関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

滝畑千石谷 清涼 シャワークライミング「モンベルアウトドアチャレンジ」

今の時期は灼熱でかつゲリラ豪雨等、登山に適用している時期とは言い難い。
というわけで以前から興味があった夏のアウトドア、シャワークライミング(沢登り)に挑戦しました。
とわいえ専門じゃないので装備とか全然ないし、登山のようにルートも確立されていない。
個人で実行は難しいのでモンベルのツアーに参加しました。

c0066176_0502887.jpg


参加者は私を含め11人。個人の人は少ない様子でした。
皆、ハイカーというわけではなくカヤックとか他のアクティビティの人が多かったように思う。
トレランの人とかもいたようでした。
シューズはフェルトが使用されていて滑りにくい仕様になっていて、足袋のようになっている。
ゴムのシューズという感じで、靴下は脱いだ方が良いとのことでした。

c0066176_0493641.jpg


スタート地点は滝畑ダムの河川敷で岩湧山の登山口でもある。
ここからしばらく車道ぞいに渓谷を沿って歩き、アクセスポイントに入る。
この時期はキャンパーも多く若干迂回してから沢に入ることにした。
いつもの登山であれば渡渉は出来るだけ沢にはまらないように気をつけるのですが
今回はそうではなくあえて沢に入ってよじ登るというスタンスです。
登山の違うように見えて実は応用点もあって、例えば雨などで濡れた岩場など滑りやすい箇所の
登り方などに活かせてゆけそうな気がしました。また普段の山登りに加え水が流れているという
より悪条件のところで登ることで普段の山行にもつなげればなと思いました。
また、渡渉においても危ない場所とかが予想しやすいかなと感じます。

さて、最初に沢に入ったところで皆で水の掛け合いをしました。
これは、これから思いっきり水につかるらしい(?)んで水に慣れておこうということです。
まさにプールで泳いでいくくらいの勢いなのか!?

この日は最近の猛暑などであまり川の流れが激しくないらしいです。
よって場所によっては完全に流れが止まっていたり池のような水溜りになっているところもありました。
そして、沢シューズのまま登山道を歩くというところもあります。

c0066176_0511834.jpg


沢に入るとときどき深くなっている箇所があって、中には胸くらいまでつかるところもあります。
そういう場所は皆、立ち泳ぎなどをしてアクセスをします。
そして深場から渓流にアクセスします。足の置き場に注意を払う必要があります。

c0066176_0522124.jpg

c0066176_053697.jpg


c0066176_054070.jpg


こういった段差もあります。右を登ると激流に足を取られるのでこういうところは岸壁(?)をよじ登ります。
足の置き場があるので落ち着いて選ぶと問題はありません。3点指示の勉強にもなります。

c0066176_0544150.jpg

c0066176_055840.jpg


沢の中も動く石やらなんやらあるので気をつけなければいけません。
この箇所もいきなり深みがあります。濡れた岩場を登るのもすべりやすいです。

c0066176_0582125.jpg

c0066176_104590.jpg


沢の流が落ち着いた箇所で昼休憩をします。各々が写真を撮ったり休養したりしました。
ここもそうですが沢が落ち着いていて清涼感が溢れていました。

c0066176_059234.jpg


言わずもがなですが、渓流登りは本当に涼しいです。寒いのかといえばそうではなく
良い感じが太陽光があって冷え切らないところが良いです。現在の装備は昔とはくらべものにならないくらい
しっかりしたものなので全然快適なんですけどね(^^;
夏場の灼熱登山ではなくこういう清流を求めるのもアリかと思います。
登山が暑すぎると思われる方は夏ならではのアクティビティを楽しんでみてはどうでしょうか?
モンベルの沢登りイベントも9月くらいまでは続きますのでご検討してみても良いかもしれません。

さて、後半戦ですが、前半と同じように沢を登ってゆきます。

c0066176_133380.jpg

c0066176_142816.jpg

c0066176_15434.jpg

c0066176_154882.jpg


後半のハイライトがこの天然スライダーでしょうか?最初は巻道を選んで登り滑り台をして今度は
逆に流れに逆らってよじ登ろうという試みでした。
けっこう皆問題なくクリアされている様子でしたね。確かにすべって一度でクリアは難しかったですけども。
こういうのでも足の置き場などが重要になってきますね。
このスライダーは増水時にはさらに水量がまして深くなるのでもっと沈んだ感じになるそうです。

そして林道ぞいにさしかかり10mの滝にさしかかったところがゴールです。
お疲れ様でした。帰りは林道と登山道を行って帰りました。

c0066176_16521.jpg

c0066176_175315.jpg

c0066176_1152116.jpg

[PR]
by ikakan | 2013-08-18 00:47 | 各種イベント等
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31