関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

綿向山:北陵の尾根から眺める鈴鹿山脈と雪景色

綿向山へは興味があり樹氷の時期に行ってみようと思っていた。
しかしこの山、かなり公共手段でのアクセスが悪い・・・
バスでも相当時間がかかり、その上、登山口から1時間程かかるというかなり問題な山である。
せっかく樹氷で有名ならば、台高の高見山のように臨時バスでも出せば良いのにと思うのであるが
それはそれでハイカーが集まりすぎるという問題もあるのですがね。
今月の初めに、登山仲間である、くまさん等と行く予定だったのですが生憎の天候によって中止となった。

そして白紙になったのだが、今季おそらくラストチャンスと思われる2月末に
無理やり行こうと思いました。近江鉄道の日野駅からレンタサイクルで登山口まで行くというナンセンスな内容。
で、そういういきさつを登山仲間に伝えていくうちに、それならと車を出して頂きました(^^;
その方はケイさんで去年、大文字でご一緒した方と同時に京都ヨドバシの好日山荘で偶然会った方でした。
近くにご一緒したいと思っていた方だったんでそんな形で冬山を楽しむ機会が出来て良かったです!

いや~助かりました。日野駅からならともかく大津から高速まで使って一気に登山口まで
送っていただくなんて思いもしなかったですから・・・ホントありがとうございます!
もちろん謝礼は渡しました。だって本来ならタクシー代とか含めて1万近くになるであろう
莫大な交通費ですしね・・・近江鉄道も完全ローカル線で本数とか少ないでしょうし。

もう一方は以前、蛇谷でご一緒したヒデさん。ちょっと可愛い系wのおじさんです。
奈良の橿原あたりに住んでおられて大峰はホームのようです。
わざわざ滋賀の端っこまで来て頂き本当にありがとうございました。

ケイさんの車はカーナビなどがあるので、土地勘がなくても御幸橋駐車場には簡単に来ることが出来た。
がしかしこの山けっこう知られているのか駐車場は満席でオーバースペースに止めることとなった。
そこがけっこう泥濘になっていて随分タイヤが取られました・・・
ヒデさんは駐車場に停めることが出来ていたようですのでちょっと前くらいにすでについておられた様子。
御幸橋にて合流し、そのまま登山口の方へ向かった。


日程:2月23日 場所:綿向山  天気:晴れ

メンバー:3人
♂  私(CL) ケイさん ヒデさん

c0066176_23594878.jpg

さすがに雪が多い地域なのか麓ですでに雪が積もっていくらかはアイスバーンとなっている。
まあまだ平地なので滑る危険性も少ないので登山口であるヒミズ谷出合まではノーアイゼンで行くことにした。
c0066176_00175.jpg

ご覧のとおり、登山口までは林道をゆく。
c0066176_011741.jpg

c0066176_021490.jpg

c0066176_023147.jpg

林道の端にちょっと開けたところがあってヒミズ谷出合小屋へ。ここでアイゼンをはくことにする。
c0066176_031452.jpg

橋を渡るとここからが本格的な登山道。蛇行路がしばらく続く。
c0066176_033947.jpg

c0066176_041927.jpg

まさに蛇行して標高を上げる感じ。
c0066176_052370.jpg

2合目
c0066176_054285.jpg

c0066176_062376.jpg

c0066176_063996.jpg

ちょっとした林道との合流地点。しばらく林道を歩いたらまだ登山道に入る。
c0066176_065927.jpg

c0066176_071995.jpg

あざみ小屋。ここで4合目くらい。氷点下3度になっていた。冬山としてはまだまだ暖かいくらい。
c0066176_074471.jpg

c0066176_083044.jpg

あいかわらず蛇行道は続く・・・
c0066176_0121481.jpg

五合目小屋へ。奥の平という展望があるらしいが行っている人はいるのだろうか。
ずっと樹林帯が続いていたのでやっと広々とした展望が見えたという印象。
c0066176_0123046.jpg

竜王山方面が見える。
c0066176_0124782.jpg

c0066176_013685.jpg

c0066176_013232.jpg

c0066176_013457.jpg
こっから先はより雪が深くなった印象がします。が、登山者が多いのでトレースは充分です。
c0066176_0141825.jpg

c0066176_0143828.jpg

行者コバです。ここからは夏山登山道は埋没しています。すなわり直登りの冬道を歩くことになります。
c0066176_015032.jpg

なかなか心臓やぶりです。
c0066176_0153642.jpg

ちなみに団体さんに巻き込まれました。抜こうにも人数が多すぎて抜けません。ここは余計な体力を
消耗しないようにおとなしくゆっくりついてゆくことにします。
c0066176_0163218.jpg

c0066176_01759.jpg

c0066176_0174620.jpg

斜面のコントラストが印象的です。樹氷は最近冷え込みが浅いのかだいぶ落ちてしまっているようです。
c0066176_018485.jpg

樹氷というより雪の花といった方が良いかもしれません。けっこう前の樹氷が残されている・・・
そんな印象です。ただ天気が良く、コントラストはなかなか綺麗です。
c0066176_0182730.jpg

ピーク時に来ると樹氷が美しいんだろうなあということを容易に想像することが出来ます。
c0066176_0191365.jpg

頂上付近は樹氷のトンネルへ。逆光がまぶしい感じ。
c0066176_0193263.jpg

箇所にエビの残りがあります。
c0066176_020080.jpg

次第に展望が開けてきて・・・
c0066176_0215454.jpg

モンスターのお出迎えです。そしてその展望とは!?
c0066176_0221574.jpg

c0066176_0224735.jpg

いや~なかなかですよ。樹氷もまだぎりぎり粘ってますし白さが出ています。
何より展望が良いです。雨乞岳や鎌ヶ岳がドーンと見えます。
c0066176_6531030.jpg

c0066176_6533030.jpg

雪山の山並みはやっぱ良いもんですね~絵になるといいますか。まさに白の世界。
c0066176_6534612.jpg

c0066176_654337.jpg

この雪の丘で昼食を取ることにしました。解放感あふれる景観ですし、気温もそれほど寒くありませんので
迷いなくここを選びました。
ヒデさんはここを知らなかったようで、これから注目の山として春先にでも家族で行こうかという
ことで考えられているようです。残念ながら私は無理そう(^^;アクセス大変すぎですし・・・
ここでは冬の山行についていろいろしゃべった気がします。私もあの会心の三峰山の写真持ってますしね(^^;
c0066176_6541949.jpg

c0066176_6543978.jpg

しばし写真を撮ったのちに、樹氷のトンネルを抜けて竜王山方面へと向かう。
当初はピストン予定でしたが、北の稜線が良いらしいのと天気が良いのでせっかくならと周回コースにしました。
c0066176_0423530.jpg

c0066176_0433543.jpg

いや~解放感、ぱないですよ(^^;ふきっさらしの風が寒いですがまさにすがすがしい稜線って感じです。
綿向山はこの稜線なくしては語れないかもしれません。
c0066176_044561.jpg

樹氷のピーク時なら相当感動モンだったと思われます。
c0066176_0454797.jpg

とにかく白い稜線に鈴鹿山系がずらーっと並ぶこの光景には目を奪われましたね。
c0066176_04672.jpg

稜線の途中にあるブナの珍変木という謎の木です(^^;なにやら潜ると幸福があるとか。。。
せっかくなので潜りましたw
c0066176_0462663.jpg

空も蒼くなかなか澄んでいます。
c0066176_0464856.jpg

c0066176_047747.jpg

この稜線、武奈ヶ岳にも劣らない景観だと思いますよ。武奈ヶ岳の冬はまだ行ったことないですがね。
イハイガ岳の方まで続いています。
ちなみにイハイガ岳はバリエーションなんで止めときました(というか時間ない)
c0066176_0472784.jpg

途中、竜王山への分岐があるのでここで折れます。
c0066176_047427.jpg

後ろを振り向くと綿向山への稜線が白く見え冬の景観を見せていました。
c0066176_048055.jpg

行きの整備された表登山道と比べるといくらかワイルドです。深い雪の中をずぼずぼと滑り落ちるように下ります。
BCとかに向いているかもしれません。
c0066176_0481672.jpg

ここから見る山並みも綺麗です。
c0066176_0483857.jpg

c0066176_0485497.jpg

トレースはしっかりしていますが外れるとホントずぼずぼです。ワカン使っても良いかもですね。
c0066176_0491391.jpg

c0066176_0492941.jpg

尾根道なのである程度登りがあったりします。
c0066176_0494854.jpg

c0066176_05062.jpg

c0066176_0502590.jpg

c0066176_0504241.jpg

登ったり下ったりワイルドなトレースを歩きます。
c0066176_051294.jpg

c0066176_051216.jpg

丘の鉄塔が立っているところはいくらか開けています。
c0066176_10290.jpg

ようやく竜王山です。こっちの道はバリルートではありませんが表に比べるとけっこうパワーがいります。
c0066176_11628.jpg

ちなみにしばらく歩いたものの殆ど標高が下がっていません。すなわちここから再度ストーンと降ります。
c0066176_112419.jpg

この辺になってくると雪はシャーベット状になっておりましたからけっこう骨が折れました。
ずるずると足が取られてしまって何度か転げそうになります。
c0066176_114166.jpg

c0066176_115998.jpg

樹林帯を抜けるとぼちぼち車道に合流となります。
c0066176_12156.jpg

車道に出るとあとは集落に向かって行くだけです。
c0066176_123131.jpg

いや~なかなか面白かったです。樹氷で有名な山ですが、滋賀県の北に位置するためか雪山としても
充分な豊富な雪もありますし全体として冬を楽しめる山だな~と思いましたね。
ヒデさんはまた行かれるそうで、気に入って頂けて良かったです。
私はまた樹氷の時期にピークに訪れたい気持ちがありますね。
御在所など向こう側の山が有名な中で影にかくれる形ですけども
この綿向山も魅力がある山だな~と思いました。
(まあアクセスの都合でそうそう来ることは叶わないと思います)

GPS端末:XperiaUL

by ikakan | 2014-02-25 23:56 | 登山 | Comments(6)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
Commented by あるパパ at 2014-02-27 17:11 x
綿向良いですね。タイミング的にも最後ぐらいの樹氷だったかもしれないですね。もうだいぶ暖かくなってきましたしね。振り返れば今シーズンまともに見た綺麗な樹氷ってどこだろ。初冬の八経ヶ岳かな…
Commented by Ikajyu at 2014-02-27 20:37 x
>あるパパさん
そうですね。確かに樹氷のチャンスはこれがラストなのかもしれません。
このときも滑り込みセーフという感じでした。
樹氷ってホント難しいですよね・・・寒気が入ったか思えば
天気が悪くなったり・・・
Commented by マルタン at 2014-02-28 10:18 x
霧氷の綿向山、狙ってましたが今年も行けずじまいでした^^;

綿向山から見る鈴鹿の雨乞い岳も鎌ヶ岳も
めちゃくちゃカッコいい!

天気もよく周回コースを歩かれるなんて最高ですね♪

幸福のブナの木くぐり 
きっと2014年もアルプス運命の出逢い恋物語♪
が、ありそうですね(笑)

イカジュさんのプログ見たら
我慢できずにソロで山に出かけたくなちゃいます^^

これからも良い山にいっぱい登って下さいね♪
Commented by 登山 好人 at 2014-02-28 15:15 x
アクセスが難しいと書いてあったのでどこだろうと地図をみたら
御在所岳のすぐ西側の山なんですね。
確かにマイカー以外だとアクセスが大変そうだね。ココは…
おそらく今年最後かな? ステキな樹氷にまた出会えて良かったですねo(^_-)O
今年はスタートが遅れたので樹氷なんてまったく見てないです(涙)
くぐれば腰が100%完治するなら今すぐくぐりに行くかな?(笑)
これからも色んな山を紹介して下さい!
でも、安全登山は忘れないで下さいね(^ー^)ノ

Commented by Ikajyu at 2014-02-28 21:57 x
>マルタンさん
私も狙っておりまして、今季ラストチャンスかもしれないこの日を
狙って行ってきました。結果はギリギリセーフという
ところでしたが天気が良く気持ちよく歩けました(^^
鈴鹿山系を一望出来る稜線はおすすめですよ。
御在所こそ雨乞岳に隠れてしまってますが・・・
幸福のブナ。。。なにか良いことがあれば良いですね~
ちなみに山の出会いはもうかなりあったりしますw
またご自身の山行の参考になれれば幸いです。
Commented by Ikajyu at 2014-02-28 22:01 x
>登山好人さん
この山は御在所の真西で雨乞岳を挟んで向こう側という感じですね。
縦走も出来るかもしれません。
マイカーだと高速などでなんとかいけますが、公共手段は
ほぼアウトですね(^^;の割には地元の方にとって
かなり一般的な山のようです。
樹氷は最後っぽいですね~もどきなら出来るかもしれませんが・・・
登山好人さんは復活されただけでも良かったと思いますよ(^^
私も幸せのブナをくぐりながら登山好人さんの完治を祈っておきます。
今年も面白い山を探しに出かけたいですね。
安全第一も心がけて。
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30