関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

呉枯ノ峰 灼熱 お盆前週末も誰もいない登山道

当初はポンポン山でも行こうかなと思いましたが、京都南部の大気が不安定なので
少しでも安定している湖北地区にしました。場所は呉枯ノ峰。
展望もなくちょっとした山林で麓もドラマで使われた以外はそんな有名なスポットでもありません。
京阪神からけっこう遠く、京都からでも1時間半くらいかかる模様です。
最寄は木ノ本でそこからしばらく東側にルートを取ると寺があり登山道があります。

c0066176_0204388.jpg

c0066176_046916.jpg

c0066176_0464830.jpg


ハイキング道としてはけっこうマイナーなのかもしれません。
結論から言えば登山開始から終了まで一度も人に会いませんでした。
このパターンけっこうストレスになるんですわ。何か出やしないかとひやひやしますし。
事実、坂口の登山道入口からは熊出没とか書いてますしね。ビビりの私には(汗
マイ鈴のブラスワンの鈴を最初から最後まで使用してました(初)

c0066176_0473631.jpg


呉枯ノ峰の登山道は割かし整備はされているものの、通過する人が少ないであろう形跡でした。
トレースはあんまりはっきりしてませんし、きのこ(でっかい)がけっこう生えてました。
登山道の真ん中に生えてることもあるのであまり使われないのかもしれません。

c0066176_0484192.jpg

c0066176_0502828.jpg

c0066176_051162.jpg


倒木やらクマザサ、荒地などが度々あったかと思います。
ただ全体的には歩きやすい道でした。
京阪神からも遠い奥地なのであまりアクセスする人が少ないのではと思います。
そしてこの地区は賤ヶ岳とかありますのでそっちを見るのかもしれませんね。
生活道路が近い場所にあるので車の気配などは感じることが出来ます。

c0066176_053255.jpg

c0066176_1592355.jpg

c0066176_201697.jpg


田上城跡とか菅山寺とか遺構めぐりには良いです。私も展望は期待してませんでした。
というのもこの日の気温は37度なんで下手に稜線や見晴が良い場所だと灼熱地獄に陥るんですわ・・・
人がいないのはこれが理由なのかもしれません。この日もものすごい暑さで滝のような汗を
だらだらと流しながら、「自分は何一人でこんなことしていのだろう」などど思いながらひたすら
山道を歩いて行きました。

田上城跡は痕跡はないもののどこに何があったのかなど立札があってわかりやすかったです。
けっこう広い城だったんだなと感じさせました。

c0066176_21639.jpg


ひたすら、きのこが生えるしめった道を歩きますと、尾根道に出ましてしばらくして分岐があります。
一つは呉枯ノ峰でもう一つは管山寺へ行くものです。まずはじめは呉枯ノ峰から。
クマザサの茂みをかきわけて行きますとちょっとした広場がありそこに三角点があります。
展望はなにもありません。多分ここは菅山寺がなければ殆ど無名だっただろうなと感じます。

c0066176_1553268.jpg


ここで一服後に菅山寺へ向かう。

菅山寺の分岐からはけっこうわかりやすい道になっていて
これなら坂口から人が来るのでは?と思いましたが
結局誰も来ませんでした。いつもこんなんですかね。。
道は歩きやすいです。参拝とかされている方は多いのではないでしょうか?

c0066176_224279.jpg


ここが有名(?)な山門です。菅原道真が植えたとされるケヤキの門です。
ここには樹齢1000年のケヤキ2本が堂々と門の脇に立っています。残念ながら片方は
枯れかけているような印象でした。もうお年ですからね・・・
さすがにこれほどのケヤキはなかなかないので見に行く価値はありかと思います。

c0066176_019453.jpg


寺の構内は荒れてはいませんでしたが廃寺の雰囲気がむんむんとしてました(^^;
立ち入り禁止区画とかありましたし、けっこう年期が入ってて
補修とかしないと崩れるのでは?という感じでした。
山奥の忘れられた寺院みたいな廃墟的な雰囲気がしてまして良かったですね。
このあたりは巨木も多かったし雰囲気出てました。ここではさすがに人がいそうかなと思いましたが
ここにもだ~れもいません。

c0066176_1561030.jpg

c0066176_156489.jpg


そして何やらため池みたいな場所があってそこからブユが大量発生しているようでたかってきました(><
またしてもヘッドネットを使用することに。。意外と役にたってます。
袖のすきまにチクってやられましてね・・・
この虫、夏場の湿気がある場所に大量発生するんで気を付けた方が良いです。
特にこの場所、大量にきのこが発生するほど湿気があるんでなおさらでした。

さてたんたんと元来た分岐点に戻りそのまま下山。ここも湿った登山道であまり使われてない感がしました。
高速道路をくぐりますと生活道に出て終了です。

c0066176_1085122.jpg


しばらくは本格的な登山は控えましょう(^^;
by ikakan | 2013-08-10 23:46 | 登山
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30