関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

大峰「弥山・八経ヶ岳」:梅雨の合間を利用して緑の中をひた歩く

弥山、八経ヶ岳はいわずもがな百名山の一つで近畿最高峰でもあります。
そして大峰山として知られております。
いずれはと考えておりましたが、今回、山仲間である、せみさんと
前回、山のオフ会にて投合し行くことになりました。
が・・・けっこう以前からせみさんとは弥山には登る予定にしてましたが
何かと天候とかいろいろ問題があって伸びておりました。

せみさんの車で天川村の役場で、そこで和歌山から来られたつーさんと黒猫ママさんが合流。
天川村役場から延々と309号を行き行者還トンネル前まで来るとそこが登山口となる。
けっこうな車が止まっていたがなんとか止めることが出来た。



日程:6月29日 場所:弥山・八経ヶ岳(大峰山) 天気:曇りときどき晴れ

メンバー:4人
♂  つーさん 私
♀  せみさん 黒猫ママさん

c0066176_10374091.jpg
2775
道の脇からスタート。
c0066176_103802.jpg

c0066176_10383847.jpg

ここは名物の橋らしい・・・尖がりが印象的。
c0066176_10394137.jpg

ここは序盤からけっこう傾斜がある・・・武奈ヶ岳っぽいかな。
c0066176_10401095.jpg

まあ根っことかもけっこうあって奥深い印象です。
c0066176_10402881.jpg

ただ稜線が近づいてくるとだんだんと草原地帯が増えてきて心地よいです。
c0066176_10411724.jpg

大峰奥駆道に合流・・・ここは熊野本宮まで続いているとか・・・かなりのトレイルです。
c0066176_1041321.jpg

さすがに大峰はらしさというかここにしかない感じです。
本当に大自然に来たというのはこのこと。黒猫ママさんも天然のクーラーが聞いているようと
この雰囲気を堪能されておりました。
c0066176_10415425.jpg

バイケイソウでしたっけ・・・葉がやたら大きいです。
c0066176_1042229.jpg

c0066176_10424095.jpg

この辺に来ると一度行程が落ち着くようでゆったりとした森林浴が楽しめました。
c0066176_10425973.jpg

c0066176_10431538.jpg

弁天の森もなかなかの緑です。この時期に新緑ハイクが出来るなんて想像もしませんでした。
c0066176_10433786.jpg

c0066176_10435678.jpg

像をすぎたあたりから再度登りが出てきます。
c0066176_10455218.jpg

ときおり山々の景観を望むことが出来ます。ちなみにこれは大普賢だと一瞬でわかる人もいるでしょう。
c0066176_10461039.jpg

弥山特選の木段登りでしょうか?延々と木段が続きます。
ただし段差もあまりないので遊歩道的に歩くことが出来ますね。
c0066176_1047359.jpg

c0066176_10471970.jpg

この坂を超えるとぱあっと展望が開ける場所に出ます。
c0066176_10475070.jpg

ここでも大峰奥駆の稜線を伺うことが出来ます。
c0066176_10484910.jpg

ここからしばらく木段とアップが続いてその先に弥山小屋があります。
c0066176_1049542.jpg

この小屋にたどり着いたころには天候も回復してきて良い感じだった。
登山仲間の知り合いがおられましたのでしばしお話する。
c0066176_10492115.jpg

c0066176_10493780.jpg

厳密には弥山頂上は小屋からちょっとはずれたところにある。
お子さんに案内してもらう。まだまだ元気があまっているようです。
弥山自体がかなり体力がいる山だと思うのですごいなと思います。
私が同じ頃、近辺ハイクくらいしかしてなかった覚えしかないですから。
c0066176_1049526.jpg

八経ヶ岳と明星ヶ岳です。けっこう近くに見えますが往復するとけっこうなモンです。
片道で八経30分。明星1時間くらいでしょうか。
ピークハント目的であれば八経ヶ岳で充分でしょうが、明星も機会があれば
行ってみても良いかもしれませんね。
c0066176_10501117.jpg

神社に一礼をしてから、弥山小屋方面へ。
c0066176_1050299.jpg

小屋のちょっとはずれに国見八方覗という見晴の良いところがあります。
c0066176_10504649.jpg

この通り、苔がなんとも美しいのですよ。
c0066176_1051131.jpg

大普賢も展望することが出来ます。
ここで昼食を取ることにします。
c0066176_10511537.jpg

またしても頂きもので申し訳ないのですが、せみさんが最近凝っておられるようで
おにぎりを使った、雑炊だそうです。このようにおにぎりと卵スープをおいて
c0066176_10513694.jpg

お湯をそそぐことによって、雑炊(おちゃずけ?)のように頂けるということでした。
いろんな具材をおにぎりに仕込むことでいろんな味が楽しめるようです。
ごまとか海苔などがポイントで、塩もいれたら良いとのこと。
さらにわさびも持参されているようで、お手軽にいろんなパターンが楽しめるそうです。
卵スープは中華味やもずくスープとかでも良いかもしれませんね。
c0066176_10515427.jpg

八方覗にてザックをデポして八経へピークハントしに行きます。
メンバーのつーさん等が時間があまりないそうで・・・
c0066176_1052126.jpg

ここらへんの道はなんとも緑が豊富でした。せみさんがヨーロッパの森に来ているようだ
と言います。(来たことないそうですが(^^;)
c0066176_1052319.jpg

このあたりはオオヤマレンゲの保護地があります。
すなわち探さなくても大概このあたりにあるということです。
c0066176_10524775.jpg

結果は・・・残念でした~7月中旬くらいがピークとみられます。
まあ下調べしてなかったのでこんなもんでしょう。
c0066176_1053294.jpg

山頂です。けっこう見晴しが良く快適ですね~
なかなか人がたくさん居ましたが。
c0066176_1053179.jpg

木の墓場の殺風景な雰囲気と奥駆道が延々と続いております。
c0066176_10533178.jpg

c0066176_10534656.jpg

せみさんもカメラにいろんなこだわりがあるようでした。
なかなかベストショットがないとOKが出ません(^^;
しばしバックショット撮影に入った後に引き返すことにします。
c0066176_1054373.jpg

大峰には独特の植物も多いです。杉のような苔のような植物も・・・
c0066176_10542113.jpg

苔が美しいと感じるのは良い森の証拠なのかも。
c0066176_10543875.jpg

白い花の群落も・・・金平糖とか言ってた人がいましたが(^^;
c0066176_10545179.jpg

あとはデポしたザックを回収して引きかえすだけです。
c0066176_1055924.jpg

c0066176_1055249.jpg

ちなみにせみさんは下りが苦手なようです。2人2人のグループに分かれて下りました。
c0066176_10554151.jpg

c0066176_10555845.jpg

木漏れ日なんかもあったりして梅雨としては天候に恵まれていたなと思います。
c0066176_10561958.jpg

c0066176_10563785.jpg

c0066176_10565440.jpg

c0066176_10571163.jpg

コアジサイも見頃を迎えているようです。
最後はかなり前2人とは離されてまして、例の△の橋のところで靴を洗っている様子でした。
お待たせしました~
c0066176_10572764.jpg

前々から行きたかった八経ヶ岳に行けて良かったです。
近いながら遠いという印象でしたが機会を得て良かったです。
せみさんとも去年お流れになってましたから実現して感無量でした(^^
弥山も好きになられたようで私としても満足いく山行でした。
また秋にでも機会があればよろしくお願いします。

GPSデーター:同行者提供

[PR]
by ikakan | 2014-07-05 10:29 | 登山
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31