関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

霧島「韓国岳」:南九州に聳える火山帯を行く

九州の山は魅力的な山がたくさんあって火山帯ならではの景観が楽しめる。
例えば霧島はいくつもの火山が爆発していろんなカルデラ湖が形成されました。
霧島の最高峰は韓国岳1700mですが周りにも高千穂峰や新燃岳など
噴火で出来た山がたくさんあります。

登山道は概ね歩きやすいです。一番一般的なのはえびの高原から続く登山道であるが
ここのピストンだけでは味気ないので今回、ピックアップしたのは大狼池ルート。
これは広大な大狼池を経由して山頂を目指すということにした。
c0066176_8253536.jpg

c0066176_8263454.jpg

c0066176_827490.jpg

こちらの登山道も非常に歩きやすく石畳なども整備されている登りやすい登山道です。
c0066176_8272358.jpg

荒涼とした場所に出ます。
c0066176_8275117.jpg

ここからカルデラ周回に入ります。ここでは南側を周ります。
c0066176_8283468.jpg

大狼池の向こうに韓国岳が見えます。
c0066176_829752.jpg

こちらも歩きやすいトレイル。
c0066176_8292494.jpg

カルデラの周囲の稜線を歩く感じです。
c0066176_8294178.jpg

リンドウが綺麗に咲いています。ミヤマキリシマが5月後半くらいにピークを迎えます。
c0066176_8295854.jpg

カルデラの稜線から覗く大狼池の展望は高度感があります。
c0066176_8301437.jpg

新燃岳と高千穂峰方面。。この時期はこっちのルートは立ち入り禁止でした。
火山帯でもあるので度々、入場規制が入りますのでご注意を。
新燃岳は噴煙を上げてました。
c0066176_8303583.jpg

大狼池へと続く道。
c0066176_8305483.jpg

c0066176_8311576.jpg

登り返して韓国岳方面へ。ちなみにこっちは永遠に木段が続くのでご注意を。
c0066176_8313465.jpg

だんだんと開けてきました。
c0066176_8315798.jpg

振り返ると先ほどの大狼池が・・・
c0066176_8321430.jpg

最後は岩のガレ場を行きます。まさに火山です。
c0066176_8323392.jpg

やや霞んでますが新燃岳、高千穂峰です。
c0066176_8325883.jpg

山頂は向こうの登山道と合流してこんな感じです。人気の山だと改めて痛感します。
c0066176_8333750.jpg

c0066176_8335979.jpg

韓国岳のカルデラです。この辺の山はカルデラ形成されているものが多いです。
c0066176_8341728.jpg

c0066176_8343386.jpg

下山はえびの高原へ降ります。大半がこっちの登山道を行くようで、
まさに隊列がなす感じでした(^^;GWに百名山とかなるとこうなるんですかねw。
c0066176_8345285.jpg

c0066176_8352597.jpg

c0066176_8354315.jpg

硫黄山です。まさにその名のとおり硫黄の山です。
硫黄臭がします・・・
c0066176_836561.jpg

硫黄山より韓国岳を望みます。ここの景観はなかなか好きです。
荒涼とした岩稜帯からカルデラを望む迫力ある景観です。
c0066176_8362341.jpg

えびの高原の周囲は散策路があり、いろんなルートを楽しめます。
c0066176_8364361.jpg

御池近辺には樹齢が長い杉の大木が多いので見どころがあります。
森林浴にも良いかと思います。

参考コース

[PR]
by ikakan | 2014-06-22 08:36 | 登山
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31