関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

比良山系「蓬莱山」:山頂に広がる黄色い水仙の群落と谷に広がる石楠花の森

蓬莱山は琵琶湖バレーで有名でスキー場でも人気がある施設である。
よって山頂はレジャーランド化されている節があってハイカーにとっては
不向きかと思われるが、今回、水仙がシーズンということで伺ってみました。
ただ山頂以外はなかなかの登山道があり、今回初めてアクセスする、南側の尾根も
琵琶湖の展望などがよいとのことなので行ってみることにしました。
はたして水仙のシーズンということでどれほどの人がいるのかは定かではありません。


日程:5月10日 場所:蓬莱山  天気:晴れ

メンバー:3人
♂  
♀  あきさん ぐーさん

メンバーとは堅田駅で集合し、そのまま細川行きで平へ。
このバスは比良山系や京都北山などでよく使用するバスなのでけっこう満席になる。
今回も座ることがなかった。。
c0066176_1543473.jpg

同じく西南の尾根から登る登山客が幾人かおられたようで途中下車させて
もらっているところに便乗させてもらった。多少は車道歩きは免除されましたね(^^
c0066176_15533100.jpg

旧道から花折峠道への分岐がありそこから入ってゆく。
c0066176_155545.jpg

他にハイカーが何人かおられる様子で水仙目当ての方々だろうか・・・
この日は相当な人とすれ違いました。
c0066176_1564720.jpg

新緑も綺麗です。
c0066176_1574741.jpg

アラキ峠ですここから北側に折れます。
折立山はピークハントにこだわりがないのでパス。
c0066176_158502.jpg

ここから権現山までの登りがけっこう急で心臓やぶりでした・・・
c0066176_15105742.jpg

ぱあっと展望が開けると尾根に出ます。
c0066176_15124367.jpg

新緑の向こうには比良霊仙山が見受けられます。
c0066176_1514361.jpg

やはりハイカーは多いようです。人気ルートなのですかね。
c0066176_1515086.jpg

c0066176_1517313.jpg

展望は良いですよ。。ぱあっと町並みと琵琶湖を展望出来ます。
新緑とか鮮やかなので絵になりますね~。
c0066176_15175357.jpg

あとは尾根を上がったり下がったりで比較的ゆったりとした登山となりますが
この日は風が強く幾度かあおられました・・
c0066176_1518393.jpg

c0066176_1519066.jpg

c0066176_1519167.jpg

噂にたがわぬ稜線です。人気出るのもうなずけますね。この前坊村ルートで
行ったんですが殆ど人いませんでしたし、確かにこっちの方が断然良いです。
向こうのルートは沢でタフな内容ですからこっちの方がおすすめですね。
c0066176_15193542.jpg

ホッケ山です。ここで小休止。ちなみにこの日私はペットボトルのお茶を買い忘れて
あきさんにサーモのお湯を頂くことになりました。
ここまでなんとか水分なしで来れましたが、夏場とかだとホント大変でしたね・・・
気を付けないといけません。
c0066176_15195210.jpg

すがすがしい展望で気持ちが良いものです。
c0066176_15201093.jpg

蓬莱山方面です。
c0066176_15202660.jpg

c0066176_15204186.jpg

たんたんと進む中で琵琶湖の湖畔が望めるのは大きいですね。
c0066176_15205836.jpg

このあたりはすでに標高がありますからさほど登りはありません。
c0066176_1521149.jpg

いよいよ蓬莱山のリフト乗り場が遠望出来るところまで来ました。
c0066176_15245032.jpg

c0066176_15302329.jpg

クマザサでしょうか。低木の間から琵琶湖を望みます。
霞がまだ、強いようですね・・・
c0066176_1531434.jpg

小女郎峠です。この前はここを琵琶湖側に降りましたけどあの道は
あんまりおすすめ出来ませんね・・・あんまり使われてないっぽかったようで。。
c0066176_15453679.jpg

ついでに小女郎池にも寄りました。比良山系では最高地の湿原だそうです。
ここではおぞましい言い伝えがあるとか。。。
c0066176_15543496.jpg

c0066176_1642928.jpg

小女郎峠から蓬莱山まではあとひと登りといったところ。
c0066176_166188.jpg

c0066176_1664321.jpg

c0066176_16728.jpg

本当に稜線歩きはすがすがしい・・・比良山でもけっこう有数なのではと思います。
c0066176_1675718.jpg

c0066176_16123115.jpg

c0066176_16124864.jpg

これまでに来た稜線を振り返るのもまた良いものです。
c0066176_1613634.jpg

c0066176_16135552.jpg

このルートはおそらく蓬莱山の定番コースなのではと思います。
以前行った坊村の沢のコースはいまいち展望がなくて荒れてますから
沢歩きが好きな人以外はやめた方が良いかもですね・・・人もあんまりいなかったし・・
私もこっちの道の方が好きかなと。
c0066176_16133086.jpg

到着です。いや~やっぱりすがすがしい気持ちです。
c0066176_16213784.jpg

言わずもがなここから人工物オンパレードなんで・・・
これが好き嫌い分かれるところでしょうね。
c0066176_1622353.jpg

水仙はというと咲いておりました。ある意味これが今回のメインですので。
c0066176_16224268.jpg

c0066176_1623416.jpg

振り向いた方がよく映るようです。
最初はこじんまりしているのかな~とか思ってましたがなかなか力が入っているようで
本格的だと思いました。晴天に照らされて鮮やかでしたし。
あきさんもひまわりの群落を見ているかのようだとおっしゃってましたし
実際見に行きたいそうです。
c0066176_16232510.jpg

ご満悦~
c0066176_16235123.jpg

水仙畑から武奈ヶ岳を望みます。
向こうからは黄色く見えるのでしょうか?
c0066176_16242918.jpg

c0066176_16245639.jpg

降りる度に黄色が映えてくる印象です。
c0066176_16253198.jpg

こういうことがしたくなったりします(?)
c0066176_162550100.jpg

下の方に来ると黄色い地平線のようになって見栄えがしました。
c0066176_1626692.jpg

c0066176_16262368.jpg

近くのレストランはやってないようなので打見山へ行く。
c0066176_20185184.jpg

ここにロープーウェイ乗り場やレストランがあります。
レストランでしばし休憩。
私が山小屋ラーメン、けっこうスパイスが効いていた。
あきさんはカレー、ぐーさんは優柔不断の結果、そばにしたようです。
c0066176_20191284.jpg

c0066176_20192990.jpg

c0066176_20194781.jpg

昼食後にスキー場を下る・・・これがけっこうな坂で
帰りは心臓やぶりになることは言うまでもない。
実は汁谷にしゃくなげの群落があるとの情報を得ているのでそこに向かいます。
c0066176_20201244.jpg

沢に出るとちらほらとしゃくなげが見えてきました。
c0066176_20203258.jpg

c0066176_20211978.jpg

c0066176_2021375.jpg

この看板にそって丘に登ります。
c0066176_2022428.jpg

ちょっと荒れてます。穴場かも・・・
c0066176_2022584.jpg

ちらほらと花が見受けられますね~
c0066176_20242194.jpg

c0066176_2025039.jpg

c0066176_20292661.jpg

c0066176_20294476.jpg

c0066176_20305842.jpg

あっちこっちに咲いているようで、まさにシャクナゲ祭りでした。
c0066176_20312263.jpg

白いしゃくなげもあるようです。
c0066176_20322845.jpg

一面しゃくなげの林となっています。
見学しつつ、再度降りることにします。
c0066176_20352846.jpg

c0066176_2036591.jpg

c0066176_20362320.jpg

完全に穴場ですね誰も来てませんでした。
そして、一般の人はちょっと来るのは難しいのではと思います。
c0066176_2037798.jpg

さてスキー場跡を再度登り返して頂上です。
c0066176_20372563.jpg

降りる意味があったかというと意見が分かれると思いますが
穴場のしゃくなげ群落が見れるということで良しとしといてください。
こんなとこはレポでも参考にしないと気づきませんから・・・
c0066176_20374080.jpg

時間が時間なので最終のロープーウェイにて麓に降り、蓬莱駅まで歩きました。
あきさんも山を始める前はこうして歩いている人に対してよくやるなあと思っておられたようで
逆に自分がこちらの立場になろうとは思ってもみなかったそうです。
まあ何がスイッチが入るかわかりませんからね。

GPS端末:XperiaUL

by ikakan | 2014-05-11 13:02 | 登山 | Comments(10)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
Commented by おっちゃん at 2014-05-11 21:23 x
Ikajyuさん、こんばんは・・・・
滋賀の山に執着(笑)ですか・・・・蓬莱山の稜線、天気もよく
水仙と石楠花、水仙の黄色がいいですね。
ブログの背景も模様替え・・・・
おっちゃんも稜線歩きは好きですので・・・・
レポ楽しく拝見していただきました。
おっちゃんは、今週も金剛山に・・・・
イチリンソウ、ニリンソウを楽しみ、ついでにクリンソウと思いましたが
まだつぼみで・・・ ヤマブキソウはきれいでしたが・・・
大和葛城山は、いよいよツツジが・・・ 
Ikajyuさんは・・・・・ハイキング頑張ってください。
Commented by 登山 好人 at 2014-05-12 05:06 x
やっぱ蓬莱山は展望も良くていい山ですよね。 
まだ一度も登ったことが無いけど写真を見たらますます行きたくなったよ♪
けど権現山周辺はヒルが出るらしいと聞いたのでコレからの時期は厳しくなるね(>_<)
蓬莱山周辺だとヒルの被害もなさそうなので女郎池までなら大丈夫そうやね。
女郎池のいい伝えは以前どこかで読んだことがあります。
Commented by bphiro at 2014-05-12 14:42
前回の赤坂山のカタクリに引き続き、今回はすいせん&シャクナゲ!

お花大特集ですね~(^_^.)

琵琶湖バレーが近いからか、かなり人の手が入ってるみたいに綺麗な生え方してる!

見晴最高で良い登山になりましたね(^_^.)
Commented by Ikajyu at 2014-05-13 00:20 x
>おっちゃんさん
比良山は大峰と比べてかなりアクセスしやすいんですよ(^^;
その割に稜線歩きや展望が良く行きたくなりますね~
天気が良かったので石楠花も水仙も綺麗に映えてくれました。
共に稜線気分を味わって頂いて光栄です(^^
金剛山はやはり花ざかりですよね~
今度は金剛山行ってみようと思ってます。
参考にさせて頂きますね。
Commented by Ikajyu at 2014-05-13 00:22 x
>登山好人さん
蓬莱山は頂上がアレですが、その他は稜線が良く展望も最高ですね。
このルートはけっこうおすすめです!
比良山でもヒルが出ますか・・・沢だけにしといて欲しいですね(^^;
小女郎池の言い伝えはちょっと不気味でした・・・
Commented by Ikajyu at 2014-05-13 00:25 x
>bphiroさん
カタクリも良かったですが石楠花、水仙もなかなかすごかったです。
前者は単独で可憐な花を咲かせるのですがこちらは
群生で華やかでした・・・ゴージャスといいますか・・・
汁谷あたりはけっこう公園のようになっていて湿原っぽかったです。
この辺まではある程度整備させてそうですね~
やはり天気の良い日の登山は間違いないですよね♪
Commented by あるパパ at 2014-05-13 09:56 x
蓬莱山良いですよね。行きたいけどこれから日差しが強くなるので暑そうですね。水仙やお花たくさんで良い季節に登りましたね。
Commented by Ikajyu at 2014-05-13 22:33 x
>あるパパさん
蓬莱山は山頂がレジャーなんですが、それまでの行程は
自然豊かな稜線なんでおすすめできますよ。
今の時期は花の時期なので比良山もおすすめですね~
Commented by bp-kaka at 2014-05-22 00:16
一面の水仙きれいでしたね。
全体的に明るくて景色も良くて、見ていると行ってみたいって
思ってしまいますね。
1号ととにお願いしなくては。。。。
Commented by Ikajyu at 2014-05-22 23:14 x
>bp-kakaさん
晴れた日に黄色い花は映えますよ(^^
青空とのコントラストが素敵です。
今季は終焉ですが来季や時期が合いましたら
是非とも行ってみてください。

line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30