関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

六甲山系 有馬四十八滝「七曲滝・百間滝」

有馬の王道コースであるもみじ谷はよく行っていたのだが七曲滝だけは行ってなかった。
何故かというと理由があるわけでもないが、やはりちょっと危険な匂いがしたからかもしれない。
この七曲滝は冬になると氷瀑し、非常に魅力的な景観を見せることで有名である。
そんな中、登山歴20年の厚岸さんが地元、六甲の山を案内頂ける機会を得まして
その滝を見に行くことになりました。
厚岸さんに初めてお会いしたんですけどメールとかかなり絵文字入ってたりして
テンション高い方かなと思っていたんです。
しかし、ユーモアがあるもののベテラン色がある落ち着いたおじさんでした。
やはり文面ではその人の本質は図れないなあと思ったのでした。

実はこのフループのメンバーに山スイーツを持って来られるゆんさんが参加されてまして
それもかなり興味がありました(^^いったい今回はどんなものが出てくるのでしょう。
待ち合わせは裏六甲の有馬温泉から・・・こっちをスタート地点にしたのは六甲に来ることは
数あれど殆どないのかもしれない。やはりアクセスの問題で表六甲をスタートにすることの方が
圧倒的に多いです。グループでもない限りはこちらから行くことはないのかもしれません。


日程:2月16日 場所:裏六甲(有馬)  天気:晴れときどき曇り

メンバー:7人
♂  厚岸さん(CL) HIRO・Sさん 私
♀ ゆんさん 綾太郎(♀)さん ノリコマさん まなみさん

c0066176_21425575.jpg

有馬温泉街を歩く。
hiroさんとか去年、紅葉狩りをしたメンバーがいましたし、いろいろお話しながら歩きました。
やはりお子さんとハイクに行かれることが多く、前は金剛山につれていったものの
いろんなものに興味がある頃でなかなか前に進まないようです。

c0066176_214512.jpg

そしてまなみさん。あれからなんと冬の大池地獄谷を走破されたそうです。。
いや~この時期に驚きましたね!あの突堤の水がたまりすぎて横断できなかったようです。
これはなんとしても春先あたり・・・少なくとも台風の時期か来る前になんとか
ご案内してほしいかも・・・お願いしておきました(^^;。

c0066176_21483180.jpg

たぶん炭谷道と魚屋道の分岐の方に歩いていったと思います。
けっこうしゃべっていたのとGPSが作動しなかったことから詳しいことはよくわかりません(^^;
c0066176_21484850.jpg

ここが分岐点になりますので右手にコースを取ります。
しかもこの段階で雪が滑りやすくなっていたのでアイゼンタイムとします。
ここはもみじ谷と魚屋道の分岐点となります。
c0066176_2149837.jpg

c0066176_21492522.jpg

この辺からは登山道です。
c0066176_21531225.jpg

c0066176_21532733.jpg

白石谷との分岐です。ちなみに白石谷はバリルートなので自信がない人はパス。
けっこう沢道で険しいとのことです。
c0066176_21541613.jpg

c0066176_2154315.jpg

c0066176_21544577.jpg

七曲滝の分岐から七曲滝に行きます。
c0066176_2155312.jpg

c0066176_21551851.jpg

だんだんと道幅が狭くなってゆき。
c0066176_21553383.jpg

雪や氷があって滑りやすくなっています。
ちなみに先日滑落者が午前と午後に1人づつあったようで気が抜けません。
c0066176_21555023.jpg

c0066176_2156436.jpg

c0066176_21562034.jpg

途中、岩場が凍りついていてつかめない場所があります。ロープをある程度利用しないといけませんね。
c0066176_220164.jpg

トラバースを抜けると一安心です。
c0066176_220168.jpg

V字の沢を抜けると・・・
c0066176_2203389.jpg

だんだんとその姿が確認されてゆき・・・
c0066176_2205064.jpg

その全容を現します。
真ん中はなかなか凍ることはないそうで8割くらい凍っているとのことでした。
c0066176_221638.jpg

見上げるとなかなか絵になりますね~
c0066176_2212010.jpg

どんどん順番待ちの人が・・・(^^;
やはりけっこう知られている上にTVでも特集されたらしくそれが人気の一つなのかもしれません。
c0066176_2213665.jpg

やや離れて見た方が見やすいのかもしれませんね。
c0066176_2221039.jpg

またきた道を戻る。
ちなみにこのあと団体さんが来て行きの道ではなくもう一つの迂回路を歩きました。
c0066176_22242850.jpg

もう一つの道もこんな急傾斜なんで良いというわけではありません。
c0066176_22234545.jpg

c0066176_22244896.jpg

c0066176_2227240.jpg

こちらが白石谷でしたっけ・・・ちょっと度忘れしてます(^^;
c0066176_22281425.jpg

c0066176_2228309.jpg

ちなみに今日の六甲はなかなか雪深かったです。
他の山域とかすごいことになっているようですね。台高高見山は昨日はバス出なかったみたいですし・・
まさか、六甲で冬山を楽しめるなんて~なんて皆で話していましたw
c0066176_22285049.jpg

c0066176_22291542.jpg

百閒の滝へ向かいます。
c0066176_2229323.jpg

(^^
c0066176_22295011.jpg

c0066176_2230106.jpg

c0066176_22302876.jpg

こちらが百閒の滝です。こちらはなかなか氷瀑はしないとのことでした。
c0066176_22305292.jpg

たんたんと進んでいって
c0066176_2231929.jpg

こちらが似位の滝になります。そんなに特色はないです。
c0066176_22312351.jpg

氷中です。どうやってできたのでしょうか?つららが落ちた??
c0066176_22314385.jpg

百聞の滝の滝つぼの上にちょうと良いスペースがあるのでそこで昼としました。
ちなみに一軒茶屋や最高峰で取る予定だったようですが思いのほか積雪がすごかったり
するので思った程すすまなかったのが原因なようです。
後から知った情報によるとあのときその辺が樹氷していたとか・・・
う~ん有馬の樹氷・・・見たかったですね~
確かに麓から最高峰方面が樹氷があったのを見てましたからあるなあとは思ってたんですけど。
ゆんさんが有馬のスイーツがなんとしても目当てだったようで、皆も温泉の方に
意識が傾いてました(^^;
私も何度も行っているのでOKでしたが後々、樹氷があったとなるとちょっとだけ心の残り?

昼スペースとしては偶然見つかったぽい場所ですが、なかなか良かったです。
ちょうど谷になっていて風も来てませんでしたし。

本当は白石の滝から南側に沿って登山道を歩くつもりでしたがトレースがなく
ラッセルすることになるので断念しました。
この六甲でラッセル?とおもわれるかもしれませんが、南岸低気圧の影響でしょうね。

各々が雪を踏み固めて椅子を作る。厚岸さんがそのことを~と言うとかおっしゃってましたが何でしたっけ?
c0066176_2232967.jpg

その間、のりこまさんがお茶をしに行きました・・・ノートレースで大丈夫でしょうか。
c0066176_22322583.jpg

そしてまってました~とばかりにゆんさんのスイーツ♪実はこれが目当ての一つでもあった(^^;
バレンタインにちなんでチョコケーキを網で焼いたのだ。
これがまた香ばしい、さくさく感がなんともいえませんね~
毎度、おもてなし頂いて本当に感謝します(^^
c0066176_22324225.jpg

もと来た道を戻る・・・
c0066176_22325984.jpg

c0066176_22331650.jpg

c0066176_22333169.jpg

そして紅葉谷合流。
c0066176_22335178.jpg

元来た道を戻る。
c0066176_2234823.jpg

c0066176_2234253.jpg

c0066176_22362624.jpg

c0066176_2237138.jpg

有馬温泉街に戻り金の湯へ入る。ちなみに案の定混んでいた。よってあつ湯(45度)しか入れず
ゆでダコになったのでしたw
c0066176_22371651.jpg

温泉出た後は、向いのスイーツ店、カフェドボウ(でしたっけ?)で
有馬ロールを頂きながら山談義に盛り上がる。
ゆんさんは冬季八ヶ岳へ行かれるようで意気込んでらっしゃいました(^^;
いやはやがんばってください。
最近は冬季、伊吹山や武奈ヶ岳などを行かれたようで活動されているなあと感心しました。
そういやその伊吹山で最近遭難があったそうで冬山もホント気を付けないと
危ないなあ~と感じるんですよね。

GPS端末:XperiaUL

[PR]
by ikakan | 2014-02-18 23:27 | 登山
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31