関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

霊仙山 関西有数カルスト地形による展望

この山、候補にはありましたが日帰りの中ではアクセスがけっこう遠い上に
難易度が比較的高い部類にあるので実行に移すのは躊躇してました。
しかもいつも行っている土曜日がまさかの雨でして
これは保留かと思ったんですが日曜日の天気が思いのほか良かったので実行に移しました。
学生時代の友人も都合がついたので同行ということになりました。

さて、この山はさすがに鈴鹿山系だけあってなかなか傾斜がある内容でボリュームが
あったかと思います。この時期、山ヒルが出るとの情報もありましたが今回においては
それもありませんでした。

c0066176_22383147.jpg


スタートは醒ヶ井養鱒場から。。。登山口はもっと林道の奥にあるのですが、そこまでは
一般的にマイカーしか通っていないようです。なのでここからスタートします。
しばらく舗装路が続きますが、林道というより単に一車線道路といった方が良いかもしれません。
場合によってはタクシーでショートカットすると良いのではないでしょうか。
歩けば登山口まで1時間程かかります。

c0066176_22391523.jpg

c0066176_22394565.jpg


さて林道でも高度はどんどん上がって行ってパーキングにつくとそこから登山口の標識が
あるのでここから本格的に山道スタートです。
ちなみに入ってすぐに八坂神社への左折路がありますが、こちらは登山道ではありませんので
お気を付けください。

c0066176_2241924.jpg


登山道を行くとすぐに石垣の風景があってここは廃村跡のようです。ちなみに南の方の落合という
ところでも廃村があるようですが・・・
ただひっそりと人が住んでいたような形跡が見られる感じです。
その一番奥地には山小屋があって宿泊も出来るようでした。
ここではセルフの飲み物が販売されております。私が見たときはビールしかありませんでした。

c0066176_22414144.jpg

c0066176_22421135.jpg


ここからしばらくゆくとすぐに汗拭き峠の分岐に入ります。これは頂上側と落合側に分かれるわけですが
後者は崩落して行けないようです。まあ時間的に南側からアクセスする時間はありませんので
そのまま頂上方面へ向かいます。

c0066176_22433016.jpg


ここからひたすら登りが続きますが木漏れ日の中、涼しげな風を感じながらの登山でしたので
それ程暑さは感じませんでしたね。

c0066176_2248841.jpg


見晴し台という場所があるのですが、頂上付近の見晴が非常に良いので正直普通です。
ちょっとした休憩には良いのではないでしょうか。

c0066176_22451948.jpg


ここから先は有数のパノラマ地帯へ突入します。
石灰岩のカルスト地形は日本各地でも様々なものがありますがここのカルストもけっこう見応えが
ありました。周りに遮るものがなくひたすらただっぴろい荒野に点々と続く石灰岩の展望は
圧巻だったと思います。またこの地点でけっこう登山道から外れてしまいました。
道が不明瞭な箇所がありこれといって目印がないので登山者があちこちからアクセスする為でしょうか。
あとはシカなどの跡もあるのでどれが登山道なのかよくわからない点です。

c0066176_2249166.jpg

c0066176_2249551.jpg


この山で霧にまかれたりすると本当にヤバいようです。遠くが見渡せれば目標物があるので
なんとかなりますが見えないとどこを基準にしたら良いかわからなくなってしまいます。
ちなみに今回、晴れで展望のあるときでさえ何度か登山道を外れました。
殺風景な岩場の連続しかない地点なんでどこから行っても良いような感じですから
一度外れるとまずいのかもしれません。

c0066176_22512057.jpg

c0066176_2252874.jpg

c0066176_2253122.jpg

c0066176_22535117.jpg


それだけにここの展望はここにしかないという印象がありましたのでわざわざこの山に
出向く価値はあると思います。北側に百名山の伊吹山がありますが、伊吹山に行ける足があるのであれば
この山も是非登ってみては如何でしょうか?伊吹山とはまた違った観点での発見があると思います。

c0066176_2259523.jpg

c0066176_22593894.jpg


さて岩場をひたすら登りつめますと、径塚山に到達します。
個人的にはここの展望が一番良かったです。琵琶湖やら伊吹山を始めパノラマを望むことが出来ます。

c0066176_2323321.jpg


ここから一度下って登り返すと霊仙山へ到達します。ちなみにもっと標高が高い地点がありますが
何故そこを霊仙山としなかったのか謎でした・・・

c0066176_2354368.jpg

c0066176_2364245.jpg

c0066176_2374215.jpg


西南尾根方面にも登山道が続いていたりこの山域もけっこう登山道があるのですが
いずれもけっこう難しく、実際一番簡単な榑ヶ畑コースでさえ随分と時間を食ってしまうあたり
この山域の難しさを感じました。悪天とかだと苦戦は必須だと思います。
よくこの山域の悪天レポートで遭難寸前というものや遭難記事がありますので
実行に移される方はよくよく考えて実行に移された方が無難かと思います。

あとやはり鈴鹿山系はヒルの巣ということですのでこの辺も気をつけた方が良いかと思います。
頂上付近は遮るものがない荒野ですので紫外線がモロに当たりますので日焼けに注意かもしれません。

下りも傾斜がけっこうあるので足を痛めやすい状況でした。
石灰岩なんでごつごつした感じで注意を要するかと思います。

帰りにウスバシロチョウを発見したのだが写真に収められなかったのは残念でした・・・
動くものを撮るのは本当に難しいです。
[PR]
by ikakan | 2013-06-16 21:14 | 登山 | Comments(13)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
Commented by 登山 好人 at 2013-06-18 00:24 x
いい山ですね~ 霊仙山の名前は知っておりましたがこんな素敵な
山だと知りませんでした。行きたい!と思いましたがヒルが・・・
昨日、パンツに尺取虫がついてました。 一瞬ヒルかと思いましたが(汗)
それにしても山やる人に悪い人はいないと言いたいですが
セルフでビール置くのは・・・(^_^;)

いつかヒルのいない時期に行きたい候補にします!

Commented by ryo at 2013-06-18 16:15 x
写真で見るだけだと、難しさがなかなかわかりづらいです。すごく簡単そうな・・・・・・・。
登りだしの傾斜が結構きつんいんでしょうか?
それにしても、見晴らしもいいし、登ってみたいですが、ヒルはいただけないですが、仕方がないですね。
ビールはいくらなんでしょうか?
それに冷えてるんですかね?
ついつい、アルコールに過剰反応してしまいます。
Commented by Ikajyu at 2013-06-18 21:45 x
>登山さん
この山はおすすめですよ。とにかく見晴は良いです。
伊吹山も良いですがこの山も侮れない感じですよ(^^
セルフビールもここくらいですね・・・はたしてちゃんと運営されているのか・・・
比較的登山口から近いところなのでもしや関係ない人も来れるとか・・・

>ryoさん
難易度ですが、いろんな要素が組み合わさってのものですね。
見晴しは良いですが、天候が悪いと逆に目標物がなくなって
道迷いの原因になります。また稜線なんで雷雨に合うと
落雷の危険性が高いと思われます。そして山ヒルなどの問題ですね。
コースですが確かにタフで体力がいる印象です。傾斜がある程度あります。しかし、行った人によって感じ方が違うので実のところ実際行ってみないとなんとも言えません。

ビールですがやや割高かもしれません。どうなんでしょう。
いや、ビールの普段の価格がわからなくて(^^;
冷え方ですが地下水(?)で冷やされているのである程度は
冷えていると思われますが冷蔵庫でキンキンとまでは
いなかいのではないかと思います。

Commented by breezing at 2013-06-18 22:07 x
こんばんは!
樹の無い山は、殆ど登った事が無いのでとても変わった風景に見えます。見晴らしが良くて現在位置を掴みやすそうなのですが、かえって変化が無くて判りにくいのですね。樹が無いので行くとしたら春か秋。脚に自信が無い人は陽の長い春が良さそうですね。
Commented at 2013-06-19 02:03
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-06-19 02:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Ikajyu at 2013-06-19 20:29 x
この景観は独特でしたね。春先に来るのが一番良いかもしれませんね。
夏では紫外線が強すぎるような気がします。
また涼しくなったときにご検討頂いても良いかもしれません。
Commented by at 2013-06-19 23:05 x
ここめっちゃいいですね。
いつも伊吹山からみていたんですが、こんなところだったんですね。
御池岳と鈴北で満足していましたが、ここも絶対いきたいです!!
まるで別世界にきた感の山は大好きです。
秋の候補の山にしておきます!
Commented by ひろ at 2013-06-20 08:41 x
見晴らしが素晴らしい!
行ってみたくなりました♪

眺望が素晴らしい伊吹山へは何度も行っているので、今度は霊仙山にチャレンジです。
ヒルのいない時期に。。。
Commented by おっちゃん at 2013-06-20 19:48 x
ikakanさん、こんばんは。コメントありがとうございました。
霊仙山ですか、最近は行ってませんが・・・
広い山頂がいいですね。おっちゃんは、谷山谷登山道から
入ったので山ヒルに悩まされました。
よかったですね。景色も楽しめて・・・・
久しぶりに見られてよかったです。
今後ともよろしくお願いします。
Commented by Ikajyu at 2013-06-20 23:25 x
>涼さん
遠くから見ていると山の内容まではわかりませんね。
であるからこそ行く価値があるのかもしれません(^^
鈴鹿山系は岩場が面白い山が多いですね。
個性的な内容なんで何度でも楽しめますね。
機会があれば行ってみてください。

>ひろさん
ここの展望はまさに荒野で山岳というのを忘れてしまうような原野でしたね。
ひろさんも是非とも行ってみてください。
<もちろんヒルのいない時期に・・・

>おっちゃんさん
山頂がこんなに広々している山はなかなかありませんね。
谷山谷や沢のあるところはけっこう危険ですよね・・・
普通の登山道でさえヒルに警戒しておりました(^^;
またお邪魔します。
Commented by Katze at 2013-06-26 20:37 x
カルスト地帯が素晴らしいですね~。
森の中のトレイルを歩くのも良いですが、こういう開けた場所を歩くのもとても良いですね~。近景・遠景共に・・・。鈴鹿らしいと思いました(←鈴鹿には行ったことは無いので登山本の写真の印象で・・・(^^ゞ)
ヒル出没情報の有る山らしいですが、出会わなくて良かったですね。
Commented by Ikajyu at 2013-06-26 22:22 x
鈴鹿山系は御座所を始め岩の景観が美しい山が多いですね。
他の山も良い景観のものが多いので機会があれば行ってみようと思います。
ある意味写真以上でした(^^実際に行くとやはり印象が違いますわ。
ヒルは同行した友人がやられたようです(--やはりあなどれないかもしれません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30