関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

六甲山系「東六甲縦走路」:東おたふく山から入り宝塚に至る

六甲山系を東西に貫く六甲全縦走路の内容はどうなのか?
六甲山系は各山々にアクセスしたときに何かとお世話になったものであるが
実際にこの道を縦走として利用したことはない・・・ということで今回はそれを検証しました。
六甲全縦走路は須磨から宝塚まで続いているようですが、これを実行するとなると
早朝から始めないといけないし体力面でもそうとうタフになるであろうから
その東半分のみをピックアップしました。東おたふく山登山口から入り
縦走路に入るという内容です。

c0066176_9585491.jpg

c0066176_945015.jpg


東おたふく山登山口からおたふく山山頂まではけっこう傾斜がきつかった印象です。
これは芦屋側から登る方が良いのではないかと思いました。
こちらはあんまり人気がない感じでしたね。人がまばらでしたしあまり出くわしませんでした。
殆ど雨ヶ峠側なんでしょうね・・・茶屋とかもあるし。

六甲山系「ロックガーデン~風吹岩~雨ヶ峠~魚屋道~有馬」
このルートが銀座コースで殆どの人がこちらに流れています。

東おたふく山ですがやはり雨ヶ峠側からの方が展望が良いと思います。
おそらく草稜になっているのはこの間くらいです。
こちらはというと熊笹のしげみになっていてちょっと蒸した感じでした。

c0066176_9454587.jpg

c0066176_9461745.jpg


ここから土桶割峠、蛇谷北山を得て石の宝殿と行くのですが、ここも人がいませんでした。
そんなに荒れてはないんですが、六甲山自体がかなり複雑になってますから
人が分散していると考えられます。ちょうど西側に人がいくらかおりましたから
七曲がりの方へ流れているのでしょう。
同じ六甲でも一般的なのとあまり使われない方などあるかと思われます。

c0066176_948219.jpg


蛇谷北山もさほど展望はありませんでしたし、ガスってたので山あいの間から
ちょっと神戸の街並みが見えた程度でした。
しかしながら人がまったく通らないので落ち着いて昼飯を頂きました。

c0066176_951017.jpg


この後、生活道路に合流するわけですが、ここから本格的に縦走路に合流します。

トレランナーやハイカーに遭遇しだしたのはこのあたりからです。
やはり各地から縦走路に合流しているのではないかと思われます。
内容は熊笹などが多かったもののよく踏み固められていて歩きやすかったです。
その一方で傾斜がある部分は雨などで土砂が流れてガレている部分が多かったですね。
けっこう使われる道で補修などされてましたけど全体的に間に合ってない感じでした。
前日の雨でけっこうすべりやすい感じになってました。

c0066176_9524627.jpg

c0066176_9534965.jpg


船坂峠、大平山、大谷乗越をどんどんゆくのですが木々の景色が変わったりと
単調というわけではなくなかなか楽しめました。
ときおり道路を横断したりと道路を共有する部分もありました。
縦走路はけっこうフラットでしたので問題なく歩くことが出来ると思います。
ちなみに縦走路から逸れる道は険しい道が多いのでかえって消耗するのではないでしょうか?
とういうかけもの道ばかりなようです。。。

c0066176_9544228.jpg

c0066176_9553594.jpg


縦走路ですが展望はガスの影響もありあまり開けません。
が唯一のハイライトが岩倉山で甲山や樫ヶ峰を始め、神戸や大阪の街並みが一望出来ます。
これはすがすがしかったですね。

c0066176_9594745.jpg


この他の山や峠は殆ど木に囲まれているので展望はなかったですね。
ここからはちょっとガレた下りを得て宝塚の街へ抜けます。

c0066176_1033366.jpg

c0066176_105452.jpg


途中で中年くらいのおばさんに呼び止められてザックの背負い方の指摘を受けました。
なにやら重心が下に行きすぎているようでもう少し上にあげた方が良いとのことでした。
単独で来られていてけっこうベテランっぽかったですね。
この年代のおばさんは集団でしゃべりながらというイメージが強いので
個々でたんたんと歩かれているところは共感が持てました。

六甲山はファミリー登山出来るようなものからロッククライミングやコンパスを要したり
道具を使って登攀したりするものなど多種多様でそれこそ初心者からベテランまで
すべてカバーしている山域だと思います。今後も楽しんでゆきたいです。
縦走路に関しては須磨付近は須磨アルプス検証などでアクセスしているので
次回は中盤あたりを攻めてみたいなと思います。
by ikakan | 2013-06-22 23:20 | 登山
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30