関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

大文字山ナイトハイク

大文字山は相当数登っておりいろんなトレイルも試したがナイトハイキングだけは
やったことはなかった。話に聞くとけっこう市街地から近く、火床からの眺めは良いらしい。
そして銀閣寺ルートだとさほど難はなく火床に行くことが出来る。
ただし、一人でやるには抵抗があった。。
そんなわけでまた呼びかけさせて頂いたところ10人以上の反応があり
またその中から9名の方と大文字ナイトハイクを実現することが出来ました。
ただナイトハイク自体はあまり経験がないので昼間と勝手が違う不安もありました。


日程:12月7日 場所:大文字山 天気:曇り時々晴れ 
メンバー:10名 
ゆんさん Yさん keiさん Cherryさん nonoさん ぐーさん Uniさん mocaさん リカさん

さて午後の15時に蹴上に集合。
電波が届かないなどハプニングはあったがなんとか皆無事に集合することができた。
さて南禅寺からアクセスするわけであるが日向神社から行くのが一般的のようですね。
私は南禅寺から行くことが大半なんで違和感がなかったんですけど、その辺尋ねられました。
参加者の一人であるぐーさんとは初対面でしたが彼女が2番目にいたので
屋久島の話とかよく伺いました。ぐーさんは実際にテント泊で白谷雲水峡をまわられたようで
そこでの暗闇と山ごはんの体験は忘れられない経験だとか・・・
私も大自然のモーニングコーヒーとかやってみたいですわw
ガイドさんもすごい荷物を持っておられたとのことでした。私も大変だな~と感じているんですけども。
名前の由来で犬の名前つけたりしたらひっこみがつかなくなったようです(^^;
わかりますわ~私もHNを今更変えられませんからね・・・定着しちゃったもんだから。

c0066176_12523444.jpg

c0066176_12494973.jpg


南禅寺は紅葉シーズンを終えたもののけっこうな人であった。やはり観光地である。
南禅寺裏の水道橋を越えていよいよ登山道へ入る。
紅葉の残りかすを垣間見ることが出来た。

c0066176_1253588.jpg


有名な分岐点、七福思案処を得て大文字山方面へ行く。
私も下見しましたが各々が大文字を各自でまわられていたようで
Cherryさんは醍醐の方から行かれてたようですし、ゆんさんは今日の午前中に
今とほぼ同じルートを歩いたとか・・・そのエネルギーに感服です。

c0066176_1254611.jpg

c0066176_12542762.jpg


完全にこの辺は庭と化しているので不安感はありませんでした。
逆に言うと昼間にルートを知り尽くしているところでないと
とてもナイトなんて危なくて出来ないんですけどね(^^;

c0066176_12554795.jpg

c0066176_12551084.jpg


だんだんと日が暮れてきてモルゲンロードになってゆく様子は新鮮です。
この時間帯に尾根道にいることが珍しいですから。
迷うことなくたんたんと大文字山山頂へ。
夜景登山の涼さんによるとここの夜景もなかなか良いとのことです。

c0066176_12564332.jpg


ここから約20分ほどで火床ですが、道中で日が暮れてきて、ヘッドランプの出番となりました。
ここからナイトハイキングの特色が出てくるんですね~
足元はわかりにくく滑りやすいので気をつけて渡らないといけませんし
何より視界が狭くなるのでまわりに気を付けないといけません。

火床が近づいてくると町明かりがキラキラとしてきてなんともきれいでした。

そしてぱあっと展望が開けます。火床到着です。
いや~なかなか良いですね予想通り町が近いのできらびやかです。

c0066176_1259416.jpg


そして京都の町は碁盤の目ですからそれがまたきれいに成立しています。
強いていいますとやはりもう少し雲がはれていたらトワイライトに映ってきれいなんですが
まあこれは次点で狙いに行きましょうか。どっちにせよ今日に実行出来たことは良かったです。

c0066176_1302888.jpg


各自、お茶菓子などを持参してお互いの持ち物を交換する。
私も一応、お菓子を持ってきていたので皆に配ります。
ちょっとしたティータイムへ。

c0066176_1314057.jpg


なかなか風が強かったんで飛ばされそうになりましたけどね(^^;
ゆんさんによると昼間からかなり寒かったんで夜はそんな長居できないとのこと。
やはりちょっと秋くらいがちょうど良いのかなと思ったります。
でも空気が澄んでいるのは冬だしその辺が難しいところですね。

c0066176_2045189.jpg


写真撮影については依然、涼氏からタイマーセットなどを利用して撮ることを
おしえてもらっていた為、手ぶれをなくすことが出来ました。
ただ集合写真のときのライトを消さなかったのはNGでしたね。それが夜景の一部と認識されて
ぼやけた写真になっちゃってるんですわ。。。つまり集合写真の場合は
各自ヘッドランプなどを消してからの方が無難だとわかりました。
いや、他の方は消してるんですが私の腰ランプがつけっぱなしだったのは失敗でしたね(XX
集合写真のいくつかはボツです・・・いや~夜景撮影は難しい!
にしてもここでも涼氏の話題になりまして、HP見てるんですけど~みたいな話になりました。
涼氏のサイトで夜景が観てみたいとおっしゃってた方もおられました。
以前も呼びかけされていたようですが、何らかの理由で実行されなかったようです。

そこそにティタイムするとだんだん寒くなってきたんで各自降りることにします。
私も夜景撮りが納得しきってなかったんで何度かやり直ししてたんですけど
やはりメンバーを待たすわけにはいかなくて切り上げました。
(いやけっこう急かされてたんですよ(^^;なのでこの辺の写真はもうブレてしまって)
こういう意味もあるので一度、一人で大文字ナイトやってみようと思います。

下山道も銀閣寺ルートは覚えているルートだったんでそんな問題はありませんでした。
ただやはりハイペース入ってたようで、やや隊列が崩れているのを
意識していなかったのは反省点ですね。
夜だったんで各自が確認できなかったことが要因でしょうか。
途中から林道に入るのでそこさえ来れば問題はありません。

銀閣寺道を出るとあとは町に出るだけです。
ちなみに土産物屋の通りがあそこまで閑散としていたのは驚きました。
店じまいしちゃうとああなっちゃんですね(@@

その後はゆんさんが出町柳のおいしい親子丼があるとおっしゃる店に行きました。
今日一日、企画参加頂きありがとうございます。

次点は生駒山のナイトハイクを企画したいと思っています。
あと即興で晴れの澄んだ空に登りノートルダムで火床。
銀閣寺帰りで一人ナイトハイクを実行しようと目論んでます(^^;
[PR]
by ikakan | 2013-12-08 12:04 | 登山
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31