関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

屏風岩公苑の桜と兜岳・鎧岳を実際に登ってみる

御存知の方はおられるか知りませんが去年、私は屏風岩公苑の桜を狙ってアクセス
しているのですがものの見事に時期をはずして失敗しております。

去年のレポート

そのリベンジが出来ればと時期をうかがっておりました。
そんな中、山仲間であるつーさんが屏風岩に行くということで伺っておりましたので
その機会に乗せてもらうことにしました。
参加者を募った結果、桜好きの人達が集まりまして楽しい山行が出来るはずでしたが・・・


日程:4月26日 場所:兜岳 鎧岳  天気:晴れ

メンバー:6人
♂  つーさん ヒデさん 私
♀  せみさん おみつさん Cherryさん

c0066176_10163930.jpg

待ち合わせ場所は曽爾町役場、役場の職員の方が直接お声かけ頂いて
地元色を感じました。職員の駐車場をかして頂きました。
今回は6人に対し車3台というラインナップでどうにかしてこれを
利用しようと考えました。
まず、屏風岩公苑の駐車場に2台おいてそのうちの1台をデポして2名で戻り
そのまま他の2台で登山口である目無橋まで行きました。
つまりは最終を屏風岩に設定してそこからドライバー3人で目無橋まで行き
車を回収という離れ業をやるわけです。車が数台あるから出来る芸当ですね(^^
c0066176_955345.jpg

登山道入り口に桜がお出迎え。まずは兜から。
c0066176_963616.jpg

c0066176_96551.jpg

なかなか急登な予感がします。実際そうらしいですが(^^;
c0066176_992642.jpg

ちょっと見晴の良い岩場です。
c0066176_9104476.jpg

c0066176_9122049.jpg

時折ツツジが咲いていて綺麗です。
足場はちょっと荒れてる印象ですが、明瞭な登山道です。
c0066176_914425.jpg

c0066176_9155547.jpg

しかし、手袋が必要なくらいの傾斜で骨が折れました。
c0066176_9165426.jpg

イワカガミも見られます。
c0066176_9174913.jpg

足場を探しての登りとなりますね。
ゆだんするとずるっと行ってしまいそうです。
c0066176_9194945.jpg

c0066176_9204921.jpg

c0066176_921830.jpg

c0066176_92255.jpg

兜岳山頂です。見晴は良いですねとなりの鎧岳もみえますし台高の景観とか最高です。
曽爾高原も見えますね~くろそ山の話とかしました。個人所有のようです。
せみさんとか大丈夫でしょうか?普段はインドアとか・・・
c0066176_9243633.jpg

c0066176_9245616.jpg

予想どおりのスタートです。もうストーンという感じですね(^^;
危険ではないんですが足腰には良くない道ですよね。
c0066176_926279.jpg

隣の鎧岳も見え始めました。
c0066176_9294680.jpg

ロープをつたって慎重に降りてゆきます。
c0066176_930788.jpg

花も綺麗です。あんまり鑑賞している余裕はありませんが(^^;
c0066176_9302990.jpg

次は鎧の方ですが、峠までストーンと下ってからの登り返しです。
c0066176_9312038.jpg

やはり急登でした。皆けっこう息が切れた様子です。
c0066176_931418.jpg

鎧も制覇!達成感がありましたね。傾斜きつかったですし・・・
つーさん曰くもうちょっと巻いてくれたら良いのにとのことです。
たしかに直線的に一気に登ってましたし、の割に階段でないという
激坂だったんでそう感じましたね。
ただ藪こぎなど不明瞭な箇所はなくよく整備されている印象でした。
c0066176_932476.jpg

縦走は出来ないようです。道がなくなっているようでした。
元からピストンの予定だったんで良かったんですが。
c0066176_9322549.jpg

峰坂峠まで下ってみて、またあの激坂行くの~みたいな話になってしばし相談。
葛への道で下山も考えましたが遠回りで車道歩きになります。
そこでヒデさんが古い登山地図を出してきて北側に谷道があるとのことで
伺いましたので行ってみようということになりました。
c0066176_9334993.jpg

提案者であるヒデさんを先頭に歩きます。
ちなみにヒデさんは出来るだけ手を組んでバランスを取られるという
面白い方でもあります。解除されたときが本気とかw
c0066176_934323.jpg

c0066176_9345723.jpg

谷は倒木が多くアトラクション満載でした。地形から谷とは
わかる感じでしたが・・・なんせ足場が悪い!
c0066176_9351814.jpg

ただししばらく行くと確かに旧登山道の面影が垣間見れました。
テープもちらほらありましたし。
ただ北へ行きすぎました。本来ならもっとショートカットするはずでした。
もう一度検討しますと、どうやらこの近くに旧登山道ならぬ旧林道が
あるようです。こちらも古い地図にしか記載されていない廃道です。
c0066176_9362025.jpg

確かに廃道らしき道が見えてきました。
c0066176_9372333.jpg

ここを行くと、目無橋への道に合流するようです。
c0066176_9381782.jpg

ここは新緑が綺麗でしたね~紅葉も綺麗そうです。
c0066176_9383799.jpg

一枚岩の滑り台のような滝がありました。こんな人知れずの廃道で
こんな場所があるなんてサプライズでしたね!
皆せっかくなのでここでお昼にすることにしました。
おみつさんがパイナップルの缶詰とグレープフルーツをおすそ分け頂きました。
適度な酸味は山行には必要なので重宝しましたね。ありがとうございます(^^
c0066176_9401881.jpg

ひたすら廃道を行きます。
c0066176_9415519.jpg

目無橋に戻ってきました。チャレンジャーな道を行った割には
うまく戻ってこれたなあと思いました。ここから、済浄坊渓谷方面へ行きます。
c0066176_9425670.jpg

c0066176_944462.jpg

済浄坊はおちついたせせらぎで、清滝のような雰囲気ですね。
c0066176_9443559.jpg

途中から最短ルートで屏風岩に向かいます。
兜鎧バリで消耗した状態で国見住塚はさすがにキツいんで・・・
c0066176_9445443.jpg

しばらく林道を歩いた後に屏風岩の取り付きがあります。
c0066176_9451157.jpg

ちょっと急登な坂を登りますと屏風岩の上に立ちます。
c0066176_9485719.jpg

c0066176_9491692.jpg

少しづつ全貌が明らかに・・・ぱあっとピンクが。
c0066176_949321.jpg

ここは木々で見えにくいですが実は片側は崖です。注意が必要です。
c0066176_9494946.jpg

淡いピンクがなんともいえず綺麗ですね。
この景観は見事です。吉野とかと比べたら完全に穴場ですね。
場所が場所だけに登山者しか来れませんから・・・
c0066176_95065.jpg

木々の間からちらほら見えるというのがポイントです。
c0066176_950249.jpg

やや顔を見上げると山並みが広がるというのも魅力です。
吉野ではここまでの高度感はありません。
c0066176_9504257.jpg

今度は屏風岩麓まで一気に下ります。
完全に兜鎧で感覚がマヒしてましたね(^^;
c0066176_9505839.jpg

麓の屏風岩公苑まで降りてきました。
ここでもなお山容の展望は抜群です。
c0066176_9511643.jpg

c0066176_9513642.jpg

さて、屏風岩公苑ですが今年はどうでしょうか?
ピークやや越えながらまだ美しい情景を維持しているようです。
まずまずですね。2,3日前がピークでした。
c0066176_9515438.jpg

c0066176_9522855.jpg

ただところどころ満開の桜もあり、ピークは持続しています。
皆しばし写真&休憩タイムを取ることにしました。
c0066176_9524653.jpg

c0066176_953236.jpg

c0066176_9532017.jpg

c0066176_9533785.jpg

c0066176_9535586.jpg

屏風岩公苑の駐車場は新しく出来たようでそちらに向かいます。
c0066176_9541326.jpg

c0066176_9542713.jpg



c0066176_9545017.jpg

帰りは地元のそば屋で一服しないかという話になりましたので
伺うことにしました。やはり田舎のそばということもあって
田舎のおばあちゃんの家に来ているようでほのぼのとしておりました。
そばも、のど越しが良かったですし、天ぷら、そば豆腐、そばスイーツと
そば三昧のひと時を過ごせました。

皆さんありがとうございます。

GPS端末:XperiaUL

[PR]
by ikakan | 2014-04-29 07:34 | 登山 | Comments(11)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
Commented by おっちゃん at 2014-04-29 16:15 x
Ikajyuさん、穴場を探して・・・・
鎧・兜岳ですか・・・ そして屏風岩公苑のヤマザクラ
きれいですね。廃道歩き? でしょうか・・・・
大変でしたね。レポは楽しく見せていただきました。
頑張ってください。
Commented by 登山 好人 at 2014-04-29 22:50 x
去年の事はよーく覚えていますよ^^
ある意味リベンジですね。 
結構急な傾斜に見えますが実際もかなりの傾斜なんですか?
それにしても今年はナイスタイミングだったようですね。
屏風岩なんかもすごく綺麗だ~
桜はもうこれで終わりですね。 
そばスイーツって・・・? かなり気になる~
Commented at 2014-04-30 07:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by at 2014-04-30 08:06 x
ここはいつか行こうと思いながらも
ちょい遠いのでいってないところです。
こんな感じのところなんですね。
兜岳の形がカッコよくて、屏風岩は素晴らしいですね。
参考にさせてもらいます!
Commented by マルタン at 2014-05-01 18:03 x
最後の花見お疲れ様でした^^
曽爾近郊の山は急登が多いですね^^;
古い地図の道、、憧れますね
半分廃道状態なんでしょうけどロマン感じますね
古光山、後古光山の急登も是非体験して下さい
トラロープだらけで逆にどれかは外れそうで怖いですよ(笑)
Commented by Ikajyu at 2014-05-01 22:15 x
>おっちゃんさん
屏風岩公苑の桜は見応えの割にはあまり人がいないので
ポイントかと思います。
廃道ははたして合っているのかという不安感が
逆にハラハラして面白かったです(^^
Commented by Ikajyu at 2014-05-01 22:18 x
>登山好人さん
覚えてらっしゃいましたか(^^;
それだけにけっこう気になってたとこです。
なんとかぎりぎり収穫があったかな~と思っております。
この山ですが整備はされているものの急坂で息があがりますね。
でも危険という程ではなく山頂は見晴が良いのでおすすめです。
そばスイーツは豆乳プリンのような濃厚でおいしかったですよ。
私は好きですね~
Commented by Ikajyu at 2014-05-01 22:20 x
>涼さん
まさに見たとおりの急坂という印象です。
ただなかなか整備はされているようで無理な山ではなかったです。
屏風岩などは絵になる感じですね。
何度来ても楽しめそうだな~と思いました。
Commented by Ikajyu at 2014-05-01 22:23 x
>マルタンさん
曽爾高原付近は岩盤の種類がそうさせているんでしょうね・・・
屏風岩にせよ切り立った完璧が多い気がします。
旧地図にしか載っていない謎の道というところが冒険意欲を
そそりますよね。
おっしゃった山も覚えておきますよ。
Commented by キバラー at 2014-05-02 19:26 x
屏風岩と桜のコンビネーション、毎年行こうと思いながら実現していません。
屏風岩の上から眺め下ろす桜の写真は初めて見ました。
あのそそり立っている崖の上はさぞ高所感があって怖いんだろうなとおもいきや、木々があって多少は和らいでそうですね。
カブトとヨロイも登ってみたいと思いながら歩き足らないと思っていたので実現に至ってませんが、屏風岩歩きとセットならたっぷり歩けそうですね。
これからだともう暑すぎでしょうか。
Commented by Ikajyu at 2014-05-03 00:04 x
>キバラーさん
屏風岩の桜はなかなか見応えがありますよ。
また来季の候補にしといてください(^^
崖の上は木があるのですがホント崖なんで油断は禁物ですよ。
崖の上の木はホントにどきどきしました(^^;
兜鎧は2つ合わせると下手な山よりも登りごたえありますよ
一度お試しください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31