関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

龍門山 和歌山の紀州富士の景勝をたどる

この連休中に和歌山の山を攻めようと模索しておりました。
先日の和歌山のハイカー仲間である、つーさんとは前日の友ヶ島に行けなかったので
この日に合流することを約束しておりました。
ちょうどお子さんも来られるとのことです。話によると奥さんに子供の面倒も
見てあげてということで言われたそうですが。
場所は龍門山。和歌山で適度なボリュームのある山はどこかということで
模索して紀州富士と呼ばれるこの山にすることになった。
明神岩からの眺めが特に良いです。

つーさんとは和歌山駅で待ち合わせそこから現地へ向かう。
ちなみに目的地である龍門山まではそこそこ距離があったような印象だった。
市街地から2,3駅くらいだと思ってたんで。
お子さんも一時期体調不良とのことだったが問題なく合流出来たようだ。
もし、アクセスを公共手段で行うとなると粉河駅から龍門橋をわたってひたすら
農道歩きになるのでもしマイカーならショートカットでしょう。
しかしあまり行きすぎると止めるところがなくなります。
それなりの場所で止めておくことにします。
それでもかなり標高を稼いだので充分ではないかと思います。


日程:3月22日 場所:龍門山  天気:晴れ時々曇り

メンバー:3人
♂  私 つーさん親子
c0066176_081417.jpg

一本松まで来る。ちなみに駅から車道を歩くと一時間くらいかかる。
ここは良いショートカットになったと思う。
お子さんにもよろしくをつたえていざ出発。
c0066176_07492.jpg

c0066176_085181.jpg

たんたんと登山道を歩く。
どこかしら植生が南国チックな感じがある。シダ植物とかあるし
やはり比良とかと違って南側だからかもしれない。
c0066176_010032.jpg

c0066176_0101928.jpg

この登山道もまた雪の影響(?)で地面が抜かるんでいた。
この前みたいにスパッツが必要な程ではないが、かなり足を取られる。
しかしお子さんはなかなか軽快で山歩きを楽しんでいる様子。
c0066176_0123457.jpg

植生も激しい印象??
c0066176_013926.jpg

この山、なかなかボリュームがある印象です。
お子さんもなかなか頂上にたどり着かないので終始、つーさんを急かしておりましたw
c0066176_0132887.jpg

地蔵尊という祠があります。ここからちりなし池方面へ寄り道しようと思います。
c0066176_0135588.jpg

お子さんがちりがない池なんかあるの~?と言ってましたが確かにそんなに綺麗なわけないねw
c0066176_016354.jpg

この寄り道ですがあんまり立ち寄った人がいないっぽくて泥で抜かるんでいました。
油断して私なんか転倒しちゃいましたけどね(^^;
c0066176_0175368.jpg

c0066176_0181669.jpg

ちりが池ですが思ったより大きかったです。ちょっと道はずれにあるひっそりとした
秘境みたいな印象で来た甲斐がありましたね~
そして謎の物体がありまして、これはなんだろうかと・・・卵ですかね。
たぶんカエルでは!?とのことでした。
c0066176_23421396.jpg

お子さんの靴は普通の運動靴なので泥などの泥濘でけっこう浸水するようです。
途中で履き替えようかということでしたが最終兵器とのことなので、まだまだお預けです。
c0066176_23423433.jpg

しかし、登山道はすでにぬかるんでいるのでなんとか道の傍を歩きたいとのことだったんですが
切り立っているのでなかなか思うようには行きません。
c0066176_23425083.jpg

よけるのもなかなか一苦労のようです。
c0066176_234382.jpg

c0066176_23432530.jpg

c0066176_2343447.jpg

頂上はまだかとお子さんが催促しておりました(^^;
けっこうな山ですしね~私も予想以上にあるな~と感じていました。
c0066176_2344077.jpg

お子さんが頂上だと思っていたところは尾根道だったようです。
c0066176_23441869.jpg

ここからもうしばらく歩く必要があります。
c0066176_23443550.jpg

お子さんはつーさんをいじりはじめました(^^;
c0066176_23445155.jpg

尾根道は非常に歩きやすいトレイルです。
c0066176_2345658.jpg

しかしところどころ残雪も見られます。
泥濘は雪どけ水なのでしょうか。
c0066176_2345257.jpg

磁石岩と呼ばれる磁力を持つ岩のようです。
コンパスで実際見ようかと思いましたが出すのが面倒なので止めました。
c0066176_23471263.jpg

この山、尾根に入ってもなかなか頂上につかないようで何度も丘を越えるようでした。
お子さんもしびれをきらしつつw
c0066176_23472993.jpg

大丈夫(^^;問題ありません、今度こそ山頂です。
ここでゆっくり景色を楽しみつつお昼にしました。
お子さんもごめんなさい、遅くなってしまって<1時です・・・
c0066176_23474688.jpg

今度はハイライト。明神岩へ向かうことにする。
c0066176_2348227.jpg

あいかわらず泥濘で足がとられそうになるがなんとか・・・
c0066176_23481937.jpg

時折こういう景観が眺められるのが良いですね。また里山だから景観も最高です。
c0066176_23483698.jpg

登山道の外れには明神岩があります。
c0066176_23485278.jpg

お子さんにとっても明神岩は見晴がよいのではないでしょうか?
向こう側には紀泉アルプスなどがあって盆地を眺めるので良い感じです。
c0066176_23491057.jpg

岩の下をある程度降りることは可能です。ただちょっとスリリングですが・・・
c0066176_2349273.jpg

風穴という穴もあります。けっこう深そうで謎めいていました。
c0066176_23494655.jpg

ここから下は分かれ道などもあり階段か泥濘か選べということだったのでしょうか?
下りだから断然、階段ですがね・・・(^^;
泥濘はホントごめんです。
ちなみにお子さん、つーさんのこけた回数を覚えていたようです。3回とのこと。
よく覚えてますね(^^;私はそんなとこ全然知らなかったです。
あまりドジできないですね~
それより、何やら大普賢を親子で登ったとかちらっと聞いたのですがすごいですね~
私もまだ未踏なのに・・・あんなところを・・・おみそれです。
c0066176_2350343.jpg

c0066176_23501913.jpg

お子さんにとってこのコースはどうだったのでしょうか?
私は終始楽しめました。登山としてもバランスよく楽しめたと思います。
和歌山遠征にこの山を選んで良かったなと思いました。
この界隈にはまだ熊野古道などの見どころもたくさんあるので随時、挑戦してゆきたいですね。
c0066176_23503740.jpg

c0066176_23505379.jpg

今度は和歌山、加太の友が島をよろしくお願いします。
お子さんにも楽しんでもらえると思いますので。
私も友人の島マニアを何人かつれて来ますよ(笑)ディープなメンバーで行きましょう!
by ikakan | 2014-03-26 22:53 | 登山
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31