関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

鈴鹿山系「藤原岳」:福寿草にはまだ早いが山頂は雪景色の展望

藤原岳は鈴鹿山系の中であっても駅からほど近くスタートしやすい。
そんなわけで候補にありました。当初、藤原岳に行くグループがあってそこに
参加させて頂きたいと思っていたのですが残念ながら定員だったようで・・・
そんなわけで別の日に登山仲間と行けたらと思っておりました。
先日の深山の件で御一緒したあきさんが実は藤原岳も候補にしていると聞きましたので
ちょうど良かったのであきさんの車で何人か集って安価にアクセスしようと思いました。
最終的には4人のグループを募ることに成功しましたのでラッキーでした。
交通費も4人割すれば大した値段でもありませんし。
地元関西から行くとなるとけっこうな値段になりますし朝が早い場合は
新幹線などを駆使しないといけなくなったりして万くらい飛んでしまいますし。
ハイカーも協力し合う時代だと思いますね。
最近では相乗りタクシーなるものもあるそうです。

新名神から東名阪の四日市から北上します。
特に渋滞もなく予定通り登山口へつきます。登山口の麓には駐車場がありますが
シーズン中なのかすでに満車のようで近くの有料駐車場に停めることになります。
ただそれほど登山口から離れておりませんので問題はありません。


日程:3月15日 場所:藤原岳  天気:曇りのち晴れ

メンバー:4人
♂  私(CL) くまさん(TL)
♀  あきさん ひろみさん

c0066176_9264972.jpg

しばし道路を歩いて登山口の鳥居をくぐる。ここには神社が祀られています。
各々参拝をしてから登山に臨みます。
c0066176_927964.jpg

しばらくは階段が続きます。あきさんによるとたんたんと続く階段は苦手なようで
随分と苦戦されてました。しかも雪解けのためか地面がぬかるんでいます。
c0066176_9272528.jpg

この山は合目が設定されていますが山頂ではなく藤原小屋が10合目という印象です。
しかし頂上まではさほど遠くはありません。
c0066176_9274670.jpg

鉄格子などもあってこの山は地元に指示されているんだなあと感じました。
c0066176_928155.jpg

たんたんと標高を稼いでゆきます。
c0066176_9282057.jpg

c0066176_9284319.jpg

わりかし順調なペースかな~と思いました。
c0066176_929259.jpg

c0066176_929186.jpg

c0066176_9293760.jpg

中盤をすぎるとぼちぼち雪が増えてきます。
c0066176_930038.jpg

ルンゼが発生している様子です。
雪の影響ですかね~
c0066176_9302216.jpg

c0066176_9304182.jpg

ちなみに八合目付近に来ると完全に雪山と化してました。
遠くの方にピークが確認出来ます。
c0066176_9305621.jpg

ここからは直登りと夏道があります。ここは直登りを選択しました。
c0066176_9311492.jpg

皆さんはどうでしょう?けっこう心臓やぶりでしたねw
c0066176_931308.jpg

あきさんもどこから登ったらええねん!と言っておりました(^^;
c0066176_9314953.jpg

c0066176_932493.jpg

トレースもけっこうたくさんありどれが本物かわかりませんでした。
というか冬山登山道自体直登りですから明確な道などないのかもしれません。
これが後々やっかいなことになるのですがね。
c0066176_9323183.jpg

c0066176_932469.jpg

c0066176_933331.jpg

雪も重くまた深いという印象です。ただもう残雪期に入るであろうなという印象でした。
c0066176_9332436.jpg

c0066176_9334074.jpg

直登りの最終地点が九合目です。ここで夏道と合流します。
c0066176_9335835.jpg

雪の間から福寿草が芽を出していて春の訪れを告げます。
あきさんもいろいろ探してようやく五部咲きくらいのが見つかったようです。
完全に時期が早いという印象です。
ただ麓で育てていたら開花しているでしょう。
c0066176_9341444.jpg

c0066176_9343014.jpg

c0066176_9344742.jpg

このあたりからだんだんと稜線の景観が見えるようになってきます。
c0066176_935654.jpg

c0066176_935245.jpg

たんたんとコルに向けてすすんでいる感じです。
c0066176_9354178.jpg

ようやく上り詰めた感じで斜面が穏やかになります。
c0066176_9355691.jpg

くまさんはすでに違うトレースを行き始めました。
新雪の方が感触が良いのでしょう。
c0066176_9361534.jpg

このあたりになると展望も良くなってきて麓の町並みが一望出来ます。
c0066176_9363234.jpg

九合目以上は雪は締まってまいるものの時折ずぼっとハマる箇所があるので注意です。
c0066176_9365097.jpg

ようやく藤原山荘に到着しました。
c0066176_937620.jpg

ここから藤原岳山頂が見えましたのでしばし休憩後に向かうことにします。
c0066176_9372212.jpg

ここも締まった雪なので歩きやすいですね。
c0066176_9374076.jpg

c0066176_9375745.jpg

やや下った後に登り返しの坂があります。ここが最後の坂といったところ。
c0066176_9381831.jpg

c0066176_93835100.jpg

藤原岳直下の斜面はちょうど障害物もなくなだらかな坂なのでヒップそりには
ピッタリな坂だと思いましたね。皆ここで滑ろうと思っていたようで(^^;
c0066176_9385219.jpg

石垣のようなところが頂上となります。
c0066176_93971.jpg

c0066176_9392584.jpg

おーっと歓声があがります。ここの景観はなかなかすごいですよ。
まさかの樹氷サプライズでした(^^前日の高温とかで溶けてなくなったものだと
思ったんであったときは驚きましたね~
まさに展望は竜ヶ岳や跳子岳、静ヶ岳を始め、
遠くには御在所や釈迦ヶ岳など見渡せました。
c0066176_9472484.jpg

東側斜面はまだしっかり樹氷が残っています。
c0066176_9474121.jpg

樹氷と鈴鹿山系・・・絵になりますね~
c0066176_947588.jpg

うさちゃんの黄昏ポイントもw
あきさん曰くかなりくたびれてしまっているようです。
そして風が強くなかなか座ってくれませんでした(笑)
c0066176_9481793.jpg

c0066176_9483587.jpg

この場所にいかにもベンチに使われてそうなころあいの石があるのでここで昼食とします。
まあ山荘でも良かったんですが、そんなに影響する程の風ではなかったんで。
c0066176_9485622.jpg

さて頂上直下からはヒップそり大会が始まります。
ちなみにあきさんはされないそうでけっこう苦手とのことでした。
なので先に下って撮影するとのことです。
c0066176_9491262.jpg

-----------------------------------------------------------------------------
c0066176_10182465.jpg

さあ、ヒップソリ大会(?)が始まります。
c0066176_10153674.jpg

まずはくまさん。さすがにこういう遊び方には慣れているようです。
思えば高見山で密かに一番楽しんでいた人だったりします。
c0066176_10164344.jpg

私です。ザックとのバランス感覚が微妙に難しいですね~
でもまあまあ楽しめましたよ。
c0066176_10172723.jpg

ひろみさん。きゃ~とう感じでしたwでもコース外はないので大丈夫です。

------------------------------------------------------------------------------

c0066176_949287.jpg

藤原山荘に戻って今度は天狗岩方面へ向かうことにしました・・・が
私がトレースにそって歩いて行った方向が違っていたようでくまさんに指摘されました(^^;
いや~雪のトレースはよくわかるものの実際あってるかどうかわかりませんもんね。
c0066176_9494553.jpg

ここはトップを登頂経験があるくまさんに代わり案内して頂きます。
c0066176_950320.jpg

このあたり雪解けが進んでいてたまに地面が露出したりしています。
そして粘土質なのでかなりぬかるみに足が取られます。
c0066176_9502350.jpg

すっかり雪がない場所もありました。このときアイゼンをしていたので
けっこう歩きにくかったですね。
c0066176_9503951.jpg

すがすがしい解放感の中歩けたと思います。
c0066176_9505823.jpg

c0066176_9511689.jpg

樹林帯も通過します。
c0066176_9513444.jpg

天狗岩近くには樹氷も残っていてきらびやかです。
c0066176_9515083.jpg

c0066176_952856.jpg

また空を見上げるとは思いませんでしたね~でもこれが見納めでしょう。
c0066176_9522351.jpg

天狗岩の斜面からは藤原岳と鈴鹿山系が展望出来て絵になりますね~
c0066176_9523984.jpg

そしてまだ霧氷地帯が残っておりますから美しいです。
これは来た甲斐がありましたね~ただ、あと1,2日もすれば落ちてしまうでしょう。
c0066176_9525561.jpg

天狗岩はこの場所の総称なのかはたまた固有名なのかよくわかりませんでした・・・
展望は良いのですがね。
c0066176_9531535.jpg

c0066176_9533019.jpg

c0066176_9534833.jpg

c0066176_954581.jpg

c0066176_9542187.jpg

天狗岩のちょっと外れに広場みたいになっている場所があって
ここは樹氷広場になってました。ここでしばし鑑賞します。
ちなみにここで鑑賞しているのは私だけでした(^^;
c0066176_9544083.jpg

皆もう樹氷はおなか一杯なのかもしれません。
あきさんに至っては先日に明神平に行ったばかりなので
多少のものにおいてはいちいち見に行くこともないかもしれませんね。
c0066176_9545795.jpg

c0066176_9551368.jpg

c0066176_9552869.jpg

c0066176_9554412.jpg

元来た道を戻ります。八合目くらいまでくまさんにお任せすることにしました。
c0066176_956065.jpg

山荘から今度は八合目へ向けてくだります。
c0066176_9561771.jpg

c0066176_9563776.jpg

c0066176_9565471.jpg

下りも九合目からの直下りを試みたのですがトレースがはっきりしないので
九合目まで登り返すことにしました。女性もいる中で急な斜面を下るのは
いろいろ難が生じそうだったんで・・・
まさかここで一番体力を消耗するとは思いませんでした(^^;
登りは頂上に向けて1点なんで迷いにくいんですが下りだとどんどん行動範囲が
広まってくるのでどのあたりなのかわかりくくなるので注意が必要ですね。
c0066176_9571265.jpg

夏道は普通に歩きやすかったです。別にこっちで登りを行ってもそんなに
時間がかからなかったのではと感じましたね~
いや、てっきり埋没しているものだと思ってましたんで。
c0066176_957288.jpg

八合目からはどんどん雪がなくなっていく一方なので適当なところでアイゼンを
取って下ることにします。
c0066176_9574513.jpg

天狗岩も周ってちょっと時間が遅くなり気味でしたが、日が暮れるという程ではありません。
c0066176_958159.jpg

たんたんと下ると麓の神社に到着して、無事を報告(?)しました。
c0066176_9581692.jpg

登山口の休憩所でしばし泥んこになった靴とスパッツを洗うことにします。
あきさんは家とかでアイゼンの整備をしっかりやっているようで関心しましたね~
なんか研いでいるとか聞きましたし。
c0066176_9583212.jpg

夕暮れの中を駐車場に向けて歩きました。どうもご苦労様です~

藤原岳は登ってみてなかなかわかりやすい道だなと思いました。
反面、冬道など普段使っていない道については、道迷いの可能性も含んでいることを
考えないといけませんでした。そしてトレースもやはりあっているかどうかを
考えて行動する必要があるようです。あくまで参考程度にですね。
頂上尾根の展望や丘稜地帯など、季節問わず楽しめる山という印象です。
ただ、夏場はヒル被害が多いようでその辺、検討が必要ですね。
[PR]
by ikakan | 2014-03-16 00:53 | 登山 | Comments(15)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
Commented by at 2014-03-17 14:46 x
藤原岳お疲れ様でした。
かなり天気がよかったようですね。
昨日も聞きましたが、やはり1合目がなかったんですね。
ヒップも楽しめたようですが、かなり滑らなかったですか?
私がいったときよりもうかなり雪がなくなっているのではと
思っていましたが、まだ山頂付近はありますね。
Commented by キバラー at 2014-03-17 20:49 x
藤原岳ってこんなに広大な山だったのですね。
いままで見てきた他のレポではよくわからなかったので鈴鹿山系の特にセブンマウンテンではいちばん後回しかなと思ってましたがIkajyuさんの記事を拝見して急に行きたくなりました。(^^ゞ
雪がなくなってもこの魅力が残っているかなぁ。
ヒルが出るまでに行けたらと思います。
Commented by radiohead019 at 2014-03-18 05:55

福寿草名前は聞いた事ありましたがまだ見た事ないです。ふきのとうなら庭に生えますがw
最近運動がてら、帰宅後ロードで毎日10㌔走ってますがロードの10㌔は楽ですね…駅まで歩いても往復5㌔満たないのでウォーキングもしようかなと♪
後4月の両方とも無理な確率が高そうです。また分かり次第ご連絡致しますm(__)m
Commented by radiohead019 at 2014-03-18 05:56
あ、4月の間違えました!すみません(T-T)
Commented by 登山 好人 at 2014-03-18 16:13 x
こんにちは。
藤原岳の記憶があんまりないんですよね〜>_<
確かに山頂付近はヒップソリで下れば楽しそうな斜面は記憶ありますが。駅近ってところがいいですよね!
Commented by あるパパ at 2014-03-18 16:48 x
藤原岳行かれたんですね。まだ雪があってヒップソリも楽しそうですね♪今シーズンは結局、1ヶ月ほど間空けちゃったのもあるので霊仙や藤原、台高方面のお山には行けなかったなぁ。来シーズンは機会があれば雪山遊びご一緒したいですね。
Commented by おっちゃん at 2014-03-18 19:05 x
藤原岳の雪遊び楽しそうですね。福寿草が咲くときに訪れようと思っていますがなかなか、この季節にいけません。可愛い福寿草が・・・・
結構時間がかかるので・・・ご苦労様でした!!
Commented by Ikajyu at 2014-03-19 00:26 x
>涼さん
天気は良かったですよ(^^
最初は雪が降っててヒヤッとしましたが晴れてくれたようです。
1合目は行きも帰りも誰も発見できなかったのでなかったと思います。
ヒップソリはなかなか滑りましたが、周りに木などがないので
思いっきりすべれましたよ。
8合目から上はまだまだ雪が積もっているようで、
そこそこ雪山が楽しめました!
Commented by Ikajyu at 2014-03-19 00:28 x
>キバラーさん
山頂付近はなかなか広大な見晴しでした(^^
確かに雪の季節とそうでない季節は印象が変わりますね。
そして鈴鹿山系は蛭被害が多いようで・・・
春先までが期限かもしれません(汗
Commented by Ikajyu at 2014-03-19 00:30 x
>四季さん
福寿草はフキノトウと似てますがやや小さいですね。
ただし間違うと毒草なのでお気を付けください。
日課のランニングは良い試みですね。
トレランとかも面白いかもしれませんよ。
ところで4月の件ですが、私も御嶽はちょっと厳しいかと・・・(^^;
吉野の方は後半くらいでしたね。
Commented by Ikajyu at 2014-03-19 00:32 x
>登山好人さん
駅が近いというのが良かったと思ったんですが
そこまでの道のりが長い!そして交通費がすごいですw
なので車で行くことにしました・・・
鈴鹿となるともう近所じゃなくなりますね。
Commented by Ikajyu at 2014-03-19 00:34 x
>あるパパさん
行ってきました。夏場はとても行ける場所じゃないので(^^;
この山の頂上付近はゆっくり遊べるスペースがあるので
おすすめですよ。来季は是非!
来シーズン台高とか行けたら良いですね<特に明神平とか・・・
Commented by Ikajyu at 2014-03-19 00:36 x
>おっちゃんさん
最後の雪遊びを満喫してきました(^^
福寿草もちょっと早かったですね~。この山遠すぎるので
関西の適度な山で福寿草を満喫された方が良いと思いますね。
Commented by マルタン at 2014-03-19 19:17 x
今晩は^^
残雪に樹氷にヒップソリに快晴と福寿草♪
最高の山行でしたね
鈴鹿山脈は山座同定もしやしく山頂から360度の見晴らしがきく
山も多くいいですね♪
北上すればまだまだ雪山楽しめますよ(笑)
Commented by Ikajyu at 2014-03-20 22:55 x
>マルタンさん
ちょうど季節の変わり目に来たって感じでした。
なのでいろいろ楽しめたと思います。
ヒップソリはやはり皆で楽しんでこそですね。
鈴鹿の方は山の展望が良くいろいろ楽しめる山が多いですね。
セブンマウンテンを目指してゆきたいと思います。
<冬山はもうおなか一杯です(^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31