関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

六甲山系[再度山]:北野谷→仙人谷→洞川湖→鍋蓋北尾根→鍋蓋山→七三峠→平野谷西尾根

六甲地獄谷へ先日計画したのですが、いかんせんルートのミス(?)によって
違うルートを通ることになってしまいました。なので六甲地獄谷を再度
周る計画をたててリベンジするということは話してましたが、果たして行われるのか?
3週間程前、Sunday氏より呼びかけがあり、あのときのメンバーで再度、大池地獄谷を
チャレンジしてみないかということで伺いました。
私も相談しようと思っていたので、実際に行ってみようかと思ったのですが
調べてみるとなかなか天候災害による影響はさけられず、メンバーへの危険が予想されたので
違うルートにしようという話になりました。
まずは違う地獄谷へ挑戦するという案。
芦屋地獄谷があるのですが、このルートは大池地獄谷以上の危険路らしく厳しい。
慣れた方なら良いと思いますし、私もメンバー次第では芦屋地獄谷は行きたいと思ってましたが
恐縮ながらこのメンバーだとかなり危険だと判断し、普通の六甲をまず行ってみないかと
いう提案をしたところ賛成とのことで今度はどこのルートになるかという話になったわけです。
(ちなみに芦屋地獄谷は募集してます。かなり難路なんで私もちょっと躊躇してますがよろしければ(笑))

ただこの連絡を最後にSunday氏からは連絡がなく、仕事などで忙しくなったので
保留になってしまったのではないかと感じました。
さすがに1週間を切ってまして私も何か動かないとこのまますっと流れてしまう恐れがあったので
再度呼びかけさせて頂いたわけです。提案は荒地山と魚谷道を得て有馬銀泉を行くというものでした。
Sunday氏以外のメンバーからは概ね承諾を戴いており私もそのプランニングでとりあえず行おうという
流れでいましたところSunday氏から連絡があって、実はそこは会社の事前活動が当日行われるとのこと。
急遽、ルート変更を行うことになりました。

Sunday氏とのいくらかの議論によって再度山にしようということに半ば強引に決まり
今度はルートを設定するに至ります。
この界隈はかなりルートの分岐があり、いろんなバリエーションが楽しめるということで期待が持てます。
Sunday氏は須磨アルプスを推しておりましたが、私自身、何度も行っている場所でしかも街中に位置する為
あまり山歩きの雰囲気を楽しめないとのことで却下するような形を取ってしまいました(^^;
時間があれば議論してゆっくり皆に意見を聞いたりしてというのがあったんですが、さすがに
直前で変更となると早急に進めないといけなくなります。
そういうわけでこういう手段に出たことは皆さんに申し訳なく思います。


日程 11月30日 場所 再度山・鍋蓋山 天気:晴れ 
メンバー 7名 ゆんさん まなみさん Uさん あきさん おみつさん ゆうすけさん


結論から言いますとSundayさんは来れませんでした(><仕事があるそうです。
そしてゆんさんのLINE仲間(?)であるおみつさんとゆうすけさんが加わりました。
おみつさんは六甲はあまり経験のないようで今回2回目のようです。
ゆうすけさんは女性力が強い今回のメンバーの中で心強い男性の参加者でちょっと助かりました(^^;
ゆんさんもその辺、気を使って頂いてたようです。
一応、コース取りは決定していてそれを考慮して元町をスタートにしようと思ったのですが
ゆんさんが異人館を見たいとのことでリク戴いたので急遽、変更ということになり三ノ宮集合となりました。
しかもこれ、前日に急に変更とかだったので相当の混乱は否めなかったでしょう。
こんなんで皆、集合出来るのだろうかと不安でしたが、
割かし時間かけずに落ち合うことが出来て良かったです。

神戸三ノ宮からは北上してゆく、そして北野坂や天神坂を得て北野谷へ至るわけですが、
六甲山はやはり登山口までの街中を歩くというのが恒例になりつつあるw
アクセスは良いのだが微妙に街を歩く必要があることが難点かもしれない。
そんな退屈になりそうな箇所はこうして異人館街をまわりながら楽しむというプランは
意外にも良かったのではないかと思う。いろんな神戸らしいモダンな建物を楽しむことが出来ました。

c0066176_9153775.jpg


天神坂から右手にルートを取り北野谷の尾根道から二本松を目指す。
この尾根道、なかなか神戸市街がきれいに映ります。都市部がこんなに近くに見える山域も
この六甲くらいですからその辺の景観が楽しめるのもポイントです。

c0066176_8594669.jpg

c0066176_921337.jpg


この辺の紅葉は確実にピークは越えてました。ただもし11月はじめだったらなあと思う場所でしたね。
かなり惜しい気がしました。間違いなく絶景でした。

c0066176_922839.jpg

c0066176_931732.jpg

c0066176_942291.jpg

c0066176_944935.jpg


私は当初元町から大師道を歩く公算でしたが、ルート的に無理が生じるのでパスしましたが
それでもピーク越えは必至だったんでいろいろ微妙だったかもしれません。
ただし、この天気と最後の残り紅葉を存分に楽しめたことは収穫でした。
まあ今年もいろいろ秋登山を楽しみましたけどこれが最後でしょうね。今年はけっこう楽しめたんで満足です。
ここからはいよいよ冬山ですね。まあ私は少々軽アイゼンレベルで楽しみますけど(^^;

c0066176_8395886.jpg


毎日登山発祥の地なんてのもあるようです。各地である何千回という登山の記録はこの六甲から
始まったようですね。私もまあいろんな山を楽しみたいのでやりませんけどね(汗

c0066176_96837.jpg


再度山へは大龍寺の裏手から登ってゆくと至ります。
大龍寺へは銀杏のじゅうたんが美しく、これもピーク時はすばらしい黄色だったと伺わせます。

c0066176_16361922.jpg


関係はないですが、カリマーの人多かったですね。やはり背負いやすいのでしょうか?
まなみさんなどは軽いタイプを選んでおられて頭が気になっているようです。
しかし、カリマーは横に広がるタイプなので一番マッチしているのでないでしょうか?

c0066176_839831.jpg


再度山へはしばらく階段が続くような道ですがそれ程、難は感じませんでした。
亀岩なる景勝がありちょっとした岩に登るとそれがあります。
わざわざ登るまでもありませんでした。
でも最近、岩登りの楽しさがわかってきてこういうのに登りたくなるんですよ・・・
当初、荒地山に登りたくなったり芦屋地獄谷に行きたくなるのもそのためかもしれません。

c0066176_1638263.jpg


これも理系要素が含まれていてパズルのように登る楽しさがあるんですよ。
あきさんにはわかるでしょう?~なんて(^^;

再度越を得て再度公園へ。ここで昼食タイムとします。
ちなみにここま紅葉シーズン終わりでした。予想はしてましたけどね~
先週まではまあまずまずでしたがさすがに。

c0066176_1639298.jpg

c0066176_16395044.jpg


予想・・・してるでしょ。私がまたご馳走になるんではないかと?
まさか・・・はいご馳走になりましたよw
いや~かなり女子会入ってました。このテーブルは椅子なのかはたまた?
各々が自由に使っていくイメージでした。座ってよし乗ってよし物置にしてよしなどなど・・・
まなみさんとかなんか服装変わってますし、いつの間に着替えたの?という感じ。
あとはおみつさんのバーナーでゆんさんの持ってきたパウンドケーキを頂きました。

c0066176_16415519.jpg

c0066176_16425744.jpg


バーナーはガスにも種類があるらしくブタンガスのが上等とか・・・
いろいろ深いですね・・・こういうのを冬用とかで使い分けるのでしょうね~
しかもこれは自作だそうです。昨日作られたとか・・あのばたばたした中でご苦労様です。
これはサプライズでしたね!思わぬ山スイーツ企画に驚かされました。
抹茶ラテまで頂いて・・・本当に感謝します。
バーナーを持ってないということでしたがこれは面白い企画がたてられそうな予感なので
是非とも実行してほしいですね~
実は今月はあきさんの誕生日の月ということでぎりぎり祝いのケーキで祝えたということですね。
でも、このときは誰もそのことに気づいていなかったのかもしれません(^^;
単独行では味わえない楽しいひとときですね~
ゆうすけさんが血糖値が高いとかでスイーツは控えているようなことでしたが
実は野菜きらいなのが原因ではなかということでした。
やはり野菜を食べないのは健康上良くないようです。きのこも嫌いのようですね。
あと私が持ってるテルモスが奇遇にもあきさんのものと同一でしたw
あれ~って思ったんでども(^^;まったく同じ製品でしたし・・・

ここから北上して洞川湖へ行く。仙人谷の紅葉も終わってます。
洞川湖ではいくらかスポットがあって紅葉がきれいだっただろうな~という箇所がけっこうありました。
次回はシーズンに行ってみたいと感じさせるところが多いです。

c0066176_16471934.jpg

c0066176_16474938.jpg


湖畔をぐるっとまわって今度は鍋蓋北尾根へ。階段があったりしましたが比較的歩きやすい内容です。
尾根道をややアップダウンを繰り返しながら縦走路に出て鍋蓋山へたどり着きます。
当初湖畔は南側をまわるだけの予定でしたがルート違いがあってやや遠回りになりました。

c0066176_16483451.jpg

c0066176_16491050.jpg


鍋蓋山も神戸市街が一望出来るスポットです。
あきさんがキリン(クレーン)がたくさん見える場所なんで一押しとかです。
ちなみに造船所がおすすめということでしたが何故だかは不明でした。

c0066176_1650812.jpg

c0066176_16502515.jpg


帰りは湊山温泉によりたいというご希望がありましたんでそれを目指して平野谷西尾根から降りる。
ちなみに二本松林道から考えてましたが、
標識が消されてたので崩落してるかもということでこちらを選びました。
けっこうがっつり歩いた気がします。なんとか日暮れまでに間に合った感じでした。

c0066176_16514672.jpg

c0066176_1652633.jpg

c0066176_16522836.jpg

c0066176_16525788.jpg

c0066176_16532610.jpg


とりあえず住宅街にでてUさんが用事があるのでお別れしました。
そして割と難なく湊山温泉へ。皆ゆっくりつかっていた様子でした。
なんかあきさんが地元の人につかまってたそうです(爆)私も地元の人といくらかお話しました。
いかにも地元の銭湯って感じで風情ありましたね。スパ銭の雰囲気も好きですけど
こういうほのぼのしたのも味があって良いです。女性陣が出てくるまでの間、ゆうすけさんと談話しました。
けっこうこのばたばたしたいきさつを改めて説明してたんですけどね(^^;
ゆうすけさんにしては殆ど何も知らされないまま進行してしまった感じでしょうねw

ゆんさんが打ち上げしましょう!ということで神戸中華街まで歩く。
けっこうあって30分以上歩いてたと思う。
けっこう遠回りしている印象でした・・・
南京町にたどり着いておすすめの店へ。けっこうぎりぎりでしたがラストオーダーに間に合って良かったです。
スタンダートなものを中心に選んでいてどれもおいしかったですね。から揚げなどは
揚げたてで良かったですし、私リクエストのエビマヨなども楽しめました。

c0066176_1654244.jpg


打ち上げは神戸らしく中華街。いやなかなかどうして良かったのではないでしょうか?
こんなステルスみたいなゲリラ企画がそこそこまとまった不思議といいますか、これも連携ですかね~
またこういう企画してみてくださいな。特に山スイーツ企画でもまた計画されてくださいな。

GPS端末 XperiaUL

by ikakan | 2013-11-30 23:21 | 登山 | Comments(15)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
Commented by at 2013-12-01 17:45 x
再度山~鍋蓋、お疲れ様です。
私は神戸で働いていたので、見ていると懐かしい感じがしました。
一時期はこの付近の六甲山系を会社帰りに毎晩のようにナイトしてたり^^;(錨山や市章山など)
再度山の紅葉はやっぱ綺麗ですよね。
あと、鍋蓋山!!ここは夜景を見ながら鍋するところと私が勝手に決めていますw
会社の連中連れて夜な夜な鍋しましたが、テント泊した人もいました。
Commented by ikakan at 2013-12-01 18:36
>涼さん
やはりここ周辺はナイト専用なんですね~いかにも
そういう雰囲気でした。いつしかここはナイトで行きたいものですね。
紅葉はピーク時に行っといたら~なんて感じましたよw
鍋蓋山・・・名前からして鍋したくなりますよね(^^;
なるほどここでベンチで鍋をするのにもってこいなのですね(笑)
Commented by おっちゃん at 2013-12-01 21:22 x
急遽ルート変更。ご苦労様でした。
ルート変更は気を使いますね。
再度山~鍋蓋。このルートは、いつも反対に回っています、菊水、鍋蓋山。再度山。六甲はいろいろルートがあり楽しいですね。
好きなルートは、布引の滝から、市ヶ原、再度山など・・
食事は楽しいですね。頑張ってください。
Commented by aki at 2013-12-02 12:57 x
先日はありがとうございました♪
ルート変更等…。お任せしっぱなしですみませんでした。
直前までバタバタしていたとは思えないくらい盛りだくさんで楽しかったです。
紅葉もところどころまだ綺麗でしたね。

それにしても細かいところまで良く覚えてますね(笑)
理系女ですから、パズル要素の楽しさも分かりますよ。
いつか機会があれば初心者レベルのところをご一緒させてくださいね。
次回お会いする時には造船所の魅力もお教えしましょうw
Commented by Ikajyu at 2013-12-03 00:16 x
>おっちゃんさん
そうですね。やはり参加者の希望に添える必要があるので
一人よがりにルートを設定するわけにはいかないので(^^;
その分、単独行は気楽に自分でルートが設定できるところが
利点ですね。
鍋蓋の他、菊水など縦走路の西半分はまだ行ってないところが
多いのでこれから攻めたいと思います。
新神戸のルートも良いですね。トゥエンティクロスなどとからめると
良いかもしれません。
皆で食べる食事はいつもながら楽しいものです(^^。
Commented by Ikajyu at 2013-12-03 00:19 x
>akiさん
ご苦労様でした。後半は時間の都合でややハイペースに
なったかと思います。紅葉は残念ながらでしたがまだ
観ることが出来ましたね。晩秋って感じでした。
理系ならではの岩登りの楽しさをゆっくりと楽しみましょう(^^
行く予定だった荒地山とか特にそんな要素があります。
造船所とか見てみたいですね。得に夜景とか興味あります。
工場地帯のとか近未来の景色が見えるとか・・・
Commented at 2013-12-03 01:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ryo at 2013-12-04 06:51 x
そろそろ、紅葉も終わりですね。今年は十分楽しまれたようですね。
六甲も、行こう、行こうと思いながら、行けてません。
年末までには、一度行きたいと思ってるんですが・・・・・・・。
Commented by ぴー隊長 at 2013-12-04 10:20 x
十人十色、人が集まると色々気苦労もありますよね^^

地獄谷は芦屋だけだと思ってましたが他にもあるんですね
元々、芦屋が地元で小学校の頃から登ってるんで六甲に行く時はほとんど芦屋からスタートして人の少ないマイナーコースばかり行ってますが結構クライミングや沢登りの要素があって楽しいコース多いですよね^^
正月に墓参りに芦屋に帰るんでついでに登ってこようかななんて思いました^^
Commented by あるパパ at 2013-12-04 10:33 x
ぼくもほとんどソロでの山歩きなんですがこうやって記事読んでると大勢で行くのも楽しそうですね。ikajyuさんは山仲間多いんですね。 紅葉は盛りを過ぎたとはいえなかなか綺麗ですね。ぼくはなんだかんだで紅葉時期に雪山歩いてて観音峰ぐらいでしたかな…まぁ、今ちょうど低山が盛ってるので生駒でもと思うんだけどなかなかね。
Commented by Ikajyu at 2013-12-04 20:46 x
>ぴー隊長さん
人数がそろうとそれぞれの主張がありますからそれをまとめるのが
なかなか大変ですね~意見が合えば良いのですが。
芦屋からのコースも面白いものが多いですね、荒地山に
ピーラーロックといった登り甲斐のあるものもあります。
まさに素人からベテランまでが楽しめる山域ですよね。
Commented by Ikajyu at 2013-12-04 20:49 x
>あるパパさん
私は実はこういってはなんですがソロが一番好きです(^^;
五感に任せて森の雰囲気や静けさを味わうハイクが
なんとも良いのですよ。
ただこうして何人かで感動を分かち合って楽しむ登山というのも
また違った意味でも楽しみ方なのでうまく使い分けたいですね。
紅葉は一瞬なのでピンポイントに攻めないと難しい点があります。
今ではホントに地元まであっという間に降りてきちゃいましたね・・・
今度は樹氷狙いですがはたして・・・
Commented by Ikajyu at 2013-12-04 20:51 x
>ryoさん
今年は当たり年でした(^^
けっこううまく計画してたのがハマってくれてよかったです。
ryoさんもじっくりと紅葉を楽しめたのではないでしょうか。
六甲は気軽なところもあるので、ちょっと散歩がてら
行ってみても楽しめるかと思いますよ(^^
Commented by yun* at 2013-12-04 21:26 x
ikajyuさん、お疲れ様でした☆
直前にいろいろ申して、翻弄させちゃいましたね、すみません。
登山少々にスイーツ&観光要素満載でとてもyum*好みに仕上がって
楽しかったです。
また懲りずに付き合ってくださいね(#^.^#)
Commented by Ikajyu at 2013-12-05 22:04 x
>yunさん
お疲れ様でした(^^
昼ごはんでのサプライズのケーキや、中華街での打ち上げ等
お声かけありがとうございます。
おかけで楽しい一日を過ごせました。
私もがつがつした内容でなく気軽に六甲をハイキングしたという
意味では充分に楽しめました(^^。
今後、また御一緒するかと思いますのでよろしくお願いします。
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30