関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

六甲山系「大池地獄谷西尾根」裏六甲:地獄谷西尾根→水晶山→ダイヤモンドP→記念碑台(山頂

六甲山系はかなり奥が深い(前も言いましたよね(^^;)いや、本当に深いんですわ。
地図を見るとこの山域が迷路になっていることはご承知の通り。
私もこの山域を開拓したいと思いつつ、けっこう単独とかだと不明瞭だったり
怪しい雰囲気だったりいろいろあります。
本当に初心者から山のベテランまで幅広くカバーしている山域だと言えます。
そろそろ六甲山系を責めたいと思っており、どういったアクセスをしようかと考えていました。

そんな中、山のSNSで裏六甲のお誘いがありましたので便乗致しました。
単独行の独特な静かでマイペースな雰囲気も良いんですが、さすがに気が滅入りますし
ちょっと不安な山域も皆で行けば怖くないみたいなところがあるので重宝しております。
今回の地獄谷もけっこうマニアックな箇所で整備もまあされているようで・・・!?みたいな雰囲気でした。

じつはやらかしてしまいました・・
前日確認致しました時刻表がなんと平日のものだとわかり電車に遅れてしまいました。
これに関しては同行者の方にご迷惑をおかけしましたことをお詫びいたします。
新幹線と新神戸からタクシーで飛ばしてもらい、なんとか2,3分の遅れには持ってきたのですが・・・

集合場所は神戸電鉄大池駅から、私は裏六甲から登山するのは初めてです。
やはり裏六甲へのアクセスが困難なんで気軽な表から登ることが圧倒的に多いのです。

さて参加者ですが
主催者のManamiさんとお知り合いのUさん。
最近関西に越してらっしゃったSundayさん。
屋久島への登山を考えられているYunさん(しかも何回かに分けて登られるというゴージャスな内容)。
そして私の山系のメル友Akiさんを交えて(私がいきなり誘いました・・・失敬)
男性2人女性4人(6人)のメンバーで未知の地獄谷へ向かうことに。

地獄谷はややマイナーな為、ガイドブックには掲載されておらず沢沿いの道としかありませんでした。
なので連日の雨で沢が増水していないか懸念しておりました。
まずは大池の街並みを見ながらゆっくり山腹まで街中を歩きます。
ちなみに迷うことはないと思います。標識があるのでそれに沿って歩くと大丈夫かと思います。

Sundayさんは私が以前、伊吹山ナイトハイクでご一緒したKumasan氏と最近同行された
とのことでした。山系のつながりはけっこう広いんだな~と思いました。
スタートから雨でしたが止むだろうということでしたが、レインウェアを着ることにしました。

c0066176_86076.jpg


さて、神港グラウンド横の道をつたって高速道の下をくぐります。ここからスタート。

c0066176_8173555.jpg

c0066176_871471.jpg


しばらくしていきなり渡渉が・・・問題はなかったのですが女性陣などちょっと不安もあり
手を取ってサポート。ここはクリアします。

c0066176_881156.jpg


しばらくすると石楠花谷との分岐にさしかかります。

c0066176_894151.jpg


ちなみに石楠花谷は地獄谷より難路っぽい感じです。
そのまま地獄谷方面へ行きます。しかしながらこの辺、倒木多しですね。
竜巻でもあったんでしょうか・・・あちこちに倒れてますし。
くぐったり飛び越えたりでアクションがあります。

c0066176_8104958.jpg


そして地獄谷・・・なかなか渡渉ポイントが多い印象です。
実はですね~すべっちゃいまして(^^;またへたれっぷりをやらかしてしまいました。
いや岩場が苔になっててぬるぬるなんですわ。。また雨でしょ。。
コンディションも雨でしたのでほんとすべる・・・今度の渡渉ポイントも手を取って協力して渡りました。
雨で増水してるんですかね。。普段の水量がわかりません。


c0066176_8531378.jpg

c0066176_8115531.jpg

c0066176_813526.jpg


ちなみに写真ブレが多いですが、実はトップをやっていた関係で頻繁に立ち止まれないのですよ。
後ろのペースバランスを見ないといけませんから・・・
もう一個のカメラ使ったら移動中でもブレは発生しませんが、雨なのであまり取り出せずにいました。
そういう点ではAkiさんはミラーレスを持参しておられたようで本格的だと思いました。
なんかいろんなレンズについて話しておられましたが詳しくはわかりません(^^;

堤防がありましてそれを越えたところに下り階段があるのですが、なんと!?水没?
終わりっすか~とちょっと手前に赤テープ発見したのですがどうも山と高原地図と
照らし合わせて別の箇所に進んでいる感じなんですよね~
他の方もモバイル版のGPSなど確かめていたのですがやはり登山道は外れている(?)

不明瞭な部分がありましたので引き返すことにしました。そして、途中分岐点があるかどうか
ゆっくり確かめながら歩くことにしたのです。
しかしながらそういう道は見つかりませんでした。そして地獄谷西尾根の分岐へ。
注意書きには増水で渡渉出来ない場合がありますとあったのでそれなのかな~と思いましたが
もう一つ不可解な点が・・・山と高原地図が間違っている疑惑が・・・
地図上ではずっと沢の南側を登山道が行っているはずなのに渡渉があったということです。
考えられる点としては崖くずれなどで依然使用していた登山道が使えなくなって新しい登山道を
開拓したのではないかということでした。なので我々が来た道は実は正解であって
そのまま赤テープのルートぞいに堤防を巻いてゆくのが正解なのでは!?という結論でした。
しかしあの赤テープの道がそれかどうかは定かではありません。
この件に関しては後日検証したいですね。。。
その証拠に分岐点にあった地図には何度か渡渉するようなことが書かれておりました。
ここで別の登山地図を持っていたら良かったのですがなんとここにいる全員が山と高原地図を
参照しているとのことで誰も気づかなかったのです(^^;
manamiさんがアブに刺されたとのことなのでちょいと応急処置をして再出発。

で、登山の方ですが仮にあの赤テープが本物だったとして、この雨で沢が増水して
渡渉出来なかったり、また埋没しているという懸念があり、
大事をとって西尾根から水晶山を経由して渡ることにしたのです。
この判断は正解だったどうかわかりませんが、結果的に山頂に行くことが出来ました。

この登山道、一応登山道としては歩けますが、頻繁に人が来ている雰囲気ではありませんでした。
けっこうクマザサが生い茂っている箇所があり、
不明瞭だったり道が分かれていて間違ってしまった場所もありました。
クマザサの海を泳ぐとのアクションをして楽しんだりしてましたが、
単独だとけっこう不安になるような山域でしたね。
そして尾根まで一気に高度を上げるといった感じで傾斜はある程度ありました。

c0066176_8192757.jpg

c0066176_8203475.jpg

c0066176_8545670.jpg

c0066176_856323.jpg


途中幻想的な雨霧の風景や、森の香りがしており野性的な登山が楽しめたと思います。

c0066176_8541048.jpg


水晶山もどれがピークかわかりません。山と高原地図ではクマザサ漕ぎが終わって少し
広くなっているところがピークとしておりましたし、実際には表記は先の方で見かけました。
水晶山を越えてしばらく行くとダイヤモンドポイントです。
やはり、登山中、誰にも会いませんでした。

c0066176_919554.jpg

c0066176_8215266.jpg

c0066176_8241773.jpg


ダイヤモンドポイントからは花山あたりの街並みが一望出来てなかなかの展望でした。
なかなかのワイルドな登山道でしたんである意味ここが山頂のような達成感でしたね。
ここで記念撮影などを行う。Akiさんはマイぬいぐるみ持参とのことで写真のお供としているようです。
晴れた日にはザックにつけているとか・・・ブログとかでこれをされる方もたまに見かけます。

さて、ここまでくればもうクリアも同然です。六甲山の山頂近辺はどの山域も観光地化されて
おりまして、道路なども完備されておりますのであとは舗装路を歩いたりするだけです。
当初はノースロードを歩く予定でしたが知らん間に過ぎておりました(^^;

c0066176_942375.jpg

c0066176_95143.jpg

c0066176_96846.jpg


昼食は予定通り記念碑台で。ここで談話と合わせて食事致しました。
しかしやはりアウトドア派の人達の話は面白いです。内容が濃いといいますかスケールが大きいです。
Yunさんは2回に分けて屋久島へ行こうと考えられておりますし計画の幅も広いと感じました。
Uさんを初め夏山とか高山にむけていろいろ楽しんでおられるようです。
木曽駒から見る御嶽など写真を見せて頂きました。実は私も白馬の写真持ってたんですけど
出すと長くなりそうなので止めました(^^;
しかしマニアックでしたわ・・・私もかなりアウトドアマニアだと自負しておりますが、深いですわ~
まあこんな雨の中来られる方々なんで強者なんでしょうね。
ここでの議題はやはり地獄谷の赤テープの先を見る為にリベンジを果たすことでしょうか。
11月にこのメンバーでまた地獄谷にチャレンジしましょう!と。
誰が企画されるのでしょう?manamiさん?Sundayさん?私じゃないですよ(^^;
というかmanamiさん谷をカニを勝手に勘違いしてて本気でカニを食べに行くと
思い込んでいたそうです?

私も土曜出勤とかなければなんとか参加したいですね~私もあの先が知りたいですし。

記念碑台で記念撮影を行います。雨はやみそうにないのでそのまま六甲山頂駅へ。
けっこう談話が進んで15:00頃になってましたが、すでに下山をロープーウェーに傾いて
いたのでそのつもりでした。というより悪天候の中17:00頃まで歩くというのは
あまり頂けませんので・・・他の方もそれが正解だとおっしゃってました(^^;

c0066176_97594.jpg

c0066176_973146.jpg


もみじ谷も晴れている日には歩きやすい登山道です。また誰かとご一緒出来ればと思います。
ロープーウェーから幻想的な雨霧の山容が浮かびなにやら大峰のような雰囲気で良かったです。
そのまま有馬温泉へ向かい、足湯で帰る派と入浴派にわかれて各自帰路につきました。

同行頂いた方、本日はありがとうございます。
by ikakan | 2013-09-07 22:46 | 登山 | Comments(20)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
Commented by 登山 好人 at 2013-09-08 19:13 x
天気はあいにくでしたが読んでると楽しい山行が伝わってきましたよ♪

ロックガーデンの地獄谷かと思ってたら違うんですね。 裏にも地獄谷とかあるんだ。

裏になると確かに電車だとアクセスがちょい悪くなりますよね。 

でも2・3分の遅刻でギリギリセーフでしたね。ご苦労様です。

ダイヤモンドポイントの標識の写真の上のササの写真・・・ こういうところを歩いて僕は

マダニにやられました(>_<) 気をつけてくださいね。 



Commented by Ikajyu at 2013-09-08 20:11 x
>登山好人さん
天候次第でもやり方によっては楽しめることがわかりました(^^
地獄谷はけっこうあちこちで見ますよね。
どれがどれだか迷います(><
単独だと遅刻しても良いのですが
集団だと周りに迷惑がかかりますしね・・・
ササにはマダニがいるんですね。気を付けます。
ちなみにこの日は雨だったんで
レインウェア着用で問題ありませんでした。
Commented by aki at 2013-09-09 08:55 x
初六甲山にお誘い頂き、ありがとうございました。
残念ながら雨で予定していた地獄谷コースは行けませんでしたが…。
正直あの水量で渡渉が続くと…。
私はいかじゅうさんを巻き込んで川に突入してましたねw

単独は行いませんが、友人同士でも行かないような道で
私としては初六甲エリア楽しめました。
ご一緒させていただいた皆さまも優しい方ばっかりで。
昼食時にいっぱい話を聞けて良かったです。
早速ユニ○ロにダウン買いに行きましたよ。

有馬温泉も初めてだったので、お湯の色にちょっとびっくり。
有馬サイダーも飲めたし、炭酸煎餅も買えたし。
正しい休日を満喫しました。
お誘い頂きありがとうございました。
またどこかご一緒させてくださいね。
Commented by at 2013-09-09 10:05 x
裏六甲お疲れ様です!
私も地獄谷ときいて、表側かな?って思いましたが
裏六甲のほうなんですね。
やはり表とちがってぜんぜん人がいないようですね。
それがまた魅力的なんですが・・・
逆にそっちのほうが気軽でいいです。
天気があいにくですが、雨の日の森は幻想的ですよね!
山行の後の有馬温泉もいいですね~とくに雨の日だとかなり
気持ちよさそうです。
ちなみに写っているこの沢は沢登りできそうので調べてますw
Commented by Ikajyu at 2013-09-09 22:05 x
>akiさん
いきなりお声かけして恐縮です。
雨の渡渉で上流はどうなっているのか正直わかりませんでしたので
今回の結論に至りました。(安全第一ですしね・・)
またリベンジしましょう!
私自身も単独では行くかどうかというコースでしたので
akiさんを始め皆様と行く機会が持てて幸いです。
ユニクロのダウンありましたか?冬用はなかったような話でしたが(^^;
有馬温泉は金の湯は鉄分が多いのでああいった色になるようですね。
もう一つ銀の湯というのもありますが、今度六甲へ行ったときに
行ってみるのも良いかと思います(こちらは普通の湯です)
お土産も買えてよかったですね(^^
サイダーは量が多いので私には無理でした。。
これからもよろしければ週1くらいでメール相手してください。

Commented by Ikajyu at 2013-09-09 22:11 x
>涼さん
裏の方は天気かもしれませんがまったく人気がありませんでした。
表の混雑に飽きたときには良いかもしれません。
コースもいろいろあるんで裏も楽しんで行きたいですね。
雨は悪いばかりではなく森の生命感を感じたりして本当に
森林浴に浸っている気分でした(一人では不安ですが(^^;)
有馬の〆は六甲の定番です(^^疲れを有馬温泉でという
かなり充実した内容になりますから。ちょっとずれても
いろんな日帰り湯やスバ銭があるのでよく利用してます。
チャレンジャーですね~でも逆に濡れて登った方が
安全に登れる場合もありますね。。
実施レポートも見てみたいです。
Commented at 2013-09-11 21:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ikakan at 2013-09-11 22:19
>四季さん
行けますか!是非ともよろしくお願いします。
とはいえ、私が登山好人さんの乗合いで行いますので
好人さんにお願いしたいと思います。
仕事はいったら申し訳ありませんが・・・(汗
Commented by radiohead019 at 2013-09-12 04:49
登山好人さんとお話ししましたが、近鉄御所ですよね?近鉄御所て奈良のですよね!?
此方こそ宜しくお願い致しますm(__)m休み確実になると願ってます。
Commented by おっちやん at 2013-09-12 05:29 x
裏六甲の地獄谷ですか・・・
長いこと行ってないですね。雨の中大変でしたね。沢沿いの道は
雨が降れば心配ですから、天気がいい時しか地獄谷には・・・
森林浴してよかったですね。
Commented by Ikajyu at 2013-09-12 23:15 x
>四季さん
近鉄の御所ですよ。ご一緒出来ることを期待しております。

>おっちゃんさん
そうですね~雨だからこそルート変えたのは賢明だったかもしれません。
森林の静かなしっとりとした登山が出来て良かったと思います。
Commented by Katze at 2013-09-13 21:07 x
ダイヤモンドPまでなかなかのワイルド感で楽しそうですね。
表六甲のお気楽さとは違う雰囲気がひしひしと伝わってきます。
クマザサ漕ぎはよくやりましたね~。僕は何か下にいると怖いので、夏はできませんわ~~。
Commented by Ikajyu at 2013-09-14 00:25 x
>Katzeさん
なかなか楽しめましたよ(^^
賑やかで楽しげな表とはまた違った秘境感があります。
クマザサは足元が本当に見えませんね~
落とし穴みたいになってる場合もあるので注意が必要です。
Commented by まるち at 2013-09-14 16:33 x
雨の中お疲れ様でした!
写真を見る限り、ホンマにアドベンチャー感満載ですね^^
私は残念ながら裏も表もケーブルでしか登ったことがないので、今度子供連れて行ってみようかな・・・
Commented by breezing at 2013-09-15 12:54 x
こんにちは!
六甲山系って山が深くて山中で迷った話を良く聞きます。記事を拝見して写真を見たら本当に深いですね。交通のアクセスが良いので近いうちに以降と計画しながら流れたりでまだ行けていません。私が計画するのは摩耶山とか簡単でゆるいコースですが。^^
Commented by Ikajyu at 2013-09-15 20:13 x
>まるちさん
うっそうとしてましたが皆で楽しみました(^^
多少荒れてる方が面白いこともありますね。
六甲山はケーブルやロープーウェイがあり気軽に楽しめますが
あえて登山するのもおすすめ出来ますね。
表は人もある程度多いし家族でも気軽に楽しめますよ。
機会があれば楽しんでみてください。

>breezingさん
いろいろ道があるので迷う人も多いですね。
マーカーも合ってるかどうか怪しいこともあります。
こちらのコースはちょっと深いんで何人かで行った方が
良いかもしれませんね。
摩耶山は気軽に行けて展望も良い魅力ある山ですね。
こちらもコースがいろいろあるので何度でも楽しめます。
Commented by ryo at 2013-09-16 10:06 x
おっしゃる通り、六甲山系は、ほんまに奥が深いし、いろんなコースあり過ぎて、どこへ行っていいのか迷ってしまいますね。いつも行こう行こうと思いながら、地図を眺めてるだけで終わってしまってます。
少しずつでも、まずいかないとダメですね。
Commented by Ikajyu at 2013-09-16 10:18 x
>ryoさん
六甲山系はコースが多いのでなかなかとっかかりがつかめないというのがありますが逆に多いからこそ簡単なコースから始められるという
強みもありますね。実はやりやすい山域だったりします。
また街から離れていないので容易にエスケープ出来たりするので
計画が立てやすいです。是非とも簡単なところから初めてみてください(^^
Commented by yoshiyuki at 2013-09-17 20:04 x
こんばんは!

初コメントです。
私のブログ(大普賢岳)にコメントありがとうございます。
六甲山は私のホームグラウンドでもあり、地獄谷西尾根のようなマイナーコースへへようこそです(笑)
六甲はメジャーなコースもたくさん有りますので懲りずに来てくださ~い
Commented by Ikajyu at 2013-09-17 20:44 x
>yoshiyukiさん
こんばんは。大普賢岳は目標にしている山でいろいろ参考にさせて
頂きました。そして六甲山へもよく行かれているんですね。
これからいろいろ開拓してゆきたいと思いますので
そのときはまた参考にさせてください。
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31