関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

高取城址~城塞から色とりどりの楓が乱舞する

SNSで高取城に関しての紅葉を見に行かないかということで呼びかけましたところ
けっこうな人からお声頂き、また何人かと実際に紅葉ハイキング出来る機会が持てました。
しかしながらこうしてグループリーダーとしてやるのは初だと思うのでけっこう緊張しました。
当日もけっこうばたばたした感があります。

高取城はすでに何度か行きましたが紅葉シーズンには行ったことがなく
また11月後半になると城址の紅葉が見事に咲き乱れるとのことでした。
これは行っておくべきだと思い、出来たらこの感動を共有したいということで
呼びかけをさせてもらったのです。

実はこの計画、とあるメル友の城址の紅葉を見て欲しいと思って立ち上げた企画でして
随分前から予告をしておりました。そのこともあってかけっこう計画的に進められたかなと思います。


日程 11月24日 場所 高取山 
メンバー 7名 Yさん、shiraishiさん、hiroさん、Cherryさん、さぶさん
しほさん、コマクサさん+(hiroさんのお子さん2名)
天気:晴れ


さて天気は問題ない・・・あとは紅葉か。
待ち合わせは壺坂山駅、実は電車に乗り遅れてタクシーでショートカット(またかいな)
いや~ルーズで仕方ない。単独行なら遅れようがなにしようが平気だがグループ、ましてや
リーダーが遅刻などなんというものか・・・
さて、簡単な自己紹介は終了。私もちょっと挙動不審入ってました(^^;
いや~なんか本日はこの企画に参加頂きありがとうございました~なんて決まり文句を言ったりして・・
実はここだけの話この後にも企画控えてまして、なんかしらすごい反響だったんですよ(笑)
うれしいのかそれとも予想外なのか。。。

しっかしお子様もいますしどうなるんでしょうか。まったく未聞です。

高取城の麓は城下町が残ってましてその様子をうかがい知ることが出来ます。
昨日は城下まつりなどがありにぎわいがあったようです。
ただハイキングとしては舗装路なのであまりよろしくないかもしれません。
武家屋敷とか風情があるので初期から雰囲気を味わうことが出来ます。

c0066176_042420.jpg


上子島砂防公園です。
このあたりから紅葉が美しくこれから登る城址への期待が膨らみます。
女性陣がはしゃいで遠くのつり橋まで行って写真を撮って欲しいとのことなんで撮りました。
なんかすごいパワーですね・・・見習わねば。

c0066176_05561.jpg


お子さん2人も半袖で元気に走ってました(^^;。
砂防公園を抜けるとやがて登山道に入ります。しかしけっこう整備されているので
ハイキングの範疇でしょう。

c0066176_055898.jpg


七曲りという階段の登りですがまったく荒れてませんので大丈夫です。
普通にハイキングでOKでしょう。
コマクサさんが10年ぶり(?)に登山を始めてソールが剥がれたらしく
普通のシューズで来られているとのことですが問題はありませんでした。

c0066176_074164.jpg


途中で一升坂に代わったようですがどこでなのかはわかりませんでした。
途中で岩屋不動という拠点があり、そこを見に行くことにします。
この山道は山道そのものでした。そして岩屋不動はちょっと道はずれにひっそりと佇む
スポットという感じでなんともいえないパワーを感じました。

c0066176_065981.jpg


そしてまた登山道に合流して登る。

c0066176_082770.jpg


これがうわさの猿岩です。なんか飛鳥時代に発掘されたとかでかなり年期入ってるらしく
歴史あんな~と思いにふけってました。猿岩と記念撮影をして出発。

c0066176_09134.jpg


ここから二の門に入り、かなり大がかりな城址へと入ってゆきます。
この辺になってくると城塞がはっきりしてきて明らかに昔ここに大きな城があったと連想させます。

c0066176_09508.jpg


ここは日本三大山城の一つであるのでかなり規模は大きいです。
季節問わず来てみるのも面白いかもしれませんね~

c0066176_0104870.jpg

c0066176_0113317.jpg


けっこう私のことはネットでもうわさ(?)になっているらしく
初対面なのにご存じの方がおられました。
かなり広範囲にネット徘徊しているからでしょうか・・・
確実に記事を上げないといけないような義務が出てきそうで怖いです(^^;

c0066176_0122367.jpg


国見桶は面倒なのでパス。そして矢場門へ。
カメラマンもたくさんいました。そしてハイカーも・・・・
いや~なかなか良いですよこれは・・・モミジがけっこう圧巻で迫力があります。

c0066176_013965.jpg


城塞とモミジのコラボはなかなかないんですよね。下から見上げるような形で
いつもとは違う紅葉が楽しめるというところでした。そして見頃を迎えた頃なので
よりそれは映えておりました。

c0066176_0135929.jpg

c0066176_0142365.jpg

c0066176_0144927.jpg


何よりこの景色をハイカー仲間と味わえたことがなんとも収穫です(^^
これが一人だったら自己満足で終わってましたからこの企画を呼びかけてよかったなと思います。

c0066176_0163917.jpg

c0066176_017641.jpg

c0066176_0173222.jpg

c0066176_018649.jpg


この辺を散策して紅葉のモミジの下で昼食です。
Yさんからけっこうごちそうになりました(またかよ!)いや~もういい加減にしないといけませんね。
Yさんはなんと前日、六甲縦走大会に参加されてたらしく50km歩いたらしいです。
20kmでもかなりキツイと思うので50kmはもう知る人ぞ知るという感じですね。
こんなハードなプランをこなされて次の日にこの城址の企画に来てくれたことは本当に光栄です。
記念品が出るらしくちょっとした置物みたいな証書らしいです。
私も六甲は無理でもダイトレくらいは参加したいかな~なんて思いつつ想像するだけです(^^;

c0066176_0192169.jpg

c0066176_01958100.jpg


集合写真なども撮りました。なんかヤマネチというコマネチのアレンジみたいなポーズが
流行っているらしくここでもそのポーズを撮ったんですがねw
三脚を持ってきているので初めて効果的に使いました!
紅葉の下でというシチュエーションで数枚撮れました。城跡とのコラボという感じが少しは出たかなと満足!

c0066176_0205862.jpg

c0066176_0221997.jpg

c0066176_0261831.jpg

c0066176_0264077.jpg

c0066176_0291921.jpg

c0066176_0294222.jpg

c0066176_0335687.jpg


下山ですが間違って車道に出てしまったのでしばらく下ってから山道に合流。
あいかわらず子供達は元気でどんどん先行して走っていきました(笑)
八幡神社などを得て歩きやすい山道を降りてゆきます。

c0066176_0344433.jpg

c0066176_0351311.jpg

c0066176_0353878.jpg


五百羅漢というところがあって、岩に石仏が大量にほられているスポットにたどり着きます。
いや~気持ち悪い~♪という声が聞こえてきました・・・大量に掘られてますね~

c0066176_0363482.jpg


面白いのは追加(?)の石仏が祭られていてどれも体系や表情が微妙に異なるということです。
それぞれの違いを見たり感情を読んだりするのが面白いかもしれません。
(実際はそんな目的ではないのでしょうが・・)

c0066176_037738.jpg


そして車道に戻ってひたすらくだる。
壺坂寺周辺はいろいろ面白く巨大石仏やら寺やらいろいろあります。そしてこの辺の紅葉もすばらしい!
一度も入ったことのない寺構内ですが今回はさすがに入ろうかな~と思った程でした。

c0066176_038792.jpg

c0066176_0385389.jpg

c0066176_0391477.jpg


でも、周辺の紅葉でも十分に楽しめる為、近場の散策程度に収まりました。
それでも皆満足されたかと思います。

c0066176_040579.jpg


あとはハイキング道があるそうですが、残念ながら見つけられませんでした。
というより終始おしゃべりしてたんで見逃しただけかもしれません。
Yさんから呼び止められて正しい道をおしえてもらいました(CL失格)
まあ国道から行くとお子さんとかいるんで不安ですもんね。
ありがとうございます。

c0066176_0405078.jpg


帰りに空き缶のギネスブックに登録されたと言われる高取城を見に行きました。
何がギネスだったのかは謎ですが・・・あと牛(?)の置物がありました(?)

c0066176_0413017.jpg

c0066176_0415052.jpg


そのまま城下町へと戻り景色を楽しみつつ16:00頃に壺坂山駅へ。
ここで最後のご挨拶をして帰途に着きました。

いや~初企画緊張しました(^^;一人ならなんなく出来るようなハイキング道ですが
いろいろペース配分やスケジュール等整えないといけない立場なので
けっこう気を使うことがわかりました。
しかも今回お子さんなどおられるという状況なのでどうなるか未聞でしたが
こうして楽しんでおられたようなんで私としてはほっとしたんですけども。
一番の問題は時間ですね。また遅刻しかけましたしほんとなんとかしないとね・・・

実は年内、もう一つ企画を呼びかけているのでまだまだ油断できないんですけど・・・
今度は10人越えというまた難しそうな内容・・・いったいどうなるのか定かではないです。
[PR]
by ikakan | 2013-11-27 22:08 | 登山 | Comments(7)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
Commented by radiohead019 at 2013-11-29 01:35
よっ!リーダー(^∇^)
お疲れ様です♪
SNSてそんなんあるんですね!初めて知りました!
紅葉の次は雪山ですか?
毎日伊吹山を玄関から見てますがうっすらうっすらと!登山やる前は気にもしませんでしたがw
紅葉より空き缶に目が!あれ空き缶で出来てるんですか?凄いですね(゜ロ゜)
石仏凄い数なんですね!彫刻した方の魂が宿ってそうです。
Commented by あるパパ at 2013-11-29 15:21 x
すごいですね。綺麗な紅葉!高取山。高取城址、壺坂…よしメモしました。来年行ってみようっと。SNSでの企画ですか。気疲れするでしょ?ペース配分とか、こどもいると特にね。ぼくも一度生駒山に企画で行きましたがもう二度としません。人数少なめに募集してよかったと思いましたよ。お疲れさまでした。
Commented by ikakan at 2013-11-29 23:08
>四季さん
どうも~生還しました。
でもまだ後にあるんですよ(^^;これより難易度高いのが・・・
SNSはけっこう気軽なので良いですよ。
(反面危険もありますが・・・)
雪山ではさすがに募りませんわ(^^;
誰かに連れってもらいます。
伊吹山も冬の入り口に入ったようですね。
空き缶のは詳しくはみませんでしたが空き缶の色をそのまま
利用したりと上手な使い方してましたよ。
石仏はひとつひとつが個性がある感じでした。
Commented by ikakan at 2013-11-29 23:11
>あるパパさん
ダイナミックな紅葉を真下から見上げるとうのはなかなかないので
おすすめ出来ますね。今すぐでしたらまだまだ見頃だと思います。
決まってなければ是非。
GLは確かに気を使いますね。。責任はないとはいえ自分が企画した
山行で何かあると後味悪いですし・・・
人数多ければより難易度は高いです。。
Commented at 2013-12-01 05:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by おっちゃん at 2013-12-01 21:15 x
高取城跡、山城でいいですね。
いろいろなルートがありますから楽しめますね。
おっちゃんは、近鉄六田駅から何回も歩いていますが・・・
これも楽しいですよ。一度挑戦されては・・・
高取城跡、紅葉がきれいですね。春もいいですね。
今年は、この季節行けませんでした。
写真で楽しませていただきました。
Commented by Ikajyu at 2013-12-03 00:13 x
>おっちゃんさん
高取城別ルートがあったんですね。これは私は知りませんでした。
ガイドブック等には壺坂山ルートしか載ってなかったので。。
また調べときますよ。
城跡の紅葉もなかなかダイナミックで見応えがありました。
おっちゃんさんも機会があればこの紅葉の時期、おすすめ
出来ますので是非!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31