関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

伊吹山ナイトハイク~ご来光登山 その2:御来光 花畑散策編

さて意外とぐっすり眠れました。場所は対山館というところです。
登山道からついてすぐの山小屋といえばよくわかるでしょう。
布団は毛布2枚です。敷布団はありませんので2枚をうまく組み合わせます。
雑魚寝的な感じでした。標準的な山小屋の就寝スタイルといったところです。

さて未明に目が覚めましてなんとなく寝てるふりをしてますと次第に周りがざわつき始めましたので
私もころあいを見て起きるとご来光を観に行く準備をします。
御来光は各々が各自観に行くといったスタイルでした。

さて次第に明るくなってきまして御来光準備です。
御来光以外にも北の山並みは美しく雲海が山にさしかかる光景が見られます。
関西でこんな高山のような景観が観られるのはすばらしいですよ。
是非とも泊りがけハイクはおすすめ出来るスタイルだと思います。

さて明るくなってきてとうとうご来光が来ました。
ピカーっとあたりを照らし、今日一日の始まりを告げます。
そしてこの陽光が雲や山並みを照らす風景。。。なんともいえませんわ~

c0066176_21483166.jpg

c0066176_2149872.jpg

c0066176_21493517.jpg

c0066176_2150184.jpg

c0066176_21504620.jpg


各々が山小屋に戻り朝食をとる。私もカップヌードルを買って食べる。
皆が出発準備をした後、お花畑へ・・・・
午前中、しかも朝ハイクの良さは朝霧にあるといって良い。
空気が澄んでガスがそんなになく気候も穏やかである。
なので景色は抜群!南側には鈴鹿山系北端の霊仙山が朝霧の中から顔を出していて
幻想的な景観を醸し出していました。

c0066176_2292264.jpg

c0066176_22101143.jpg


かといって北側もすごい・・・山の連なりが・・大峰のようですこの重なりは・・・
お花畑を散策するのが目的ですが景色にも目が行ってしまいいったいどちらを重視したら良いのか(^^;

c0066176_2211745.jpg


お花畑の種類もかなり多いのはわかりましたね・・・たくさんありすぎて。

c0066176_22222550.jpg

c0066176_2223046.jpg

c0066176_22233635.jpg

c0066176_2226451.jpg

c0066176_22262636.jpg

c0066176_22355975.jpg

c0066176_22361919.jpg

c0066176_22395168.jpg

c0066176_22401378.jpg


でも大御所は鬼百合ですね。これはなかなか見れない!?

c0066176_22252939.jpg


他の人もシャッター押しまくりです。全然進みません(^^;
いや~花が多すぎて何を撮ったら良いかわからない上に景色もすごいんです。
どこを見て良いのかわかりませんわ(><
散策路をドライブウェイ駐車場側にとったあと北上して登り返す。そしてまた山頂へ。

(^^;すいません・・・・伊吹山ナイトハイク~ご来光登山 その3:下山編へ(爆)
[PR]
by ikakan | 2013-07-22 21:36 | 登山 | Comments(10)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
Commented by radiohead019 at 2013-07-23 01:10
山小屋は1泊いくらでしたか?(´・д・`)
伊吹山遮る物がないのでます②ナイトハイク行きたくなりますね…
花もですが、御来光綺麗?美しいですね♪
その3待ってます♪

登山好人さんの下着コメ怒られちゃいますよ(笑)
装備は、貧相ですがお手入れは人一倍です(゜.゜)
Commented by ikakan at 2013-07-23 07:00
時間によって様々なようです。私の場合、0時からの利用だったんで
一番安い1500円で済みました。しかし到着時間が早くなる程
値段は高くなるようです。
伊吹山はナイトハイクに向いているなあと個人的に思いました。
是非とも行ってみてください!
日中登山とは違った面で楽しめるかと思いますよ(^^
Commented by 登山 好人 at 2013-07-23 07:20 x
1500円とは安い! それでこのような朝を迎えれるなら激安ですね。
寝れない僕の場合はどうしても小屋泊は敬遠してしまいます。
伊吹山は迷いようがないほど登山ルートが明確なのでナイトハイクなどされている方が多い山ですね。
下着の件はまったくもって問題ないっすよ(笑) 今回は3部作ですね(^_^)/
Commented by kumsan at 2013-07-23 20:14 x
牛田さんから伝言を頂いております。

Ikajuyuさんこんにちは^ ^
お名前間違えてたみたいでどうもすいませんでした(>人<;)
この場をお借りしてナイトハイクに参加された方に懺悔なのですが、実は私日頃朝2時起きの仕事をしていて夜8時に寝ていますので、皆さんが自己紹介していただいてる時に半分お眠モードであまり聞いてませんでした(>人<;)
Mayumiさん、minminさんのお名前も実は知らずにお話ししてました(´Д` )すいませんでした(>人<;)又、お昼の食事では私だけお先に失礼してすいませんでした(>人<;)日曜日に妻の実家に行く予定があり息子から催促の電話が何度かあり、結局皆さんにきちんとした挨拶もできませんでした(・・;)皆さんと色んなお話しをしながらお食事したかったのですが残念でした(>人<;)
こんな私ですが、又機会がありましたらよろしくお願いします(´・Д・)」
Commented by kumasan at 2013-07-23 20:15 x
牛田さんからの伝言続きです。

皆さんと共に楽しいひと時が過ごせて良かったですメロディもう少し皆さんと色んなお話しをして、打ち解けたかったです。kumasanリーダーお疲れ様でした(≧∇≦)mayumiさんイケメンの息子さんは山好きになりましたか?常識のある好青年だったとおもいますよメロディminminさん足は大丈夫かな?又、何処か岐阜の山でお会いしましょう(≧∇≦)lkajiyuさん楽しいひと時ありがとうございました(・ω・)ノもっと色んなお話ししとけば良かったです(・・;)近畿の山に行く際にはよろしくお願いしますねメロディminminさんお誘いして近畿地方へ行きますよ^ ^って私誰の連絡先も聞いてなかった( ´Д`)y━・~~長文ダラダラとすいませんでした、では皆さん又何処かの山でお会いしましょう(≧∇≦)今回はありがとうございました(・ω・)ノ
Commented by Ikajyu at 2013-07-23 21:03 x
>登山好人さん
1500円はアルプスの山小屋などと比べるとリーズナブルですよね。
しかも伊吹山はあなどれないというか高山の展望が望めるので
高い値段ではないと思いますよ(^^
伊吹山は本当にナイトで歩いても暗闇にはならないし夜景や
展望もあるしナイトこそだと思いました。
3部作にする予定ではなかったんですけどね・・・(^^;
なでしこさんばりに見どころ多かったもんでして・・・

>Kumasanさん
今回の企画に参加する機会を頂きありがとうございます。
他の方の伝言も聞きたいなあなんて思ったり(^^;
また連絡先のメアドなんかも知りたいかも・・・
岐阜の山、全然知らないので今度おしえて欲しかったりするんですわ。
ということで皆様・・・宜しければメアドおしえてください。

話が長くなりそうなんでまたメールします・・・

Commented by at 2013-07-23 21:55 x
その2を拝見しました。
雲海がすばらしいですね。この時期なので厚い雲なのか、かなりいい感じですよね!?
高山植物が豊富なのもこの伊吹山の特徴ですね。
これは絶対に近々いこうと思っています。
伊吹山のご来光登山は人気のようですが、今回のikajyuさんのブログを読んではっきりしました。
縦走で逝きかけたましたが・・・w
しかし、1500円ってめっちゃ安いですね。
Commented by ikakan at 2013-07-23 23:52
この関西でここまでの雲海が見れるとは思いませんでした。
雲の厚みがまた山との重なりと相成って良い感じです(^^
高山植物も相当あるようなのでハイキングでも充分楽しめそうです。
是非ともナイトで行ってみてください!
1500円は良心的でしたね~

大山と思いきややはりただでは帰りませんでしたね(^^;
Commented by Katze at 2013-08-05 13:20 x
雲海と朝日、下界の眺め、お花畑、どれも綺麗ですね~。他に言葉が見つからない・・・。ただただ素敵!

これらを生で見ちゃうと、現実の日常生活で目に写る物がつまらないもののように思えちゃうかも。人生観まで変わっちゃうか・・・。
Commented by Ikajyu at 2013-08-05 21:41 x
人生観変わっちゃいますよね~(^^
非日常の景色を楽しむ為に登山しているというところがあるのかもしれません。
これが登山の醍醐味でもありますね。
お互い新しい世界を探しに楽しんで行きましょう(^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31