関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」

ayashii.exblog.jp ブログトップ

比良山系「赤坂山」 マキノ高原→ブナノ木平→栗柄越→赤坂山→寒風→マキノ高原

ようやく比良山解禁しました。これまでは積雪などがありいろいろと難がありそうなので
様子見でしたがようやくシーズンに入ってきたということで行くに至りました。
この赤坂山は花で有名でちょうど5月頃にいろんな花が見ごろを迎えるようです。
そういった意味もこめて滋賀県の北部へアクセスするに至りました。

マキノ駅周辺はかなり閑散としている印象ですが、すでにハイカーはけっこういて賑わってました。
マキノ高原自体もキャンプ場やら公園やらアクティビティに富んでいてアウトドアの
施設がそろっている印象でした。このあたりは前にメタセコイヤの並木を見る為に
訪れてましたがバスの車窓からそれを観ることが出来ました。
幾人かこのあたりで下車する人もいました。

c0066176_1014573.jpg


高原自体は草原やらキャンプサイトやら家族ずれで賑わってましたしハイカーも
集団やらで随分といるようです。特に中高年の集団はすごい。
コースは白谷からアクセスするコースもあるようです。
今回はマキノ高原から自然歩道を得て向かうルートを取りました。
木階段や締まった登山道があり非常に歩きやすかったです。そして気候天気共に
完璧といって良い程でやや風が強い以外は快適にハイキングできたと思います。
あとはハイカーがけっこういたので終始人の気配を感じながらの山行になりました。
テープですがなくても問題はありません。明瞭で岩場も少ない道でした。

c0066176_10144158.jpg

c0066176_1015377.jpg


ブナがだんだんと新緑を迎えてきているという感じがひしひしと伝わってきます。
ところどころに鮮やかな緑が映えてましたし、だんだんと標高の低い場所から緑へと
変わってきているようでした。
明王の禿というユニークな名前の景勝があるのですがこの登山道からも確認することが出来ます。
今回は直接アクセスはしませんでしたが荒々しい場所から大展望が望めるようです。
また次の機会に白谷からアクセスしてみたいですね。また違った楽しみがありそうです。

c0066176_10162627.jpg



ブナノ木平はブナの新緑と展望。そして沢の流れに花といろいろな楽しみ方がありました。

c0066176_1017786.jpg


まずカタクリが最盛期を迎えており非常に美しい反りを見せておりました。

c0066176_10184774.jpg


イワカガミなどはまだちょっとシーズンは早めのようですが花によっては
一つにつきたくさんの花が開いており見応えがありました。
そんなこんなで見どころがたくさんあったので終始楽しみながら自然に登って行けました。

c0066176_10225941.jpg

c0066176_10242121.jpg


栗柄越からは森林限界が来ているらしく冷たい北風がビュービューを身にしみましたね。
稜線に出てモロに風を受けているという典型的な状態です。
これは冬場とかかなりきついんだろうなあと感じます。
帽子が何度も飛ばされかけました。唾がなかったらとてもかぶってられませんね(^^;

赤坂山山頂にたどり着くと展望はすごかったです。空気が澄んでいるのもありましたが
琵琶湖を始め比良の山々や伊吹山も見えました。そしてここは白山も見えるらしい。。
明王の禿からちょっと左手に白い山がありましたがそれが白山っぽいですね。
そんなとこまで見えるなんてちょっと感無量でした。

c0066176_10583487.jpg

c0066176_10585464.jpg

c0066176_1133352.jpg

c0066176_1135585.jpg


さてこのふきっさらしの風の中、草稜をたんたんと行く。草稜とはいってもまだ緑になるには
まだまだという感じで枯草の地の中という感じでした。
先ほどの栗柄越から今度は寒風方面へとルートをとりここもふきっさらしの中を行きます。
時折斜面に雪渓があり、まだまだ春先なんだなと思わさせた。
このあたり展望ルートで終始大展望を拝みながらの山行となった。
こっちは自然歩道ルートよりも人がまばらな感じですね。ちょっと落ち着いた感じでした。

c0066176_1114422.jpg

c0066176_11151683.jpg

c0066176_11154996.jpg

c0066176_11162339.jpg

c0066176_11165763.jpg


寒風からは最後の展望(?)を拝みつつ下山へ・・・
登山道の中にも雪が残っていてだいぶぬかるんでました。なんか小さな沢みたいになってます。
これから一気に雪解けになるものと思われます。

c0066176_1121108.jpg


高山植物もたくさんあってイワカガミなどはこちらの登山道の方が開花が進んでいる感じでした。

c0066176_104179.jpg

c0066176_1043654.jpg

c0066176_1074347.jpg


そんな中行きと同じようなブナの新緑の中を結って麓まで戻りました。

c0066176_10121449.jpg

c0066176_10113363.jpg

by ikakan | 2013-04-28 23:55 | 登山
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
line

へたれな休日をアウトドアなどですこしでも有意義にしたいかと思います。コメント歓迎、山友(登山仲間)ブロ友募集中!


by ikakan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30