関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

六甲山系「芦屋地獄谷」:奇石が織りなすアスレチックな景観を楽しむ

芦屋地獄谷はロックガーデンのバリエーションとして知られていて
私自身もなかなか興味がありました。地元の登山家である厚岸さんより
ご案内頂ける機会が持てましたので今回の実行となりました。
ただ、最近花粉症に悩まされておりそれが原因で喉が枯れてしまい
ベストコンディションとはいかない体調でしたがなんとか行けたかなと思います。
ただしマスクをしての参加だったので他参加者の方々には何かと気をつかって
頂いたと思うので申し訳なく思います。


日程:4月6日 場所:六甲山  天気:雪のち曇り

メンバー:5人
♂  厚岸さん 私
♀  マカロンさん かきくさん ぶなじゅんさん

この日は阪急芦屋川での集合でしたが、JR芦屋の方が利便性があるのでそこまで行って
そこから歩く。ほどなくして芦屋川にたどり着く。
しばらくはどこに集まられているのかわからなく連絡して初めてわかりました。
というのも初対面の方ばかりでしたし厚岸さんも一度の面識しかなかったので
どこのグループかしばし迷ったのですよ(^^;
この駅、いつも登山グループの集合場所になっていて何組がいますしね。
向こうも向こうで私がマスクしていたのでわかりにくかったとか・・・
c0066176_021339.jpg

今回、集まられた方は。。。えっと、BUNAJUNさんとカキクさん、マカロンさんでしたかね(^^;
間違ってたらすいません。初面識で顔と名前が一致するのはちょっと自信なくて・・・
最初はBUNAJUNさんと話してたと思います。
最近は某SNSの新規参入の方が著しくていろんな方が入り乱れておりますので
またよくわかんない状態なのですよ・・・
c0066176_0213671.jpg

芦屋川の桜はやはり綺麗でした。これだけでも来た甲斐はありますね~
c0066176_0222473.jpg

例の茶屋です。ここで昼食を取ったこともありますね。
c0066176_0235930.jpg

ほどなくして高座の滝も越えます。
c0066176_032426.jpg

ロックガーデンはやはり面白いですね。そしてツツジの景色もありました。
c0066176_0363616.jpg

c0066176_0404117.jpg

ひたすら歩くと第一鉄塔です。
c0066176_0412947.jpg

ここから下りの道をゆき登り返すように登りますと芦屋地獄谷です。
c0066176_1151560.jpg

ここですね。この日は麓から登っておりませんで、途中から地獄谷に合流する形となりました。
おそらく慣れてない方がおられたのと先日の雨による増水を懸念されていたのかもしれません。
c0066176_0572784.jpg

c0066176_0582566.jpg

芦屋地獄谷は不明瞭とまでは行きませんがけっこう荒れている点もあるので
注意して歩く必要があるのかもしれません。
c0066176_0584397.jpg

これがA懸垂岩でしょうか?ロッククライミング跡が残っております。
ちょうど良いころあいの岩だといえるのではと思います。
c0066176_0592121.jpg

全体的に花崗岩なのかもろく、ガレた足場であると言えます。
c0066176_0594940.jpg

振り返るとやはり景観は面白くすばらしい!
c0066176_101310.jpg

c0066176_105857.jpg

c0066176_112170.jpg

花崗岩ならではの岩場を巡って楽しんでいます。
c0066176_1154272.jpg

c0066176_12188.jpg

ピラーロックですね。この岩場の景観は須磨アルプス以上のインパクトを感じました。
はげ山の色合いがなんとも言えません。
c0066176_123786.jpg

たんたんと痩せ尾根を歩きます。ちなみに周囲は崖というわけでもなく
さほど危険というわけではなさそうです。
c0066176_132548.jpg

c0066176_134416.jpg

c0066176_14280.jpg

しばし歩いた後で風吹岩に合流します。ここからはおなじみの道となります。
c0066176_14239.jpg

c0066176_116188.jpg

ゴルフ場の敷地内も六甲の一つのポイントです。
c0066176_15341.jpg

c0066176_18572.jpg

雨ヶ峠にある黄色い花は印象的でした
せっかくなのでここで昼食を取ることに。
屋根のあるベンチはすでに満席だったので厚岸さんと私とで離れのベンチへ。
けっこういろんな話をしておりました。
c0066176_154750.jpg

七曲り方面へ向かいます。
c0066176_173483.jpg

完全に雲行きが怪しいです。。。天候が悪くなるのでしょうか。
c0066176_17795.jpg

霰が舞い散る雲行きになってきてあたりも少しずつ白くなってきた(^^;
c0066176_184234.jpg

c0066176_19019.jpg

あれれ?もしや樹氷?4月に!?
c0066176_193325.jpg

それとも雪が付着しているのか・・・どちらにせよ白い景観です。
c0066176_1102454.jpg

山頂付近はご覧のとおり・・・まさかこのモノトーンにまた出会えるとは・・・
c0066176_1104345.jpg

一軒茶屋前も白くなっております。
c0066176_111365.jpg

c0066176_1112221.jpg

樹氷の中を縫って歩き最高峰を目指します。
ちなみに最高峰はかなり久々かも・・・いっつもスルーしているので。
c0066176_1164946.jpg

山頂ではちょっとハイテンションな学生(?)グループがはしゃいでいる様子。
写真の写りもなかなかのモンでした。
c0066176_1171087.jpg

ここからは霧氷の山容が明らかになり、なかなか見ごたえがありました。
c0066176_117301.jpg

c0066176_117471.jpg

しばし景観を楽しんだ後で山頂を後にします。
緑と白のコントラストはなかなか珍しいものだと感じます。
c0066176_118365.jpg

c0066176_1182242.jpg

c0066176_1184120.jpg

c0066176_119012.jpg

たんたんと降りてゆきます。
c0066176_1192868.jpg

c0066176_1201737.jpg

春の樹氷はやはり珍しいと感じさせます。
冬は本当に青と白ですが、この日の樹氷は何やら不思議な感じ。
c0066176_120348.jpg

c0066176_1205456.jpg

麓に行くにつれ暖かくなってゆくのがわかります。
稜線の霧氷帯が伸びてゆくのが確認出来ました。
c0066176_1211414.jpg

有馬にたどり着くと箇所箇所で桜が満開になっております。
ここで各自温泉に入りながら近くの食堂で談話となった。
某SNSがいつ発足したのかという話になっておりましたが、私も定かではないです。
ただ、同じように登山仲間を得たいという人の集まりなので自然と集まるのでは
ないでしょうか?ただここまでうまく周っているページはないのではとのことでした。
私も最近は某SNSもかなり飽和しているので控えめにはなっておりますね。
これ以上山の知り合いもいてもね~という感じになってきておりますので・・・

c0066176_1213391.jpg

c0066176_1215041.jpg

c0066176_122440.jpg

下手な観光地に行くよりもゆっくりと桜が楽しめると思いますよね。
有馬のコロッケや温泉まんじゅうを買い食いしながらの散策となりました♪

GPS端末:XPeriaUL

by ikakan | 2014-04-11 23:21 | 登山 | Comments(16)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
Commented by ryo at 2014-04-12 09:40 x
表~最高峰~有馬への王道の一つですね。
有馬へ行きたくなりました。
3日後の最高峰は、半袖ですごせました。
Commented by 登山 好人 at 2014-04-12 22:41 x
こんばんは!
地獄谷~ピラーロックとオモシロいコースですね。
一度行ってきたくなりました。  下界で桜満開で山頂は薄っすら雪化粧。
関西のそれも六甲山でこんな体験出来たことがスゴイですよね。
Commented by at 2014-04-13 07:41 x
地獄谷コースお疲れ様でした~
ピラーロック、登りはいい感じですよね。
下りだと細尾根のところがちょい、滑るとケガという感じなですが。
六甲はやはりこの付近が面白いですね。
一軒茶屋付近はまだ雪景色なのは、この時期らしい気候ですね。
Commented by Ikajyu at 2014-04-13 09:43 x
>ryoさん
魚屋道は六甲のおなじみという感じですね。
気軽に六甲を攻めたいときには思いつく場所です。
この日は寒かったですがこの後、また気温があがってきましたね。
Commented by Ikajyu at 2014-04-13 09:45 x
>登山好人さん
ロックガーデンも面白いですがこちらはさらに奇石や景観が
変化に富んでいて面白いですよ(^^機会があれば是非。
下では桜の季節なのにまだ山頂では雪が降っているという
状況に季節の変わり目が来ているんだな~と身に染みました。
Commented by Ikajyu at 2014-04-13 09:47 x
>涼さん
ありがとうございます(^^
そうでうね。ピラーロックあたりを下りで使用すると
ちょっとスリリングで向いてないかもしれません。
痩せてる感じでしたしやや注意が必要かもしれません。
一軒茶屋の雪景色は初めてみましたので貴重な体験でした(^^
Commented by おっちゃん at 2014-04-13 19:55 x
Ikajyuさん、面白い時期とコース設定に・・・
地獄谷コース、ピラーロック面白く、また登ってみたいと・・・
しかし春と冬の世界がいっぺんに楽しめて不思議な世界に・・・
一軒茶屋付近の雪景色とレポ楽しく・・・
ご苦労様でした。次は何処にとの感じで読ませていただきました。
Commented by kumasan at 2014-04-13 21:22 x
またまた同じ日に六甲山登ってました!
表じゃなくて裏の船坂谷の方からですが。
表六甲と裏六甲じゃ天気が全然違ってたみたいですね。
私の方は8:30過ぎに登りはじめ雨で、10時前ぐらいから吹雪いてきて視界20mぐらいの状態でした。
金剛山あたりからよくニアミスしてますね(笑)
ポンポン山もIkajyuさんの登る前日23日に行ってました!
Commented by あるパパ at 2014-04-14 06:37 x
6日はどこの山も雪景色だったようですね。
どこか行きたかったなぁ。
有馬へ下るコースは下ってからの帰りが不便なのでなかなか足が向かないんですよねぇ。梅田まで直行のバスがあるそうですが。
Commented by マルタン at 2014-04-14 09:51 x
美女のバックショットに桜♪ 絵になりますね^^
色々な山にある「地獄谷」コースは面白いとこが多いですね
OOアルプスと名のつくコースも良いところ多いですしね
5人くらいのパーティ登山が一番しっくりきそうですね^^
登山口での桜みて、頂上で冬景色見れるなんて
恐るべし六甲山かな?ww
Commented by Ikajyu at 2014-04-15 23:34 x
>おっちゃんさん
ロックガーデンはメジャーなので地獄谷や荒地山といった
ちょっと変化球で行った方が新しい発見があるかもしれません。
この日は気候が特殊で春と冬が混じったような不思議な
景観でした。であるからこそ貴重な体験だったと思いますね。
緑と白のコントラストはなかなか珍しかったです。
Commented by Ikajyu at 2014-04-15 23:36 x
>kumasanさん
奇遇でしたね(^^;この前の金剛山でありましたか。
船坂谷もお呼び頂いていたら伺ってたかもしれません。
また六甲のマニアックルートおしえてください。
ホントにすごい天気でしたよね。雨が降ったかと思えば
あられになって、一気に大雪とは・・・
それで麓は桜ですもんね(^^;
Commented by Ikajyu at 2014-04-15 23:38 x
>あるパパさん
金剛山なども樹氷アリの雪景色だったようです。
いろんな意味で面白い日でしたね。
確かに有馬から戻るのは骨が折れますね~
三ノ宮までの地下鉄がありますが若干高いですし・・・
バスも有効そうです。
Commented by Ikajyu at 2014-04-15 23:41 x
>マルタンさん
今回は女子力が強かった印象です。
最近は山ガールも多いですよね(^^お会いすることも多くなりました。
にわかアルプスもいろんなところがあるので近場からせめて
行きたいですね~
本物のアルプス!?今年は計画してませんが、お呼びがあれば
考えるかも・・・
そうです。やはり5人くらいのグループが一番統率がとれて
ちょうど良いかな~と思いますね。
Commented by bp-kaka at 2014-04-21 00:45
桜が咲いてるかと思いきや雪だったり(^^;;
今度娘と5/4に1号とと抜きで六甲山に行ってこようと思ってるんですが、以前登った時のコースとIkajyuさん達が登ったコースが違うみたいで、とっても面白そうなコースですね!!
Commented by Ikajyu at 2014-04-24 00:42 x
>bp-kakaさん
そうなんですよ。花のような雪でした。。。
この時期に珍しい光景でしたね。
このコースは定番のロックガーデンからちょっと寄り道コースと
なっています。もし同じルートを取られることがありましたら
ちょっと立ち寄ってみてください。
絶対ハマる気がします(^^;
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31