関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

大峰「大普賢岳・七曜岳」②周回ルート後半はタフで体力を要する嶮しい原生林(?)

c0066176_0474261.jpg

さて再度スタート。いきなり下りのようです。
c0066176_0553817.jpg

このコース大峰らしさを感じるにはちょうど良いのではないでしょうか。
c0066176_103834.jpg

稜線に出ます。
c0066176_135258.jpg

日本岳なども印象的です。
c0066176_141656.jpg

c0066176_172224.jpg

しゃくなげなどの花もちょっと時期が早かったのではと思います。
サチさんはちょっと残念がってかかも・・・
女性のテンションが高くてオヤジーズ(?)は逆に押されてました(><
c0066176_174053.jpg

水太覗はハイライトと言えますね~大台ケ原方面の展望がドーンと見えます。
c0066176_192383.jpg

たんたんと笹薮の中を進みます。
c0066176_1132039.jpg

c0066176_1142299.jpg

国見岳です。実はピークはこの看板の裏側なんですが誰も行こうとはしませんでした。
私を含めピークハントには興味ないようです。
c0066176_1151929.jpg

c0066176_1171330.jpg

たんたんと進む。
c0066176_1173338.jpg

薩摩転げという難所ということですが、危険さはなかったです。
というのも断崖というわけではなかったので万が一転倒しても捻挫とかで済むかなと・・・
c0066176_1175273.jpg

マルタンさん曰く、大普賢バージョンのカニのタテバイということですがどうなんでしょうか。
実際のがどんなものなのか知りませんからね(^^;
c0066176_2143332.jpg

下から見るとこんな感じです。足を滑らすよりも、上の人の石が落ちてくる方が怖かったです(^^;
c0066176_21435645.jpg

c0066176_21544192.jpg

ここからしばらく行くと稚児泊という景勝地へ。ここも仄かに緑があって
心が落ち着きました。
c0066176_2156217.jpg

行者めぐりの札だそうで・・・
c0066176_2221731.jpg

c0066176_2251584.jpg

七つ池でしたっけ?水は張ってませんでした。
c0066176_2253971.jpg

登り返して七曜岳方面へ。
c0066176_226173.jpg

鎖を登り切ったところが頂上です。
c0066176_22193538.jpg

山頂です。こちらはちょっと狭い目の場所でしたが展望は最高でした。
c0066176_2220673.jpg

岩場から見下げる景色は高度感たっぷりで楽しめます。
あまり長居も出来ないので淡々とすすみます。
c0066176_2225186.jpg

しゃくなげもちらほらと咲いておりました。
さちさんによるとまだ早いとのことです。
c0066176_22312046.jpg

しばらくすると和佐又山ヒュッテへ向かう道との分岐があります。
ここで奥駆道とはお別れです。
c0066176_22314092.jpg

c0066176_22335527.jpg

相変わらず急坂です。木の根などもありけっこう滑りやすいですね。
c0066176_22341889.jpg

c0066176_22343939.jpg

尾根をつたって標高を下げてゆきます。
c0066176_2235182.jpg

c0066176_22352475.jpg

マルタンさんによると南側にもう一つ尾根があり間違えやすいとのこと。
赤テープや標識を見逃すことなく着実に進むべきだと感じます。
c0066176_22354845.jpg

尾根を抜けると下り坂になりますが、泥濘で非常に歩きにくいです。
c0066176_22361687.jpg

c0066176_22371858.jpg

浮石が多いので石を度々落としてしまうようです。
c0066176_22375966.jpg

川のせせらぎが近づいてくると無双洞はけっこう近いです。
c0066176_2239257.jpg

c0066176_2240678.jpg

c0066176_2241462.jpg

無双洞です。ほこらがあって中が50m程あるようです。
ちょっとだけ中に入ってみました。やはり涼しさが違うようです。
c0066176_2242646.jpg

さて渡渉して谷ぞいの道を行く。
c0066176_22425371.jpg

c0066176_22442113.jpg

c0066176_2252334.jpg

たんたんと岩場を抜けて
c0066176_22552337.jpg

新緑の中を行く、この新緑は大峰ならではの美しさだと感じました。
c0066176_22572996.jpg

c0066176_22575535.jpg

自然が深いということは険しいということでもありますね。
c0066176_2301578.jpg

え?ここ登るんすか?と思ったんですけど登るみたいですね(^^;。
c0066176_2303812.jpg

これは普段の練習の成果が・・・ってなにもしてないんですけどねw
実は落石が発生しまして、サチさんに接触してしまいました。
幸い大事には至らなかったんですが、これは一人一人距離を置いて行かないと危険ですね。
c0066176_2314122.jpg

一人一人ゆっくりと声かけしながら登ってゆきます。
c0066176_23226.jpg

c0066176_2322115.jpg

鎖や足場が固定されているのでけっこう助かるところが多かったです。
c0066176_2324144.jpg

マルタンさんがここまでくればもう下りはない!と何度かおっしゃってましたが
皆さん信じておられなかったようです(^^;
すいません、私も信じてなかったです。地図とかで把握してましたからw。
c0066176_233192.jpg

c0066176_2333366.jpg

しっかしあんだけ下った後にコレですか・・・骨折れますねこれは・・・
c0066176_2342380.jpg

c0066176_2344751.jpg

誰かトトロの森とか言っておりましたがホントそんな感じです。
何かイオンとか出てそうな空間でしたね。心が癒される大自然です。
c0066176_2351079.jpg

c0066176_2353324.jpg

c0066176_2373844.jpg

ハード登山の癒しになったのはこの非現実な大自然の空間ならではでしたね。
これが普通の人工林とかだったらテンションだだ落ちでしょうから・・・
しかし、しばらくすると標高は落ち着きますので、小さな高低差を歩くに至りました。
c0066176_23221193.jpg

また和佐又のコルで合流して一安心です。
ただ、サンガさんが体調不良ということでした。どうも泥濘で足をつってしまったようで
思ったような登山が出来なかったようです。今回のコースはけっこうガツガツだったんで
体力も精神力も要しましたから無理もないですね。
c0066176_23222798.jpg

気を取り直してマルタンさんからマカディニアナッツを頂きました。
これはナッツ割りの道具でしか割れないようで初めてみましたね。
やはり殻つきだとコクがある感じです。乾燥してませんしね。
美味でした(^^。ありがとうございます。
c0066176_23225166.jpg

コルからはそんなに距離もありませんので歩くだけです。
c0066176_2323778.jpg

到着。出る時間が遅かった割にそこそこの時間に戻って来れました。
これもある程度慣れた方が揃ってたからだと思いますね。
あとマルタンさんのプランニングがちゃんと考えられていたからでしょう。
未知なるコースでいろんな不安とかありましたが先導頂いたことで
大変助かりました。いや~実はサンガさんにCLを振られるのではと
思ってたところもありましたんで驚きました(笑)。

この後、地元の温泉で一服して送迎頂きました。
ありがとうございます(^^。

GPS端末:XperiaUL

by ikakan | 2014-05-28 22:09 | 登山 | Comments(14)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
Commented by at 2014-05-29 12:44 x
おつ疲れ様です。
念願の大普賢いけてよかったですね。
天気も景色もよかったみたいで!
ちなみに私は孫普賢岳(日本岳)、小普賢岳、国見岳と
全部ピークハントしましたw

やはりこの周回ルートは下ってからまた登りってのが骨折れますよね。
私いったときは暗くなったのもありますが、冬で落ち葉が多く
そこの鎖やロープが全部埋まっていて、岩場も枯葉だらけでした。
Commented by あるパパ at 2014-05-29 13:50 x
お疲れさまです。
最後の登り返しは落石が危険だとぼくもブログで書いて注意を促してたつもりなんですけどね。怪我せず良かったです。あと、岩場などの登攀は必ず一人ずつ登るようにしましょうね。写真の間隔だと危なすぎます。
Commented by ひでぶ~ at 2014-05-29 18:34 x
稚児泊、イイ雰囲気ですね。
殺風景やけども何かしらの息遣いを感じるといいますか、ツボといいますか。
近くに行く機会があれば、是非とも寄ってみたいと思います。
Commented by Ikajyu at 2014-05-29 21:51 x
>涼さん
これで一つの課題をクリアしてすっきりした気分です(^^
天気も見方してくれてへたれでも行けましたよ(笑)
全部PHされたんですか~あれってちゃんと登山道あったんですかね~
面倒くさがりの私は国見すらパスしました(^^;
下り方も返しもハンパないですよね・・・2つ山を越えている状態です。
落ち葉で鎖ロープが埋まる状況ってすごそうですね~
そんな時期に見てみたい気がしますが私は遠慮しときますよ。
Commented by Ikajyu at 2014-05-29 21:54 x
>あるパパさん
読んでましたよ~少人数がベストとのことでしたがやっちゃいました。。
あれくらいだともう少し距離を置く必要性があったな~と思いました。
一応一人ずつゆっくりとという指示は受けていたんですが、
各々が適度な感覚で登っていた様子です。
Commented by Ikajyu at 2014-05-29 21:56 x
>ひでぶ~さん
稚児泊の雰囲気はソロでゆったりするのにもちょうど良かったですよ(^^
しかも深緑の時期は特に和みます。
これも山奥ならではの景観だなあと感じますね。
Commented by bp-kaka at 2014-05-30 00:10
怪我が無くて良かったですね(*^^*)

和佐又は2度前日にテントはって登ったりしてるんで
なんかあぁ。。。知ってるぞぉ。。。って
嬉しくなっちゃいました。
Commented by Ikajyu at 2014-05-31 00:47 x
>bp-kakaさん
危機一髪でした(^^;
和佐俣は良いキャンプ場になってますね。
テント泊の起点にもなっていて大峰を攻めるにも良さそうです。
またいろいろ聞かせてくださいね(^^
Commented by おっちゃん at 2014-06-01 20:18 x
Ikajyuさん、周回ルートは大変でしたね。
グループで楽しい雰囲気がレポから・・・・
楽しく見させていただきました。
がんばってください。
Commented by bphiro at 2014-06-02 13:20
(^_^)
この周回コースは日帰りでも一泊でもヒュッテがあるから気持ち的に楽なんだけど、割と細かいアップダウンの繰り返しがしんどいですね!

最近、大人数での山行多くなりましたね・・・・・・・・・・・・・・・・(^_-)
Commented by kumasan at 2014-06-02 21:30 x
やっぱりうわさ通りにGet wild and toughな感じですね~
私も例の日に(と言えばおわかりと思いますが)前泊して翌日に周回コースを歩く予定なので、何度も見て参考にさせてもらいますね。
人数が増えてくるとペースが乱れがちになるけど、きっちりいいタイムで戻られてますね!
Commented by Ikajyu at 2014-06-02 23:20 x
>おっちゃんさん
けっこうタフなルートでしたね(^^;
噂に違わぬという感じはありました。
ただおっしゃるとおりグループならではで楽しんで
登れたのであまり苦ではなかったですね。
また大峰行けたらと思います。
Commented by Ikajyu at 2014-06-02 23:27 x
>bphiroさん
ヒュッテなど山小屋の存在は確かに便利ですね~
奥駆縦走などに比べれば安心感があると思います。
アップダウンはきついですね(^^;
相当体力のいる内容でした。
グループ登山だと楽しい部分もあるんで大普賢のようなコースだと
共に励みになるんですよ(^^達成感も共有出来ます。
Commented by Ikajyu at 2014-06-02 23:32 x
>kumasanさん
そうですね・・・ホントにタフなコースでした・・・
覚悟はしていたんですが上り下りが激しくて。。。
このメンバーはさすがに大普賢ということもあって
ある程度体力派がそろっていたのでスムーズに進めたかと思います。
kumasanさんも行かれますか。
けっこう疲れるコースだとは思いますが、じっくりと攻めて
達成を期待しております。
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30