関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

瓢箪崩山:名前の由来は崩れているからなのか?はたまた?

京都北山の入り口に瓢箪崩山というのがある。
ガイドブックにはあまり載っていないが、列記とした登山道はあるようだ。
ネーミングセンスが面白いので興味がてら行ってみようと思った。


日程 12月7日 場所 瓢箪崩山 天気:曇り時々晴れ メンバー 単独

出町柳から戸寺のバス停にて出発。ここは京都金毘羅山の起点でもある。
最近、金毘羅山も登ってないので機会があれば行ってみたいが・・・
大原の里はのどかでいつも和やかな気分にさせてくれます。
ほっとしますね。市街地からさほど離れていないのにこんな場所があるとは
京都もいろいろ奥が深いです。そしてまったく開拓出来てない京都北山も。

c0066176_015670.jpg


しばらくは集落をあるきその奥地に登山道がある感じです。

c0066176_0154362.jpg


こういう柵はけっこうびびらされます。イノシシはもとよりクマよけ?を連想させますから。
瓢箪崩山も標識があったりして地元の人は登られている印象でした。
しかし、東尾根なのか日当たりが全般的に悪く、日中とは思えない薄暗さでした。
けっこうあやしいです(^^;人はまあ通ってないこともないんですけど
北山独特の不気味な静けさがありましたね。

c0066176_0202749.jpg


戸寺からの道(長谷)は悪くはないですね。
もともとの登山道は広く整備されていたと思うのですがやはり山がマイナーなのか
あんまり使われた形跡がありませんでした。

c0066176_0214638.jpg


災害などの倒木がそのままですし、荒れている印象です。
その辺をパスしながら行くという感じです。
渡渉地も何度かあってやや不明瞭な部分がありました。
とにかく使われてないなあ~という印象・・・

c0066176_025379.jpg


昼間でこの薄暗さは不気味さすら感じさせます。

c0066176_0252441.jpg


まさに崩れ山です(爆)

c0066176_026819.jpg

c0066176_027194.jpg


トレースもちょっとわかりにくい箇所がいくらかあります。

c0066176_0273417.jpg


こういういかにもという道がありますが実は破線路への入口だったりします(^^;

静寂があって人気を感じさせない雰囲気がまた不気味さを増していたりします。
この独特の雰囲気が京都北山らしさを感じさせます。
おそらく金毘羅山側はこんな寂しげではないでしょう。
この感覚久々でしたねw。怖いものみたさみたいな雰囲気・・・
この五感を感じながらのどきどき登山って面白いんですよ。

c0066176_0283757.jpg

c0066176_0285646.jpg


尾根道直下はいきなり急登りになってきてけっこうガレてきてます。まさに崩れ山。

c0066176_0334511.jpg


来た道を振り返ってみます。どこが道なのかわかりません(><
いや~なんかね。やらかすんじゃないかって・・・そのうち・・・

c0066176_0371843.jpg


尾根まで来ると一安心です。

c0066176_0375514.jpg


ここから金毘羅山へと続く江門峠などの縦走路なので整備はされている感じになります。
ここでは南に舵を取って山頂目指して歩きます。
ただし怪しさは感じましたけどね。

c0066176_0384383.jpg

c0066176_039321.jpg


山頂は西側に展望が望めます。ここで昼食予定でしたが人がいたので下山。
途中でちょっと道を間違えました(><

下りも概ね快調です。こちらは普通のハイキングで楽しめる内容でした。
なのでこの山を目指す場合は岩倉方面から来られると良いです。

c0066176_8194573.jpg


西尾根は日が差し込んでくるので明るく安心出来ます。

c0066176_042060.jpg

c0066176_0424163.jpg


比叡山も展望出来ます。

c0066176_853837.jpg


最後は落ち葉の絨毯を踏みしめながら快調に下山しました。

c0066176_862890.jpg


トトギ池をすぎると市街地に出ます。

c0066176_8204417.jpg


大原もなかなか面白い山があります。あとは焼杉山とかですかね。
しっかし、面白いです北山。落ち着いた雰囲気がなんとも山に入っているという印象を受けますから。

GPS端末:XperiaUL

by ikakan | 2013-12-07 23:25 | 登山 | Comments(12)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
Commented by at 2013-12-09 02:32 x
なんか名前も変わっていますが、場所も
すごいマニアックな感じですね。
もうすぐ雪も多くなりそうな・・・
しかし、人も少なそうな、のどかな山なので
歩いていてよさそうなところですね。
というか、よくこんなところを見つけましたねw
Commented by himegurumi33 at 2013-12-09 06:47
怖そうなんですけれど、何故だか妙に惹かれます。
この荒れ方がイイ感じと言いますか、何と表現しましょう。
しかし、単独では無理ですね。
よくお一人で行ったと感心致しました。
やらかさなくてホッとしました笑
Commented by ryo at 2013-12-09 10:31 x
ホンマ、不気味な感じですね。あまり使われていないトレイルなんでしょうね。それにこの季節は、落ち葉サクサクは、気持ちいいのですが、踏み跡がわからずに、ついつい間違ってしまったりしがちです。
歩きの場合は、まだましですが、茶利だったりしたら、いつの間にやら全然別場所なんてことも・・・・・!!
斜度といい距離といい、ジジイでもハイキング気分で行けそうです。
Commented by 登山 好人 at 2013-12-09 15:00 x
確かに不気味なコースに感じますが静かな山行を楽しめるのでいいんじゃないでしょうか。

地図見ましたら八瀬の近くなんだ。 

僕の家からじゃ遠いのでどちらかといえばココまで来たら

右の比叡山の方に行ってしまいがちです(^_^;)
Commented by Ikajyu at 2013-12-09 22:39 x
>涼さん
山と高原地図を眺めながら面白そうな名前というだけで行きました(^^;
私が行った戸寺からのルートはちょっとマイナーっぽかったですが
全体的に地元の人が好んでいるような感じでした。
こういう雰囲気で歩くことは最近なかった感じなんで
自分の世界に浸るのも良いかなと思いました。
Commented by Ikajyu at 2013-12-09 22:41 x
>himegurumiさん
そうですねけっこう荒れた雰囲気ですが山本来の静寂というか
静けさを感じることが出来ます。北山の奥地はこういう
静かな山が多く一人で自然の世界に飛び込んでいるような
感覚があって好きなんですよ。
でも、ほどほどにしとかないとホントにいつかやらかしそうです(^^;
Commented by Ikajyu at 2013-12-09 22:43 x
>ryoさん
晩秋の落ち葉は時にトレースが見えなくなるので危ないですね。
自転車は確かに早いので、分岐点などを見逃す可能性が
ありそうですね・・・
西尾根の方はなかなか自転車向きだと思いましたよ。
標高もあまり高くないのでおすすめかもしれません。
Commented by Ikajyu at 2013-12-09 22:45 x
>登山好人さん
そうですよね(^^;かたや大メジャーでこちらは知る人ぞ知る
という感じですから私も遠い場合はメジャーの方を選ぶでしょうね。
不気味な分、五感に頼ったどきどき登山が楽しめる(?)ので
こういうのが好きな人にはたまらないと思います。
私もたま~にこういう登山がしたくなるんですよw
Commented by Katze at 2013-12-09 23:06 x
京都北山の中でもここは行きやすそうですね。
箕ノ裏ヶ岳と組み合わせて、駅スタート駅ゴールのコースを検討しています。
この記事も参考になりました。

ここはMTBerも多そうですね。MTBer達のブログに度々“寒い谷に行って来た”という記事が見られます。ここのことでしょう。
Commented by あるパパ at 2013-12-10 17:12 x
瓢箪崩山ですか?初耳ですね。生駒の瓢箪山?て一瞬間違いましたがまったく関係ないですね(汗 山の中はトレースも少なくけっこう怖い感じですね。ぼくも足を踏み入れたらやらかしそうな感じで進めないかもですね。お疲れさまでした。
Commented by Ikajyu at 2013-12-11 00:09 x
>Katzeさん
アクセスはなかなか簡単ですよ(^^
前途の品谷山とは正反対です。
でもマニアックですけどね(^^;、笠の裏が岳とかまた面白そうな
山がありますね~私もまたの機会にとっておきます(^^
MTBerは確かに北山にも見かけますね~
Commented by Ikajyu at 2013-12-11 00:10 x
>あるパパさん
マイナーすぎますね。瓢箪山という地名が確かに生駒にありますね。
あれとはまた別です。
不気味さを味わうならマニアックな山が良いかもしれませんね。
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30