正直この時点で気づくべきだったかもしれません。
c0066176_21544745.jpg

しかもこの辺、岩盤がもろくカトさんの足場もろとも岩盤が崩れました。
危ない場所ですね・・・
c0066176_21561844.jpg

この後、突堤を何度か超えるので地獄谷を行っていると思っておりました・・・・が
GPSが捕捉しなくて確信はなかったです。ただどうみても破線レベルとしか・・・
c0066176_21564752.jpg

c0066176_21571683.jpg

で、ここにたどり着きます。なんか二手に分かれておりました。
見た目は右の方が行きやすそうでしたが・・・
で、行くんすかこれ?という感じ。途中で滑落しそうな斜面です。
c0066176_21575627.jpg

CLのにっしゃんさんがけっこうガツガツ行く人のようでしたので
挑戦されたようですが他の方々はどうなのでしょうか?
MUMUさんが2度ほど滑ってしましました・・・
この斜面で水も流れていてなかなか難しそうですよね・・・
別のルートを模索しますと、
c0066176_21581839.jpg

斜面左側に何やらワイヤーが垂れてまして何用かわからなかったんですが
ちょうどロープとして使えそうなのでつたって行きました。
c0066176_21583725.jpg

で、マシなのかというとそうでもなく、痩せたブッシュや木々などの悪路でした。
ってこれ合流出来ますのかな・・・
ここを③の谷としておきましょうか・・・
ちなみに③の谷に行った3人はそのまま西尾根方面へ向かったそうですが
この先崖で無理とのことです。
現に落石の音が聞こえてきましたんで心中穏やかじゃなかったですね。
下手したら下に落石させて二次災害が起こりかねませんでしたから・・・

ここで私のGPSが捕捉しまして
なんか地獄谷の南側の水晶山北の森林地帯を指していました。
これはMUMUさんのGPSも同じようなところだったんで間違いないでしょう。
このまま進むと地獄谷西尾根にたどり着きそうな感じでしたがあまりにも悪路なんで
引き返すことにしました。
c0066176_2159087.jpg

c0066176_21591996.jpg

当然、斜面なんで下りの方がキツいです。この写真のちょっとでっぱったところを
超えるように行きます。
c0066176_21593773.jpg

あとは例の謎のワイヤーをつたって谷を降りてゆきます。
実はこの先2手にわかれていると言ってましたが・・・
にっしゃんさんがもう一つの④がどうなっているのか見てみるとのことです。
う~んチャレンジャーですね(^^;私はわかるところまで戻るものかと思ってましたんで。
しばらく待つことにします。
結果はなんと見事に西尾根にたどり着けるようです!これは良かったですね。
戻るとしても沢の下りはけっこうキツいんで助かりました。
c0066176_2131451.jpg

ここで脱線しますが、後から考えてみるとAの突堤が地獄谷道の途中にあり実は
あれは越えずに左側に進路を取るのが正解だったのではと思われます。
実は地獄谷は一つではなく無数に広がっているので、どこかの谷の分岐に迷い込む
可能性があるということでした。
結果地獄谷の南側の谷に迷い込んでそのまま②の谷に行くということになったようです。
確かにこの地形図によると③と④の谷が分かれているということが見受けられます。
にっしゃん氏によると③の谷の右側を模索すると水晶山の尾根のどこかにたどり着けたとのことです。
c0066176_220385.jpg

c0066176_2205418.jpg

さて④の谷から西尾根を目指すわけですが・・・当然ながら登山道でもなんでもない
ただの谷なんでけっこうキツいですね。泥と草木が混じったようなザレ場で
つかむところもないところでした・・・・それでも危険性は少なかったです。
(③はかなりヤバかった・・・)
c0066176_2213293.jpg

私もね・・・またカメラぶっこわれるんじゃないかと心配でしたね。
まあこんなところで写真撮んなよって感じですが(^^;
c0066176_222719.jpg

がんばってがんばって斜面をよじ登ると尾根が!
まさに地獄から這い上がってきた気分でしたw
c0066176_2223790.jpg

c0066176_2241025.jpg

なつかしの西尾根です。
c0066176_2235477.jpg

ダイヤモンドポイントです。ここで昼食とします。
皆、満身創痍だったかもしれません。

検証として、どこで間違ったのか定かではありませんが
最後の水と標識されていた突堤がAであると推測されます。
すなわちあのAの突堤を越えずに左の谷に巻いてゆくのが正解だったのかと・・
あそこを突堤を超えてしまって②の谷に迷いこんでしまったのが原因でした。
谷ということで一つしかないという認識があったのがいけなかったかもしれません。
そのあと③の谷を登ろうとして失敗して④の谷を登る結果になりました。
それがわかったのはメンバー地形図があったからこそで、なかったらわかったかどうか
定かではありません。

帰りは尾根を行きながら長峰山経由で帰りました。

GPS端末:XperiaUL

[PR]
by ikakan | 2014-07-10 21:31 | 登山 | Comments(10)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
Commented by キバラー at 2014-07-11 07:02 x
読みごたえ、みごたえたっぷりな記事でした。
六甲山は低山ながらも地図読みなど技術を必要とする山ですよね。
冬場向けのイメージがあったのですが夏場でも楽しめそうですね。
はじめて登るまでは標高的にナメてましたがとんでもなかったです。
裏六甲にこんなに自然と清涼感あふれる沢があるのですね。
表の地獄谷とはまた違った趣ですね。
金剛山の沢からもしばらく遠ざかっているのでこれからの季節、そろそろ沢ルートも楽しみたいと思いました。
GPSを駆使するような迷える森は大好きです。
それにしても五点支持ってどうやるんですか?頭ですか?


Commented by Ikajyu at 2014-07-12 00:05 x
>キバラーさん
六甲山はいろんなコースがあって、本当の初心者からベテランさんまで
幅広くカバーできるところが利点ですね。
私もこの街中の山とは思えない奥深さに惹かれました。
裏六甲はまだまだ知られざる場所が多く、散策する甲斐がある
山域ですよね。安易に入山は出来ませんが・・・(^^;
うわさによると地図に載ってないルートもあるそうです・・・
金剛山も沢のコースの多さに驚きます。
増水が怖いですが冷涼ならではですよね!

五点指示ですがただのへっぴり腰で尻もち姿勢で降りることですw
Commented by あるパパ at 2014-07-13 19:21 x
お怪我もされずみなさん無事でなによりでしたね。六甲山系は奥が深いというかたくさんのハイカーが独自に道を切り開くのでそれらしい感じのルートありますよね。

関係ないけどフェニックスのザックとウェアのも方いますね。かっこいいなー ぼくもフェニックス大好きです♪
Commented by Ikajyu at 2014-07-14 22:54 x
>あるパパさん
今回の行動は果たして良かったのかどうかは定かではありませんが
六甲の奥深さをまた感じました。
でも誰か行ってそうな予感はありました(^^;
冒険する人はいるものですね~
そのメーカーは私は知りませんでした。。けっこう山なれされた方という印象です。
Commented by 登山 好人 at 2014-07-15 10:28 x
いかじゅうさんも道なき道を進むようになりましたね(*^_^*)
確か・・・海側のルートにも地獄谷がありましたよね。
僕はそこを歩いてピラーロックへ行きたいな・・・と、思いつつ
イノシシがウザイので行ってません。 
記憶がある間にシッカリ地図見て検証して下さい!
五点支持・・・ 頭というよりアチラを想像してしまいました。
シンボルの方(*^_^*) 真昼間からスミマセン(汗)
Commented by Ikajyu at 2014-07-16 00:02 x
いえいえまだまだです。まだ不可抗力ですから(^^;
自ら望んで行くという段階になれば本物ですね。
表は地獄谷が2つありますね~芦屋のは奇石が面白いです。
イノシシはよく出ると聞きますが構える程はいないかな~という印象です。
地図も慣れないといけませんね~

五点支持はここまでの発想はないです(><
というよりどうやるのか私が聞きたいくらいですよ(@@
Commented by bp-kaka at 2014-07-20 00:27
アドベンチャールート面白そうですね^_−☆
涼しくなったらそのルートで登って見ます!!
Commented by Ikajyu at 2014-07-21 07:40 x
> bp-kaka さん
谷道は冷涼なところがポイントですね。
またこのルートのレポ楽しみにしております。
Commented by takuya at 2014-08-10 16:39 x
大池地獄谷、いいですね。かなり前に登山道を辿りましたが、今度は沢靴を履いて水線通しに行ってみたいと思います。「水場」の堰堤を越えてはいけない、と肝に銘じておきます。
Commented by Ikajyu at 2014-08-12 22:54 x
>takuyaさん
大池地獄谷は六甲でもちょっとマイナーな場所でひっそりとしていますので静かな登山をするのに良いですね~
沢登りも良いかもしれません。水も豊富にありました。
あえて堰堤越えに挑戦されるのも良いかもしれませんよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31